IIJmio

IIJmioのコミコミセットの概要と注意点を価格別に解説するよ!

iijmioのコミコミセットを解説

この記事では、IIJmioのコミコミセットの概要や注意点を実際の端末画像を交えながら解説しています。

iijmioコミコミセット
タブレ
タブレ
コミコミセットってなんスか?
マヒロ
マヒロ
コミコミセットはIIJmioの音声通話SIMと通話オプション、そして端末代がセットになったお得なセットプランのことだよ!
マヒロ
マヒロ
人気のコスパ性が高いSIMフリースマホがセット申込みできるから、初めての人にもオススメだよ!

IIJmioでは取り扱っているSIMスマートフォンが現在46機種と業界トップクラスの品揃えで有名です。

その中に、IIJmioには厳選された人気機種を集めた「コミコミセット」というお得なセットプランが用意されています。

iijmioのコミコミセット
マヒロ
マヒロ
コミコミセット最初から格安スマホライフをスタートさせるのに必要なモノが全部揃っているから、端末を選ぶだけなんだ!

ということでこの記事では、

  • コミコミセット対象のスマホと概要説明
  • 特におすすめなスマホ

について詳しく解説します。

また、合わせてポイントごとに注意点も織り交ぜていますので、コミコミセットを検討されている方はぜひ参考になれば幸いです。

★現在当サイトは期間限定でIIJmioとタイアップキャンペーンを行なっています。タイアップキャンペーン専用URLからの申し込みで、既存のキャンペーンに加えてデータが12ヶ月間2GB増量されますので、ぜひご活用ください!詳細はこちら

現在行われている「[シェアNo1記念]スマホ代月額300円キャンペーン」はコミコミセットは対象外となってしまうので、現時点では既存キャンペーン+タイアップキャンペーンの併用の方がお得になっています!
↓IIJmio×タイアップ専用申し込みはこちら↓

IIJmio公式へ

コミコミセット対象のスマホと概要から解説するよ!

コミコミセットの概要
マヒロ
マヒロ
これじゃまずは「コミコミセットとは!」について説明していくね!

冒頭でも少し触れていますがコミコミセットとは、音声通話SIM(ネット+通話機能)、データ容量+端末代金の3つがセットになったプランのことです。

もう少し具体的に掘り下げると以下の通りです。

  1. 音声通話SIMで3GBプラン
  2. スマホ本体(コミコミセット対象の機種)
  3. 3分かけ放題オプション

がセットになっています。

タブレ
タブレ
毎月のデータ量が3GBプランのみなんスね
マヒロ
マヒロ
うん!それとコミコミセットで選択できるスマホは対象のスマホになるよ!

コミコミセットのデータ量は3GBのみ

IIJmioでは通常、

ミニマムスタートプラン 3GB
ライトスタートプラン 6GB
ファミリーシェアプラン 12GB

の3種類の中から選択しますが、コミコミプランは3GBのみしか選ぶことはできません。

マヒロ
マヒロ
自宅や職場にWiFi環境がある人。外出先でYouTubeとかの動画系を視聴しない人は3GBあればカバーできる容量だよ!

キャリアからの乗り換えの方は、事前にご自身が毎月どのくらいのデータ容量を使っているのか再確認しておけば心配ありません。

新規申込みの方は少々3GBで足りるか迷う場面ですが、僕の考えてだと、

  • SNS・動画、ゲームアプリといった比較的若い方(40代以下の方)は通常プラン
  • スマホを使う場所がWi-Fi環境に恵まれている方はコミコミセット
  • 外出先では簡単なネット検索、LINE連絡程度のご年配の方はコミコミセット

という仕切りだと考えています。

タブレ
タブレ
日常でスマホを使う割合が高い人は通常プランのライトプラン以上が良さそうっスね
マヒロ
マヒロ
今は情報量がとっても多いし、データ容量も大きいから普段からスマホを頻繁に触っている人だと3GBはすぐになくなっちゃうのが正直なところだよね!

コミコミセットの対象になっているSIMフリースマホ

タブレ
タブレ
コミコミセットの対象になっているスマホってどんなラインナップなんスか?

2019年5月時点でのコミコミセット対象端末は以下の5機種です。

  1. HUAWEI P20 lite2 (2,480円コース)
  2. HUAWEI nova lite 2 (1,880円コース)
  3. ZenFone 4 Max (1,880円コース)
  4. AQUOS sense lite SH-M05 (2,480円コース)
  5. arrows M04 (2,480円コース)
タブレ
タブレ
鉄板系の人気スマホって感じっスね

また、コミコミセットは2つの料金プラン

  • 月額1,880円コース
  • 月額2,480円コース

にわかれており、上記のようにコース別で対象のスマホが決まっています。

当然ですが、金額が高い2,480円コースの方がスマホ端末のスペックは高いです。

タブレ
タブレ
あえてこの中から選ぶとしたらどの機種にすれば良いんスかね?
マヒロ
マヒロ
単純にスマホのスペックで選ぶなら「P20 lite」がオススメだよ!

2018年下半期以降ダントツの人気を誇るのが「HUAWEI P20 lite」

p20 liteの実機画像

コミコミセットでは5種類のスマホが選べますが、その中でも一押しなのが「HUAWEI P20 lite」です。

P20 liteは手ごろな価格ながら高品質なカメラを搭載し、スペックも比較的高いです。

p20 liteの実機画像

また、現在でも価格ドットコムでも継続して1位をキープしている(2019年4月確認時点)など数あるSIMフリースマホの中でもトップクラスのコスパを誇り、幅広い人におすすめできます。

「どれを選んだらいいのか迷ってしまう。。」という方はP20 liteを選んでおけば間違いありません。それほど僕は気に入っています。

P20 liteであれば月額2,480円で運用が可能です。

タブレ
タブレ
端末にデータ量が3GB使えて、3分かけ放題までついて2,480円は安いっスね

 

P20 liteをチェックしてみる!

コミコミセットその①:月額1,880円のコース

タブレ
タブレ
それじゃコース別に確認していこうか!
タブレ
タブレ
まずは1,880円のコースからっスね

月額1,880円のコースは以下の2機種です。

  • nova lite 2
  • ZenFone 4 MAX

「nova lite 2」はHUAWEI製。ZenFone 4 MAXはASUS製。とメーカー自体が異なるので実際悩んでしまうかと思いますが、個人的には大容量バッテリーを搭載しているZenFone 4 MAXがおすすめです。

大容量バッテリーを搭載した「ZenFone 4 MAX」

zenfone4maxの実機画像

2017年12月8日に発売されたASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max」は、2万円台半ばの低価格なエントリーモデルでありながら、アルミボディに指紋センサーやデュアルレンズカメラ、そして大容量のバッテリーを搭載した注目の機種です。

YouTubeでアニメも綺麗に視聴できます↓

エントリーモデルということでスペックは控えめですが、4,100mAhの大容量バッテリーを搭載しているのでバッテリー持ちは良好です。また、充実した対応バンドとauおよびワイモバイルのVoLTE対応しているので、IIJmioを堪能した後も他の格安SIMも試すことが可能です。

ZenFone 4 MAXの基本スペック
OS Android7.1.1
CPU Snapdragon 430(オクタコア)
ディスプレイ 5.2インチ、HD(1,280×720)
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ アウトカメラ:1,300万画素+500万画素
インカメラ:800万画素
重さ 156g

SIMフリースマホではエントリーモデルの属するので、モンストやツムツムなどの軽いゲームアプリは問題ありませんが、FFや荒野行動など多グラフィックや、大人数のマルチ対戦には向きません(※遊ぶことはできますが、場合によってはカクカク動作になる恐れがあります。)

タブレ
タブレ
一般的な機能には支障がないからライトユーザーにオススメっスね

 

ZenFone 4 MAXをチェックしてみる!

SIMフリースマホの代名詞HUAWEI製の「nova lite 2」

nova liteシリーズは昔から「高コスパ性が高い!」と人気があり、2017年ではP10 liteと同じくらい人気機種でした。

nova lite2もアニメなど綺麗に視聴できます。

5.65インチの大画面、電池持ちも結構良く、ダブルレンズカメラで背景をボカすこともできます。CPUの性能も比較的良く、RAMは3GB、ROMも32GBあります。およそ一般ユーザなら満足する性能をしています。

nova lite 2の基本スペック
OS Android8.0
CPU Kirin 659
ディスプレイ 5.65インチ、フルHD+ /2,160×1,080
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
バッテリー 3,000mAh
タブレ
タブレ
メモリやストレージはZenFone4MAXと同じっスね
タブレ
タブレ
ディスプレイはnova lite 2の方がスペックが高いから動画系を楽しみたい人にはオススメだね!

また、nova liteシリーズは現在(2019年5月)後継機の「nova lite 3」がリリースされています。メモリ・ストレージは変わりませんが、CPUや外観など多くの箇所がリニューアルされているので、最新モデルを希望する方は、別記事を参考にしてくださいね。

 

あわせて読みたい
nova lite 3実機レビュー
【実機レビュー】IIJmioでnova lite 3をお得にゲットしよう! HUAWEI のnova liteシリーズはSIMフリースマホ市場でも大人気だし、毎回スペックが高いからメッチャ気になる...

 

nova lite 2をチェックしてみる!

コミコミセット月額1,880円の良い部分とイマイチな部分

月額1,880円コースの特徴をまとめると以下のとおりです。

月額1,880円コースの良い部分

・普段使いなら問題ないスペック
・安くスマホを運用したい人

月額1,880円コースのイマイチ部分

・3Dゲームなど重いアプリには向かない
・慮機種共におサイフケータイや防水には非対応
・カメラも綺麗だが、あくまで価格相応

ZenFone 4 lite、nova lite2共にとっても良い機種ですが、あくまで価格相応での範囲以内となります。

もちろん、カメラ機能、CPU、メモリなどは端末の金額が上がるほど高性能になります。

タブレ
タブレ
そりゃそーっスね

そーいった部分も含めて、月額1,880円はガラケーからスマホへ乗り換えるシニア層なるべく安くスマホ代を抑えたい人向けが対象になるプランということです。

コミコミセットその②:月額2,480円のコース

タブレ
タブレ
それじゃ次は月額2,480円のコースを確認していこうか!

月額2,480円のコースは以下の3機種です。

  • AQUOS sense lite SH-M05
  • HUAWEI P20 lite
  • 富士通arrows M04
タブレ
タブレ
さっき上記で登場したP20 liteが入ってるコースっスね
タブレ
タブレ
そうだね!個人的にはP20 liteをオススメしたいけど、他も確認していこうか!

P20 liteは防水防塵やお財布ケータイは搭載していませんので、特におサイフケータイ機能は必ず必須だという方は「AQUOSsense lite SH-M05」か「arrows M04」のどちらかを選ぶ必要があります。

50代層に人気がある「arrows M04」

「arrows M04」は歴代シリーズの中でも耐衝撃、高温動作、耐日射、耐衝撃、高温保管、雨滴、氷結など新たに8項目のMIL規格に準拠するなど耐久性が向上しています。

また、以下画像のようにステンレスフレームの追加など、内部構造の改善や落下時の衝撃を分散させる、リジッドベゼルの採用で画面割れにもさらに強くなったことで高さ約1.5mからコンクリートに26方向から落下させる独自試験をクリアするほどの進化を遂げています。

arrowsM04の実機画像

また、arrows M04にはホーム画面やアイコンなどが大きめに表示されて分かりやすい「かんたんセット」も用意されています。

実際のかんたんセットは、このように電話やメッセージ、インターネットなどアイコンでわかりやすく表示されていて、アイコン1つ1つが大きいのでタッチしやすいのがメリットです。

arrowsM04の実機画像

因みに、僕の母親の友だちはみんな「arrows M04」を使っています。たまたまかもしれませんが、arrows M04はとにかくシンプルなので、スマホが苦手だという年配層には特にウケは良いですね。

タブレ
タブレ
IIJmioでのセット購入なら最初からSIMカードが挿入されてAPN(初期設定)が完了した状態で発送されるから、届いたらすぐ使えるのも嬉しいよね!
arrows M04の基本スペック
OS Android7.1
CPU Snapdragon 410
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
カメラ機能 アウトカメラ:1310万画素
インカメラ:500万画素
タブレ
タブレ
arrows M04はメモリとストレージが2GB/16GBって少ないからこの部分は注意しなくちゃだね!

 

arrows M04をチェックしてみる!

安定した人気の「AQUOS sense lite SH-M05」

AQUOSsenseliteSH-M05の実機画像

SHARP (シャープ) から、2017年1月30日に発売されたSIMフリースマホ「AQUOS sense lite SH-M05」となります。

タブレ
タブレ
AQUOSシリーズもキャリアでお馴染みだから使っている人多いっスよね

ディスプレイには高精細 5.0型フルHD IGZO液晶を採用し、指紋認証センサーを搭載。音声アシスタント「エモパー」にも対応。そして、お馴染みの「おサイフケータイ機能」が備わっています。

タブレ
タブレ
防水機能は下図赤枠の部分とかがゴムパッキンで覆われてるんスね
AQUOSsenseliteSH-M05の実機画像
AQUOS sense lite SH-M05の基本スペック
OS Android7.1
CPU Snapdragon 430オクタコア
ディスプレイ 約5.0インチ
1,920×1,080ピクセル(フルHD)
IGZOディスプレイ
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ アウトカメラ約1,310万画素
インカメラ:約500万画素

特に注目なのは「フルHD IGZO液晶ディスプレイ」は独自の技術で、繊細や微妙な色合いも忠実に再現し、精度の高いタッチパネルやノイズの影響も少ないのが特徴ですね。

「リッチカラーテクノロジーモバイル」に対応し、DCI規格の色域を90%以上カバー。写真や動画をリアルで鮮やかな色味で再現します。また、「バーチャルHDR」表示により、動画をHDR画質のように色鮮やかな表示で再生可能。3万円前後でこのスペックは超優秀だといえます。

PCやスマホ環境でどの程度伝えられるかは微妙ですが、めっちゃ綺麗です

タブレ
タブレ
IGZO液晶ディスプレイって発色が綺麗っスよね

また、前作の「SH-M04」との比較図は以下のとおりです。

タブレ
タブレ
メモリが少し増えて指紋認証が追加されたけど、やっぱりHD⇒フルHDになったのは大きいよね!

AQUOSシリーズは色々登場していますが、「なるべるく安くて性能が良いやつ!」であればSH-M05はちょうど良くスマホデビューの方でもライトユーザーにも推奨できますね!

 

AQUOS sense lite SH-M05をチェックしてみる!

コミコミセット月額2,480円の良い部分とイマイチな部分

月額2,480円コースの良い部分

・価格と端末スペックとのバランスが丁度良く万人向けが多い

月額2,480円コースのイマイチ部分

・P20 liteに関してはおサイフケータイや防水には非対応
・arrows M04はメモリ・ストレージが少ないので注意しよう

メイン使いで長く使うのであれば、月額2,480円のコースから選ぶ方が個人的におすすめです。

まとめ:容量が3GBで収まるのであればコミコミプランはおすすめだけど、キャンペーンが開催されている時は注意しよう!

以上がIIJmioのコミコミプランの特徴とセット購入できるSIMフリースマホ一覧でした。

コミコミプランの対応になっている機種は鉄板シリーズなので「端末選びでミスった!」というリスクは避けられます。

  1. HUAWEI P20 lite2 (2,480円コース)
  2. HUAWEI nova lite 2 (1,880円コース)
  3. ZenFone 4 Max (1,880円コース)
  4. AQUOS sense lite SH-M05 (2,480円コース)
  5. arrows M04 (2,480円コース)

端末、データ容量、3分かけ放題がセットになっているので、初心者には扱いやすいですが、データ容量は3GBのみなので毎月3GBを超える方は通常申込みでライトプラン(6GB)以上を選びましょう。

また、現在はキャンペーン+当サイトタイアップキャンペーンが開催されています。データ容量も増量されたり、新規事務手数料が1円になったりとお得度が大きいのでキャンペーン開催中はそちらがお勧めです。

キャンペーン内容や通常申込みについては別記事にて、初心者にもわかりやすく解説しているのでそちらを参考にしてくださいね!

 

あわせて読みたい
iijmioのキャンペーンを解説
【2019年5月】IIJmioのキャンペーン詳細と注意点まとめ!キャンペーンを利用してお得に乗り換えよう!このページでは、毎月IIJmioで開催されている最新のキャンペーン情報を丁寧に紹介している特化記事です。 IIJmioはTVCMな...
あわせて読みたい
【画像付き】IIJmioの申し込みは簡単!WEBからの契約手順を徹底的に解説するよ!この記事では、IIJmioの申し込み手順に特化してレビューしています。 ということで、この記事は大きく分けて、 ...

 

↓IIJmio×タイアップ専用申し込みはこちら↓

IIJmio公式へ