FUJIWifi

【レビュー】FUJI Wifiでレンタルできる「FS030W」基本的なスペックから注意点をまとめたよ!

FUJI wifiでレンタルしたFS030Wの画像

この記事では、モバイルルーター「FS030W」の基本的なスペックをまとめて実機レビューしています。

また、FS030WはFUJI Wifiで一番使われているモバイルルーターなので、FUJI Wifi申し込む前にFS030Wってどんなモバイルルーターなの?と知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

因みに、FUJI Wifiでレンタルするモバイルルーターは自分で機種を選ぶことができません。在庫状況によってランダムで発送されます

 

FUJI wifiでレンタルしたFS030Wの一式画像
マヒロ
マヒロ
「FS030W」はほとんどのプランの対象になっているから当たる確率は高いね!

僕も「FS030W」だったよ!

タブレ
タブレ
当たる確率が高いなら尚更、事前に知っておきたいっスよね

 

FUJIWifi公式ページへ

FS030Wの基本スペック

FS030Wの基本スペックは以下の通りです。

項目 スペック
発売日 2016年12月
項目名 高さ 約74.0mm×幅 約74.0mm×厚さ 約17.3mm
重さ 約128g
通信方式1 LTE:受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbps
3G:受信時最大 42Mbps/送信時最大 5.76Mbps
通信方式2 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac 最大433Mbps
周波数帯 2.4GHz/5GHz
Bluetooth 2.4GHz
連続通信時間 無線LAN通信:最大20時間(LTE通信時)
Bluetooth:最大24時間(LTE通信時)
無線LAN同時接続 15台
Bluetooth接続数 5台
USB接続数 1台
セキュリティ WEP,WPA-PSK,WPA2-PSK
対応SIM LTE 対応SIM(形状:microSIM)
充電用端子 microUSB(USB2.0)
最大充電時間 ACアダプタ利用時:最大3時間
充電用電源 5.0V(DC),1.5A MAX
国際ローミング 非対応

FS030Wの外観

FS030Wは富士ソフトから2016年12月に発売されたモバイルルーターです。他ではあまり見ない正方形の形が特徴で、それがまた可愛かったりもします笑

 

FUJI wifiでレンタルしたFS030Wの画像

 

受電はmicroUSBとなっています。

側面には「WPSボタン」という名前のセレクトボタンが付いています。

 

モバイルルーターは基本繋がっていればOKなので、WPSボタンはほとんど使いませんが、説明書の方に用途が記載されているので、手元に届いたら読んでみてくださいね。

 

FUJI Wifiでレンタルすると、

  • FS030W本体
  • 充電ケーブル
  • 充電アダプタ
  • 説明書

が同封されています。

 

FUJI wifiでレンタルしたFS030Wの一式画像

説明書の裏面には返却時の手順・注意点・発送先が記載されているので、確認しておきましょうね。

 

FS030Wのより詳しい説明については「FS030Wの公式サイト」があるので、そちらも合わせて参考にしてください。

 

マヒロ
マヒロ
これら全部はFUJI Wifiからレンタルしている物だから返却時には全部返すんだよ!

それまで無くさないように大切に保管しておこうね!

FS030W(富士ソフト)はそもそもネームバリューが低い?

一般的というか、モバイルルーター=WiMAX・Pocket Wi-Fiのイメージが強いとどうしてもモバイルルーターの機種は、

  • Speed Wi-Fi NEXTシリーズ
  • Pocket WiFi シリーズ

 

が強かったり、SIMフリー型のモバイルルーターですと、

  • HUAWEI
  • Aterm

が有名ですよね。

 

あわせて読みたい
AtermMP01LNレビュー
Aterm MP01LNの実機レビュー!特徴や使い方を丁寧に解説!格安SIMとの併用で月額料金が安く使えるのがSIMフリーモバイルルーターです。 今回はその中でも特に人気な「Aterm MP01L...

 

僕もFUJI Wifiを知るまでは、FS030W(富士ソフト)は知りませんでした。

 

タブレ
タブレ
それじゃ、ショボイってことっスか?
マヒロ
マヒロ
いや、知名度はそこまで高くないけど、スペック的には問題ないよ!

 

中でも注目する部分は、バッテリー本体のサイズ

モバイルルータではAtermMR05LNなどが有名ですが、これと比べると連続通信時間(LTE/3G)は20時間(AtermMR05LNは14時間)と優れています。

(Aterm MP01LN:10時間、HUAWEI E5577:12時間)

 

バッテリーの消耗は繋いでる台数、用途で変わります。

家族でのお出かけ時に、タブレットや任天堂switch、動画視聴など一度に接続する際にはモバイルバッテリーの準備をしておいた方が僕の経験上無難です。

 

また、端末サイズが正方形と珍しいタイプでやや大きめですが、個人的には今まで無かった形と可愛らしさが気にいっています笑

 

周波数帯域も2.4GHz/5GHzの両方が備わっているので全く問題ありません。

 

その他にも、LTE:受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbps。高速Wi-Fi規格の「11ac」には対応していませんが、実際使ってても特に普段使いをしている分には違いは感じられません。

発売から2年が経過しているが、全く問題ない

FS030Wは発売されたのが、2016年12月なので現在(2019年6月)から約2年6か月が経過していますが、その辺りについては全然問題ないです。

 

タブレ
タブレ
毎年新しいモノが登場するから、追ってるとキリがないっスもんね
マヒロ
マヒロ
最新機種でも基本スペックはほとんど変わってない部分が多いし、実際使う生活スタイルでの範囲だったら違いは分からないレベルだよ!

 

常に、モバイルルーターでガンガン仕事される方であれば、高速Wi-Fi規格の「11ac」搭載しているモバイルルーターも選択肢に入りますが、いくら端末のスペックが優秀でも、利用する電波をキャッチする状況が悪ければ最新機種も型落ちでも違いはありません

まとめ:FS030Wは個人的に気に入っています!

モバイルWi-Fiルーターの形は様々ですが、FS030Wの正方形は気に入りました!笑

また、FS030Wは2016年12月発売と現在(2019年1月)から約2年前のモデルですが、正直普段使いしてて、最新式のモバイルWi-Fiルーターと比較してその差がわかる方はほとんどいないかと思います。

申し込み後は後からでもプラン変更も可能なので、僕も様子を見ながら必要であれば50GB/100GBのプランを検討したいと思います。

 

実は、25GBで月額2,500円。50GBで月額3,100円と50GBで600円しか差がなかったので、「50GBでも良かったかな。。苦笑」とちょっと失敗した感はあります笑

近い内にプラン変更をすると思いますので、変更した際にはレビューもアップしますのでお楽しみに。

 

料金プランに関しては「FUJI Wifiの料金プランを解説するよ!」で詳しく紹介しています。

 

申し込みレビューへ

FUJIWifi公式ページへ