IIJmio

【実機レビュー】IIJmioで「OPPO Reno A」がまもなく発売!コスパ超優秀の注目機!

タブレ
タブレ
人気のOPPOからメッチャ優秀なスマホが登場したっスね!
マヒロ
マヒロ
「OPPO Reno A」だよね!有機ELディスプレイ搭載でしかもおサイフケータイと防水にも対応してて、35,800円って凄く魅力だよね!

 

IIJmioから10月18日に噂の「OPPO Reno A」が発売されます。

 

IIJmioでReno Aをチェック!

 

僕も発売後に実機が届き次第レビューを追記していきますので、この記事は更新型になります。

マヒロ
マヒロ
発売まで「OPPO Reno A」を一緒に予習していこうね!!

まず注目したいのが、「OPPO Reno A」は日本向けに発売されるモデルとなっているので、海外製品では珍しいおサイフケータイ機能防水・防塵を搭載しています。

 

タブレ
タブレ
キャッシュレス時代になってきてるからこれは嬉しいっスよねーー!

 

この他にも、

 

  • 6.4型フルHD+(有機ELディスプレイ)搭載
  • ディスプレイ指紋センサー
  • 画面占有率91%
  • 2500万画素
  • Snapdragon 710
  • 大容量の6GB(RAM)

などなど、これらのスペックを引っ提げて価格が34,800円とぶっ壊れ価格になっています苦笑

 

タブレ
タブレ
色んな意味でぶっ飛んでるっスね。。

 

というわけでこの記事では、そんな発売間近の「OPPO Reno A」の基本スペックや特徴についてレビューしています。

 

マヒロ
マヒロ
「OPPO Reno A」の目立つ特徴にポイント絞って解説していくね!

 

この記事さえ読めば

  • IIJmioでのOPPO Reno Aの料金・コスト
  • 活用できるキャンペーン
  • OPPO Reno Aの基本スペック・外観
  • OPPO Reno Aの特徴

という一連の流れが分かる構成になっています。

★現在当サイトはIIJmioとタイアップキャンペーンを行なっています。タイアップキャンペーン専用URLからの申し込みで、+1ヵ月割引き延長になります!詳細はこちら

+

さらにIIJmioキャンペーンを利用すれば5,000円分の選べるe-ギフト券還元を受けられるんです。

 

OPPOシリーズは毎回人気度が高く今回は最高のSoC「Snapdragon 710」や「RAM/6GB」も搭載しています!スペックも良好で価格を抑えて良いスマホを使いたい!という方にはまさに「買い」の1台だと強く感じているので、ぜひこの記事を参考にOPPO Reno Aを検討してくださいね!

 

IIJmio公式へ

 

OPPO Reno Aの基本スペックや特徴を確認していこう!

Reno A

OPPO Reno Aの基本スペックは以下のとおりです。

↓ ↓

OPPO Reno Aのスペック
OS Android 9.0(Pie)
SoC Snapdragon 710
CPU Kryo 360
(2.2GHz×2コア,1,7GHz×6コア)
ディスプレイ 6.4インチ/有機EL(IPS)
画面占有率91%
Gorilla Glass仕様
解像度 1080×2340
RAM/ROM 6GB/64GB(microSDで256GBまで拡張可能)
サイズ 高さ158.4mm
横幅75.4mm
厚さ7.8mm
重さ 約169.5g
メインカメラ 2500万画素,F2.0
ポートレート、夜景に対応
アウトカメラ ・メイン:約1600万画素,F1.7
・サブ:約200万画素,F2.4
おサイフケータイ FeliCa搭載/おサイフケータイ利用可能
防水・防塵 IPX7,IP6X
イヤホンジャック
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、ディスプレイ認証
SIM nanoSIM×2(DSDV対応)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 3600mAh
ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル回線(対応バンド) フル対応

 

  • FDD-LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
  • TDD-LTE Band 38/39/40/41

 

Oppo Reno Aは何といてもSnapdragon 710&RAM:6GBが魅力!

OPPO Reno Aはミドルスペック帯では最上位モデルの位置づけになるモデル仕様となっています。

「ZenFone6」のようなハイエンドモデルになると、中身は凄いですがお値段も高めの設定になってしまうのが一般的です。

ですが、OPPO Reno AはSoC(頭脳)はハイエンドモデルにはさすがに勝てませんが、性能・技術面では負けておらず、正にミドルスペック帯のSIMフリースマホの中では最上位モデルとなっています。

 

大容量6GBのゲームブースト機能も搭載

また、RAMが6GBを積んでいるので処理が高めのゲーミング性能もバッチリです。

 

 

タブレ
タブレ
ゲーミング機能ってなんスか?
マヒロ
マヒロ
ゲーミング機能っているのは、Play中は一時的に通知を停止したり、バックグラウンドで起動しているアプリを制限する機能なんだ!
タブレ
タブレ
確かにここぞって時の通知は辛いっスもんねー

 

こういった機能で、性能面をカバーしてより高画質、高グラフィックを快適にプレイする工夫がされています。

 

性能面関係の話になると、少し難しくなってしまいますが一般的に快適にゲーミングする場合は高価格帯のスマートフォンになりますが、OPPO Reno Aは34,800円という価格で頑張っちゃっているから凄いんです!笑

 

タブレ
タブレ
CMでサッシー採用して、パターン3つもあるから気合の入れ方が違うっスよね

 

また、積んでるRAMも6GBでiPhone11やGoogle Pixel 3 XLよりも多いですからね。

 

各機種の積んでるRAM
OPPO Reno A 6GB
iPhone 11 4GB
Google Pixel 3 XL 4GB
Galaxy S10 8GB
タブレ
タブレ
Reno AってiPhone11の約三分の一なのにRAM上回ってるんスね!
マヒロ
マヒロ
これだけでも十分に凄いよね!

 

OPPO Reno Aの対応バンドはフルキャリア対応だよ!

機種には「対応バンド」というものが決まっており、どこの対応バンドがカバー(対応している)かによって使える通信回線(キャリア回線)が異なってきます。

 

タブレ
タブレ
どんなSIMフリースマホでも全ての格安SIMカードが使えるってわけじゃないんスね
マヒロ
マヒロ
そうだんだよ!例えばドコモ回線の対応バンドしか受信できない機種にau回線を使った格安SIMを挿しても使えないんだ!

 

この対応バンドに関してはちょっと話が難しくなりがちですが、基本格安SIM会社でセット販売されている端末であれば、そこの格安SIMが使える機種が売ってるいるので難しく考える必要は一切ありません

 

タブレ
タブレ
だから初心者さんにはセットで購入するのが簡単なんスね

 

さて、少し話がズレましたが、「OPPO Reno A」の対応バンドは3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル)回線全てに対応しています

 

IIJmioの取り扱い回線は、「ドコモ回線」と「au回線」なのでこの2つから好きな方が選べます。

 

マヒロ
マヒロ
申し込み時に選べるけど、自分の好きな方を選んで大丈夫だよ!

 

 

因みに、IIJmioではソフトバンク(ワイモバイル)回線は扱っていませんが、Reno Aはちゃんとソフトバンク・ワイモバイル回線の対応バンド1/3/8/41にも対応しているので、今後IIJmioからワイモバイル乗り換えた時にReno Aをそのまま使う。ということも、もちろん可能です。

 

マヒロ
マヒロ
自由に好きなところを使えるのも格安SIMの醍醐味だよね!

 

↓タイアップキャンペーンはこちら↓

IIJmio公式へ

 

SoCはミドルレンジ帯では最高の!Snapdragon 710!

格安SIMやSIMフリースマホの初心者さんがSoCとかCPUとかの話になるとややこしくなってしまうので、細かい話は割愛しますが基本その端末の頭脳や処理速度、体力みたいなもので、この数値が高いほど性能が高い。と言われています。

因みに、現状(2019年10月)での最高は「Snapdragon 855」が最高ランクとされています。

 

マヒロ
マヒロ
SoC別で区分けすると以下のような感じだよ!

 

  • Snapdragon 855(ハイエンド)ZenFone6、Reno 10x Zoom、Galaxy S10
  • Snapdragon 845(ハイエンド)Galaxy S9
  • Snapdragon 710(ミドルレンジ最上位)OPPO Reno A、OPPO R17 Neo
  • Snapdragon 660(ミドルレンジ上位)ZenFone4、OPPO R15 Pro
  • Snapdragon 630(ミドルレンジ)moto g6 Plus
  • Snapdragon 450(エントリー)Android One S5、OPPO R15 Neo

 

実際はもっと細かくありますが、有名処の機種だと上記のような感じです。

当サイトでもレビューしている、「ZenFone 6」や「Reno 10x Zoom」は最高ランクですが、価格も6万円以上します。

 

あわせて読みたい
zenfone6の実機画像
【実機レビュー】IIJmioで「ZenFone 6」をお得にゲットしよう! ZenFone6はパワフルなSoCを搭載するハイエンドスマホ、ギミック搭載の回転カメラや購入感溢れる外観など...
あわせて読みたい
【実機レビュー】IIJmioでOPPO Reno 10x zoomをお得にゲットしよう! また、これは僕も最近「ノッチ」に慣れてきたので逆にインパクト受けましたが、Reno 10x Zoomはディスプレ...

 

そして、今回の「OPPO Reno A」はミドル帯では最高ランク的な位置づけのSnapdragon 710を搭載しています。

 

タブレ
タブレ
その他のスペックが優秀だし、これで34,800円は安いっスよねーー

 

当サイトでは限定のタイアップをしているので、更に特典がついて5,000円分のギフト券までもらえちゃいます!

 

タイアップをチェック!

OPPO Reno Aの外観や特徴について

まだ、発売はしていませんのでOPPO公式サイトの情報を元に確認していきましょう!

 

背面に輝くグラデーション仕様

背面はOPPOならではグラデーションと丸みを帯びた曲線美が特徴です。

 

これは歴代のOPPOシリーズでも採用されているスタイルなので、今回も楽しみです。

 

以下画像は、「OPPO R17 Neo」という機種ですが背面がグラデーションかかった綺麗な色で仕上がっています↓

OPPO R17 Neoの実機画像
タブレ
タブレ
今回のReno Aでも期待できそうっスね

 

カラーはブラック系とブルー系の2色展開となっています。

 

マヒロ
マヒロ
どっちもメタリックな感じで格好いいよね!

しずくノッチとベゼル幅を極限まで狭くした画面占有率は91%!

 

また、OPPO R17 Neoでも搭載されていましたが、「Reno A」もしずくノッチとベゼルレス化によっては表面ディスプレイがギリギリまで広くなり対、画面占有率は91%になっています。

 

↓R17 Neoも91%↓

 

マヒロ
マヒロ
この辺りも実機が届いたら詳しくレビューしていくね!

最新の「画面内指紋センサー」を搭載しているよ!

 

OPPO Reno Aの本体前面の画面内に最新の画面内指紋認証センサーが内蔵されています。

顔認証も便利ですが、マスクをしていたり布団の中で寝っ転がりながら片目だけだと反応しなかったりするのでちょっと面倒な時がありませんか?笑

その点、指紋認証は簡単に解除できるので個人的には最強だと思っています!

 

こちらの機能もOPPO R17 Neoで体験済みですが、テクノロジーチックで格好いいです!

oppor17neoのディスプレイ指紋認証

日本人には嬉しい、おサイフケータイと防水機能に対応しているよ!

基本海外メーカーには常備されていませんが、「OPPO Reno A」はしっかりとおサイフケータイ機能と防水防塵に対応しています!

僕の周りでも、「SIMフリースマホにしたいけど、おサイフケータイが付いていないんだよなー」という方は多いのでおサイフケータイ機能は超嬉しいポイントですね!

 

タブレ
タブレ
これで改札のSuicaもOKっスね

 

16MP+2MPのデュアルカメラ搭載!

 

OPPO Reno Aには、AIカメラを搭載していて、被写体を自動で認識して色調補正や露光などを自動で切り替えてくれる機能が備わってたりと、簡単綺麗に撮影できるようになっているので、こちらも実機が届いたら試していきますね!

 

しかも、何故かインカメラは2500万画素とメインカメラよりも画素数が高いです笑

 

 

タブレ
タブレ
色んな意味でぶっ飛んでるっスね。。
マヒロ
マヒロ
これだけの機能や性能を積んで3万円台ってワクワクが止まらないよね!

 

ここまでがOPPO Reno Aの基本的なスペックと特徴です。

僕は自分のタイアップを利用してIIJmioで購入していくので、詳しくは発売後、実機が届き次第追って追記していきますね!

 

マヒロ
マヒロ
それじゃ、次はIIJmioでの申込み方を簡単に確認しておこうか!!

 

IIJmioでOPPO Reno Aを購入する手順

IIJmioでOPPO Reno Aを購入するパターンは以下の2つのどちらかなので、それぞれ確認していきましょう。

 

  1. 新規購入(初めてスマホを購入する方)
  2. キャリアからMNP乗り換え

①新規購入の方(初めてスマホを購入する方)

新規購入の方は本人確認書類クレジットカードを先に準備しておけば、ネットショッピングと同じ感覚で申込みができるので、難しくありません。

 

基本の流れ

タイアップ専用ページから申し込む
②プラン、SIM枚数、「端末+SIMセット」、利用回線、SIMカードの種類、かけ放題オプションの有無を選ぶ
③新規かMNPかを選ぶ
④端末選択で「Reno A」を選択する

 

後は、基本情報を入力し、クレジットカード情報→本人確認書類のアップロードをすれば完了です。

 

タブレ
タブレ
初めての人でも15分あれば申し込みは完了するっスよ

 

以下は、MNP時の申し込みレビュー記事ですが、端末を選ぶ以外は基本同じなので、気になる方は予習という形で参考にしてください。

 

あわせて読みたい
【画像付き】IIJmioの申し込みは簡単!WEBからの契約手順を徹底的に解説するよ!この記事では、IIJmioの申し込み手順に特化してレビューしています。 [お知らせ:10/1] IIJmioは10月1日...

 

↓タイアップキャンペーンはこちら↓

IIJmio公式へ

②キャリアから乗り換えの方

キャリアからIIJmioへ乗り換え

キャリアからの乗り換え手順はたったの4ステップで完了します。

IIJmioへの乗り換え手順

①キャリアでMNP予約番号を取得する
②IIJmioへ申し込む
③キャリア→IIJmioへ回線を切り替える
④APN設定をする

 

実際の申し込み手順は別記事にて、実際の画像を交えてレビューしているので、予習という形で参考にして頂ければ幸いです。

↓ ↓

 

あわせて読みたい
【画像付き】IIJmioの申し込みは簡単!WEBからの契約手順を徹底的に解説するよ!この記事では、IIJmioの申し込み手順に特化してレビューしています。 [お知らせ:10/1] IIJmioは10月1日...

 

マヒロ
マヒロ
MNP予約番号の取得があるから、新規申込みよりも1つ手順が増えるけど、たったこれだけで毎月のスマホ代を大幅に安くすることができるからチャレンジしようね!
タブレ
タブレ
スマホ代は毎月必ず発生する大きな固定費だから、一度はどこかで見直しは必要っスよね

 

↓タイアップキャンペーンはこちら↓

IIJmio公式へ

IIJmio×OPPO Reno A:まとめ

 

以上がIIJmioから発売される「OPPO Reno A」の基本的なスペック・特徴、IIJmioで運用した時の紹介でした。

 

マヒロ
マヒロ
発売はまだだけど、最後に要点をまとめるよ!

 

  • Reno Aは6.4型フルHD+(有機ELディスプレイ)搭載
  • CPUやメモリが高性能(Snapdragon 710)でミドルスペックでは最高ランク!
  • 画面占有率91%の大画面ディスプレイ!
  • RAMも6GBで複数のタブ展開やゲームもサクサク!
  • アウトカメラも2500万画素
  • 画面内指紋センサー搭載
  • おサイフケータイや防水・ワンセグへの対応!
  • 本体は34,800円とぶっ壊れ価格!!

冒頭でも触れていますが、これらの機能・頭脳を積んで端末価格34,800円はコスパ良すぎです。

 

タブレ
タブレ
価格が抑えてあって、おサイフケータイ機能にも対応しているのはマジで優秀っスね

 

好みが分かれるかと思いますが、3キャリアにフル対応しているので、今後IIJmioから他社で使ってみたくなった時も、自由に選べるのもポイントです。

 

また、タイアップキャンペーンを併用すればお得&ギフト券5,000円をゲットできるチャンスなので、ぜひタイミングが合う方は活用してくださいね!最新のキャンペーン情報はこちら!

 

+

 

↓タイアップ専用ページはこちら↓IIJmio公式へ

 

 

マヒロ
マヒロ
後は発売されるのを待つだけだね!!

 

引き続き追記していきますので、お楽しみに!

 

最後までお付き合いして頂きありがとうございました!