UQモバイル

【UQモバイル×AQUOS sense2】レビュー!キャッシュバックの併用可能!

AQUOSsense2

AQUOS sense2は「日本製」「おサイフケータイ」「防水・防塵」の三拍子で人気の機種です。

日本人向けに作られているだけあって、前作AQUOS senseもキャリア版やSIMフリー版など幅広く扱われています。その中で、今回はUQモバイル版のAQUOS sense2を購入したので実機レビュー&特徴をまとめました。

 

ということで、この記事では、AQUOS sense2の実機レビュー&特徴やキャッシュバックを使った申し込み手順&受取方法を丁寧に解説していますので、検討中の方はぜひ参考にしてください。

 

UQモバイルは当サイトUQモバイルキャッシュバック専用ページからの申し込みで5,000円の限定キャッシュバックがもらえます。詳細はこちら

↓限定キャッシュバックはこちらから↓

 

 

また、前半はAQUOS sense2の基本的なスペックや特徴を解説後半はAQUOS sense2のUQモバイルで購入する時の料金や月額料金(運用費)、キャッシュバックの内容について解説しています。

 

UQモバイルでの運用コスパや購入について知りたい方は、「コチラ」をクリックすれば項目までジャンプできます。

UQモバイル版AQUOS sense2のスペック

項目 スペック
OS Android 8.1
CPU Snapdragon 450
ディスプレイ 約5.5インチ フルHD+(2,160×1,080)
RAM/ROM 3GB/32GB
バッテリー 2,700mAh
カメラ:インカメラ 800万画素
カメラ:アウトカメラ 1200万画素
外部メモリ(SDカード) microSDXC
(最大512GB)
防水・防塵 防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
おサイフケータイ
認証システム 指紋認証・顔認証
テザリング
Wi-Fi規格 IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
緊急地震速報
津波速報/災害・避難情報

 

タブレ
タブレ
ミドルスペックって感じっスね
マヒロ
マヒロ
それじゃ、ポイントをピックアップして確認していこうか!

表示領域が約23%アップ!サイズアップし、さらに見やすくなったディスプレイ

一番の進化としては画面サイズが5.0インチから5.5インチになり、非常に縦長のワイドになって表示領域が約23%アップ。解像度もフルHDからフルHD+になっています。

 

・144 × 72 × 8.5mm AQUOS sense
・148 × 71 × 8.4mm AQUOS sense2

 

また、AQUOS sense2の縦横比は従来の16:9から18:9と縦長になり、横幅は狭いので比較的持ちやすいです。

しかもベゼル(縁)を狭くしてディスプレイを大型化しているので、本体サイズは初代senseとほとんど変わりません。

 

マヒロ
マヒロ
指もしっかり届くよ!

 

また、画面もAQUOSの技術をそのまま採用した「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載しています。

液晶テレビAQUOSの技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載。デジタルシネマの標準規格(DCI-P3)に対応し、表現できる色域が広く、写真も動画も、実物に近い鮮やかな色味で再現します。

写真で伝えるのは中々難しいですが、下手な明るさもなく、自然な色合いで視聴しやすいです。

また、顔認証にも対応していますし、Wi-Fiはa/acにも対応し、2.4GHz帯に加え5GHz帯も利用可能になりました。

 

カメラの画素数については、アウトカメラが1310万画素から1200万画素と多少下がってはいますが、AQUOS sense2は大型ピクセルセンサーを採用することで取り込める光量が増え、明るさが約50%アップ、AIも搭載しています。

 

タブレ
タブレ
以下がAQUOS sense2で撮影した写真っスね
マヒロ
マヒロ
写真サイズはファイルが大きかったからリサイズしたけど、他は加工してないよ!

 

AQUOSsense2で撮影した写真 AQUOSsense2で撮影した写真 AQUOSsense2で撮影した写真
タブレ
タブレ
1200万画素クラスの写真っスね
マヒロ
マヒロ
外での撮影は大丈夫だけど室内にはちょっと弱い印象かな!

おサイフケータイと防水・防塵に対応

AQUOS sense2は防水・防塵とおサイフケータイに対応しています

SIMフリースマホではこの「おサイフケータイ」と「防水・防塵」に対応している機種は少ないので非常に貴重です。

 

タブレ
タブレ
確かに海外ブランドはこの機能が備わっていないのが多いっスよね
マヒロ
マヒロ
キャッシュレス化も進んでいるからこれからの時代にもピッタリだよね!

 

また、AQUOS sense2の防水はIPX5/IPX8相当、防塵はIP6X相当と高い等級に位置付けられています。

 

AQUOS sense2をチェック!

「かんたんモード」搭載でご年配の方にも使いやすい

AQUOS sense2にはご年配向けに「かんたんモード」が搭載されています。

利用すると、ホーム画面がわかりやすい表示になったり、文字が大きくなったりします。

 

↓通常の画面↓

AQUOSsense2の実機画像↓かんたんモードオン↓

タブレ
タブレ
これなら年配の人でも大丈夫っスね

「のぞき見ブロック」機能搭載で周囲の視線をブロックしてくれる

設定1つでのぞき見防止機能もオンにできます。

CPUは弱めだけど、高画質のゲーム以外であれば問題なし

AQUOS sense2のCPUは「Snapdragon450」です。このSnapdragonシリーズの400番台は、シリーズの中で最も低いモデルにあたりますが、あくまで一般的なLINEやTwitter、TikTokやモンスト、パズドラ、オセロニアなどの軽いゲームは問題はありません。

 

ただし、グラフィック多彩や荒野行動など数十人規模もマルチ対戦系のゲームアプリには向かないといった感覚です。

 

タブレ
タブレ
全くできないってことはないっスけど、AQUOS sense2はゲーム中心のユーザーには向かないってことっスね
マヒロ
マヒロ
逆に、ゲーマー以外の人ならオススメってことだよ!

 

AQUOS sense2をチェック!

AQUOS sense2の外観・デザイン

▼前モデルのAQUOS sense SH-01Kと比べると縦長の18:9画面になったおかげで、細く感じます。実際は前モデルより1mmしか細くなっていないのですが、かなり細く感じます。

AQUOSsense2の実機画像 AQUOSsense2の実機画像

 

▼端末の右側には、上からボリュームアップキー、ボリュームダウンキー、電源キーとなっています。また、左サイドにはボタン類は一切なく、SIMスロットのみとなっています。

AQUOSsense2の実機画像
マヒロ
マヒロ
UQモバイルでセット購入すると、最初から初期設定完了状態で発送されるから、ほとんどの人はSIMスロットを開けることはないよ!

 

▼前作から引き続きUSB Type-Cポートを採用しています。

AQUOSsense2の実機画像充電部分

AQUOS sense2のカラーリング

UQモバイルで扱われているAQUOS sense2は全部で3色です。

 

▼シルキーホワイト▼

AQUOS sense2シルキーホワイト

▼ピンクゴールド▼

AQUOS sense2ピンクゴールド

▼ニュアンスブラック▼

AQUOS sense2ニュアンスブラック

 

タブレ
タブレ
AQUOS sense2はホワイトが人気っスね
マヒロ
マヒロ
AQUOS sense2はスマホケースも豊富だからホワイトをベースにしておく人も多いみたいだよ!

 

AQUOS sense2をチェック!

前作AQUOS senseとのスペック比較

今回のAQUOS sense2と前作のAQUOS senseを比較してドコが変化したか確認しておきましょう。

項目 AQUOS sense2 AQUOS sense
OS Android 8.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 450 Snapdragon 430
ディスプレイ 約5.5インチ フルHD+(2,160×1,080) 約5.0インチ フルHD(1,920×1,080)
RAM/ROM 3GB/32GB 3GB/32GB
サイズ 約148×71×8.4mm 約144×72×8.6mm
カメラ アウト:1200万画素
イン:800万画素
アウト:1310万画素
イン:500万画素
SDカード microSDXC
(最大512GB)
microSDXC
(最大256GB)
バッテリー 2,700mAh 2,700mAh
防水防塵 防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
おサイフケータイ
認証システム 指紋認証、顔認証 指紋認証

 

AQUOS sense2はAQUOS senseよりもスペックは上がりましたが、後継機という範囲でのグレードアップに止まっている印象ですが、2年間で最大2回まで、OSをアップデートしてくれます。

スマホによってはアップデートが来ず、最新OSにすることができないものもありますが、確約されてるので長い間使うことができるので安心です。

 

タブレ
タブレ
ちゃんと長く使えるのかどうかもしっかりと確認しておきたいよね!

Android9へのアップデートもきました。

 

 

UQモバイルからAQUOS sense 2が発売!月々の運用コストは3,058円~!

 

端末を確認してみる!

 

マヒロ
マヒロ
それじゃまずは、Galaxy A30のUQモバイル価格を確認していこうか!

 

UQモバイルでGalaxy A30を人気のスマホプランS(36回分割)購入した時の金額は以下のとおりです。

↓ ↓

 

 

タブレ
タブレ
キャッシュバックがもらえるのはあるのが嬉しいっスよね

 

運用コスパは端末代金コミコミで月額3,058円~!

 

UQモバイルでGalaxy A30をスマホプランSで利用した時の運用コストは月額3,058円~となります。

 

マヒロ
マヒロ
UQモバイルには自動計算してくれる料金シミュレーションがあるから合わせて参考にしてね!
タブレ
タブレ
Galaxy A30の端末込みで月額3,058円からは安いっスね

 

あわせて読みたい
【旧プラン】UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランのデメリットを知っておこう! [お知らせ] 2019年10月1日より、UQモバイルは新料金プランへと変更になりました。こちらで説明している内容は旧プランとなりま...

 

↓当サイト限定キャッシュバック中↓

限定のキャッシュバックを併用すれば更に運用コストを下げることができるよ!

当サイトでは「UQモバイルオンライン」の限定キャッシュバックを扱っています。(※他サイトからの申込みは対象外となるので注意してください。)

 

uqモバイルキャッシュバック5000円

 

キャッシュバックの金額を含めると以下表のようになります。

 

↓ ↓

 

プランS
3GB
プランM
9GB
プランL
21GB
月額料金(端末代コミ/分割払い36回時) 3,058円 4,158円 5,258円
3年間の小計 110,088円 164,688円 189,288円
キャッシュバック 5,000円
3年間の合計 105,088円 164,688円 184,288円

 

タブレ
タブレ
プランSなら端末込みでも3年で10万ちょっとなんスね

 

↓当サイト限定キャッシュバック中↓

キャリアからのUQモバイルへの乗り換え方

新規申込みの方はネットショッピングのような感覚で申込めるので特に問題はありません。事前に本人確認書類とクレジットカードを準備しておきましょう

 

キャリアからUQモバイルへ電話番号をそのまま乗り換える方は、「MNP乗り換え」を行います。大まかな流れは以下の通りです。

 

UQモバイルに乗り換える一連の流れ

1. 乗り換えに必要なMNP予約番号を取得する(所要時間10分弱)
2. 乗り換えに必要なものを揃える(所要時間5分)
3. UQモバイルへ申し込む(所要時間15分)
4. SIMカードとAQUOS sense2を申込む
5. 届いたらMNP切替を行う(所要時間5分)
6. データ移行を行う(所要時間10分)
7. 初期設定を行う(所要時間3分)

 

マヒロ
マヒロ
具体的な申し込み手順は別記事でレビューしているからそっちを参考にしてね!

 

あわせて読みたい
【初心者向け】UQモバイルへ機種変更で乗り換えたい方! ※2019年10月16日からiPhoneの緊急値下げがあり、申込みの内容でお得になるキャンペーンが異なります。申...

 

UQモバイル公式へ

まとめ:AQUOS sense2はおサイフケータイや防水機能を必要とし、コスパの良いミドルスペックスマホを探している方にオススメ!

AQUOSシリーズは昔から人気がありますが、おサイフケータイや防水機能は絶対に必要!という方にとっては、一押しの端末です。

 

ですが、AQUOS sense2自体はCPUから確認できますが、Snapdragon 450はミドルスペックの位置づけになります。

 

仮に、

 

  • 防水機能は必要ない
  • おサイフケータイは必要ない

 

という方であれば、UQモバイルから同じタイミングで発売されている「OPPO R17 Neo」の方がデザインもパンチが効いていますし、メインカメラ2500万画素性能面でも優れています。

 

※2019年7月26日時点では、R17 Neoは品切になっていますので、同レベルの最新機種「Galaxy A30」を参考にしてくださいね!

 

あわせて読みたい
Galaxy a30の実機画像
UQモバイル「Galaxy A30」レビュー!限定のキャッシュバックも併用可!この記事では、UQモバイルから発売された「Galaxy A30」の特徴・基本的なスペック・UQモバイルでの運用コストについて詳しく解説し...

 

タブレ
タブレ
OPPO R17 Neoは「おサイフケータイ機能と防水機能」だったっスけど、Galaxy A30はお財布/防水の両方が装備されるからポイントアップっスね!
マヒロ
マヒロ
この辺りは自分のライフスタイルで決まってくるね!

 

AQUOS sense2は7/26より、端末代値下げ+マンスリー割の増額により、実質540円となりました。しかもキャッシュバックも対象になっているので、丸々キャッシュバック金額が受け取れちゃいます。

 

なので、総合的に安く使いたい方であれば「AQUOS sense2」を。カメラ機能に特化したのであれば「Galaxy A30」という選択肢になるかと思います。

 

AQUOS sense2はデザインはシンプルですが、幅広い年齢層に支持されているので初めてスマホを持つ方や必要な機能をしっかりカバーしつつ安くスマホを持ちたい方にオススメです。

 

↓限定キャッシュバックはこちらから↓