IIJmio

【実機レビュー】IIJmioでnova lite 3+をお得にゲットしよう!

この記事ではIIJmioで発売している「HUAWEI nova lite 3 +」についてレビューしています。

基本的には過去に発売されていた「nova lite 3」のリメイク版となります。変更箇所を比較して追記修正を行いましたので、参考になれば幸いです。

 

★現在IIJmioでは、当サイトとの限定タイアップキャンペーンを実施中です!新規事務手数料が1円になる他、キャッシュバックが増額されるので要チェックです!詳細はこちら

↓限定タイアップ実施中!↓

IIJmioでのHUAWEI nova lite 3 +の料金

現在(2020年8月時点)IIJmioで、HUAWEI nova lite 3 +が一括価格22,800円(税抜)で販売開始されています。

タイミングによっては品切れになっている可能性があるので、公式サイトも確認してみてくださいね。

 

端末をチェック!

 

nova lite 3+×IIJmio
一括購入価格22,800円
分割購入価格980円

 

タブレ
タブレ
分割購入なら月額980円(×24回)で購入可能なんスね
マヒロ
マヒロ
分割なら1,000円切るから負担軽減だよね!

HUAWEI nova lite 3 +のスペック

HUAWEI nova lite 3+は価格帯が2万円台ですが、性能が高めですし、快適に動作するためキャリア端末からの乗り換えにも十分おすすめできます。

 

以下の表に「nova lite 3+」に合わせて、前作の「nova lite 3」のスペックをまとめたので、ご覧ください。

↓ ↓

nova lite 3 +nova lite 3
OSAndroid 9
CPUHUAWEI Kirin 710 オクタコア(2.2GHz×4+1.7GHz×4)
サイズ高さ約155.36mm
幅約73.55mm
厚さ約8.2mm
高さ約155.2mm
幅約73.4mm
厚さ約7.95mm
ディスプレイ6.21インチ TFT
解像度2340×1080 FHD+、画面比率19.5:9、水滴型のノッチ
メモリ(RAM)4GB3GB
ストレージ128GB32GB
バッテリー3400mAh
アウトカメラ約1,300万画素+約200万画素
インカメラ800万画素1300万画素
重さ約163g約160g

 

前作のnova lite 3からnova lite 3+への主な変更はRAMとROMの容量アップですね!

RAMは3GBから4GBへアップ、ROMはなんと4倍の32GB→128GBまで大幅増量されました。

インカメについてはダウンしましたが、僕は自撮りなどをしないので、ストレージが増量された方がメリットは大きいです。

後はほぼ一緒ですね!

 

処理性能を左右するCPU(SoC)はKirin 710も同じミドルレンジ上位の位置づけとなります。

 

ちょっと内容が難しいですが、この性能があればインターネット、YouTube、メールやLINE、通話、SNS、ニュースアプリチェック、2Dゲームなら不満の無い性能となっております。

 

タブレ
タブレ
画面も綺麗だし見やすいっスね

 

 

↓限定タイアップ実施中!↓

HUAWEI nova lite 3 +の外観をチェック!

それでは、恒例ですがHUAWEI nova lite 3 +の外観をチェックしていきましょう。

お使いのブラウザでも若干色彩が変わったりするので、一つの目安として参考にして頂ければ嬉しいです。

 

正直、背面がピカピカ過ぎて写真を撮るのが大変でした(笑

光沢のある背面パネルは綺麗で以外に指紋の付着も目立たない

HUAWEI nova lite 3+は定番の光沢のある背面パネルを採用しています。

 

タブレ
タブレ
そーいえば、iPhone7の「ジェットブラック」の時も指紋が目立つとかって言ってたっスよね

6.21インチの大画面ディスプレイを搭載

スマホは各社で徐々に大画面化が進んでいますが、HUAWEI nova lite 3+は大画面でありながら本体サイズの大幅な増加を防いでいるスリムな端末です。

 

横幅73.55mmで、片手でしっかり握りやすく仕上がっています。

タブレ
タブレ
上部の端の方は両手じゃないと厳しいっスね

SIMトレイは本体上部と珍しい

これ多分、僕は初ですが「nova lite 3」のSIMトレイは本体の上部に備わっています。

 

SIMトレイはSIMが2枚挿入可能でサイズはnanoSIMを使うので、別途申し込みをする方は注意しましょうね。また、SIM2はMicroSDと共用タイプとなっております。↓

 

 

マヒロ
マヒロ
でも、SIMスロット部分に水没トラブル防止のゴムパッキンは付いていないから、水回りでの使用は注意しようね!

3D湾曲デザインを採用

今回の特徴の1つですが、HUAWEI nova lite 3+のデザインは丸みを帯びた3D湾曲デザインを採用しています。このデザインは角が丸いので手当たりが良くホールド感も高く個人的にストライクなデザインです♪

 

タブレ
タブレ
本当ツルッツルっスね
マヒロ
マヒロ
ツルッツルのピッカピカだよね!笑

 

IIJmio公式へ

縦並びの1300万画素+200万画素のAIデュアルカメラと指紋認証を搭載

これは昔から言われてことですが、HUAWEIカメラはハイモデルモデルだけでなく、nova lite 3+のような安価な端末であってもカメラの技術を注ぎ込んでいる事です。

 

タブレ
タブレ
一般的にはカメラ機能が良くなると、比例して端末価格が上がるのが普通っスよね
マヒロ
マヒロ
そうだね!HUAWEIは端末価格は安いけど、使っている部品は良いのを使っているってよく言うよね!

実際にメインカメラで撮影した写真

初期設定完了後に自宅周りを撮影してみました。加工は一切していません。撮影した日は晴れ~曇りです。

 

タブレ
タブレ
接写にはあんまり強くないっスけど、価格相応の仕上がりっスね

端子はMicroUSB端子を採用。スピーカーはモノラル

充電端子はmicroUSBですね。

最近はType-Cが主流となりつつあるので、これは結構意外でした。タイプCは表裏両方使えるメリットがありますが、僕はあんまり拘っていません笑

また、スピーカーはモノラル仕様となっています。

 

タブレ
タブレ
この辺りが値段を下げるコストカットなんスかね?
マヒロ
マヒロ
ん~どうなんだろうね?笑

確かにモノラルだから音楽やゲームの臨場感は少し減るけど、イヤホンで聞けば僕はそこまで大きな違いはなかったよ!

カメラは出っ張っていない

側面写真をみるとカメラの出っ張りは少しありますが、目立つほどではありません。

 

タブレ
タブレ
カメラの出っ張りはケースを付けちゃえば大体解決しちゃうんスけどね

おサイフケータイ・ワンセグ・防水防塵は残念ながら非対応

キャリアでは標準的な機能や仕様である「おサイフケータイ」「ワンセグ」「防水防塵」ですが、HUAWEI nova lite 3+は全て非対応です。また、NFCも非搭載となっています。

 

タブレ
タブレ
キャッシュレス化が進んでるからこれはちょっと残念っスね

 

普段から日常的におサイフケータイ機能を利用している方はnova lite 3+に乗り換えるとライフスタイルまで変化してしまうので、購入前に十分検討して下さい。

 

マヒロ
マヒロ
アプリ経由の楽天ペイやLINEペイ、PayPayとかのコード決済型は使えるよ!

 

IIJmio公式へ

IIJmioでnova lite 3+を購入する手順

IIJmioでHUAWEI nova lite 3+を購入するパターンは以下の2つのどちらかなので、それぞれ確認していきましょう。

 

  1. 新規購入(初めてスマホを購入する方)
  2. キャリアからMNP乗り換え

①新規購入の方(初めてスマホを購入する方)

新規購入の方は本人確認書類クレジットカードを先に準備しておけば、ネットショッピングと同じ感覚で申込みができるので、難しくありません。

 

基本の流れ

①タイアップ専用ページから申込み
②回線を選ぶ(タイプD(ドコモ回線)かタイプA(au回線))
③SIMカードの機能:「音声通話機能付きSIM」
④データ機能を選ぶ:「データあり」
⑤「新規お申込み」を選ぶ

 

後は、希望するプラン(容量)やオプションを選択して、基本情報を入力し、クレジットカード情報→本人確認書類のアップロードをすれば完了です。

 

タブレ
タブレ
初めての人でも15分あれば申し込みは完了するっスよ

 

以下は、MNP時の申し込みレビュー記事ですが、端末を選ぶ以外は基本同じなので、気になる方は予習という形で参考にしてください。

 

あわせて読みたい
【画像付き】IIJmioの申し込みは簡単 WEBからの契約手順を解説この記事では、IIJmioの申し込み手順に特化してレビューしています。 [お知らせ] IIJmioは2019年10月1日...

 

↓タイアップキャンペーンはこちら↓

IIJmio公式へ

②キャリアから乗り換えの方

キャリアからIIJmioへ乗り換え

キャリアからの乗り換え手順はたったの4ステップで完了します。

IIJmioへの乗り換え手順

①キャリアでMNP予約番号を取得する
②IIJmioへ申し込む
③キャリア→IIJmioへ回線を切り替える
④APN設定をする

 

実際の申し込み手順は別記事にて、実際の画像を交えてレビューしているので、予習という形で参考にして頂ければ幸いです。

あわせて読みたい
【画像付き】IIJmioの申し込みは簡単 WEBからの契約手順を解説この記事では、IIJmioの申し込み手順に特化してレビューしています。 [お知らせ] IIJmioは2019年10月1日...

 

マヒロ
マヒロ
MNP予約番号の取得があるから、新規申込みよりも1つ手順が増えるけど、たったこれだけで毎月のスマホ代を大幅に安くすることができるからチャレンジしようね!
タブレ
タブレ
スマホ代は毎月必ず発生する大きな固定費だから、一度はどこかで見直しは必要っスよね

HUAWEI nova lite 3+まとめ

以上がHUAWEI nova lite 3+の基本的なストック・特徴、IIJmioで運用した時の紹介でした。

 

外観などは好みが分かれるかと思いますが、日本国内モデルでの予算3万円というカテゴリで考えるなら【買い】のレベルです

また、3キャリアにフル対応しているので、今後IIJmioから他社で使ってみたくなった時も、自由に選べるのもポイントです。

 

おサイフケータイや防水に非対応という注意点もありますが、そのデメリットを補うスペックや機能があるので使う方のライフスタイルに左右される部分はありますが、個人的に満足度は高いと感じました。

 

なるべく予算を抑えたい時に、高性能かつコスパが高いスマホを探している方は、ぜひnova lite 3+を検討してみてください。

 

★現在IIJmioでは、当サイトとの限定タイアップキャンペーンを実施中です!新規事務手数料が1円になる他、キャッシュバックが増額されるので要チェックです!詳細はこちら

↓限定タイアップ実施中!↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。