Androidタブレット

「HUAWEI MediaPad T5」レビュー!特徴・スペックまとめ!

MediaPad T5の実機画像

この記事では、「HUAWEI MediaPad T5」10.1インチ国内モデルの基本スペックや特徴などを実機を使ってレビューしています。

 

2019年11月4日時点の価格ドットコムで確認しても、「人気売れ筋ランキング7位」と非常に人気度が高いタブレットとなっています。

↓ ↓

 

タブレ
タブレ
10インチタブレで価格が安いっスもんねー

 

確かにこのスペックで約15,800円は即買いレベルですね苦笑

というわけで、僕も迷うことなく購入しました。

 

MediaPad T5の実機画像

 

当サイトのポリシーは自分が購入したことがある製品しか紹介していません。その上で購入前の参考になれば嬉しいな!っという思いで運営しています。

 

今回僕が購入したHUAWEI MediaPad T5は、Wi-Fiモデル(国内版)です。

 

AmazonでMediaPad T5
をチェック!

 

 

因みに、今回レビューするMediaPad T5は2018年9月に発売のタイプ。10.1インチ(1920×1200 IPS)でRAM 2GB、ストレージ16GBです。ですが、現在(2019年9月30日)新モデルが登場しています。RAM3GB、ストレージ32GBに変更。その他の仕様に変更はありません。なお、MediaPad T5にはLTEモデルとWi-Fiモデルがありますが、RAMとストレージの増量新モデルはWi-Fiモデルのみとなります。

 

また、MediaPad T5にはLTEモデルも発売されており、格安SIMで運用するのであればLTEモデルの方を購入してください。

 

 

↓MediaPad T5で使いたい格安SIMの一例↓

格安SIM 特徴
マイネオ 全キャリア回線を扱い、利用確認済み端末数も業界一なので、タブレット使いには優秀な格安SIM。
楽天モバイル データSIMに関してはごくごく一般的な印象。利用するのであればドコモ回線を選ぼう。
IIJmio こちらも、データSIMに関しては一般的だが稀にキャンペーンでデータSIMが対象になっていることがある。
LINEモバイル プランによるが、主にLINE、Twitter、インスタ、Facebook利用時のデータ消費はカウントされない仕様になっている。タブレットでSNS利用がメインな方が対象な格安SIM。セット購入可能
ワイモバイル タブレット持込での単独契約はできない。ワイモバイルを既に利用中の方なら、シェアプラン(子回線)として利用は可能。詳しくはこちら

 

外出先でガンガン利用する方は、格安SIM対応のLTEモデルを推奨しますが、最近僕はモバイルWi-Fiルーターの「FUJI Wifi」がお気に入りなので、今回はWi-Fiモデルを購入しました。

 

MediaPad t5とフジワイファイの画像

 

あわせて読みたい
fuji wifiを徹底解説
FUJI Wifiコスパ最強説!フジワイファイの評判・特徴を実機を交えて徹底的にレビュー! ということで、今回はレンタルポケットWi-Fiで注目を浴びている「FUJI Wifi(フジワイファイ)」というレ...

 

HUAWEI MediaPad T5の基本スペックや特徴をチェック!

マヒロ
マヒロ
MediaPad T5のスペックは以下のとおりだよ!

 

MediaPad T5の基本スペック
OS Android 8.0
EMUI 8.0
SoC kirin 659
ディスプレイ
解像度
10.1型/IPS
1920×1200
RAM
ROM
2GB
16GB
アウトカメラ
インカメラ
500万画素
200万画素
microSDカード 対応
サイズ 高さ:243mm
横幅:164mm
厚さ:7.8mm
バッテリー 5100mAh
Wi-Fi規格 802.11a/b/g/n/ac
2,4/5GHz
ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイル回線 対応
au回線 非対応

 

マヒロ
マヒロ
これがMediaPad T5の基本スペックだね!

それでは、ポイント絞って確認していきましょう!

 

MediaPad T5のディスプレイ

MediaPad T5ディスプレイの解像度は1,920×1,200のフルHDディスプレイとなっています。

 

HUAWEI MediaPad T5はフルHDのIPSパネルを搭載しているのがポイントですね!

SoC(kirin 659)はフルHD動画や映画を綺麗に再生するには十分な性能を持っているので、家族のお出かけ時に高画質な映像を楽しめるのは大きなメリットです!

 

なた、ディスプレイ比率が16:10と縦長ディスプレイなのはHUAWEI独特かなーと思います。

 

因みに、先日発売されたiPad第7世代(10.2型)と並べるとこんな感じです↓

タブレ
タブレ
iPadはやっぱり横幅が広いっスねー

 

2019年9月30日の時点でMediaPad T5が約1.8万円なので、iPad第7世代の丁度半分の金額で購入できますね。

 

 

画像写真では少々分かりにくいかもしれませんが、動画も非常に美しく表示してくれます。

 

↓ ↓

 

 

タブレ
タブレ
ウブロやっぱり格好いいっスよねー

 

タブレ
タブレ
パンドラちゃんもマジで可愛いっス

 

動画自体の品質で綺麗さはもちろん変わりますが、YouTube、Hulu、Amazonプライムなど快適に視聴できます。やっぱり10インチあると快適ですね♪

 

[格安SIMで使うなら!]MediaPad T5のLTEモデルの対応バンドについて

Wi-Fiモデルの方には関係ありませんが、もしMediaPad T5のLTE版を購入し、格安SIMで運用する方はMediaPad T5の対応バンドをチェックしておきましょう!

 

MediaPad T5の対応バンドは以下のとおりです。

 

  • FDD-LTE : Band 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20
  • TDD-LTE : Band 40 / 41
  • W-CDMA: Band 1 / 2 / 5 / 6/ 8 / 19
  • GSM : 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

 

これらで使える通信回線は、

  • ドコモ回線
  • ソフトバンク回線
  • ワイモバイル回線

 

となります。

 

au回線には対応していませんので、「au回線系」の格安SIMは申し込まないようにしましょうね!

 

↓MediaPad T5で使いたい格安SIMの一例↓

格安SIM 特徴
マイネオ 全キャリア回線を扱い、利用確認済み端末数も業界一なので、タブレット使いには優秀な格安SIM。
楽天モバイル データSIMに関してはごくごく一般的な印象。利用するのであればドコモ回線を選ぼう。
IIJmio こちらも、データSIMに関しては一般的だが稀にキャンペーンでデータSIMが対象になっていることがある。
LINEモバイル プランによるが、主にLINE、Twitter、インスタ、Facebook利用時のデータ消費はカウントされない仕様になっている。タブレットでSNS利用がメインな方が対象な格安SIM。セット購入可能
ワイモバイル タブレット持込での単独契約はできない。ワイモバイルを既に利用中の方なら、シェアプラン(子回線)として利用は可能。詳しくはこちら

 

Wi-Fiはac規格に対応している

MediaPad T5のWi-Fiは802.11a/b/g/n/ac 準拠となっており、ac規格による超高速通信が可能となっています。

自宅の固定回線を飛ばしているWi-Fiの親機がac規格に対応していれば、固定回線の速度を余すこと無く伝達でき、高解像度の映画なんかも快適に視聴可能です!

 

このac規格対応って地味に大切なんですよ!

 

RAMは2GB、ROMは16GBなので使用目的は限られる!?

MediaPad T5のRAM/ROMは2GB/16GBしかありません

 

しかも初期アプリや何かしらのアプリを2つ3つインストールすればすぐに空き容量が少なくなってしまいます。↓

 

タブレ
タブレ
iPhoneでもいまはもう16GBって中々見ないっスよね

 

特に最近のゲームアプリは容量が大きいので、MediaPad T5はゲーミングタブレットにはあまり向きません。どうしてもアプリをたくさんインストールするのであれば、microSDカードは必須になります。

 

ですが、RAMも2GBしかないので複数のタブを開きすぎるとカクカクした動作になってしまうので注意ですね!

 

マヒロ
マヒロ
価格が安いから動画視聴がメインの人にオススメのタブレットだね!

 

BluetoothはAAC/apt-Xに対応しているよ!

MediaPad T5のBluetoothは標準のSBCのほか、低遅延&高音質なAACとapt-Xに対応しています。apt-X対応のBluetoothイヤホンやヘッドホンは基本安価の物が多く、種類も豊富なのでワイヤレスイヤホンで困ることも少ないですね!

 

HUAWEI MediaPad T5の外観や付属品をチェックしてみよう!

タブレ
タブレ
次は外観や梱包物っスね

 

▼側面にはイヤホン端子や充電ポート、SIM(MicroSD)スロットが備わっています。

MediaPad T5の側面部の画像

 

▼MediaPad T5のメモリは16GBしかありません。基本ネット検索と動画視聴であれば問題ありませんが、他ゲームアプリなどをインストールするとすぐにMAXになってしまうのでmicroSDカードを使っての拡張は必須です。

 

MediaPad T5の側面部の画像

 

▼右側側面には電源ボタンやボリュームボタンはが上部に備わっています。横持ちしたときに右手一指し指で操作しやすい配置となっています。

MediaPad T5の側面部の画像

 

ステレオスピーカーを搭載しているよ!

▼MediaPad T5を横持ちした時に下部側の左右に配置されるようステレオスピーカーがくるような仕上がりになっています。

 

MediaPad T5のスピーカー部の画像

 

タブレ
タブレ
やっぱりステレオスピーカーの方が臨場感が出るっスよね

 

充電器は5V1A、ケーブルはMicroUSBを使っているよ!

▼付属されている充電機ですが、通常タイプの「5V1A」なので、容量が5100mAhあるMediaPad T5では少々力不足かなと。

 

 

タブレ
タブレ
最近は急速充電ものが多いから物足りないっスね

 

なので完全に使い切った後は基本放置プレイで充電しましょう!

 

▼付属するケーブルはMicroUSBタイプなので、代替え品を持っている方は多いかと思います。

 

 

ケースや保護フィルムはAmazonでたくさん売っているよ!

▼HUAWEI MediaPadシリーズは昔から人気なので、Amazonなど家電量販店でカバーケースや保護フィルムがたくさん揃っているので困ることはないかと思います。

 

Amazonでチェック!

ベゼル部分は幅広だけど、逆に誤タッチがなくなったよ!

▼MediaPad T5は10インチサイズと大型なので必然的に両手で持つ機会が多くなります。

最近ではベゼルが狭くより大画面仕様なモデルが増えてきていますが、個人的にはこのくらいの幅の方が誤タッチが減るので使いやすいですね!

 

 

MediaPad t5のベゼル部分の画像

まとめ:MediaPad T5は動画重視の方には即買いレベル!アプリを複数入れる時はmicroSDでの拡張は必須!

MediaPad T5の実機画像

以上が、MediaPad T5-Wi-Fiモデルの実機レビューです!

 

マヒロ
マヒロ
最後にポイントをまとめるね!

 

MediaPad T5まとめ
  1. Wi-FiモデルとLTEモデルを選べるよ!
  2. Wi-Fiモデルなら約1.8万円でミドルクラスのハイスペックタブレットが買えちゃうよ!
  3. RAM/ROMは2GB/16GBしかないから注意してね!
  4. たくさんアプリを入れるならmicroSDで拡張しようね!
  5. 大画面で視野性が良く画面がとっっても綺麗だよ!
  6. ステレオスピーカー搭載で音質もマジでいいよ!
  7. 格安SIMで運用するならLTEモデルを購入しよう!
  8. だけど、au回線には対応していないから注意してね!

 

MediaPad T5はひと言でいうなら、「動画視聴に特化した最適な安価のハイスペックタブレット」です!

 

RAM/ROMやカメラスペックなどの部分の性能を落とし、最適に動画視聴に特化した仕様となっています。

 

タブレ
タブレ
フルHDやWi-Fi ac規格、Bluetoothとかの部分はこの低価格に対しては高スペックっスもんね

 

ただし、RAM/ROMが弱小なので、ゲーム性能は低いです。もちろんモンストやパズドラなどは可能ですが、すぐに容量が一杯になってしまうので、microSDの拡張は必須です。

 

トータルで見ても、娯楽に特化した約1.8万円のタブレットなので人気が出るのはわかりますね!

 

LINEモバイルであれば、格安SIM×MediaPad T5とのセット購入も販売しています。

 

LINEモバイル公式ページ