FUJIWifi

【ガチンコ対決!】FUJI WifiとWiMAXの通信速度を比較してきたよ!

fujiwifiとWiMAX比較

この記事は、モバイルWi-Fiルーターの「FUJI Wifi」と「WiMAX」を使って通信速度を比較したレビュー記事です。

マヒロ
マヒロ
どっちも有名だから気になるよね!
タブレ
タブレ
ちょうどモバイルルーターを検討していたからグッドタイミングっスね

ということで、「モバイルWi-Fiルーターを検討しているけど、どれにしよう?」と悩んでいる方は、当記事を参考材料の1つとしてお役に立てて頂ければ嬉しく思います!

 

また、こちらの記事は「【画像多数】Y!mobileの通信速度を徹底調査!」と同じタイミングで計測したので、Y!mobileに興味がある方は合わせて参考にしてくださいね。

今回の測定場所について

まず、今回の測定場所は出張の関係で千葉都内各所です。

計測時間帯によってその場所の通信速度は変化しますが、異動しながらの計測なのでその辺りはご了承頂ければ幸いです。

計測に利用したプロバイダーと端末について

今回、速度計測に利用したプロバイダーと機種の情報を以下表にまとめました。

FUJI Wifi UQWiMAX
回線 SoftBank回線※1 WiMAX2+回線※2
端末 FS030W W05
契約方式 レンタル 2年/3年/4年
プラン 無制限
200GB
100GB
50GB
25GB
ギガ放題
7GB
契約解除料 レンタルなので0円 契約更新月以外の解約は9,500円
キャンペーン 不定期で新規事務手数料が無料になる キャッシュバックがメイン

※1:FUJI WifiはSoftBank回線とWiMAX回線の両方を扱っていますが、今回の計測はSoftBank回線を利用しています。詳しくは「FUJI Wifiの料金プラン」を参考にしてください。

※2:WiMAX2+は「ハイスピードモード」のみの使用で全て計測しており、「ハイスピードプラスエリアモード」は使っていません。

 

タブレ
タブレ
一番違うポイントが「契約方式」っスね
マヒロ
マヒロ
そうだね!フジワイファイはレンタルで、WiMAX2+は数年の契約になるよ!

 

契約期間が数ヶ月~2年未満の方であれば「FUJI WIfi」の方が気軽に利用することができますね。

両社の掘り下げた内容については別記事にて解説しているのでそちらを参考にして頂ければ幸いです。

 

あわせて読みたい
fuji wifiを徹底解説
FUJI Wifiコスパ最強説!フジワイファイの評判・特徴を実機を交えて徹底的にレビュー! ということで、今回はレンタルポケットWi-Fiで注目を浴びている「FUJI Wifi(フジワイファイ)」というレ...
あわせて読みたい
UQワイマックスのモバイルルーター(WiMAX 2+)を徹底解説!お得な契約方法も紹介するよ!この記事では、UQワイマックスで扱っているルーターについて解説しています。 初めてUQワイマックス...
あわせて読みたい
WiMAXとUQモバイルの併用で最大2万3千円キャッシュバック!概要を解説するよ!この記事では、WiMAXとUQモバイルをセット利用することで得をする「ウルトラギガMAX」についての概要を解説しています。しかも!2つの...

 

ガチンコ対決その1:大江戸温泉物語 浦安万華鏡にて

FUJI Wifi WiMAX2+
23:37
下り 31.9Mbps 測定不可
上り 11.1Mbps
タブレ
タブレ
あれ?WiMAXの方は測定不可なんスか?
マヒロ
マヒロ
WiMAXは障害物に少し弱いのが特徴なんだよね!

何となく予想していましたが、WiMAXは障害物に弱いのが特徴です。一戸建てやアパートの窓際であれば問題ありませんが、今回の大江戸温泉物語など大きな建物内だと障害物が多くなってしまい、建物の規模によっては電波が弱くなる(または圏外)傾向が強いです。

 

ただし、WiMAX2+も「ハイスピードプラスエリアモード」を利用すればauの4G回線(LTE)となるので建物内でも利用することは可能になりますが、最大で7GBしか使えない。契約プランによっては有料オプションになってしまうので、「ハイスピードプラスエリアモード」は最終手段と考えておきましょう!

ガチンコ対決その2:幕張メッセ(幕張新都心地下第1駐車場)

FUJI Wifi WiMAX2+
8:37
下り 21.9Mbps 圏外
上り 8.86Mbps
タブレ
タブレ
ん~WiMAXは圏外なんスね
マヒロ
マヒロ
WiMAXは建物の他に地下も電波が入りにくいからね!

いきなりWiMAXが不調続きになってしまっていますが、WiMAXの地下は場所によって完全に異なります。

この後、紹介する都内の東京メトロや地下鉄は現時点でほぼカバーしていますし、WiMAX公式サイトでも記載されています。

⇒ ここで使える!WiMAX 2+(私鉄・地下鉄)|【公式】UQ WiMAX

 

WiMAXもLTE回線のハイスピードエリアプラスモードに切り替えれば話は別ですが、せっかく無制限のギガ放題がウリなのに7GB条件は勿体ないので余程の理由以外は使いません。

マヒロ
マヒロ
地下を頻繁に使う人は最初からLTE回線を使っているフジワイファイを選んだ方がいいよ!

ガチンコ対決その3:千葉駅周辺

FUJI Wifi WiMAX2+
13:03
下り 25.9Mbps 下り 7.45Mbps
上り 9.32Mbps 上り 8.74Mbps

千葉駅のSOGO前にての速度計測です。

地上であればWiMAXもFUJI Wifiと比較すると少し数値は弱いですが、このスピードであれば特に問題ありません。

ガチンコ対決その4:千葉駅にあるタリーズ珈琲

FUJI Wifi WiMAX2+
13:26
下り 30.7Mbps 下り 21.3Mbps
上り8.64Mbps 上り 1.31Mbps

友人と合流し千葉駅近くのタリーズコーヒーにて速度計測です。

建物内ですがお店くらいであればどちらも特に問題ないレベルです。しいて言えばWiMAXの上りが弱かったですが、下りは良好なのでカフェで書類書き、メールチェック、ネットサーフィンなどは支障ありません。

マヒロ
マヒロ
上りスピードは、相手に容量が大きい写真を同時に何枚も送ったりする時に必要なスピードが「上り」だよ!

上りは基本的に「相手にデータを送る」「ブログの記事をアップロードする」「メールを送る」など限られた方が気にする部分ですね。

また、私生活のほとんどは、「ネットで検索する」「音楽をダウンロードする」といった【下り】を重要視します。

ガチンコ対決その5:スカイツリー真下

マヒロ
マヒロ
ここからは都内編だよ!
FUJI Wifi WiMAX2+
11:33
下り 8.18Mbps 下り 6.24Mbps
上 り9.35Mbps 上り 6.09Mbps

考えていたよりは通信速度は低かったですが、共に同じくらいでノマドワーカー的にも支障はありません。

タブレ
タブレ
やっぱりスカイツリーは間近で見ると迫力あるっスね~

ガチンコ対決その6:浅草雷門前

FUJI Wifi WiMAX2+
11:55
フジワイファイ速度計測-雷門前 WiMAX2+速度計測の画像-雷門前
下り 15.2Mbps 下り 2.88Mbps
上り 9.46Mbps 上り 15.1Mbps

外国人観光客で賑わっている浅草の雷門前交差点にて速度計測です。

この先も似た部分があるのですが、下り速度はやはり4GLTEを使用している「FUJI Wifi」の方が有利ですが、上り速度はWiMAX2+の方が高い傾向にあります。

数分後に計測するばまた違った通信速度にはなりますが、人口密度が多い箇所は下り速度は控えめになるイメージですね。

ガチンコ対決その7:地下鉄銀座線

FUJI Wifi WiMAX2+
12:18
フジワイファイの速度計測の画像-地下鉄銀座線 WiMAX2+の速度計測の画像-地下鉄銀座線
下り 30.1Mbps 下り 3.17Mbps
上り 9.83Mbps 上り 14.4Mbps

地下鉄銀座線(上野)にて速度計測です。

タブレ
タブレ
今度はWiMAX2+も電波が届いてるんスね
マヒロ
マヒロ
他県の地下駐車場は弱い所が多いけど、地下鉄メトロや都営地下鉄ならほぼ使えるようになっているよ!

 

 

ただし、地下鉄の駅と駅の間は繋がらない箇所もあるので移動中のオンラインゲームは控えた方がよさそうですね。

ガチンコ対決その8:築地

FUJI Wifi WiMAX2+
13:10
下り 7.17Mbps 下り 2.96Mbps
上り 7.17Mbps 上り 6.48Mbps

移動中はWiMAX2+に繋いで電車乗換アプリと検索をメインに使っていますが、特に不自由はしていません。

タブレ
タブレ
常に歩きながらオンラインゲームをするか、YouTubeを視聴しているかしないと通信速度の変化はわからないっスよね

ガチンコ対決その9:新橋駅前

FUJI Wifi WiMAX2+
13:45
下り 13.9Mbps 下り 8.18Mbps
上り 9.00Mbps 上り 8.60Mbps

サラリーマンの聖地の新橋駅前です。

そろそろ歩き疲れてきた感がありますが、、通信速度は両方とも普通です!苦笑

タブレ
タブレ
凄く速いとか、凄く遅いとかあった方がネタにもなるんスけどね。。

「普通に使える」というのはとっても良いことですが、記事の企画的には平凡になってしまうのが厳しいです!!苦笑

ガチンコ対決その10:飯田橋-メトロポリタンエドモンド

FUJI Wifi WiMAX2+
15:51
fujiwifi速度計測の画像-メトロポリタンエドモンド WiMAX2+の速度計測画像-メトロポリタンエドモンド
下り 17.9Mbps 下り 8.12Mbps
上り 9.74Mbps 上り 14.8Mbps

飯田橋にあるメトロポリタンエドモンドにです。

写真を撮り忘れてしまいましたが、だいたいホテルが提供している無料Wi-Fiの通信速度は1Mbpsと遅い傾向にあるので、出張先でのホテル宿泊時のパソコン利用にはモバイルWi-Fiルーターはかかせません!

どちらも窓際に置いての計測ですが、十分な通信速度を確保してくれていました。

ガチンコ対決その11:秋葉原駅前

FUJI Wifi WiMAX2+
17:10
fujiwifi速度計測の画像-秋葉原駅前 WiMAX2+速度計測の画像-秋葉原駅前
3.33Mbps 6.86Mbps
9.04Mbps 13.0Mbps

何年ぶりかに訪れた秋葉原駅前にて速度計測です。

外国人観光客&メイド喫茶のチラシ配りの女の子がほとんどでした苦笑

通信速度は特に問題ありませんね。(普通過ぎて本当にコメントに困ってきました。。)

ガチンコ対決その12:六本木-大江戸線3番出口前

FUJI Wifi WiMAX2+
18:37
下り 11.4Mbps 下り 4.26Mbps
上り 9.72Mbps 上り12.1Mbps

都内最後の六本木大江戸線3番出口前での速度計測です。

WiMAX2+の方が若干弱めな感じはありますが、無制限のギガ放題という枠で考えれば許容範囲です。

以上で、都内での速度計測は完了です!!

結論:都内住みの方ならどっちでもOK!地方住みの方はFUJI Wifiを!

僕個人が、仕事やプライベートで「FUJI Wifi」「WiMAX 2+」を利用した上での感想となりますが、クッキリ分けると以下の3つです。

  • 東京圏内に住んでいる方は正直、どっちを選んでも問題なし!
  • 地方に住んでいる方は「FUJI Wifi」を推奨!
  • 都内住みでUQモバイルも使っている方なら「WiMAX2+」を推奨!

東京圏内に住んでいる方は、好きな方を選んで良いと僕は思うよ!

都内では地下鉄もほぼWiMAX2+回線もカバーされていますし、最悪フリーWi-Fiもたくさんあるので、どちらを利用しても特別困ったという印象は受けません。

電源を入れっぱなしで鞄に入れて移動していることがほとんどです。

田舎人なので、東京ってやっぱ凄いよねっ!!

と、素直に感じます。

 

乗り換え続きで足が超疲れましたが、FUJI WifiとWiMAXを二つ持って同じ場所を計測したことがなかったので、僕にとても良い勉強となりました!

地方に住んでいる方は「FUJI Wifi」を僕は推奨するよ!

一方、都内圏以外ではWiMAX2+は地下や高速のトンネル内には滅法弱いです。

 

いや、全部が全部使えないって言ってないので誤解はしないでくださいね!ディスってる訳ではありませんよ!

 

ただ、僕自身がこのサイトの記事をアップロードする時や、仕事で大切な書類を送る時に使っているのは「FUJI Wifi」なんですよね。

タブレ
タブレ
ソフトバンク回線を使っているFUJI Wifiは常に4GLTEだから仕方がないってのもあるんスけどね

WiMAX 2+も4GLTEは使えるけど、「ハイスピードエリアプラスモード」の時だけですし、上限が7GBまです。

これじゃ、WiMAX2+の最大のウリである無制限(ギガ放題)を生かし切れていません。

 

どうしても「WiMAX 2+」を希望するなら公式サイトで「ピンポイントエリア判定」で必ずチェックしてください。

マヒロ
マヒロ
それでも不安なら「トライWiMAX」で2週間WiMAX2+をレンタルすることもできるよ!

都内住みでUQモバイルも使っている方なら「WiMAX2+」を推奨!

これは通信速度ではなく節約の部分になりますが、WiMAX2+はUQモバイルを一緒に利用すると「ウルトラギガMAX」という括りで使うことが可能です。

ウルトラギガMAX

ウルトラギガMAXの詳細は別記事にて詳しく解説していますが、UQモバイルの月額料金が毎月300円割引になる優れものです。

同時にUQモバイル・UQWiMAXには限定のキャッシュバックがあり、このキャッシュバックを月額料金にあてればトータルコストが下がるのでメッチャお得です。

 

あわせて読みたい
WiMAXとUQモバイルの併用で最大2万3千円キャッシュバック!概要を解説するよ!この記事では、WiMAXとUQモバイルをセット利用することで得をする「ウルトラギガMAX」についての概要を解説しています。しかも!2つの...

今回の速度計測やプライベート利用の経験からですが、都内であればWiMAX2+の通信速度は問題ないので、UQモバイルの利用も視野に入れている方は合わせて参考にしてください。

まとめ

以上が「FUJI Wifi」と「WiMAX2+」の通信速度比較レビューでした。

僕もそうですが、モバイルWi-Fiルーターを初めて契約する時は必ず「通信速度」が気になりますよね!

Twitterや検索をすると「遅い」「繋がらない」という部分には目が行ってしまいガチですが、実際の通信速度は、常に変化しまくっています

たまたま、ツイートした方の電波状況が恵まれていなかったり、数分後に通信速度が変わっているというのはザラです。

タブレ
タブレ
じゃあ、どっちを選んだ方がいいんスかね?

僕個人の考えになりますが、

 

  • どうしても不安の方は「FUJI Wifi」
  • WiMAX2+を利用したい方は、「ピンポイントエリア判定」や「トライWiMAX」は必ず利用する

 

今回のレビューでも再確認できましたが、地方住み方は「FUJI Wifi」を推奨しますし、しかもレンタルなので1~2ヵ月使ってみて自分に合わなくても違約金0で解約できるのが最大の魅力です。

料金も100GB:3,800円/月なのでヘビーユーザーでも耐えられます。

 

あわせて読みたい
フジワイファイの料金プランについて
FUJIWifiの料金プランまとめ!プラン別に解説するよ! このページでは、FUJIWifiの料金プランについて詳しく解説しています。 ※2019...

 

また、都内住みの方であれば「WiMAX2+」もギガ放題として無制限で使えるのも魅力ですし、UQモバイルとの併用であれば運用コスパは優秀です。

1つだけWiMAX2+で注意したいのはWiMAX2+の公式サイトで記載されている「下り最大440Mbps」というのは「ハイスピードエリアプラスモード」を利用した時のMAX値となります。

ハイスピードプラスエリアモードの上限は月7GBとなるので、常に4G LTE速度ではありません。また、ハイスピードエリアプラスモードの7GB上限に引っかかってしまうと、同時に「ハイスピードモード」のWiMAX2+も制限対象となってしまうので要注意です。

タブレ
タブレ
WiMAX2+はキャッシュバックやUQモバイルとの併用でお得度が高いっスけど、ちょっとした注意も必要っスね
マヒロ
マヒロ
どっちも上手に使えば便利なアイテムだから自分に合った方を使おうね!

 

FUJI Wifi公式ページ

UQWiMAX公式ページ