楽天モバイル

楽天モバイル完全マニュアル!特徴から乗り換え方法まで徹底紹介!

この記事は楽天が提供する格安SIM(楽天モバイル)について全て実際の画像を交えて解説している特化記事です。

また、当サイトのポリシーとして、ネットでかき集めた情報を掲載するのではなく、僕自身が体験した情報だけを掲載しています

これらを踏まえて、これから楽天モバイルへの乗り換えを検討している方のお役に立てればという思いで運営しています。

 

タブレ
タブレ
確かに名前はよく聞くんスけど、具体的なことやキャリアからどうやって乗り換えてるのかもよく分からないんスよねー
マヒロ
マヒロ
聞きなれない言葉もあるから、初めての人は迷っちゃうよね!

けど、キャリアから楽天モバイルへの乗り換えは考えているよりもずっと簡単なんだよ!

 

僕自身も初めて格安SIMに乗り換えたのがこの楽天モバイルです。

格安SIMに変更する前は毎月8,500円くらい払っていました。

 

 

そして格安SIM(楽天モバイル)に乗り換えた後の料金は以下の通りになります。

 

タブレ
タブレ
めっちゃ安くなってるじゃないっスか!

通話料金が入っているので若干の変動はありますが、毎月約2,000円前後で収まっていますね。

 

この後、順を追って解説しますが、現在では、スーパーホーダイというメインプランが看板となっています。

 

ですが、楽天モバイルへの乗り換えが初めての方は、

  • 楽天モバイルってどういう格安SIMなんだろう?
  • 料金は?プランってどんな感じ?
  • 通信速度は?ちゃんと使えるの?
  • 今のスマホはそのまま使えるの?
  • デメリットや注意する点は?

など分からないことだらけだと思います。

 

タブレ
タブレ
確かにわからない事が多くて、ちょっと悩んじゃうかもっスね

 

そこで、この記事では【前半】は楽天モバイルの特徴や料金プランなどの基本を解説【後半】では実際にキャリアから楽天モバイルの乗り換え手順二部構成で解説していきます。

乗り換え方法については、僕自身の実際の画像を交えて手順を解説しています

文章にするとどうしても長文になってしまいますが、僕が3年使った楽天モバイルの全てを終結させたので、ぜひ参考にしてください!

 

マヒロ
マヒロ
僕が丁寧に解説していくから一緒に確認していこうね!

単純に乗り換え手順が知りたい人は【楽天モバイルへ乗り換えよう!】まで読み飛ばしてね!

 

それでは、いってみましょう!

 

SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン

「楽天モバイル」では2019年8月8日まで夏先取り!スマホ割キャンペーンが実施されて人気のSIMフリースマホ15機種が揃っています。人気のAndroidスマホをセット購入したい方は要チェックです!最新のキャンペーン情報はこちら

楽天モバイル公式ページ

目次

楽天モバイルについて

楽天モバイルはご存じ「楽天」が提供するドコモ回線とau回線を使った格安SIMです。

毎月のスマホ代の一部が楽天スーパーポイントとして反映され、且つ貯まった楽天ポイントがスマホ代の支払いに使うことも可能

 

タブレ
タブレ
実用性があって、貯まりやすいポイントがスマホ代として使えるのは楽天モバイルだけっスよ

 

楽天関連との連携が強いので、普段利用される方にはポテンシャルが最大限に引き出せるのが特徴です。

 

マヒロ
マヒロ
楽天トラベルや楽天ブックス、支払い関係を全部楽天カードで支払えばポイントが貯まってスマホ代にあてられるよ!

 

また、キャンペーンの実力はトップクラスで常に何かしらお得のキャンペーンが開催されています。

 

マヒロ
マヒロ
最新のキャンペーン情報は必ずチェックしておこうね!

 

また、端末の値引きに力を入れているので「新規申込み」や楽天モバイルへ乗り換えるキッカケに端末も新しくする「セット購入」を希望する方には特にオススメです。

 

全端末を確認してみる

 

タブレ
タブレ
プランのバランスやかけ放題とかのオプションも豊富っスよ
マヒロ
マヒロ
初心者から上級者まで使える万人向けの格安SIMだよね!

サポートもしっかりしてるから初めての人におすすめだよ!

 

楽天モバイルの特徴
  1. 信頼度・知名度はMAX!
  2. 最新機種をメインに取り扱いが豊富
  3. キャンペーンはトップクラス
  4. 楽天ポイントがそのまま支払いに使える
  5. オプションやサポートが豊富
  6. 初心者から上級者まで使いやすい万人向け

 

楽天モバイル公式ページ

楽天モバイルの料金プランについて

楽天モバイルには現在、「スーパーホーダイ」と「組合せプラン」と呼ばれる2つの料金プランがあります。

 

タブレ
タブレ
オイラはどっちを選べばいいんスかね?
マヒロ
マヒロ
それぞれ特徴が異なるから順番に説明していくね!

きっとタブレに合ったプランが見つかるよ!

スーパーホーダイについて

TVCMなどで楽天モバイルがメインで推しているのが新料金プランの「スーパーホーダイ」です。

 

タブレ
タブレ
テレビCMで見たことあるっス
マヒロ
マヒロ
それじゃ、プランと特徴を見ていこうか!

スーパーホーダイの月額料金プランを見てみよう!

プランS プランM プランL プランLL
月額 1年目 2,480円 3,480円 5,480円 6,480円
2年目 2,480円 3,480円 5,480円 6,480円
3年目 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
かけ放題 10分かけ放題
10分を超えると30秒10円で加算

これがスーパーホーダイの基本となる料金プランになります。

スーパーホーダイは「長期利用割引」の特典がある!

スーパーホーダイの契約期間は「1年・2年・3年」のどれかから選びます。

この時、2年や3年を選ぶと以下の特典が付いてきます。

 

契約年数 特典
2年契約 2年間ずっと毎月500円割引
3年契約 2年間ずっと毎月1,000円割引

1年・2年・3年契約全て契約期間内の解約は一律で9,800円の違約金が発生するので、期間が長いほど【縛り期間】は長くなりますが、毎月500円~1,000円割引きされるのはかなりお得です。

 

  • 2年契約だと12,000円(500円×24ヶ月)の割引き
  • 3年契約だと24,000円(1,000円×24ヶ月)の割引き

 

タブレ
タブレ
毎年頻繁に乗り換えしない人には特に大きな問題じゃないっスね
マヒロ
マヒロ
中高生の3年間にもピッタリだよね!

 

更に楽天会員は無条件で500円割引きになりますので、楽天モバイルを申し込む時は必ず楽天会員に登録しておきましょう

 

マヒロ
マヒロ
ダイヤモンド会員だと更に1年間500円割引きになるよ!

 

この長期割引きにより、スーパーホーダイのプランSであれば3年契約+楽天会員で、2年間1,480円/月で利用することが可能です。

 

他プランは、以下の画像の通り。

10分以内の通話が何度でも無料

スーパーホーダイには基本料金の中に最初から「10分かけ放題」が含まれています。

 

マヒロ
マヒロ
10分間の通話が何度でもかけ放題になるんだよ!
タブレ
タブレ
通常オプションだったら平均で850円/月かかるし、キャリアだって5分かけ放題の基本料が1,700円だからかなりお得っスね

 

MVNOで扱われる通話オプションは10分850円/月が相場です。

最近はLINEの無料通話で事足りる人も多いですが、かけ放題オプション込みでこの金額であれば優秀だと言えますね。

データ容量を使い切っても最大1Mbpsまで使い放題

格安SIMやキャリアに限らず、決められた容量を使い切ってしまうと200kbps以下の低速通信に切り替わります。

200kbpsはお世辞でも速くないので、必要な方はデータチャージをするしか方法がありません。ただし、キャリアも格安SIMもデータチャージは平均1GB:900円と超割高です。

スーパーホーダイはデータ容量を使い切っても、最大1Mbpsまでは頑張ってくれます

 

僕も何回かなったことはありますが、LINEやTwitter、簡単なネット検索なら思ってるよりも使えます。ただ、あくまでオマケ的な機能なので動画やオンライン系のゲームには向きません

 

タブレ
タブレ
1vs1のマルチ対戦くらいなら使えるけど、荒野行動みたいな100人オンラインは無謀っスからね

 

通信速度の目安は以下の通りです。

コンテンツ 必要下りの通信速度(Mbps)
メール、LINE、文章メインのサイト 1Mbps以下でも対応
ホームページ閲覧、LINEやTwitterの画像読み込み 1~2Mbpsあれば十分に対応

1vs1のマルチ対戦ゲームなら問題ない

YouTubeの視聴(低画質、ゲームアプリ 2~5Mbpsあれば十分に対応

ランチタイムや夜間に多い通信速度

動画視聴(高画質)、マルチ対戦系のゲーム 5Mbpsあれば望ましい

荒野行動は5Mbps以上を推奨

これらはあくまで目安となりますが、普段の生活使用であれば2Mbpsもあれば十分に使えます。

スーパーホーダイの特徴
  1. 契約年数に応じて割引きがある
  2. 契約期間内の解約は一律9,800円
  3. 無料楽天会員登録だけで月500円割引き
  4. ダイヤモンド会員なら更に500円割引き
  5. 10分かけ放題が付いている
  6. データ容量を使い切っても最大1Mbpsで利用可能
  7. 月2GBのプランSなら月額1,480円から!

 

あわせて読みたい
【楽天モバイル】スーパーホーダイと組合せプランの違いを解説するよ!楽天モバイルでは現在、「スーパーホーダイ」と「組合せプラン」の2種類が提供されています。 初めて楽...

組合せプランについて

もう1つの料金プランが「組合せプラン」です。

タブレ
タブレ
出始め当初はこっちが基本プランだったんスよね

組合せプランの月額料金プランを見てみよう!

通話SIM 050データSIM
SMSあり
データSIM
SMSなし
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

この毎月決まったデータ容量分だけ支払うのが格安SIMの基本となる料金プランになり、各MVNOもこの形がベースとなっています。

 

マヒロ
マヒロ
この基本プランにかけ放題オプションや端末補償とかを付け加えていくのが本来の格安SIMのスタイルだよ!

通話SIMとデータSIMの違いについて

どの格安SIMにも通話SIMとデータSIMの2種類が存在します。

 

タブレ
タブレ
何が違うんスか?
マヒロ
マヒロ
ざっくり分けると「通話SIM」は通話+インターネット。データSIMはインターネット専用のSIMカードだよ!

キャリアからそのまま乗り換える時は「通話SIM」を選べば問題ないよ!

 

組合せプランを選ぶのはこんな人

組合せプランの特徴
  1. 1年後に他社へ乗り換える人
  2. タブレットを安く使いたい人
  3. 余ってるスマホにデータSIMで子供に使わせたい人

「組合せプラン」の通話SIMは最低利用期間(縛り)が1年になります。

スーパーホーダイの場合、1年契約だと特典を得ることができませんので、1年後に他社への移転が決まっている方は組合せプランを選んだ方が安くなります

 

ただし、かけ放題はオプションとなるので頻繁に通話をする方はスーパーホーダイの1年を選びましょう。

また、組合せプランにしかデータSIMがないので、タブレットやモバイルルータを格安SIMで運用する際はこちらの組合せプランを選択します。

申込み後のプラン変更も可能

楽天モバイルは申込み後もプラン変更が月1回可能です。

どのプランが自分に合ってるのか最初はピンと来ない方もいるかとは思いますが、プラン変更をしながら調整していくのもアリですね!

 

プラン変更手順や変更に伴う注意点は「【画像付き】楽天モバイルのプラン変更について詳しく解説するよ!」で画像付きで解説していますので、先に確認しておきたい方は参考にしてください。

楽天モバイルは、いま使っているiPhoneは使えるの?

タブレ
タブレ
いま、ドコモのiPhoneを使ってるんスけど、この端末のまま楽天モバイルで使えるんスか?
マヒロ
マヒロ
もちろん使えるよ!

docomo、au、ソフトバンクの3キャリアが全部使えるけどちょっと条件が違うから確認していこうね!

 

楽天モバイル公式ページへ

楽天モバイルで使えるiPhoneについて

基本はどのキャリアも同じで、現在お使いのSIMカードを取り出し、申し込んだ楽天モバイルのSIMカードを挿し換えて、簡単な初期設定をすれば使えるようになります。

 

ただし、冒頭でも少し触れましたが楽天モバイルは「ドコモ回線とau回線を使った格安SIM」キャリア版のスマホをそのまま利用する場合は、回線ごとで利用の仕方がことなります。

 

表にすると以下の通りになります。

ドコモ回線 ドコモ版 au版 ソフトバンク版
Phone XR / XS / X / 8 / 8Plus そのままで利用可能 SIMロック解除で利用可能 SIMロック解除で利用可能
iPhone 7 / 7 Plus / 6S / 6S Plus / SE
iPhone 6 / 6 Plus / 5S / 5c 利用不可 利用不可

 

au回線 ドコモ版 au版 ソフトバンク版
Phone XR / XS / X / 8 / 8Plus SIMロック解除で利用可能 そのままで利用可能 SIMロック解除で利用可能
iPhone 7 / 7 Plus / 6S / 6S Plus / SE SIMロック解除で利用可能
iPhone 6 / 6 Plus / 5S / 5c 利用不可

 

タブレ
タブレ
au回線はiPhone6より以前は使えないんスね
マヒロ
マヒロ
そうなんだよ!

SIMロック解除ができるiPhoneは2015年5月以降に発売された機種が対象だね!

 

auとソフトバンクのSIMロック解除は別ページで詳しく解説しているので、そちらを参考にしてください。

 

 

楽天モバイル公式でiPhoneをチェックする

SIMロック解除対象外のauとソフトバンクのiPhoneは楽天モバイルでは使えないの?

タブレ
タブレ
iPhone6以前のau版やソフトバンク版ってどーやっても楽天モバイルじゃ使えないんスかね?
マヒロ
マヒロ
残念だけど、楽天モバイルを含めたドコモ系の格安SIMじゃ使えないんだ!

この場合は、それぞれに合ったau系やソフトバンク系の格安SIMで使う方法になるよ!

別ページでau・ソフトバンクに合った格安SIMを紹介しているからそっちを参考にしてね!

 

楽天モバイルに乗り換えるといま使っているiPhoneやAndroidのデータは消えちゃう?

タブレ
タブレ
いま使っているスマホをそのまま楽天モバイルで使えるのは分かったんスけど、その場合中に入ってるデータとか写真とかってどうなっちゃうんスか?
マヒロ
マヒロ
キャリアから楽天モバイルに乗り換えても、そのまま全部使えるから大丈夫だよ!

 

よく受けるご質問ですが、楽天モバイルに乗り換えると言うのは通信回線がキャリアから楽天モバイルに切り替わるだけなので、端末に保存されている写真やアプリなどのデータは全く関係ありません

 

ただし、キャリア公式アプリなどはキャリアを解約してしまうので使えなくなるので注意しましょう。

楽天モバイルって、ちゃんと電波は繋がるの?通信速度は遅くない?

格安SIMって聞くと、まず最初に「通信速度は遅くないのか?」「ちゃんと使えるのか?」という不安や疑問を抱く方も多いかと思います。

 

タブレ
タブレ
実際、楽天モバイルの通信速度ってどうなんスか?

 

楽天モバイルを含む格安SIMはキャリア回線の一部を借りている仕組みになっているので、電波が届く範囲はキャリアと全く同じになります。

僕自信もこれまでに11社ほど様々なMVNOを使っていますが「今まで使えていた場所が使えなくなった」というのは一度もありません。時間帯や人の多さによって通信速度が遅くなる時はあります。

通信速度に関して

格安SIMはキャリアから楽天モバイルといった通信事業社の電波を又貸しして使っているののが格安SIMの仕組みです。

このことから、よく言われる「通信速度が遅い」というよりも「通信速度の振り幅が大きい」というのが正解だと僕は感じています。

僕が格安SIMを使い始めて3年以上経過します。全体をとして言えることは、利用者が増えるランチタイムや夜間は通信速度は確かに下がりますが、「スピードテスト」という数値化した時に初めて「あ、いま遅くなってるんだ。」と気が付くレベルです。

 

改めて自分の事を考えてみると、普段使っている機能って、

  • ネット検索
  • LINE、Twitterのソーシャル系
  • Googleマップ(ナビ代わり)
  • ゲーム
  • スケジュールなどのタスク系アプリ

といったのが日常的で特別な使い方はしていなくないですか?

 

タブレ
タブレ
たしかに。

 

この程度であれば下り速度(ダウンロード速度)が2Mbpsでも20Mbpsでも体感的に大きな変化は感じません

敷いていえば、動画などは下り速度5Mbps以上は欲しいところですが、2Mbpsでも最初の数秒が引っかかる程度で、後はスムーズに再生されます。

 

タブレ
タブレ
毎日ガンガン動画を外出先で視聴する人はストレスに感じることがあるかもしんないスけど、普段使いなら全然オッケーっスよ

 

この部分は人によって悩む部分かと思いますが、この程度の違いで毎月のスマホ代が半額以下になるんですから格安SIMに乗り換える価値は十分にあります!

 

マヒロ
マヒロ
みんなも普段生活の使い方が僕と同じなら楽天モバイルを試してみてね!

 

要点まとめ
  1. 楽天モバイルはドコモと同じ電波を使っているので使える範囲はドコモと全く同じ!
  2. 通信速度は時間帯によって振り幅が大きいのが格安SIMの特徴
  3. 普段使いなら通信速度は2Mbps~5Mbpsもあれば十分に対応できる!
  4. 楽天モバイルに乗り換えるだけで毎月のスマホ代が半額以上になる!
  5. 外出先で動画をガンガン視聴する方にはオススメしない

 

楽天モバイル公式ページへ

楽天モバイルのデメリット

それではキャリアから楽天モバイルに乗り換える時に生じるデメリットを確認していきましょう。

タブレ
タブレ
楽天モバイルに限らず、格安SIMに乗り換える時に共通して起こるデメリットが多いっスね

 

代表的なデメリットは以下の通りです。

楽天モバイルのデメリット
  1. キャリアメールが使えない(@docomo.ne.jp)
  2. MNPの取得から申込みは基本1人で行う
  3. 通話SIMは12ヵ月の縛り期間がある(※データSIMはなし)
  4. ドコモ端末でテザリングが使えない物がある

それでは、1つずつ確認していきましょう。

キャリアメールが使えない

メールのイラスト

これは楽天モバイルに限らず、格安SIMに乗り換えるということは「キャリアを解約する」と同じことなので、これまで使っていたキャリアメール(@docomo.ne.jpなど)は使えなくなります。

タブレ
タブレ
キャリア歴が長い人ほど、キャリアメールを使ってる傾向が多いっスね

 

タブレ君の言うとおり、格安SIM利用者が多い30代からの方はネットショッピングなどの登録メールなどキャリアメールにしている方が多いので、楽天モバイルに乗り換える際にはGmailやYahoo!メールなどに変更しておきましょう。

 

マヒロ
マヒロ
友達とかもLINEやmessengerで連絡が取れるようにしておこうね!

楽天モバイルの申込みは基本1人で行う

これまでキャリア間の乗り換えは店舗スタッフが全て行ってくれたので、手にする時は全部終わった状態でしたが、格安SIMの場合は他社へ乗り換える為に必要な「MNP予約番号」の取得から申込み、初期設定を全て1人で行います

 

マヒロ
マヒロ
ここがハードルに感じている方も多いけど、実際にやってみれば考えているよりもずっと簡単だから大丈夫だよ!

この後、説明する「楽天モバイルに乗り換えよう!」でも解説してるから参考にしてね!

 

また、楽天モバイルは比較的実店舗が多い方なので、心配の方は公式ページからお近くの実店舗も検索できるようになっています。

 

ただ、待ち時間や行く手間を考えると少し面倒なので一度ネットから行い、どうしても無理な場合は実店舗を活用しましょう。

 

マヒロ
マヒロ
お家にいながら全部完結するから、とっても楽ちんだよ!

通話SIMは12ヵ月の縛り期間がある、スーパーホーダイは最長3年。

こちらも格安SIM共通になります。

格安SIMは一般的に「通話SIM」と「データSIM」の2種類があり、キャリアと全く同じ使い方をするなら「通話SIM」を選択します

この時、通話SIMには「最低利用期間」と呼ばれるいわゆる「縛り」が12ヵ月あり、この期間内の解約または他社への乗り換えは9,800円の違約金が発生するので頭に入れておきましょう。

 

因みに、タブレットなどで利用するデータSIMは最低利用期間はなく、いつ好きな時に解約しても0円で止めることができます。

 

タブレ
タブレ
12ヵ月の縛りっていっても、キャリア時代は2年が普通だったからあんまり重要視する部分じゃないっスけどね

スーパーホーダイは利用期間を自身で1年・2年・3年を決めるよ!

楽天モバイルは、上記でも説明した長期契約利用者向けの「スーパーホーダイ」というプランも用意されています。

スーパーホーダイはご自身で利用年数を決めることができ、年数に応じて割引額が異なります。

 

タブレ
タブレ
スマホを1年単位でコロコロ変えない人ならスーパーホーダイにして、割引を受けた方がお得っスね

 

また、スーパーホーダイは1年も選べますが、恩恵がないので実質2年以上の契約が割引対象となります。

 

スーパーホーダイと通常の組み合わせプランに関しては、別記事でも詳しく解説していますので、合わせてそちらも参考にして頂ければ幸いです。

 

あわせて読みたい
【楽天モバイル】スーパーホーダイと組合せプランの違いを解説するよ!楽天モバイルでは現在、「スーパーホーダイ」と「組合せプラン」の2種類が提供されています。 初めて楽...

 

↓直接確認したい方はこちらから↓

スーパーホーダイを公式で確認してみる!

ドコモ端末でテザリングが使えない物がある

シェアのイラスト

iPhoneやAndroid版のSIMフリー端末はテザリングが利用可能ですが、ドコモ版のAndroidスマホに関しては公式にテザリングが保証されていません

au・ソフトバンク端末はSIMロック解除をすればテザリングが使えるようになりますが、何故かドコモのAndroidだけはSIMロック解除してもテザリングを使うことができません。

 

公式では保証がされていないというだけで、口コミでは使えるというのも見かけますが、保証がされていない以上、オススメはできませんので、テザリングが必要な方は注意しましょう。

デメリットを上回るメリットが魅力!

以上が楽天モバイルで挙げられる代表的なデメリットです。

 

タブレ
タブレ
デメリットって聞くと少し身構えちゃう人もいるけど、普段から慣れてる物や少し形が変わっただけだったりで、そんなに気にならない物が多いっスよ
マヒロ
マヒロ
安くなるからキャリアメールくらい全然問題ないよね!

 

楽天モバイル公式ページへ

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリット
  1. 楽天ポイントが貯まる・使える
  2. セット購入向けのスマホの機種が豊富
  3. データ繰越や家族シェアに対応
  4. 口座振替にも対応している
  5. 「あんしんリモートサポート」がある(年配向け)
  6. キャンペーンがとにかく豊富!

楽天ポイントが貯まる・使える

楽天モバイルは基本料の一部が楽天スーパーポイントとして貯まったり、他楽天関連で得たポイントがスマホ代として支払いも可能です。

 

他社でもこういったサービスはありますが、利用範囲が狭かったり、一部のコンテンツからしかポイントが得られなかったりするので使い勝手はあまり良くありませんが、楽天は得られるポイントの幅が段違いで広いので、こういったサービスは嬉しい限りです。

 

タブレ
タブレ
楽天市場でお米やお水とかの生活雑貨を購入する人はそれだけでスマホ代のポイントが貯まる人も多いんスよ
マヒロ
マヒロ
使うことにランクも上がってダイヤモンドになれば更に月500円基本料が割引きになるから一石二鳥だよね!

セット購入向けのスマホの機種が豊富

楽天モバイルでは常に最新機種を含む20種類以上のSIMフリー端末が用意されています。

 

 

また、定期的に端末値引きキャンペーンが行われており、少し引くくらいの価格で購入することが可能です。

行われるキャンペーンによって「通話SIM限定」や「スーパーホーダイ対象」など条件が異なりますが、セット購入を希望する方は必ず一度はチェックしましょう!

 

キャンペーンを確認してみる

データ繰越や家族シェアに対応

楽天モバイルでは当月余ってしまったデータ通信量を翌月まで持越が可能だったり、最大5回線(5人)までならデータ容量を分け合えることが可能です。(※データシェアは月額100円のオプション加入が必要)

 

タブレ
タブレ
一人で複数端末で使ってもヨシ。パパさんのデータ容量を多くして、子回線は一番下のプランで使ってもヨシっスね。

「あんしんリモートサポート」がある(年配向け)

年配の方やご家族が離れて暮らしているご両親に加入するケースが多いのが「あんしんリモートサポート」という月額500円のオプションサービスです。

専用のアプリから専門のスタッフが遠隔操作が可能なので、スマホの使い方が心配という方にオススメです。

 

タブレ
タブレ
慣れてきたら途中で解約してもオッケーっス

キャンペーンがとにかく豊富!

いまに限ったことではありませんが、楽天モバイルは格安SIM出始め当初からキャンペーンに力を入れています。

  • 端末割引き
  • 家族紹介割引き
  • 友達紹介割引き
  • 2台目以降事務手数料や基本料無料
  • 楽天市場のポイント2倍
  • iPhone買取りキャンペーン

など、時期によって変化していますが、新規・乗り換え共にお得になれるキャンペーンが豊富です。

 

タブレ
タブレ
提供元の媒体が大きいから出来るワザっスね
マヒロ
マヒロ
毎月行われているキャンペーン情報は「楽天モバイルキャンペーン」の専用ページでまとめてあるからそっちも参考にしてね!

 

直接公式ページで確認したい方はこちらからどうぞ。

 

楽天モバイル公式ページへ

楽天モバイルに乗り換えよう!

ここから【後半戦】になります。

キャリアから楽天モバイルへ乗り換える準備から実際の申込み方法、SIMカードが届いた後の回線切替&初期設定の全てを実際の画像を元にしながら解説していきますので、初めての方は予習という形で参考にして頂ければ嬉しいです!

それでは、いってみましょう!

 

タブレ
タブレ
いよいよ楽天モバイルへ乗り換えっスね
マヒロ
マヒロ
キャリアから楽天モバイルへ乗り換えるには全部で5つの手順で完了するよ!

 

楽天モバイルへ乗り換える手順
  1. MNP予約番号を取得する
  2. MNP予約番号・本人確認書類・クレジットカードを用意する
  3. 楽天モバイルに申込む
  4. MNP切替をおこなう
  5. APN設定をする

 

マヒロ
マヒロ
初めて人はドキドキかもだけど、順番に説明していくから一緒に確認していこうね!

 

楽天モバイル公式ページへ

Step 1. MNP予約番号を取得しよう!

キャリアから楽天モバイルへ乗り換えるには必ず最初に【MNP予約番号】を取得します。

このMNP予約番号は「店舗で取得」「電話で取得」の2種類がありますが、店舗は待ち時間がかかってしまうので、個人的には電話での取得をお勧めしています。

 

ドコモに関してはMy docomoからでも取得が可能です。詳しくは「MNP予約番号をMy docomoから入手しよう」で画像を交えて解説していますので、そちらを参考にしてください。

 

各キャリアの専用電話番号は以下の通りです。

・ドコモの受付窓口:0120-800-000
・auの受付窓口:0077‐75470
・ソフトバンクの受付窓口:0800-100-5533
・受付時間 9:00~20:00(共通)

 

MNP予約番号を発行する。ということは、【キャリアを解約する】と同じことなので、多少の引き止めはあるかもしれませんが、「結構です。」と伝えれば必要以上はありません。

その後、MNP転出手数料3,000円、端末の残金が残っている方はそのまま継続して分割か一括で支払うか。という説明を5分程度し、最後に【MNP予約番号】と【MNP予約番号の有効期限】が伝えられます。

 

タブレ
タブレ
希望すればSMSでMNP予約番号通知を送ってくれるっスよ

 

mnp予約番号通知画像

 

キャリアからMNP転出する場合にかかる費用は、

・MNP転出手数料:3,000円
・端末代残金:残ってるのみ(分割払いの継続も可能)
・違約金:9,500円(契約更新月以外の方)
・楽天モバイルのMNP転入手数料:3,000円

がかかります。

※違約金に関しては利用年数で変わります。

楽天モバイルの申し込みはMNP予約番号の有効期限が10日以上残ってるのが条件だよ!

発行されたMNP予約番号はキャリア共通で15日間の有効期限が設けられていますが、楽天モバイルはこの有効期限が10日以上残っている状態で申込まなければなりません。

 

10日ギリギリで申込んだ場合、内容に何かしらの不備があった際は最初からやり直しになってしまいます。

そーなると、MNP予約番号の有効期限をまたいでしまうので使えなくなります。

 

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、手間だけがかかってしまうので取得後は2日以内に申込んでしまいましょう。

 

★万が一MNP予約番号の有効期限が切れてしまっても無料で再発行が可能です。「MNP予約番号の再発行手続きを解説!各社ごとの有効期限も一発で確認!」こちらの記事でも掘り下げて解説しています。

Step 2. 楽天モバイルに乗り換える準備をしよう!

楽天モバイルを申込む際に必ず必要な物があります。

申込みながらでも用意できますが、事前に準備しておくことでよりスムーズに申込みが進められるので準備しておきましょう!

 

楽天モバイル申込みに必要な物
  1. MNP予約番号&有効期限(取得済)
  2. 本人確認書類(免許証や保険証)
  3. 引落し用のクレジットカード
  4. 登録用のメールアドレス
  5. キャリアのポイントがある人は移行しておこう

楽天モバイルはクレジットカードの他に口座振替にも対応していますが、毎月手数料が100円かかるので、余程の理由がない限りは個人的にクレジットカードを推奨します。

また、ドコモポイントやauポイントが貯まっている方は、先に移行するか使っておきましょう。

 

ドコモの場合はdポイントは移行もできますが、移行したところで今後貯まる物でもないので個人的には最後の支払いにあててしまうのがオススメです。

 

docomoポイントを使った画像
タブレ
タブレ
(別れは綺麗サッパリにってことっスね)

これで準備は完璧です。

 

楽天モバイル公式ページへ

Step 3. 楽天モバイルに申し込もう!

それでは、いよいよ楽天モバイルに申込んでいきましょう!

申し込みのザックリとした流れは以下の通りです。

楽天モバイル申込み手順
  1. 公式サイトから契約申込み画面へ移動する
  2. 申し込みタイプやプラン、オプションなどを選択
  3. 個人情報やクレジットカード情報、MNP予約番号などを入力する
  4. 契約内容を確認する
  5. 本人確認書類をアップロードする
  6. 申し込み完了後中3日程度でSIMカードが届く
マヒロ
マヒロ
文章にすると長いけど、申込み自体はショッピング感覚で10分程度で完了するよ!

 

楽天モバイル公式サイトへ進みます。

 

楽天モバイル公式ページへ

↓ ↓

申し込みのタイプを選択します。

  • 端末+SIMセット → 乗り換えと一緒に端末も購入する方
  • SIMのみ → 現在の端末をそのまま使う方

端末保証オプションの選択

故障などした時に受けられる補償オプションです。新規申込みの時しか加入できませんので、必要な方は申込みましょう。

SIMタイプの選択

キャリアから乗り換えの方は「通話SIM」を選択をし、スーパーホーダイか組合せプランかを選びます。

SIMサイズの選択

iPhone5以降は全て「nanoSIM」を選択します。Androidの場合は数があるので「対応端末一覧」で確認しましょう。

個人情報の入力やMNP予約番号の入力、クレジットカード情報など基本項目を全て入力していきます。

最後に申込み内容を確認して申込みは完了となり、最後に本人確認書類をアップロードします。

運転免許証は必ず表面と裏面の両方をアップロードします。

 

タブレ
タブレ
これで後はSIMカードが届くのを待つだけっスね
マヒロ
マヒロ
申込み内容に不備があると最初からやり直しになっちゃうから、確定前もう一度だけ確認しておこうね!

Step 4. 楽天モバイルへMNP乗り換えをしよう!

SIMカードが届いたら早速docomoから楽天モバイルへMNP切替を行います。

手順は同封されている「楽天モバイルユーザーズガイド」の4ページ目に記載されている開通受付センターの電話番号に電話をかけるだけで完了します。

 

MNP切替は受付時刻により異なります。

・9:00~20:59までに開通受付が完了した場合は、当日中に切替が完了(15分程度)

・21:00~翌8:59分までに開通受付が完了した場合は、9:00以降に切替が完了(60分程度)

マヒロ
マヒロ
既存のスマホからかけて、圏外や通話ができなくなったら切替完了だよ!
タブレ
タブレ
切替が完了したと同時にキャリアは自動的に解約になるっス

 

楽天モバイル公式ページへ

Step 5. 楽天モバイルのAPN設定をしよう!

切替が完了したら、最後に楽天モバイルのSIMカードが使えるように「APN」と呼ばれる初期設定を行います。

最初に電源をオフにしてからスマホ側面のSIMスロットを取り出し、SIMカードの向きを合わせてセットします。

 

SIMカードを挿し込んだら電源をオンにして、ユーザーズガイド11ページ目を参考にしながらAPN設定を行います。

マヒロ
マヒロ
特に難しいことはないけど、iPhoneとAndroidのAPN設定は別ページで掘り下げて解説しているから事前に詳しく知りたい人はそっちも参考にしてね!

 

 

以上で全て完了です!

お疲れ様でした!!

まとめ

楽天モバイルは2018年に格安SIMでシェア率1位となりました。

料金プランのバランス、サポート面、キャンペーン、端末扱い数など全てにおいてバランスが取れている万人向けのMVNOとなっています。

 

正直、料金に関してはどのMVNOも一律と似たり寄ったりに落ち着いているので、チェックする部分は、「会社の大きさ」「サポート力」「キャンペーン」が選ぶ目安となっています。

長年使っていたキャリアから楽天モバイルに乗り換えるのは、多少の不安や手間で中々重い腰を上げられないかと思いますが、たった1つの手間だけで今後のスマホ代が劇的に安くなるので、やらない手はありません。

 

タブレ
タブレ
実際やってみれば「あ、こんなモンか」って感じるくらい簡単っスよ
マヒロ
マヒロ
分からないことがあったら「お問い合わせ」からメールくれれば、僕のわかる範囲で何でも答えるから気軽にメールしてね!

 

「楽天モバイル」では2019年7月11日まで新元号令和スタートダッシュキャンペーンが実施されて人気のSIMフリースマホ15機種が揃っています。人気のAndroidスマホをセット購入したい方は要チェックです!最新のキャンペーン情報はこちら

楽天モバイル公式ページへ