MNP乗り換え

ドコモから格安SIMへ乗り換えよう!手順を全て画像付きで解説!

ドコモから格安SIMへ乗り換える方法

11月のピックアップ!

僕の最近のオキニです。通信速度は爆速はもちろん、SIMのみであればPayPayボーナス最大6,000円分、新規事務手数料0円。料金プランに対するデータ容量はダントツです。

また、ドコモの端末をYモバイルで利用するにはSIMロック解除が必須となります。手順自体は超簡単ですが、「【超まとめ】ドコモからYモバイルに乗り換える手順を解説するよ!」でも詳しく解説しているので合わせて参考にしてください。

 

↓大量のPayPayボーナスをゲット!↓

Yahoo!モバイル
オンラインストア

このページでは、現在ドコモユーザーが格安SIMに乗り換える手順を分かりやすく解説する特化記事です。

実際の画像を交えながら進めて行くので、初めて格安SIMに乗り換える方は是非参考にして頂ければ幸いです!

 

ドコモを契約している方はプランにもよりますが、大体毎月6,500円~8,000円辺りが多いのではないでしょうか?

 

タブレ
タブレ
確かにオイラもドコモで月7,300円くらいっスね

 

1年利用で約8万円前後、2年利用で約16万円前後とスマホ代は毎月かかる大きな固定費なのでなるべく安く抑えたいですよね。

実際ドコモの契約プランを見直すのも1つの方法ですが、今では格安SIMに乗り換えるというのも新しい選択肢の1つとなってます。

 

実際僕も毎月ドコモで毎月7,000円以上払っていましたが、格安SIMに乗り換えて2,000円前後と半額以下になりました。

 

 

現在は仕事で一般通話をかけることが増えたので、かけ放題があるUQモバイルを利用しています。

UQモバイルの支払い画面

 

僕もそうですが、長年ドコモに慣れてしまっているとイザ格安SIMに乗り換えようかと考えた時、「安くはなると思うけど、本当に大丈夫?」って不安になるかと思います。

僕が格安SIMに乗り換えたのは2016年、と今よりもまだ格安SIM自体の情報が少なかった時なので余計に不安でした苦笑。

 

その時は『乗り換えてみて、ダメだったら戻せばいいや!』という気持ちで決心しましたけが、実際に使ってみるとキャリアの時と何ら変わりない使用感です。

 

確かに時間帯によっては通信速度が少し遅くなる時はありますが、それが格安SIMの特徴です。

通信速度が遅い時、厳しくなるのはYouTubeといった動画くらいです。それも5秒ほど読み込みを待てば後はスムーズに視聴できます。

ネット検索やLINEなどのSNS、ゲーム、Googleマップといった普段使いに関しては何の支障もありません。

 

たったそれだけで毎月5,000円以上安くなるので天秤にかけても十分過ぎるほどです。

 

さて、少し前置きが長くなりましたが、「よし!自分も格安SIMに乗り換えよう!」と思い立っても、

  • 「どうやって乗り換えるのか?」
  • 「全部一人でできるのか?」
  • 「MNPってどうやるの?」

などといった不安や分からないことだらけだと思います。

 

そこでこの記事ではドコモから格安SIMへの乗り換え(MNP)手順を実際の画像を見ながら徹底的に解説します!

 

安心してください。格安SIMは超簡単です。

 

(11月版)格安SIM会社のキャンペーン
Y!mobile ・SIMのみの申込みで5,000円分のPayPayポイント(5のつく日なら倍の6,000円)、料金に対してのデータ容量が業界一!詳しくはこちら
UQモバイル 5,000円のキャッシュバックあり。申し込み手順はこちら
LINEモバイル ・基本料金5ヵ月間半額+専用のキャンペーンコードの入力で5,000円分のLINEポイント。申し込み手順はこちら

ドコモから格安SIMにするとどれくらい料金は安くなる?

タブレ
タブレ
実際ドコモから格安SIMに乗り換えると具体的にどのくらい安くなるんスか?
マヒロ
マヒロ
選ぶプランにもよるけど、キャリアの時から半額になるのは間違いないよ!

それじゃ実例を交えて一緒に見ていこうか!

 

まずは格安SIMでよく聞く「格安SIMって安くなるの?」について確認していきましょう。今回は上記でも少し触れた楽天モバイルを例にしてドコモと比較します。

 

ドコモから新料金プラン「ギガホ」「ギガホライト」が発表となりました。6/1以降新規申込み者はコチラが対象となります。docomo公式サイトでも新料金プランのシミュレーションが使えるようになりました。

新料金プランシミュレーションへ

あわせて読みたい
ドコモ新料金プランを解説
格安SIMとどっちが安い?ドコモ新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を解説するよ!この記事では、2019年6月1日から始まったドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」について解説しています。 ※2...
タブレ
タブレ
やってみたけど、恩恵があるのは光回線を契約してかつ、家族複数の利用で超ライトユーザーじゃないと、結局基本のデータ容量の金額が高いから月5GBだと5~6千円はかかっちゃうんスね。。月々サポートも無くなるし。。んー

ドコモの料金の骨組みは「基本料金」+「パケットプラン」+「spモード(ネット接続料)」でできている

ドコモを含めたキャリア料金は「基本料金」+「パケットプラン」+「ネット接続料」でできています。表にすると以下のような感じです。

 

ドコモ 金額
基本料金(かけ放題) 2,700円
カケホーダイライトは1,700円
パケットパック(5GB) 5,000円
ネット接続料 300円
合計 8,000円
(カケホーダイライト時 7,000円)

これが基本系となり、端末を新品で購入した際はこの金額に端末代が分割払いとして加わります。(※ここでは端末代金はややこしくなるので、含まれていません。)

 

一方、楽天モバイルの場合ドコモと同じ5GBプランを選択した時は以下の料金となります。

楽天モバイル 金額
5GBプラン(組合せプラン利用時) 2,150円
合計 2,150円

格安SIMはキャリアのような「基本料金がない」「パッケット料が安い」「ネット接続料がない」という3つの要素で、月額2,000円~3,000円という金額が現実化されています。

 

格安SIMは基本かけ放題がプランに入っていませんので、必要な方はオプションに加入しましょう。(例:5分かけ放題オプション 月額850円)

 

タブレ
タブレ
毎月5,800円くらい安くなってるっスよ!?
マヒロ
マヒロ
僕の場合は毎月5GB使ってなかったから、乗り換えるのをキッカケに見直しをして1つ下の3GB/月にしたんだ。

 

 

マヒロ
マヒロ
通話料金で少し変動するけど、毎月平均2,000円前後で使えてるよ!
タブレ
タブレ
これが格安SIMの実力なんスね。。

 

格安SIMはオプションやセットプランで変動はしますが、利用度が多い3GB~5GBでの運用なら毎月2,000円~3,000円で運用が可能という認識で大丈夫です!

冒頭でも触れましたが、スマホ代は毎月かかる固定費なので時間の経過と共に格安SIMの威力は発揮されます

キャリアをそのまま使い続けた時と格安SIMで使った時の合計金額は以下の通りです。(※月5GBプラン利用時)

 

1ヵ月 6ヵ月 12ヵ月 24ヵ月
ドコモ 7,000円 42,000円 84,000円 168,000円
格安SIM 2,150円 12,900円 25,800円 51,600円

2年・3年後の金額差は以下のとおりです。

2年 3年
ドコモ 168,000円 252,000円
格安SIM 51,600円 77,400円
差額 116,400円 174,600円

 

タブレ
タブレ
2年間格安SIMにすると新品のiPhoneが買えちゃうくらいの金額差っスね
マヒロ
マヒロ
これはパパ一人分だからママとか二人分になったらもっと節約できるよね!

 

(11月版)格安SIM会社のキャンペーン
Y!mobile ・SIMのみの申込みで5,000円分のPayPayポイント(5のつく日なら倍の6,000円)、料金に対してのデータ容量が業界一!詳しくはこちら
UQモバイル 5,000円のキャッシュバックあり。申し込み手順はこちら
LINEモバイル ・基本料金5ヵ月間半額+専用のキャンペーンコードの入力で5,000円分のLINEポイント。申し込み手順はこちら

格安SIMにMNPする前にチェックしておくポイント

さてさて、ドコモから格安SIMへ乗り換えれば月額料金が下げられることが何となく分かったかと思います。

 

タブレ
タブレ
格安SIMは基本となるベースがキャリアよりも安いってことっスよね。

覚えたっス

マヒロ
マヒロ
合ってるよ、タブレ!

それじゃ、次はドコモから格安SIMへ乗り換える時の注意点をチェックしておこうか!

 

ドコモから格安SIMへ乗り換えるということは、「ドコモを解約する」と同義語になります。このドコモを解約することによって、発生する代表的な注意点が5つあるので確認しておきましょう。

 

ドコモから乗り換える前にチェック!
  1. キャリアメールは使えない
  2. 公式アプリ(サービス)は使えない
  3. 契約更新月を確認しておこう
  4. かけ放題は基本付いていない
  5. dポイントの確認をしておこう

 

それでは確認していきましょう!

確認1.キャリアメールは使えない

長年ドコモを使っている方(特に30代~50代)は「~@docomo.ne.jp」のメールアドレスが使えなくなります。

 

今の時代はSNSやLINEなどが普及していますが、ガラケーを使っている祖父母、学校の連絡網、ネットショッピングの登録アドレスなどはキャリアメールであることが多いので、変更する必要があります。

 

また、MVNOによっては専用のメールアドレスを給付してくれる所もありますが、将来他の格安SIMに乗り換えた時、また使えなくなった。とうのを避けるために「Gmail」や「Yahoo!メール」をメインアドレスにすることをオススメします。

 

個人的にはGmailはAndroidでもiPhoneでもGmail登録で使うので、今後はGmailを使いましょう。

確認2.公式アプリ(サービス)は使えない

当然ですが、ドコモを解約する形になるのでドコモが提供するサービスは受けられません。

ドコモが提供している有料の「スゴ得コンテンツ」やdポイントも失効するので、dポイントが溜まっている方は先に交換しておきましょう。

 

確認3.契約更新月を確認しておこう

ドコモに限ったことではありませんが、ドコモにはお馴染みの「2年縛り(2年間の契約期間)」があります。その契約期間内に解約(他社へのMNP)をした場合、9,500円の違約金が発生します。

違約金を支払わないで解約(またはMNP)できる期間を「契約更新月」と言います。この契約更新月は満期月の翌月・翌々月の2ヵ月間となります。

 

例えば、2016年3月に契約した人は、2018年3月までが契約月となり、違約金がかからないのは2018年4月と5月の二ヶ月間となります。

 

契約更新月は「My docomo」から確認できますし、電話でも確認が可能です。

 

My docomoから確認する
1.My docomoにログイン
2.「お客様サポート」に進む
3.「契約内容確認などオンライン手続き」をタップ
4.ドコモオンライン手続きに進む
5.4桁の暗証番号を入力し、ログインをタップ
6.「契約内容確認・変更」をタップ
7.契約満了月の確認は「2」ページ目

■電話で確認する
ドコモの携帯電話から:151
その他の電話から:0120-800-000

契約更新月以外の他社への乗り換えは9,500円(税抜)がかかりますが、契約更新月までの期間が長い場合、その間もドコモの月額料金を支払い続けることになってしまいます。

 

ドコモから格安SIMへの乗り換えにかかる費用は、違約金以外以下の費用がかかります。

 

項目 金額(税抜)
違約金 9,500円
MNP転出手数料 2,000円
MNP転入手数料 3,000円
合計 14,500円

このことから、契約更新月まで3ヵ月以上ある方は違約金を支払っても格安SIMに乗り換えてしまった方がお得です。

 

MVNOによってはキャンペーンで新規事務手数料(MNP転入手数料)が無料になる所もあります。

確認4.かけ放題は基本付いていない

スマホイラスト

ドコモの場合、基本プランには「かけ放題(2,700円)もしくは、カケホーダイライト(1,700円)」が組み込まれていますが、MVNOが提供する格安SIMにはかけ放題という物が付いていません。

 

キャリア感覚のまま通話をすると30秒20円という本来の金額でカウントされますので注意が必要です。

 

よって、格安SIMで通話を頻繁に通話をする方は「かけ放題オプション」に加入するのがセオリーとなっています。

MVNO かけ放題オプション
楽天モバイル 5分かけ放題(850円/月)
マイネオ 10分かけ放題(850円)
IIJmio 10分かけ放題(830円/月
BIGLOBEモバイル 通話パック90(1,620円/月 最大90分)
10分かけ放題(830円/月)

 

中には最初からプランの中にかけ放題が組み込まれている格安SIMもありますので、最初からかけ放題オプションに加入する方はそういったプランやMVNOを選ぶのも良いでしょう。

楽天モバイル スーパーホーダイプラン(5分かけ放題)
UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン(5分かけ放題・無料通話分)

また、かけ放題といっても、通常料金(30秒20円)で約67分以上、電話アプリを利用する(30秒10円)なら135分以上通話しない場合、通話料以上にかけ放題プランの料金を支払っていることになります。

 

タブレ
タブレ
毎月自分がどのくらい通話してるのかを確認しておくのもイイっスよ

かけ放題オプションは申込み後でも加入ができるので、必要と感じてからでも遅くはありません。

確認5.ドコモポイントやdポイントは使い切ろう

 

ドコモから格安SIMに乗り換えるとドコモポイントは消滅しますので、その前に使い切りましょう。また、dポイントに関しては「dアカウント」を作成することが可能なので保持することもできますが、持ってても今後はそんなに貯まらないので使い切ることをオススメします。

 

使い方は以下のような物で利用できます。

ドコモポイント・dポイントの使い道
  1. dショッピングの買い物の支払いに使う
  2. 2000ポイント以上あればドコモのケータイ料金にあてる
  3. dポイントを発行してコンビニで使う

 

個人的には「ケータイ料金にあてる」のがお薦めです。

 

ポイント分全額使えますし、手間を考えるよりも最後の料金代にあてるのが一番簡単ですね。

 

利用するスマホを選ぼう!

格安SIMで使うスマホは以下のいずれかのパターンに該当します。

 

  1. いま使っているドコモ版スマホをそのまま使う
  2. SIMフリースマホを購入して使う
  3. 中古品を購入して使う

いま使っているドコモ版スマホをそのまま使う

現在アナタが使っているドコモ版のスマホをそのまま利用すれば、データ移行はしなくても済みますし、端末代もかからないのがメリットです。

 

また、MVNOが提供している通信回線の約9割はドコモ回線を使っています。ドコモ版スマホの場合はドコモ系の格安SIMを使えばSIMロック解除関係なく、SIMカードを挿し換えて簡単な初期設定をするだけで格安スマホへと早変わりしちゃうのでとても簡単です

 

ドコモ回線を使った格安SIMは「楽天モバイル」「LINEモバイル」「IIJmio」「マイネオ」などが代表的となっています。ドコモ系の格安SIMは別ページで特徴などまとめているので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。

 

あわせて読みたい
【画像付き】IIJmioの申し込みは簡単!WEBからの契約手順を徹底的に解説するよ!この記事では、IIJmioの申し込み手順に特化してレビューしています。 [お知らせ:10/1] IIJmioは10月1日...
あわせて読みたい
ドコモから楽天モバイルへMNP乗り換える方法を解説するよ!この記事では現在ドコモユーザーが楽天モバイルへMNP乗り換えする手順を解説しています。 結論から先...
あわせて読みたい
【画像付き】LINEモバイルの申し込み方法を解説するよ!この記事では、LINEモバイルの申し込み手順について詳しく解説した特化ページになります。 僕自身が申込んだ流れを画像付きで、分かり...
あわせて読みたい
【画像付き】マイネオの申し込み方法・手順を解説するよ! ★マイネオの申し込みページは頻繁にリニューアルされることが多く、僕が申し込んだ時の画像と異なる時がありますが、基本的な内容はこの...

 

全て僕自身が利用したことがある格安SIMだけを紹介しています。

SIMフリースマホを購入して使う

格安SIMに乗り換えるのをキッカケに新しいスマホを購入したい方も多いかと思います。

格安SIMで使えるスマホは以下のような物になります。

 

  • AppleでSIMフリー版のiPhoneを購入
  • AndroidのSIMフリースマホを購入

 

人気のiPhoneはAppleStoreでSIMフリー版を購入し、そのままドコモからMNP乗り換えをする時に使います。

SIMフリー版のスマホに関しては、公式サイト、amazonやネットショップでAppleStoreの様に購入できますが、利用したいMVNOでも格安SIM+端末セットの販売しています。

 

格安SIM初心者の方は、格安SIMに合ったSIMフリースマホと格安SIMを別々に購入するのは少しハードルが高いので、MVNOでのセット購入が個人的にはオススメです。

いまでは何処も最新人気機種を取り揃えていますし、セット購入に特化しているキャンペーンが豊富なので、別々に購入するよりも断然お得です♪

 

・新品のiPhoneを使いたい人はAppleで購入しよう
・新品のSIMフリースマホを購入する人はMVNOのセット購入がお得

中古品を購入して使う

型落ちの例えばiPhone 6sでも普段使いであれば現役でまだまだ使えますし、安価で購入できるのがメリットですが、ヤフオクやメルカリ、中古ショップで購入する際は幾つか確認しておく注意点があります。

 

ここでは少し長くなってしまうので、中古品の購入を検討している方は別ページでまとめていますので、そちらを参考にしてくださいね。

 

利用する格安SIMを選ぼう!

格安SIMを扱うMVNO(通信事業社)は増え続け、大小を合わせると500社を超えると言われています。これだけあるとマイナーな所は分かりませんし、僕も使ったことがありません苦笑

また、当サイトのポリシーは「僕自身が使ったことがある格安SIMだけを紹介する」です。ネットでかき集めた情報などは掲載していません。

 

基本、ドコモ版スマホを利用するのであれば「ドコモ回線を使った格安SIM」の中から選びますので、「ドコモ回線に対応したオススメの格安SIMの紹介」まで読み飛ばしてください。

(11月版)格安SIM会社のキャンペーン
Y!mobile ・SIMのみの申込みで5,000円分のPayPayポイント(5のつく日なら倍の6,000円)、料金に対してのデータ容量が業界一!詳しくはこちら
UQモバイル 5,000円のキャッシュバックあり。申し込み手順はこちら
LINEモバイル ・基本料金5ヵ月間半額+専用のキャンペーンコードの入力で5,000円分のLINEポイント。申し込み手順はこちら

 

MNPの手続き(転出、転入)

使いたいスマホとMVNOが決まったらいよいよ、ドコモからMNP転出手続きを行います。

 

基本的なドコモから格安SIMへの申込み流れはたった3つの手順で完了します。

格安SIMに乗り換える3つの手順
  1. MNP予約番号を入手する
  2. 格安SIMに申し込む
  3. MNP転入切替をする

 

タブレ
タブレ
たった3つの手順でできちゃうんスね
マヒロ
マヒロ
そうなんだよ!

簡単だからタブレも一緒に確認していこうね!

Step1.ドコモからMNP予約番号を入手する

ドコモから格安SIMに乗り換えるにはドコモで「MNP予約番号」を入手します。

 

タブレ
タブレ
MNP予約番号ってなんスか?
マヒロ
マヒロ
MNP予約番号っていうのは、いま使っている電話番号を格安SIMに乗り換えてもそのまま使えるようにする為に必要な番号だよ!

 

ドコモに限らず、キャリアから格安SIMに乗り換えるには必ず必要となり、ご自身で取得します。初めての方は多少の不安もあるかと思いますが、とっても簡単なので安心してくださいね。

 

タブレ
タブレ
それじゃ、MNP予約番号ってどうやって入手すればいいんスか?
マヒロ
マヒロ
入手方法は「電話」「オンライン」「店舗」があるけど、初めての人は電話がとっても簡単だよ!

 

電話は直接オペレーターと直接会話ができるので、とても簡単で楽ちんです。また、店舗での取得だと場合によっては待ち時間が1~2時間かかることがありますのでお勧めはしません。

docomoの受付窓口:0120-800-000
受付時間 9:00~20:00

 

また、ドコモは「オンライン」からでもMNP予約番号が取得可能です。3~5分程度で簡単に取得可能です。手順は別ページで解説していますので、そちらを参考にして頂けば幸いです。

 

 

「MNP予約番号の発行」は「ドコモの解約」と同義語なので、多少の引き止めはありますが、「もう決めているので結構です。」とひと言伝えれば、それ以上はありません。

 

  • MNP転出に関する注意事項
  • 端末の分割払い残高が残ってる方は一括かそのまま分割にするかの選択
  • 簡単なアンケート

 

時間にして5分~10分程度ですが、これらの段階を踏んで「MNP予約番号」と「MNP予約番号の有効期限」を教えてもらいます。

MNP予約番号の有効期限には注意しよう!

MNP予約番号の有効期限は発行日から15日間となっています。

ただし、移転先のMVNOにはそれぞれ有効期限が以下図のように「○○日以上残ってる状態」という条件があります。

 

タブレ
タブレ
仮に楽天モバイルだったら有効期限が10日以上残ってる状態じゃないとダメてことっスね
マヒロ
マヒロ
有効期限が過ぎたり、足りなくなっちゃった時はもう一度再発行しないとダメなんだ!

手数料は無料だけど手間がかかっちゃうから、発行したら2日以内に申込みを済ませようね!

 

★万が一MNP予約番号の有効期限が切れてしまっても無料で再発行が可能です。「MNP予約番号の再発行手続きを解説!各社ごとの有効期限も一発で確認!」こちらの記事でも掘り下げて解説しています。

Step 2. 格安SIMを申し込もう!

MNP予約番号を入手したら次はいよいよ格安SIMを申し込みますが、その前に必ず必要になる物があるので先に準備しておきましょう!

格安SIMの申込み前に準備しておく物

MNP乗り換えの際は、先ほど入手した「MNP予約番号」の他に「本人確認書類」と「支払い用のクレジットカード」が必要になります。

 

本人確認書類は申込み画面上でそのままアップロードするので、PCからの申込みならデスクトップ上に、スマホからの申込みなら先に表面と裏面を撮影しておきましょう。

 

格安SIMの月額料金の支払い方法は基本クレジットカードがほとんどです。ごく僅かですが口座振替も一部対応している所もありますので、口座振替を希望する方は「口座振替に対応しているMVNO一覧」を参考にしてください。

申込みの流れは基本一緒だよ!

細かい申込み方法についても解説したいのですが、この記事に含めてしまうと長くなってしまうので、別記事にてそれぞれのMVNOごとに解説させて頂きます。

 

基本となる申込み方法は同じになりますので、ここでは全体的な流れを把握して頂ければ大丈夫です。

 

申込みの流れ
  1. 公式サイトの申込みページに進む
  2. 端末セットかSIMカードのみかを選択する
  3. MNP予約番号を入力する
  4. 個人情報やクレジットカード情報を入力する
  5. 申込み後に本人確認書類をアップロードする
  6. SIMカードが届くのを待つ

 

マヒロ
マヒロ
申込み完了後に個人情報の入力間違いが見つかると最初からやり直しになったり、そのせいで有効期限が間に合わなくなったりしちゃうから、最後に確認はしようね!
タブレ
タブレ
本人確認書類のアップロードも忘れちゃダメっスよ

 

以上で格安SIMの申込みは完了です。

Step3.ドコモからMNP乗り換えを行おう

SIMカードが届いたらドコモから格安SIMへMNP乗り換えをしていきましょう!

マヒロ
マヒロ
MNP乗り換えはPC・いま使っているスマホのどちらからでも可能だよ!

 

MNP切替方法のほとんどは、

  1. 説明書に記載されている電話番号にかける
  2. マイページにログインして行う

のどちらかになります。

 

電話をかけてMNP切替(例:楽天モバイル)

マイページからMNP切替(例:UQモバイル)

マヒロ
マヒロ
いまは同封されている説明書も詳しく書いてあるから心配しなくて大丈夫だよ!

 

MNP切替の作業自体は5分程度。回線が切り替わるのは即時~30分程度で完了します。

そして、回線が切り替わったと同時にドコモは自動的に解約となります!

 

タブレ
タブレ
(ドコモ今までありがとう・・・)

SIMカードの挿入~APN設定

ドコモからの乗り換えが完了したら、これから利用する格安SIMを使えるように簡単なAPN設定(初期設定)をしてあげます。

 

タブレ
タブレ
最初は緊張するかもしれないけど、5分あれば終わる作業だから心配しなくていいっスよ

SIMカードを挿入してあげよう!

まずは同封されているSIMカードを台紙から取り外します。

タブレ
タブレ
金色の部分は大切なデータが入ってるからなるべく触らないようにするっスよ

 

次に端末の側面にあるSIMスロットを取り出します。

 

マヒロ
マヒロ
専用の工具がない時は、ゼムクリップや画びょうで代用できるよ!

 

SIMカードの向きを確認してトレイに乗せたらそのまま端末内に戻して、電源を入れればセット完了です。

APN設定をしよう!

電源を入れたら「APN」と呼ばれる初期設定を行います。

※APN設定というのは、SIMカードが利用する電波をチャッチできるようにしてあげるネットワーク接続設定です。どの格安SIMを使っても最初の1回だけの作業を行います。

 

APN設定はiPhoneとAndroidでやり方が異なりますが、どちらも少ない工程で完了します。

マヒロ
マヒロ
一回やっちゃえば、次からは何も見ないでできるくらい簡単だよ!

 

説明書を見ながらでもできますが、当サイトでもiPhone・Androidごとの詳しいAPN設定手順を別ページで解説してるので、知りたい方はそちらを参考にして頂ければ幸いです。

 

ドコモ回線に対応したオススメの格安SIMの紹介

最後にドコモ回線を使った格安SIMをご紹介します。

 

当サイトではポリシーとして、実際に僕自身が利用したことがある格安SIMしか掲載しておりません。まだまだニッチなMVNOは試していませんが、有名処は抑えているので格安SIMを選ぶ際の参考資料という形でお役に立てれば嬉しく思います。

 

Y!mobile(ワイモバイル)

Yモバイルのロゴ

知名度バツグンなYモバイルです。

Yモバイルはソフトバンク回線を扱っているので、ドコモ版のスマホで利用する場合は必ずSIMロック解除が必要となります。

 

マヒロ
マヒロ
ドコモ回線を使った格安SIMよりも1つ工程が増えるけど、運用コスパや通信速度はバッチリだよ!

 

 

ワイモバイルの料金プランの画像

 

タブレ
タブレ
10分かけ放題がついてこの金額は安いっスね!
マヒロ
マヒロ
現在開催されているキャンペーンも「SIMのみ」が対象となっているからお得に乗り換えることができるよね!

 

 

Yahoo!モバイル
オンラインストア

 

また、ドコモからYモバイルへ乗り換える特化記事のレビューもありますので、合わせて参考にしてください。

 

あわせて読みたい
ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を解説
ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を画像付きで解説するよ!この記事では、ドコモからワイモバイルへMNP乗り換えする手順や注意点を丁寧にレビューしています。 ...

IIJmio(みおふぉん)

 

格安SIMの中では老舗中の老舗のIIJmio。芸能人を使ったインパクトがあるメディアへの露出はないが、万人向けので使いやすいサービスや複数のかけ放題オプションにも力を入れています。

 

また、セット購入可能なSIMフリー端末は業界一となっており、破格のキャンペーンも開催しています。最新のキャンペーン情報はこちら

 

IIJmio公式へ

UQモバイル

 

UQモバイルはau回線を使った格安SIMなので、ドコモ版スマホをそのまま使う際は必ずSIMロック解除が必要となります。

 

ドコモのSIMロック解除は「コチラ」で解説しています。(UQモバイルで新しく端末を購入される方や、SIMフリー版のスマホを別に購入する方はドコモからMNP予約番号を入手するだけでOK。)

 

マヒロ
マヒロ
SIMロック解除の工程が1つ増えちゃうけど、通信速度や高額のキャッシュバックがあるから手間にかかる見返りは大きいよね!

 

ドコモからUQモバイルへの乗り換え手順は別記事にてレビューしていますので、合わせて参考にしてください。

 

あわせて読みたい
【超まとめ】ドコモからUQモバイルに乗り換える手順を解説するよ!このページは、現在docomoユーザーの方がUQモバイルに乗り換え(MNP)する手順をまとめた特化記事です。 初めての方でも分かり...

 

uqモバイルキャッシュバック5000円

また、料金プランもシンプルで分かりやすく、5,000円のキャッシュバックが人気です。最新のキャンペーン情報はこちら

 

UQモバイル公式へ

楽天モバイル

 

ドコモ系SIMの代名詞的な存在。まんべんなくニーズに応えられる料金プランや最初から5分かけ放題が付いているスーパーホーダイが特徴。月額料金の一部がスーパーポイントで還元され、スマホ代の支払いにあてられるので楽天でよく買い物をする人にオススメです。

 

ドコモから楽天モバイルへの乗り換え手順は以下記事でレビューしています。

 

あわせて読みたい
ドコモから楽天モバイルへMNP乗り換える方法を解説するよ!この記事では現在ドコモユーザーが楽天モバイルへMNP乗り換えする手順を解説しています。 結論から先...

 

また、端末とのセット購入に力を入れており、最新機種でも割引きになっていることが多いので、ドコモから格安SIMの乗り換えをキッカケに機種変を考えている方も要チェックです。最新のキャンペーン情報はこちら

 

楽天モバイル公式ページ

 

まとめ

以上でドコモから格安SIMへの乗り換え方法は全て完璧です!

格安SIM自体ドコモ回線を使っているMVNOが多いので、ドコモ版スマホであればSIMロック解除などは一切気にしないで乗り換えることができるのでとても簡単です。

文章で説明するとどうしても長くなってしまいますが、今回の記事を通して全体を通しての流れが確認できれば幸いです。

 

また、個人個人でプランや使い道に合った格安SIMの選び方などは千差万別なので、説明が不足している部分もあるかと思います。

 

その場合は「お問合せ」からメールを頂ければ、僕の分かる範囲でお答えしますのでお気軽にご連絡を頂ければと思います。

 

タブレ
タブレ
一人で悩んでないで聞いちゃった方が早いっスよ
マヒロ
マヒロ
ピッタリな格安SIMを一緒に探そうね!

 

毎月行われているキャンペーン情報は最新のキャンペーンページでもまとめていますので、是非参考にしてください♪