IIJmio

7月版:IIJmioのおすすめ機種を解説付きでまとめたよ

この記事ではIIJmioで取り扱っているおすすめの機種についてまとめています。

IIJmioはMVNOの中でも取扱機種がトップクラスでも有名です。また、定期的に行われる特化セールであればスマホが1円で購入できてしまう太っ腹キャンペーンも実施しています。

ただ、「端末数が多すぎて逆に悩んでしまう。。」という問い合わせもたまに受けます。

そこで今回はIIJmioで販売しているスマートフォンの中からオススメの機種を毎月ピックアップして紹介しています。

人によって好みはあるかと思いますが、「どれにしよっかな」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

IIJmioの端末セールは即完売&再入荷を繰り替えています。連日朝10時~11時のタイミングで再入荷しているので、狙っているスマホがあれば公式サイトをチェックです!

IIJmioの端末セールをチェック!

IIJmioで購入できるスマホは25種類以上

IIJmioでは現在25種類以上のスマートフォンを扱っています。

「Xiaomi」「OPPO」「HUAWEI」「motorola」といった代表的なSIMフリースマートフォンに加えてiPhoneシリーズなども揃っていてかなり豊富です。

また、定期的にピックアップされた機種が大幅に値引&初期費用も1円といったキャンペーンも実施されています。

中には一括110円(税込)の機種もあるから驚きです。

毎回即売り切れになるほどの人気キャンペーンなので、お目当ての機種がある方は公式サイトを小まめにチェックしておきましょう。

他にもほぼ全機種を対象としたギフト券のプレゼントも同時進行しています。

iijmioのキャンペーンを解説
【2021年7月】IIJmioのキャンペーン詳細と注意点まとめこのページでは、毎月IIJmioで開催されている最新のキャンペーン情報を丁寧に紹介している特化記事です。IIJmioはTVCMな...

それでは、実際にIIJmioで販売している中から幾つかおすすめの機種をピックアップしてみましょう。

※紹介する機種の端末価格は定価で記載してますが、どれも期間限定で大幅値引きになっているので、必ず公式サイトも合わせてチェックしてください!

IIJmio公式サイトへ

IIJmioおすすめ機種その①:Mi 11 Lite 5G

人気 Xiaomi(シャオミ) シリーズの最新機種「Mi 11 Lite 5G」が2021年7月9日よりIIJmioに登場です。

Xiaomi(シャオミ) は下記でも紹介している「Redmi Note 10 Pro」と同様にいま最も勢いがあるスマホブランドになります。

この「Mi 11 Lite 5G」は最新のミドルクラスSoC「Snapdragon 780G」を搭載し、6GB(RAM)、128GB(ROM)と十分な容量を積んでいるので普段使いで困ることはまずありません。

OSは、Android 11をベースにした「MIUI 12」を採用しています。

また、今回の注目ポイントでもありますが「Mi 11 Lite 5G」のボディサイズは約75.73(幅)×160.53(高さ)×6.81(厚さ)mmで重量は約159g。

特に6.81mmの厚みは5Gスマホの中では世界最薄サイズになっています。そして軽い!

ディスプレイは6.55インチの有機ELディスプレイを搭載し、2,400×1,080のフルHD+表示に対応。

10bitの階調表示に対応するほか、DCI-P3の色域やHDR10+に対応しています。

更にリフレッシュレートは90Hz、タッチサンプリングレートは240Hzに対応していたり、ステレオスピーカー、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応、33Wの急速充電と充実しています。

因みに、IP53等級の防水仕様にも対応していますが、等級が水滴レベルなので水没はNGとなっているのでそこだけは注意しましょう。

キャンペーン期間中は、新規で「ギガプラン」の音声通話機能付きSIM(音声SIM)をMNP転入の契約で、対象機種をセットで申し込むと、「Mi 11 Lite 5G」が一括で19,980円。24回払いの分割は841円/24回となります。

加えて、5,000円分のeギフト券が貰えるので実質価格は14,980円(税込)と破格なので目玉製品なのは間違いないですね!

通常割引期間価格
Mi 11 Lite 5G一括払い:38,000円
24回払い:1,595円/月
一括払い:19,980円
24回払い:841円/月
eギフト券5,000円分

ただ、人気機種は頻繁に品切⇒再販を繰り返すので気になる方はチェック必須です。

Mi 11 Lite 5Gをチェック

IIJmioおすすめ機種その②:OPPO Reno5 A

人気OPPO Renoシリーズの最新機種「Reno5 A」もIIJmioに登場です。

前作の「Reno3 A」と同様に注目の人気SIMフリースマホです。

性能面もSnapdragon 765Gを搭載し、ミドルレンジ帯では最上級クラスとなっており私生活レベルで困ることはまずありません。

それに踏まえてメモリ(RAM)6GB、ストレージ128GBと十分な容量を詰んでる他、おサイフケータイ(FeliCa)、防水IP68規格、バッテリー4000mAhと日本人向けに十分な仕様となっています。

サイズは6.5インチと少し大きめなので多少の好き嫌いは分かれるかと思います。解像度は2400×1080、ディスプレイにはフルHD+を採用しています。

現在、「Reno5 A」はキャンペーン対象端末で、8/31まで一括:23,800円、分割24回:993円(税込)で販売しています。

加えて、5,000円分のeギフト券が貰えるので実質価格は18,800円(税込)と2万円を切るので目玉製品なのは間違いないですね!

ただ、人気機種は頻繁に品切⇒再販を繰り返すので気になる方はチェック必須です。

OPPO Reno5 Aをチェック

IIJmioおすすめ機種その③:AQUOS sense5G

AQUOSシリーズで初の5G対応機種なのが「AQUOS sense5G」。

このAQUOS sense5Gは従来のシリーズより大幅にスペックが向上しています。

CPUには前作のAQUOS sense4よりも1つ下のSnapdragon 690ですが、基本的なゲームプレイも困ることはありません。

大勢のマルチ対戦やグラフィック多彩なゲームになると少し物足りなさを感じますが、個人的にそういったゲームガチ勢はこの機種は選ばないと思っています。

価格もキャンペーン期間中であれば一括19,880円と2万円を切る価格で大盤振舞中です!

顔・指紋に対応し、おサイフケータイ、防水防塵にも対応なのも人気の1つかと思います。

敷いていえば、メモリが64GBなので写真を多く撮る方はmicroSDカードが必要になります。

個人的にAQUOS senseシリーズはポップ&超シンプルなので少し物足りない気もしますが、年齢問わず人気シリーズです。

AQUOS sense5Gをチェック

IIJmioおすすめ機種その④:AQUOS sense4

AQUOSシリーズは全体を通して人気が高い機種です。その中でもIIJmioで人気のあるのが「AQUOS sense4」。

このAQUOS sense4は従来のシリーズより大幅にスペックが向上しています。

特にCPUに700番台のSnapdragon 720Gを積んでいるので基本的なゲームプレイも困ることはありません。

大勢のマルチ対戦やグラフィック多彩なゲームになると少し物足りなさを感じますが、個人的にそういったゲームガチ勢はこの機種は選ばないと思っています。

価格も一括32,780円と3万円前半で顔・指紋に対応し、おサイフケータイ、防水防塵にも対応なのも人気の1つかと思います。

敷いていえば、メモリが64GBなので写真を多く撮る方はmicroSDカードが必要になります。

筐体はアルミベースなポップな作りになっており、シンプル設計になっています。

個人的にはポップ&超シンプルなので少し物足りない気もしますが、年齢問わず人気シリーズです。

AQUOS sense4をチェック

IIJmioおすすめ機種その⑤:Redmi Note 10 Pro

2021年上半期の本命とも言われているのがシャオミの「Redmi Note 10 Pro」です。

一括32,450円にも関わらず、スペックが良い意味でぶっ飛んでます笑

「Redmi Note 10 Pro」は6.67インチの大画面ディスプレイに加えて有機ELを採用しています。画面は120Hzのリフレッシュレートにも対応(デフォルト時は60Hz)。

メインのプロセッサはSnapdragon 732Gとほぼハイスペックよりの使用となっています。

また一般的にこの価格帯だとメインメモリ(RAM)は4GBが主流ですが、6GBとかなり快適に操作できる仕様となっています。

初心者の方にはスペック部分に触れてもピンと来ない部分が多いかと思いますが、この価格でこの仕様は正直凄いんです苦笑

注意点としては、おサイフケータイ(FeliCa)は非対応となっているので、通勤通学でSuicaを使っている方は注意が必要です。

QRコード決済型のPayPayやコンビニ系Payなどは問題なく使えます。

企業名が”シャオミ”と聞き慣れない方も多いかと思いますが、スマホ市場では世界シェア4位といま最も勢いがあるメーカーの1つです。

また、IIJmioのキャンペーン時には破格になりますが、速攻で売り切れになるので再入荷の時はチャンスです。

Redmi Note 10 Proをチェック

IIJmioおすすめ機種その⑥:iPhoneシリーズ

IIJmioでは人気のiPhoneシリーズもセット購入が可能です。

4月8日より取り扱いが開始となったのは、未使用品のiPhone12(64GB)とiPhone12 mini(64GB)、中古美品のiPhone11(64GB/128GB)です。

価格は、

  • iPhone12:92,950円(24回払い:3,905円/月)
  • iPhone12 mini:82,280円(24回払い:3,432円/月)
  • iPhone11(64GB):64,900円(24回払い:2,706円/月)
  • iPhone11(128GB):73,700円(24回払い:3,080円/月)

となります。(全て税込価格)

また、IIJmio公式が定義する「未使用品」と「中古美品」は、「未使用品」は「デバイス本体は通常使用されておらず、付属品もすべて揃っている状態」、「中古美品」は「通常使用はされているが、目立つ傷がない非常に綺麗な状態」となっています。

https://www.iijmio.jp/device/iphone.html

IIJmio公式が扱っているので、画面割れ品や不良品という心配がなく安心して購入できるのがポイントですね。

iPhoneをチェック

IIJmioおすすめ機種その⑦:Redmi 9T

人気のRedmiシリーズのライトモデル「Redmi 9T」です。

全体的のスペックはライトユーザー向けになりますが、私生活レベルでは申し分ないスペックになっているので、『とことん安く済ませたい!でもネットやYouTube視聴、LINEやTwitterは使いたい!』という方にピッタリです。

僕の場合はほとんどスマホは使わないけど、家族とのLINEはやりたいという義父に渡しています。

何より1万円台で購入できてしまうのが凄いですし、この価格帯に対してのこのスペックはよく出来ていると感じます。

また、キャンペーンで一括110円(税込)とぶっ壊れたキャンペーンを行っています。再販しても即完売ですが、、汗

年配の方にLINEなどでスマホを持たせたい時にはオススメな機種です。

Redmi 9Tをチェック

IIJmioおすすめ機種その⑧:motorola gシリーズ

motorola(モトローラ)は知名度の浸透率は少ないですが、ガラケーよりもずっと昔から携帯電話を製造していた老舗のメーカーになります。現在は中国のパソコン大手、レノボの子会社となっています。

その中でも「moto gシリーズ」はモトローラの代表的ブランドで、低価格かつシンプル、丈夫で故障が少ない、大容量バッテリー搭載が多いなどが特徴です。

また、Androidのバージョンアップにも迅速に対応しており、最新OSの機能やセキュリティ面でも安心できるのがポイントです。

IIJmioでは多くのmotorola(モトローラ)を扱っており、キャンペーンでも格安対象になるので狙い目でもあります。

motorolaをチェック

IIJmioおすすめ機種その⑨:OPPO Reno3 A

2020年6月に発売されたOPPOの「Reno3 A」です。

(そろそろ品切の予感です。)

約1年ほど前の発売ですが、コスパ性が高く2020年では売上上位のSIMフリースマホとなています。

本体価格30,580円ですが、値下がりもしており加えてIIJmioのキャンペーン対象の常連となっているので、狙い目でもあります。

全体的に高級感があるのはもちろん、おサイフケータイ機能や防水防塵にもしっかり対応しているので、その辺りが安定した人気を誇っています。

性能面でもSnapdragon 665を搭載し、「Xperia 10 Ⅱ」と同様なのでミドルクラス仕様ですね。

700番台ではありませんが、普段使いのアプリやゲームアプリも問題なく遊べますが、グラフィック多彩やマルチオンラインゲームなどは設定を下げたりする場面もあるかと思います。

ゲームガチ勢はハイクラスを推奨しますが、それ以外の方は気にしなくてOKです。

加えてメインメモリが6GBあるんで、マルチタスクでもサクサク動いてくれます。

発売当時はコスパ性が高く有名でしたが、現在はキャンペーン時を狙うと約1.6万円くらいで買えてしまう時があるので価格を抑えたい方は在庫がある内にチェックしてみてくださいね。

OPPO Reno3 Aをチェック