格安SIM初心者

【初心者用】新auピタットプランと格安SIMってどっちが安いの?概要・注意点を徹底解説!

新auピタットプランを解説

この記事では、2019年6月1日より開始となったauの新料金プラン「新auピタットプラン」の概要や条件・注意点を解説しています。

 

タブレ
タブレ
以前のauピタットプランと何が違うんスか?
マヒロ
マヒロ
基本は毎月使ったデータ容量で料金が変化する段階制プランなんだけど、5段階から3段階に変わったんだ!

 

そのほか割引が変わったり、家族での利用がお得になったり、内容がいろいろと変わっています。

 

タブレ
タブレ
でもキャリアは一筋縄じゃいかなそーっスよね
マヒロ
マヒロ
鋭いね!笑

CMだと1,980円~ってブラッシュアップされているけど、その金額になる条件をシッカリ確認しておかないと予想以上の金額になるから注意が必要だよ!

 

ということで今回は、6月1日以降新規申込み者が対象となる「新auピタットプラン」を徹底的に解説していきます。

 

マヒロ
マヒロ
同時に格安SIMとの料金比較もしているから、どっちが安いか気になる人は参考にしてね!

 

  • これから新規でauに申込もうと考えている方
  • 旧プランから新プランへ変更しようか考えている方
  • 格安SIMにも興味がある方

は参考にして頂ければ嬉しいです。
それでは、いってみましょう!

目次

2019年6月1日からスタート!新auピタットプランってどんなプラン?

「新auピタットプラン」は冒頭でも少し触れていますが、使ったデータ容量によって、月額料金が変わる段階制プランです。

 

これまでの旧プランは条件次第で最大1年間1,980円で利用できましたが、新プランは割引の条件が全て適用されれば、ずっと月額1,980円で利用できるプランとなっています。

 

タブレ
タブレ
デカ文字の部分が気になるっスけど、月1,980円がずっとならいいんじゃないっスかね?

 

タブレが気になっているように、auを含むキャリアの料金プランは必要とされる条件が全て適用になった時の金額が全面に出てくるので、鵜呑みにするのは注意が必要です。

 

マヒロ
マヒロ
新auピタットプランを表にしてみたから一緒に確認してみようか!
新auピタットプラン
~1GB ~4GB ~7GB
月額料金(①+②+③)
家族3人以上での加入の場合
1,980円/月~ 2,980円/月~ 4,480円/月~
①利用料金 2,980円/月~ 4,480円/月~ 5,980円/月~
②auスマートバリュー 翌月から永年-500円/月
③家族割
・3人以上
・2人以上
・3人以上:永年-1,000円/月
・2人以上:永年-500円/月

 

タブレ
タブレ
色々突っ込みどころがあるんスけど、とりあえず確認できたっス
マヒロ
マヒロ
それじゃポイントを紹介していくね!

新auピタットプランで割引条件に該当しない人は割高になるよ!

上表の「①」の部分が新auピタットプランの基本料金となります。

基本のデータ料金は、1GBまでは2,980円、4GBまでが4,480円、7GBまでが5,980円という仕様。

 

タブレ
タブレ
えー最低の1GBまででも全然1,980円じゃないじゃないっスか!
マヒロ
マヒロ
デフォルトじゃダメなんだよ!

この後説明していくけど、割引対象にならない人もいるから注意しようね!

ずっと月額1,980円になるはどうすればいいのか!?必要な条件を解説!

タブレ
タブレ
そもそも、月額1,980円になる人ってどんな人なんスか??
マヒロ
マヒロ
ちょっと条件が多いんだけど、順を追って説明していくね!

月額1,980円を実現するには2つの条件+家族3人以上+月1GBでの利用で実装できるよ!

月額1,980円を実際に使うには以下の条件が必要になります。

割引条件 概要 割引額
auスマートバリュー auひかり・auスマートポートとの併用で条件適用となる 1GB以上の利用で永年500円割引になる
家族割プラス 家族が対象の人数以上に応じた割引額 2人以上で500円割引、3人以上で1,000円割引になる
タブレ
タブレ
なるほどっスね

要は、毎月1GB以内の利用で、家族3人以上で契約している人が月額1,980円になるんスね

マヒロ
マヒロ
毎月1GB以上使う人は、加えてauひかりに加入して、家族3人以上じゃないと、最大割引が適用にならないから注意しようね!

 

月のデータ使用量を1GB未満に抑えるには、ご自身のスマホ環境のほとんどがWi-Fi環境の整った場所で利用するか、外出時でスマホ自体をほとんど利用しない人です。ご年配であればそれほど利用はないと思いますが、今の時代SNSや何かあればすぐにインターネット検索なので、1GB以下に抑えるのはあまり現実的ではありません。

補足①:スマートバリューはauひかり・auスマートポートを契約している方が対象となるよ!

auスマートバリューとは、auのスマホに加えて「auひかり」や「auスマートポート」をセット契約した方が対象となる割引サービスです。

新auピタットプランは、1GB以上の利用であればこのauスマートバリューが適用になり永年500円割引となります。

 

auスマートバリューの説明イラスト

→ auスマートバリュー | au公式サイト

 

マヒロ
マヒロ
1GB以下は適用にならないから注意してね!

 

肝心なのは、そもそも家の光回線(Wi-Fi)が「auひかり」に加入していない方(別の光回線を使っている方)は最初から割引額が減少してしまいます。

 

ご自身が契約している光回線はauひかりですか?

 

補足②:「家族割プラス」は契約人数に応じて割引になるよ!

「家族割プラス」については、対象のプランに加入している家族の人数に応じて永年割引が受けられるサービスです。

家族割プラスが適用になる対象プラン

新auピタットプラン、auフラットプラン7プラス、auデータMAXプラン、auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5 (学割専用)、そのほか一部の4G LTEケータイ向けプラン

 

マヒロ
マヒロ
家族2人なら毎月500円。3人なら毎月1,000円の割引だよ!
タブレ
タブレ
MAXで恩恵を受けるなら家族3人以上ってことっスね

【注意!】独身さん・家族2人の方は新auピタットプランの最大割引を受けるのは不可能だよ!

タブレ
タブレ
(・・・あれ?)

ここまでで、新auピタットプランについて何となく分かったんスけど、オイラ1人で月額1,980円で使うことって可能なんスか・・・?

 

タブレには残念ですが、新auピタットプランは独身さんや家族2人の方はCMで流れている「ずーーっと1,980円」を使うことはできません

 

この他にも、auひかり以外の光回線を契約している方も対象外となります。

 

マヒロ
マヒロ
最近の若い人は、結婚しても夫婦別々で契約している人が多いから、そういった人も注意だよ!

 

僕の友人でも、旦那さんはドコモ契約。奥さんはau契約。という方はとても多いです。

こういった方は、旦那さん名義に合体しても構いませんが、それぞれ単独であればこの後説明する格安SIMに乗り換えてしまった方が断然安くなります。

旧auピタットプランと新auピタットプランはどっちがお得か比較してみよう!

ドコモの新料金プラン「ギガホ・ギガライト」の時もそうでしたが、auも「最大4割安くなる!」と大々的に発表しれましたが、ご自身の契約が旧プランのままがいいのか、新プランの方がいいのか、よくわからない方も多いかと思います。

 

マヒロ
マヒロ
それじゃまずは、割引き一切なしで、新旧の料金を表で表してみるね!

 

↓割引きなしの月額料金↓

データ容量 新ピタットプラン 旧ピタットプラン
~1GB 2,980円 2,980円
~2GB 4,480円 3,980円
~3GB 4,980円
~4GB 5,980円
~5GB 5,980円
~6GB 6,980円
~7GB
タブレ
タブレ
割引きが適用なれないとどっちもお得じゃないっスね
マヒロ
マヒロ
それじゃ次は家族割プラスを加えてみようか!

家族割を加えて新旧プランを比較してみた!

上記でも触れていますが、「新ピタットプランが安い」と言われるのは、「家族割プラス」が登場したことが影響しています。

家族割プラスについてもう一度確認しておくと、対象のプラン(新auピタットプラン、auフラットプラン7プラス、auデータMAXプランなど)に加入している家族が3人以上なら1000円割引、2人なら500円割引です

 

マヒロ
マヒロ
それじゃまずは、最大時の家族3人以上でもう一度表にしてみるね!

 

↓家族割プラス適用時の月額料金↓

データ容量 新ピタットプラン 旧ピタットプラン
~1GB 1,980円 2,980円
~2GB 3,480円 3,980円
~3GB 4,980円
~4GB 5,980円
~5GB 4,980円
~6GB 6,980円
~7GB

この条件ならかなりデータ容量に問わず、新auピタットプランが安くなっています。

毎月のデータ使用量が少ない方なら、家族3人の利用で1GBまでで、ずっと1980円/人の基本料金で利用することが可能です。

旧auピタットプランも「スマホ応援割」を適用すれば、1000円割引を適用できましたが、1年間の期間限定でした。

 

タブレ
タブレ
割引きが適用されてもたった1年じゃそこまで嬉しくないっスよねー

 

けれど、新auピタットプランで適用できる「家族割プラス」は、家族がauにいる限りずっと割引を適用し続けられるので、2年目も3年もずっと割引を受け続けることができます。長期的に割引を継続できるのは大きなメリットにバージョンアップしています。

マヒロ
マヒロ
これがCMでもやっている「ずーーっと月額1,980円」の中身だよ!

旧ピタットプランを利用している方が新ピタットプランへ切り替えには申込が必要

「新auピタットプラン」は、これまでの「auピタットプラン」とは別の料金プランとして提供しているので、既存のユーザー(旧ピタットプラン)が自動的に新auピタットプランに移行されることはありません。希望する場合はプラン変更の申込が必要となります。

 

タブレ
タブレ
電話からでも変更可能っスよ

新auピタットプランの通話料は30秒20円!かけ放題が必要な人は旧プランの方がお得になることも!

タブレ
タブレ
基本料金が安く使えるなら、新ピタットプランに変更した方がお得っスよね?
マヒロ
マヒロ
ちょっと待ってタブレ!

タブレは普段、一般通話を家族以外でよくかける?

タブレ
タブレ
一般通話っスか?

連絡のほとんどはLINEやSNSのDMっスけど、歯医者の予約や仕事関係でたまに使う感じっスね

マヒロ
マヒロ
それだと旧プランのままの方がいい場合もあるよ!

 

見落としがちですが、新auピタットプランの基本料金には従来のかけ放題サービスは含まれていません。なのでそのまま通話すると通話料は30秒20円が発生します。

 

タブレ
タブレ
マジっスかっ!!

知らないで長電話したら高額請求っスね!?

新auピタットプランには2つの定額サービス(オプション)があるよ!

新auピタットプランには、通話の多い方向けに、次の2つの通話定額サービス(オプション)が用意されています。

オプション 料金 概要
通話定額ライト 700円/月 5分以内の国内通話が無料
通話定額 1,700円/月 国内通話24時間無料
  • 通話定額ライト:通話回数が多いが1度の通話時間が5分以内の方
  • 通話定額通話時間が長い方や5分以上の通話を頻繁にする方

がおすすめです。

もちろん、同一家族グループの家族間通話は無料で利用できますので、それ以外(特に仕事関係でよく電話する方)の相手に電話をかけることが多い場合に利用してください。

 

ピタットプランは毎月の料金が使用したデータ容量によって変わる段階制プランなので、一概に新旧どちらのプランがお得かは比較できませんが、ご自身のライフスタイルによっては旧プランのほうがお得な人もいるでしょう

 

マヒロ
マヒロ
普段どういった使い方をしているか、一度確認しておこうね!

通話定額は別途申込みが必要

通話定額ライト・通話定額を希望するのであれば、別途申込みが必要となります。

マヒロ
マヒロ
キャリアの場合はほとんどの人がauショップに出向いたり、直接電話すると思うからその時に伝えれば大丈夫だよ!

「新auピタットプラン」と格安SIMはどっちが安いかを比較してみるよ!

マヒロ
マヒロ
それじゃ、新auピタットプランの概要が確認できたところで、格安SIMとの料金を比較していくね!

 

これから料金比較をしていきますが、比較対象となる新auピタットプランは「auスマートバリュー(auひかり加入時)」の500円割引と家族3人以上の1,000円割引を全て適用になった金額で計算しています

 

タブレ
タブレ
au契約でできるMAXの状態vs格安SIMっスね

「新auピタットプラン」を家族3人で契約した場合

新auピタットプランを家族3人で契約した時の2年間の合計金額を割引きごとに確認してみましょう!

毎月のデータ使用量 2年間の合計
新auピタットプラン ~1GB×3人 142,560円(※1)
新auピタットプラン ~4GB×3人 214,560円(※2)
格安SIM 1GB×3人 約86,400円(※3)
格安SIM 6GB×3人 約158,400円(※4)
  • ※1:家族割プラス適用時
  • ※2:auスマートバリュー+家族割プラス適用時
  • ※3/4:格安SIM会社によって異なるので平均値として算出

 

毎月1GB未満だとauスマートバリューの割引きはありませんので、割引きになる特典は「3人以上の家族割プラス」のみとなります。結果、仮に家族全員が毎月1GB未満に抑えられたとしても約142,560円かかります。

ですが、格安SIMなら約86,400円で運用でき、格安SIMの方が新auピタットプランよりも2年間で56,160円も安く運用できちゃいます

 

マヒロ
マヒロ
月額1,980円っていう言葉を鵜呑みにしないで、しっかりと自分の状況を確認しようね!

「新auピタットプラン」をひとりで契約した場合

次は、独身の方や、夫婦別々でキャリアを契約している方が対象として、格安SIMとの料金を比較してみましょう。

毎月のデータ使用量 2年間の合計
新auピタットプラン 1GB未満 71,520円
新auピタットプラン
(※1)
4GB未満 95,520円
新auピタットプラン
(※2)
4GB未満 107,520円
格安SIM
(※3)
6GB 52,560円
  • ※1:auスマートバリュー適用
  • ※2:auスマートバリュー適用外
  • ※3:マイネオの6GBを参考

 

「新auピタットプラン」の内訳となりますが、新プランを1人で契約する場合、家族割プラスの割引がない上に、1GB未満ならauスマートバリューの割引もありません。そのため、1GB未満の利用は2,980円/月となります。

また、4GB未満の利用はauスマートバリューの500円割引が適用となるので、月額3,980円となりますが、光回線などを契約していなければこの割引もありません。

 

タブレ
タブレ
単独だとトコトン恩恵が受けられないっスね。。汗
マヒロ
マヒロ
格安SIMなら光回線は好きなところを使って問題ないし、6GB/月使っても、新ピタットプランの1GB未満より安いよ!

通話定額ライトをオプションで付けた時の格安SIMとの比較

やっぱりかけ放題は付けておきたい!」という方も確認しておきましょう!

 

↓1人利用の場合↓

毎月のデータ使用量 かけ放題 2年間の合計
新auピタットプラン 4GB未満 700円/月
(5分以内)
112,320円
UQモバイル※ プランS/3GB
国内5分以内がかけ放題
59,520円
  • ※UQモバイルはau回線を扱う格安SIMなので今回の参考例として使いました。また、基本料金にかけ放題が組み込まれているのも特徴です。

 

タブレ
タブレ
UQモバイルだと、auの約半額で安く使えちゃうんスね
マヒロ
マヒロ
UQモバイルだと3GB/9GB/21GBのプランだから4GBでの計算がちょっとできないんだけど、1GBの差で半額は大きいよね!

 

↓家族3人利用の場合↓

毎月のデータ使用量 2年間の合計
新auピタットプラン 4GB未満+通話定額ライト 264,960円
※1
UQモバイル プランS/3GB
国内5分以内がかけ放題
154,560円
※2
  • ※1:auスマートバリュー+家族割プラス適用時
  • ※2:家族3人+UQ家族割適用時

 

UQモバイルの家族利用の場合は子回線が500円/月割引きになる「UQ家族割」が使えます。

 

タブレ
タブレ
UQモバイルだとちょうど2年間で約11万円の節約になるんスね!?
マヒロ
マヒロ
新auピタットプランに通話オプションを付けると一気に金額が上がっちゃうんだよ!
マヒロ
マヒロ
だから、まだ旧プランの人は新プランに変更するのよく考えようね!

 

2019年6月1日以降の新規申込み者は全て新プランの加入となりますので、他社からauへ乗り換えようと検討中の方はよく考えてから行動しましょうね!

 

また、当サイトはUQモバイルの正式な許可を得て、限定のオンラインキャッシュバックが適用になります。

uqモバイルキャッシュバック
マヒロ
マヒロ
今回のプランSだと8,000円×3人だから2万4千円が現金で返ってくるんだ!
キャッシュバックは専用の申込みページ以外だと対象外になるのでご注意ください。

↓限定キャッシュバックはこちらから↓

まとめ:新auピタットプランは決して安くはない!月額1,980円という言葉を鵜呑みにしないで1回はよく考えよう!

以上が、新auピタットプランの概要と格安SIMとの比較になります。

どのCMも同じことが言えますが、auの場合「新auピタットプラン」は月額1,980円~というのが全面にブラッシュアップされています。

ですが、よーーーく調べてみると、最安値の1,980円を実現するには「家族3人以上」「光回線の同時契約」などがあり、対象となる方が限られてしまうので注意が必要です。

 

タブレ
タブレ
独身や家族2人だと最大の恩恵が受けられないっスよね。。
マヒロ
マヒロ
あと、新プランの通話は別途オプションになるから普段通話をする人に限っては毎月+700円(5分以内の通話)が必要になるからね!

 

一方、同じau回線を使ったマイネオやUQモバイルは1人利用でも基本料金を安く抑えることが可能です。

 

マヒロ
マヒロ
UQモバイルなら基本料金に5分かけ放題が含まれているから別途で追加料金がかかることもないよ!

 

どうしてもauを使い続けたいという方は、ご自身の毎月の明細を元に旧プラン・新プランのどちらが合っているかauスタッフと話してみましょう!

特にauに拘ってはいないよ!」という方は、マイネオやUQモバイルといった格安SIMを選択肢もぜひ加えてみてくださいね!

 

タブレ
タブレ
スマホって一生使っていくアイテムだからここらで1回見直しが必要っスね
マヒロ
マヒロ
初めての人は聞き慣れない言葉があるけど、やってみれば凄く簡単だし、当サイトでも全部実際の画像付きで解説しているから参考にしてね!

 

まとめ!
  1. 新auピタットプランを最大活用するには「家族3人以上」「auスマートバリューの加入」は必須!
  2. 特に独身の方には恩恵がほとんどない!
  3. 新auピタットプランのかけ放題は別途オプション契約が必要となる!
  4. 通話オプションに加入すると基本料金が一気に上がるので、UQモバイルなど基本料金にかけ放題が含まれている物を選ぶのがベスト!
  5. 1,980円~という言葉を鵜呑みにしないで、2年間の合計金額でしっかりと考えよう!

特に格安SIMはキャンペーンにも力を入れているので、合わせて活用することによってトータルコストを下げることも可能ですよ!

当サイトでは、各MVNOの最新キャンペーン情報や全て実機を使った申込み手順もレビューしていますので、合わせて参考にして頂ければ嬉しいです。