WiMAX

UQワイマックスのモバイルルーター(WiMAX 2+)を徹底解説!お得な契約方法も紹介するよ!

この記事では、UQワイマックスで扱っているルーターについて解説しています。

 

タブレ
タブレ
UQ WiMAXでワイマックスのモバイルルーターを契約したいんスけど、ルーターってどれを選んだ方がいいとかあるんスか?
マヒロ
マヒロ
基本的にはどのWiMAXシリーズでも利用することは可能だけど、これから契約するなら最新機種シリーズを選んでおけば全く問題ないよ!

 

初めてUQワイマックスの契約を考えている時、「どのルーターを選べばいいのか?」と迷いませんか?

スマホならiPhoneやGalaxy・Xperiaなど馴染み深いですが、WiMAXってなるとピンっとこない方も多いかと思います。

 

タブレ
タブレ
確かに今まで使ったことがないから、検討もつかないっスね
マヒロ
マヒロ
確かにそうだよね!笑

でも、WiMAX選びってちょっとしたポイントと注意点に気をつければとってもシンプルで簡単なんだよ!

 

ということで今回は、UQワイマックスで提供されているWiMAXのルーターを1つずつポイントを押さえて解説していきます。実際に僕も使っているのでWiMAXを選ぶ時の参考にしてくださいね!

 

↓限定キャッシュバックはこちらから↓

 

 UQワイマックスのルーターは3種類扱っているよ!

現在「UQ WiMAX」で取り扱いがあるWiMAX 2+モバイルルーターは以下の3機種になります。

UQWiMAXで扱っているルーター
  • W06
  • WX05
  • W05

 

タブレ
タブレ
この中で最新式はどれになるんスか?
マヒロ
マヒロ
この3機種の中だと「Speed Wi-Fi NEXT W06 」になるよ!

基本的に数字が大きいのが一番新しい機種になるんだ!だから「06」になるね!

 

■予備知識

「W」のみがHUAWEI製で、「WX」がNEC製となっています。

 

マヒロ
マヒロ
それじゃ1つずつ確認していこうか!

下り最大1.2Gbps対応の最新モデル「Speed Wi-Fi NEXT W06」

Speed Wi-Fi NEXT W06

UQコミュニケーションズより2019年1月25日に販売された、WiMAX 2+対応のHUAWEI製モバイルWiFiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」。

 

4×4 MIMO(フォーバイフォーマイモ)とキャリアアグリゲーションにより、なんとギガビット超えの下り最大1.2Gbpsの高速通信に対応し、データ容量の大きい高画質の動画再生にも今まで以上に対応できるようになりました。

 

マヒロ
マヒロ
WiMAX 2+の最新モデルだね!

 

W06の基本的なスペックは以下の通りです。

Speed Wi-Fi NEXT W06
メーカーHUAWEI
対応ネットワークWiMAX 2+
au 4G LTE
下り最大1.2Gbps
(Wi-Fi接続は最大867Mbps)
サイズ約128×64×11.9mm
重さ125g
UIMカードバージョンNano IC
バッテリー約9時間
対応OSWindows(R) 7/8.1/10
Mac OS X
v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13/v10.14
Wi-FiIEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯

 

タブレ
タブレ
目玉は最大下りの1.2Gbpsっスね

W06は最大1.2Gbpsで通信可能!ただし注意点もあるよ!

W06の最大のウリは下り速度最大1.2Gbpsまでの通信に対応しています。

 

タブレ
タブレ
マジっスか。。光回線よりも速いじゃないっスか
マヒロ
マヒロ
凄いよね!

だけど、これには注意点もあって以下4つの条件を満たした状況下じゃないとダメなんだ!

 

W06はUSBケーブルを使ったテザリングで受信最大1.2Gbpsという高速通信に対応しています。これだけの通信速度が出ていれば、データ容量の大きな高画質なストリーミング動画もストレスなく視聴することが可能です。

 

下り速度最大1.2Gbpsの条件下

①東京・埼玉に住んでいる(2019年1月時点)
②USBケーブルを使ってのテザリングをする
③ハイスピードプラスエリアモードを利用する(オプション料1,005円、3年契約プランはオプション料なし)
④ハイパフォーマンスモード、4×4MIMO設定オン

 

ただ、これには上記4つの条件があり、1.2Gbps対応エリア内で、ハイスピードプラスエリアモードハイパフォーマンスモード+4×4MIMO設定オンの状態であること、さらに別売りのUSB3.0以上対応のType-Cケーブルを使用してテザリングする必要があります。

 

タブレ
タブレ
有料オプションのハイスピードプラスエリアモードを使った時が条件になってるのがチト痛いっスね~
マヒロ
マヒロ
受信最大1.2Gbpsっていうのはあくまでも理論上の数値(技術規格上の最大値)だから、参考程度にしてね!

MAX速度は最後の必殺技だから「どうしても!」っていう時に活用しようね!

 

実際のところこの4つの条件をクリアして使う方はかなり限られるかと思うので、現実味があるかどうかは微妙です(苦笑

 

ただ、W06にはそれだけのポテンシャルを秘めていることには間違いないです。

バッテリー重視の方は「Speed Wi-Fi NEXT WX05」がオススメだよ!

WX05の基本的なスペックは以下の通りです。

Speed Wi-Fi NEXT WX05
メーカーNEC
対応ネットワークWiMAX 2+
au 4G LTE
下り最大440Mbps
サイズ約111×62×13.3mm
重さ128g
UIMカードバージョンNano IC
バッテリー約11.5時間
対応OSWindows(R) 7/8.1/10
Mac OS X
v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13/v10.14
Wi-FiIEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯

最新ルーターの中では「WX05」が最も長持ちだよ!

WX05はバッテリー最大時間が約11.5時間と最新モデルの中では約2時間以上長持ち仕様になっています。

 

タブレ
タブレ
外出時間が長い人には有り難いっスね

下りの最大速度は他機種よりも遅いが、そこまで気にする必要はないよ!

WX05の下り最大通信速度は440Mbpsとなっています。これはこの次に登場するW05の約半分です。

 

タブレ
タブレ
え!半分とかって大丈夫なんスか!?

 

これは正直身も蓋もない話になってしまいますが、メーカーが発表している下り最大通信速度はMAX時の期待値(全てが好条件の時に発揮されるポテンシャルMAX時の通信速度)となり、実際の普段使いではこの半分も出ないことがザラです。

 

マヒロ
マヒロ
通信速度はその時の状況下左右されるけど、大体は下り20Mbps~50Mbpsが当たり前だよ!

そのくらい出ていれば動画視聴でも全く問題ないんだ!

型落ちだけどデザインが気に入っている「Speed Wi-Fi NEXT W05」

HUAWEI W05

 

マヒロ
マヒロ
いま僕が使っているのがこの「W05」だよ!

W06が登場したから型落ちになっちゃったけど、使い勝手は全く問題ないよ!

 

W05は2.4型のディスプレイを採用しており、角ばった外観が特徴的です。ウチは妻も利用するのでホワイトをチョイスしましたが、男性であれば「ブラック×ライム」がスタイリッシュでおすすめです。

 

W05の基本的なスペックは以下の通りです。

Speed Wi-Fi NEXT W05
メーカーHUAWEI
対応ネットワークWiMAX 2+
au 4G LTE
下り最大758Mbps
サイズ約130×55×12.6mm
重さ131g
UIMカードバージョンNano IC
バッテリー約9時間
対応OSWindows(R) 7/8.1/10
Mac OS X
v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13/v10.14
Wi-FiIEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯

最大の上り速度値は最新のW06よりも速い!

通信速度というのは一般的に「下り」と「上り」の二種類があり、主に【下り】の方が取り上げられることがほとんどです。

 

【下り】動画視聴・ネット検索・メールの受信・画像やファイルのダウンロード時にかかるスピードのこと

【上り】メール送信・ブログのアップロード・ドロップボックスやGoogleドライブへの保存時にかかるスピードのこと

ですが、「上り」に関しては最新のW06の最大値75Mbpsに対して、W05の方が112.5Mbpsと勝っています。

 

もちろん最大値を出すためには「ハイスピードエリアプラスモード」を使用することが条件になっていますが、僕は外出先で当サイトの執筆、修正をよく行うのでW05を使っているのが理由の1つでもあります。

 

タブレ
タブレ
仕事メインで使う人にはW05の方がいいかもしれないっスね

結論!利用面に関してはどれを選んでも大差なし!自分が好きな機種を選んでOKだよ!

以上が、UQワイマックスで扱っているWiMAX 2+のルーターの紹介でした。

文中でも少し触れましたが、メーカーが発表している通信速度(下り)はあくまでも全ての好条件が揃った時に発揮できるMAX値なので、ただ「数値が高いから良い機種!」ということでもありません。

 

タブレ
タブレ
どうしてもそこをブラッシュアップするから目がいっちゃうんスけどね
マヒロ
マヒロ
もちろん数値が高いことに越したことはないけど、どのルーターもちゃんと使えるし、私生活レベルならスペックの誤差は感じないよ!

だったら自分が気に入ったルーターを選ぼうね!

UQワイマックスの料金を確認しておこう!

UQWiMAXの料金

 

マヒロ
マヒロ
UQワイマックスで使うルーターが決まったら次は利用するプランの確認をしておこうね!

 

UQ WiMAX(ギガ放題)の月額料金は以下の通りです。

UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)
お試し3ヵ月3,696円
4ヵ月目以降4,380円

また、この料金プランは上記の3年契約の他に2年契約があります。

 

タブレ
タブレ
2年と3年の違いってなんスか?
マヒロ
マヒロ
3年契約だと有料オプションの「ハイスピードプラスエリアモード」がタダで使えるんだよ!

 

WiMAXは「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで、地下でも繋がりやすくなるauの4G LTE回線で通信することもできます(月7GBまで)。

WiMAX回線が圏外でも通信できますが、本来は利用時に月額1,005円(税抜)のオプション料金がかかってしまうデメリットがありましたが、3年プランならオプション料金無しでauの4G LTE回線を使えます。

 

タブレ
タブレ
へぇ~便利っスね
マヒロ
マヒロ
ただし1つ注意点があって、「ハイスピードプラスエリアモード」の最大上限7GBまで達すると通常のハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限対象になるから注意してね!
タブレ
タブレ
地下で使わない人は2年縛りでもいいかもっスね

 

スマホと同じく通信制限がかかってしまうと、高速通信の利用は難しくなるので注意しましょうね!

環境によっては画質を落とせば動画視聴も可能ですが、やはり快適に視聴するのであれば通信制限には注意ましょうね!

 

ハイスピードプラスエリアモードの上限は7GBだからは奥の手だと認識しておこう!

UQモバイルを利用するなら「ウルトラギガMAX」を併用しよう!

ウルトラギガMAX

UQモバイルを利用中・もしくはこれからUQモバイルに乗り換えようと考えている方は2019年3月1日から始まった「ウルトラギガMAX」と併用すれば更に基本料金が毎月300円割引きになるので利用しない手はありません。

 

しかも今なら限定のキャッシュバックキャンペーンも併用可能で、「UQモバイル」と「UQWiMAX」の合計23,000円がもらえちゃいます!

 

タブレ
タブレ
おぉ~メッチャもらえるんスね
マヒロ
マヒロ
UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンは正式に許可を受けた「SIMっちゃお!」の限定キャンペーンだから他よりもお得だよ!

 

↓限定キャッシュバックはこちらから↓

 

あわせて読みたい
UQモバイルのキャンペーン
【2020年12月】UQモバイルのキャンペーンを解説このページでは、毎月開催しているUQモバイルのキャンペーン情報をわかりやすく解説しています。 ↓直接公式サイトで確認したい方は...

 

ウルトラギガMAXの概要・キャンペーン情報に関しては別記にてまとめていますので、合わせて参考にしてくださいね!

 

あわせて読みたい
WiMAXとUQモバイルの併用で最大2万3千円キャッシュバック!概要を解説するよ!この記事では、WiMAXとUQモバイルをセット利用することで得をする「ウルトラギガMAX」についての概要を解説しています。しかも!2つの...

「WiMAX 2+」の契約は公式サイト?それともプロバイダー経由の方がお得?

タブレ
タブレ
WiMAX 2+って契約先のプロバイダーがたくさんあるんスけど、どこで契約してもいいんスか?
マヒロ
マヒロ
WiMAX 2+はUQコミュニケーションズが本家で、どこのプロバイダーで申し込んでも届くWiMAX 2+や利用する電波は全部同じだよ!

 

タブレ
タブレ
そのプロバイダーの違いって何なんスかね?
マヒロ
マヒロ
UQ WiMAX以外は全部「代理店」になって、申し込み時にもらえるキャンペーンの特典内容や料金プランが異なるんだ!
タブレ
タブレ
要はWiMAXを販売できるお店がいっぱいあるって、その申し込みに付く特典が各社異なるってことっスね
マヒロ
マヒロ
そのとおり!

顧客取得のために、高額なキャッシュバックがもらえたり、月額料金を直接割引きしたり色々あるんだ!

 

プロバイダーの違い

・どこで申し込んでも製品は同じ
・各プロバイダーによってキャンペーンや料金プランが異なる

 

参考に有名処のプロバイダーを挙げると以下の通りです。

プロバイダーの料金とキャンペーン
UQWiMAXGMOとくとくBBBroad WiMAX
月額料金4,380円(最大3ヶ月間3,696円)4,263円(最大3ヶ月間3,609円)最大3ヶ月間2,726円、3~24ヶ月目3,411円、25ヶ月目~4,011円
契約期間2年・3年3年3年
キャンペーン最大13,000円キャッシュバック最大31,000円キャッシュバック、端末代0円端末代0円、他社WiMAX解約金負担、初期費用18,857円割引
取り扱いWiMAXルーターW06、WX05、W05などW06、WX05などW06、WX05など

上表のように異なりますが、主にキャッシュバックキャンペーンを扱っている所は多いです。

 

タブレ
タブレ
確かに変なポイント特典付けられても、使えるところが限定されているとかよくある話っスから、現金キャッシュバックが一番分かりやすいっスよね
マヒロ
マヒロ
WiMAXのプロバイダーってもの凄くたくさんあるから、有名処のプロバイダーの中から選ぶといいよ!

本家直属のプロバイダー「UQ WiMAX」

UQ WiMAXは本家なので安心というメリットがありますし、キャッシュバックも活用できますが、

 

  • 他プロバイダー契約の方がキャッシュバックや特典が多い
  • 最新のW06はキャッシュバック対象外

というデメリットもあります。

 

タブレ
タブレ
キャンペーンはあるけど、他のプロバイダーより弱めっスね

 

例えば、次に紹介する「GMOとくとくBB」は3万円を超えるキャッシュバックキャンペーンを行っています。

UQ WiMAXGMOとくとくBB
キャッシュバック額最大13,000円3万円以上
他特典ルーター無料
キャッシュバック受取までの期間4ヵ月後11か月後
契約期間2年・3年3年
マヒロ
マヒロ
キャンペーンは弱めだけど、キャッシュバックの受取までの期間が4ヵ月で早いことや、2年契約が選べるメリットもあるよ!

 

キャンペーンは弱めですが、本家という安心感を取るのであればUQ WiMAXから申込みましょうね。

 

↓UQ WiMAXはこちらから↓

キャッシュバック重視なら「GMOとくとくBB」

 

WiMAXのキャッシュバックで有名なのが「GMOとくとくBB」です。

キャッシュバックの金額は時期によって異なりますが、毎回3万円以上なのでキャッシュバックを重視する方によく選ばれるプロバイダーになっています。

また、ルーター代も実質無料ですし、キャッシュバック金額を少し減らせば代わりにクレードル(充電台)も無料で入手できるようになっているのもポイントです。

タブレ
タブレ
キャッシュバックならとくとくBBの一択って感じっスね
マヒロ
マヒロ
ただし、キャッシュバックを受け取れるのは端末発送月を含んだ11ヵ月目になるから忘れないでね!

 

よく言われる「とくとくBB」の注意点ですが、キャッシュバックを受け取るには、「端末発送月を含む11ヶ月目」に「基本メールアドレス」宛に届いたメールから手続きをしなければいけません。

 

うっかり手続きを忘れるとキャッシュバックを受け取れないリスクがあるので、忘れないよう気をつけて使いましょう。

 

実際にネット上では「キャッシュバックをもらいそびれた!」っていうTwitterも目立ちます。

 

タブレ
タブレ
(もらい忘れって自己管理の問題なんじゃないっスかね・・・?)
マヒロ
マヒロ
Googleカレンダーや家のカレンダーに印を付けてわかるようにしておけば問題ないよ!

 

また、支払い方法はクレジットカードに限定されていますので注意が必要です。

 

↓GMOとくとくBBはこちらから↓

月額料金を抑えたいなら「broad WiMAX」

 

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は、WiMAXの中でも人気の高いプロバイダーです。

 

タブレ
タブレ
あれ?確かBroad WiMAXってキャッシュバックとかって無かったっスよね?

それでも人気なんスか?

マヒロ
マヒロ
Broad WiMAXはキャッシュバックはないけど、その代わりに月額料金が最安値クラスで初期費用無料、ルーター代無料、他社から乗り換える場合の費用を負担してくれるとか他にはないサービスがあるんだ!

 

キャッシュバックは後で現金を一括で入手できるお得感がありますが、受取手続きを忘れてはいけません。その手続きを「面倒だ」と感じる方は最初から月額料金が安く設定されているBroad WiMAXはオススメです。

 

ただし、注意点もあり、初期費用無料キャンペーンを利用した申し込みの場合、2年以内に解約すると通常の契約解除料の他に別途9,500円の違約金が発生します

タブレ
タブレ
要は最低でも2年は使わないとダメってことっスね

 

↓Broad WiMAXはこちらから↓

【おまけ】ウルトラギガMAXはどのプロバイターと契約してもOKだよ!

上記でも少し触れましたが、UQモバイルの利用を合わせる方は「ウルトラギガMAX」が適用になり、1年間月額300円の割引の特典を得ることができちゃいます。

 

ウルトラギガMAX

またこのウルトラギガMAXは、UQWiMAX以外のプロバイダー契約でも適用可能です。

 

タブレ
タブレ
ということは、とくとくBBやBroad WiMAXでWiMAXを契約してもウルトラギガMAXは使えるってことっスね
マヒロ
マヒロ
うん!だからUQモバイルを使っている人も、これからUQモバイルの利用を考えている人も活用しようね!

UQモバイルは専用のページから申込むと最大13,000円のキャッシュバックがもらえるよ!

WiMAXと一緒に使うUQモバイルは専用のキャンペーンページから申込むと、プランに応じて最大13,000円のキャッシュバックを得ることが可能です。

 

↓限定キャッシュバックはこちらから↓

UQモバイルのキャンペーンや申込み手順は別記事にて実際の画像を交えながら詳しく解説していますので、ご検討中の方はぜひ参考にしてくださいね!

 

あわせて読みたい
UQモバイルのキャンペーン
【2020年12月】UQモバイルのキャンペーンを解説このページでは、毎月開催しているUQモバイルのキャンペーン情報をわかりやすく解説しています。 ↓直接公式サイトで確認したい方は...
あわせて読みたい
【初心者向け】UQモバイルへ機種変更で乗り換える方法を解説この記事は、UQモバイルへ乗り換えるタイミングで機種変更をしたい方が対象になっています。 また、初めて(初心者)の方が疑問に感じる...
あわせて読みたい
【初心者専用】現在使っているスマホをそのままUQモバイルへMNP乗り換えする手順を解説 このページでは、現在お使いのスマホをそのままUQモバイルで使いたい方に向けた特化記事となります。 ...

まとめ

以上が、UQワイマックスで取り扱うWiMAXルーターの解説や、他プロバイダーとの比較でした。

 

要点をまとめると以下のとおりです↓

要点まとめ
  1. UQワイマックスを含むプロバイダーで扱っているルーターは、W06、WX05、W05がメイン
  2. 最新のWiMAXルーターはW06
  3. バッテリー容量を重視する方はWX05の方がおすすめ
  4. デザインが気に入った方はW05でも問題なし(管理人が使用中)
  5. キャッシュバックを重視するなら「GMOとくとくBB」
  6. 月額料金を安く抑えるなら「Broad WiMAX」
  7. UQモバイルを利用するなら月額300円の割引が受けられる
  8. UQモバイルを契約するなら専用ページから申込むと限定の現金キャッシュバックがもらえる

 

機器それぞれの最大通信速度はあくまで理論値なので、基本はどのWiMAXルーターを使っても余程古い機種でなければ問題ありません。

 

タブレ
タブレ
実際、どこのプロバイダーも最新版のルーターを提供しているっスもんね
マヒロ
マヒロ
うん!だからルーターは「自分の気に入ったモノ」を選ぶスタイルで問題はないよ!

 

また、スマホ市場ではたいぶ見なくなりましたが、WiMAX業界はまだまだキャッシュバック合戦に熱が入っています。

タブレ
タブレ
WiMAXの機器や通信元が同じなら、利用する側はやっぱりキャンペーンがお得な所で申し込みたいっスよね

 

キャッシュバックなどのキャンペーンは魅力ですが、最低利用期間内に解約すると通常の契約解除料の他に違約金が発生するといった条件もあるので、最低でも2年・3年と決められた基本の契約期間を利用する方のみ、利用することにしましょうね。

 

タブレ
タブレ
高額なキャッシュバックだけを目的としたのを防ぐためっスね
マヒロ
マヒロ
数ヶ月や1年とか短い期間でWiMAXやモバイルWi-Fiルーターを使いたい人は、レンタル式のモバイルWi-Fiとかもあるから合わせて参考にしてね!

 

あわせて読みたい
fuji wifiを徹底解説
FUJI Wifiコスパ最強説!フジワイファイの評判・特徴を実機を交えて徹底的にレビュー! ※現在、7月1日より新料金プランへと変更になっています。 ということで、今回はレンタルポケ...

 

↓限定キャッシュバックはこちらから↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。