UQモバイル

【旧プラン】UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランのデメリットを知っておこう!

[お知らせ]

2019年10月1日より、UQモバイルは新料金プランへと変更になりました。こちらで説明している内容は旧プランとなりますので、これからUQモバイルを申し込もうと考えている方は、新料金プランを参考にして頂けると幸いです↓

 

あわせて読みたい
UQモバイル新料金プラン
UQモバイルの新料金プラン | 概要と変更点まとめこの記事では、2020年6月1日以降に実装になったUQモバイルの新料金プランについてまとめました。 ...

 

タブレ
タブレ
UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプランを申し込もうと考えるんスけど、知っておいた方がいいデメリットや確認しておきたいこととかってなんスかね?
マヒロ
マヒロ
それじゃ、一緒に確認していこうか!

 

おしゃべりプランとぴったりプランはUQモバイルのメイン料金プランですし、限定のキャッシュバックもこの2つの料金プランが適用条件となっているので、内容を知りたい方も多いかと思います。

 

この記事では、実際におしゃべりプラン/ぴったりプランを使っている僕がデメリットと申し込む前に知っておいた方が良い注意点を丁寧に解説していきますので、事前確認としてぜひ参考にしてください!

 

★当サイトではUQモバイル(オンライン)から許可を得て、限定のキャッシュバックキャンペーンを扱っています。最新のキャンペーン情報や「キャッシュバックの受け取り方」もレビューしていますので、合わせて参考にしてくださいね。

↓公式キャッシュバックはこちらから↓

 

UQモバイルおしゃべり・ぴったりプランのデメリット(注意点)5つ!

マヒロ
マヒロ
それじゃ早速、おしゃべりプラン・ぴったりプランのデメリット(注意点)を確認していこうか!
タブレ
タブレ
チェックポイントは5つっスね

 

5つの確認ポイント

1.14ヵ月目以降基本料が変動
2.契約更新月の期間が1ヶ月
3.Sプランはスマホ本体代金の割引が少ない
4.データ増量分は自分でチャージ
5.3日制限がある

 

それでは、1つずつ解説していきますね。

注意点① 14ヵ月目以降基本料が変動する

まず、一番最初に確認しておくことですが、おしゃべりプラン・ぴったりプランは利用開始月14ヵ月目以降から、基本料金が1,000円上がります。

 

タブレ
タブレ
え?そうなんスか?
マヒロ
マヒロ
これは、スマトク割とイチキュッパ割っていう割引きサービスがあって、その片方のイチキュッパ割が13ヵ月目で外れるからだよ!

 

  • スマトク割:利用開始月から25ヶ月目まで1,000円割引
  • イチキュッパ割:利用開始月から13ヶ月目まで1,000円割引

 

少しややこしいので、図にすると以下の通りになります。

↓ ↓

UQモバイルの割引サービス

 

タブレ
タブレ
なるほど、最初の13ヵ月はスマトク割とイチキュッパ割の両方が適用されてるから2,000円割引なんスね

 

UQモバイルの利用明細にもスマトク割とイチキュッパ割が記載されています。

↓ ↓

UQモバイルの利用明細書の画像
タブレ
タブレ
(・・・・)
マヒロ
マヒロ
どうしたの?タブレ?
タブレ
タブレ
14ヵ月目以降に1,000円値上がりしてもキャリアよりもUQモバイルの方が安いんスか?

 

確かに「値上げ」ってあんまり良い響きじゃないので、タブレのように「あれ?ちゃんと安く使えるのかな?」と不安に感じる方もいるかと思います。

 

なので、auの月5GBのデータ容量を使った時と、UQモバイルのおしゃべり・ぴったりのプランMとで、基本料金にどのくらいの金額差があるか確認してみましょう。

 

auの基本料金

項目金額
スーパーカケホ1,700円
データ定額55,000円
LTE NET300円
auスマートバリューー934円
合計7,066円

また、auスマートバリューはauひかりご加入の方が対象ですが、3年目以降は934円一律になります。

 

auには「ピタットプラン」もありますが、月5GBの利用だと大体データ定額プランと同じになります。

UQモバイルの基本料金

項目金額
おしゃべりプラン
or
ぴったりプラン
9GB/月
2,980円
(14ヵ月目以降3,980円)
合計2,980円
(14ヵ月目以降3,980円)

UQモバイルは料金プランの中にかけ放題(無料通話)が含まれていますので、毎月支払う月額料金は基本料金のみとなります。

auとUQモバイルを2年使い続けた時の月額料金の差額

金額
au169,584円
UQモバイル(2,980円×12ヵ月)+(3,980円×12ヵ月)
=83,526円
差額UQモバイルの方が86,058円安い

 

タブレ
タブレ
同じように2年間使っただけで半額になるんスね
マヒロ
マヒロ
一人分でこれだけの節約だから家族全員なら節約効果は大きいよね!

 

結果的に、14ヵ月目以降に1,000円上がるUQモバイルの「おしゃべり・ぴったりプラン」の方が運用コストはauの約半分で使えます

 

また、UQモバイルの「おしゃべり・ぴったりプランM」は9GB/月まで使えちゃいます!

もし、これがauで9GB使った場合だと、(1年目5,480円、2年目以降6,480円)になってしまうので、データ容量面でも安いことがわかりますよね。

 

auピタットプランの料金表

注意点② 契約更新月は1ヵ月間

契約更新月とはご存じのように、決められた契約期間(キャリアの場合24ヵ月)以内に他社への乗り換えや解約を行うと契約解除料(違約金)として9,500円が発生します。

キャリアの場合、25・26ヵ月目が契約更新月と言われ、その2ヵ月間は他社へ乗り換えても解約をしても契約解除料はかかりません。

 

タブレ
タブレ
これがキャリアの「契約更新月」ってやつっスね
マヒロ
マヒロ
この25・26ヵ月目の間に何かしらのアクションを起こさないと自動更新になって、27ヵ月目からまた2年縛りが始まるから注意しようね!

 

一方、UQモバイルの「契約更新月」は25ヵ月目の1ヶ月しかありません

 

タブレ
タブレ
キャリアよりも1ヵ月少ないんスね
マヒロ
マヒロ
そうなんだよ!UQモバイルのおしゃべり・ぴったりプランも自動更新になるから、2年目以降に他社へ乗り換えたい人は忘れないようにしようね!

 

UQモバイルの契約更新月の確認方法は、アプリの「my UQmobile」からログインし、トップページを少し下にスクロールすれば「ご契約中のプラン」で更新月が確認できます。

UQモバイルの契約更新月の確認方法

注意点③ おしゃべり・ぴったりプランのSプランはスマホ本体代金の割引が少ない

UQモバイルではスマホセット購入の場合、端末代金を割引く「マンスリー割」が適用されますが、Android端末の場合はプランSだと割引き金額がプランM・プランLよりも安く設定されています。

※iPhoneは全プラン割引金額は同じです。(2019年7月時点)

 

例えば、人気のHUAWEI P20 liteをプランSで申し込みした場合、マンスリー割は216円になります。

 

一方、プランMであればマンスリー割は756円になり、P20 liteの端末代金の半額以上が補填される形になります

 

マンスリー割の金額は機種によって異なりますので、「AQUOS sense」であればプランMで運用すると、端末代丸ごとマンスリー割で補えます。

 

タブレ
タブレ
補える分までって凄いっスね

 

プランは使用するデータ容量で選ぶかと思いますが、毎月3GB以上使うならプランMを選択しておけばOKです。

注意点④ データ増量分は自分でチャージ

おしゃべり・ぴったりプランの最大データ量値はS=3GB、M=9GB、L=21GBですが、基本のプランのデータ値はS=1GB、M=3GB、L=7GBとなっています。

 

UQモバイルのデータ容量

この最大マックス値は、申し込みの時点で選択した「データ増量キャンペーン(2年無料)」でマックスまで使えるようになっているのですが、増量分に関しては自分でチャージする必要があります。

 

 

そして、追加チャージしで発生した料金が利用料から割り引かれる仕組みになっています。

追加データのチャージ方法

追加データのチャージは「my UQmobileアプリ」から簡単にできます。

 

「データチャージ」をタップし、画面右側部分で必要分を選択し、確定すればOK。

追加分は「チャージ履歴」で確認できるので、「あれ?何回チャージしたんだっけ?」という忘れ防止にもなります。

 

UQモバイルの追加チャージ手順

注意点⑤ おしゃべり・ぴったりプランには3日制限がある

こちらはあまり気にする必要はありませんが、一応注意点として紹介しておきます。

3日制限とは、直近3日間に6GB以上のデータ通信があった場合、通信速度を翌日にかけて制限する仕組みです。

3日間で6GB以上データを使うと、例えデータ容量が余っていたとしても速度制限がかかるということです。

 

タブレ
タブレ
なるほどー、、、でも3日で6GB以上って中々ないっスよね?汗

 

僕も3日で6GBは使ったことがないので、実際利用制限を体験したことはありません。

なので、補足的な注意点という認識で大丈夫ですね。

まとめ:UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランのデメリットはカバーできる物がほとんど!

以上が、UQモバイルで人気の「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」の注意点確認でした。

最後にもう一度まとめると以下の通りです。

 

ぴったり・おしゃべりのおさらい
  1. 14ヵ月目以降基本料が変動
  2. 契約更新月の期間が1ヶ月
  3. Sプランはスマホ本体代金の割引が少ない
  4. データ増量分は自分でチャージ
  5. 3日制限がある

 

これらが「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」を申し込む前に確認しておきたい5つの項目ですが、デメリットよりも月額料金などの安さや、マンスリー割があるといったメリットの方が圧倒的に上回っているので、躊躇するのは勿体ないですよ。

 

また、当サイト限定でUQモバイルキャッシュバック専用ページからおしゃべりプラン・ぴったりプランを契約すると現金でキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックはUQモバイルさんから正式に許可をいただいて、当サイトでご紹介しているものなので安心ですし、高額なのでぜひ活用してみてください!

 

あわせて読みたい
【画像付き】キャッシュバックを使ったUQモバイルの申込み手順を解説この記事では、UQモバイルのキャッシュバックを実際に使った申込み手順を実際の画像付きで解説しています。 UQモバイルは「S...

 

キャッシュバックで申込む!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。