キャリア新ブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」まとめ

この記事では3キャリアの新ブランド(オンライン専用)「ahamo」「povo」「LINEMO」の基本情報や注意点を比較してまとめた記事になります。

各ブランドは個別のカテゴリがあるのでそちらを参考にして頂ければと思います。

ahamo(アハモ)の料金プラン・メリット・デメリットを解説ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」は、月額2,970円(税込)でデータ容量は20GB、追加料金なしで5Gに対応、既に先行申込み...
povo(ポヴォ)の料金プラン・メリット・デメリットを解説KDDIは2021年1月13日に新料金プラン「povo(ポヴォ)」を正式に発表しました。サービス開始は2021年3月23日から。月額基本...
「LINEMO(ラインモ)」の料金プラン・メリット・デメリットを解説この記事では、2021年3月17日より開始となった「LINEMO(ラインモ)」のメリットやデメリット(注意点)などをまとめています。 ...

「ahamo」「povo」「LINEMO」を徹底比較

まずは「ahamo」「povo」「LINEMO」の基本的な特徴を一覧にしてみました。

ahamo
(docomo)
povo
(au)
LINEMO
(SoftBank)
月額料金2,970円2,728円2,728円
データ通信量20GB
データ超過時送受信時最大1Mbps
データ追加1GB/500円
通話料金30秒/20円
通話オプション1,100円で24時間かけ放題550円で1回5分かけ放題
1,650円で24時間かけ放題
キャリアメール非対応非対応非対応
通信回線4G/5G
eSIM未定対応対応
申込み方法オンラインオンラインオンライン/LINEアプリ
サポート有料ならサポート可能オンラインオンライン
Apple Watchの単独使用非対応非対応

※auから移行時のみ、ウォッチナンバーの継続が可能

非対応
各種割引・ファミリー割引:適用
・みんなドコモ割:ahamo回線からの申し込みは対象外。すでに家族回線で適用済の場合はahamo回線をカウント対象にすることは可能
・auスマートバリュー、スマイルハート割引:いずれも対象外
・家族割プラス:家族人数のカウント対象外、2021年夏までに契約した場合は早期申し込み特典でカウント対象
家族割:対象外
キャリア決済非対応対応非対応
セット購入ありなしなし
動作確認端末
7/1時点
iPhone:21機種
Android:72機種
全189種
(SIMフリー含む)
ソフトバンク:58機種
ワイモバイル:25機種

基本的にはどのキャリアも同じ仕様になっているので、多くの方は現在ドコモの方であれば「ahamo」に。auであれば「povo」に。ソフトバンクであれば「LINEMO」に。

という流れになるかと思います。僕の周りもこのパターンです。

それでは次に各キャリア別で確認していきます。

docomoの「ahamo」

ahamo(アハモ)は月額2,970円(税込)で20GBのデータ通信ができる料金プランです。通話料に関しては「国内通話5分以内かけ放題」が基本プランに組み込まれており、完全かけ放題は+1,100円(税込)でオプション可能となっています。

ahamoの主な特徴は以下のとおり。

ahamodocomo
料金プラン20GB:2,970円ギガホプレミア
5G
無制限 7,315円
〜3G 5,665円
4G
60GB 7,205円
〜3GB 5,555円ギガライト
〜1GB 3,465円
〜3GB 4,565円
〜5GB 5,665円
〜7GB 6,765円
データ超過時下り最大1Mbpsギガホプレミア最大1Mbps
ギガライト 最大128Mbps
データチャージ1GB 550円1GB 1,100円
通話オプション5分以内の国内通話なら無料

完全かけ放題は1,100円/月

5分かけ放題 770円/月

完全かけ放題 1,870円

手数料新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料いずれも無料。docomo、ahamo間の移行は手数料無料
解約手続きオンラインオンライン・店舗
サポートオンライン
一回3,300円で店舗対応あり
オンライン、電話、店舗

ahamoは月額20GB 2,970円とシンプルプランなので、家族の場合でも単純に×人数で計算が可能です。

ただし、ドコモを長く使っているご家庭の場合、光回線もドコモ光というケースも多く場合によってはドコモの方が微妙にお得になるケースもあるので一概には言えません。

また、家族内の1人がahamoになるとahamoとドコモ契約者の家族通話間は完全無料ではなくなるので、普段から5分以上の通話をするご家庭は要注意です。

ahamoは、「単身者」「店舗サポートなしで自分で申し込みやプラン変更などができる」「毎月20GB以内に収まる」方であればシンプルで安い料金プランには間違いありません。

もっとざっくり言うと、「ahamoのデメリット」を理解した上で今のドコモ料金の明細とahamoにした時の合計金額がahamoの方が安くなるのであればahamoにして問題ないと僕は感じています。

『えーでもahamoって20GB一択でしょ?そんな使うかなー?』と考える方もいるかとは思いますが、実際ギガライトと比較して見ると以下のとおり↓

ahamoドコモ:ギガライト差額
〜1GB20GB
2,970円
3,465円495円
〜3GB4,565円1,595円
〜5GB5,665円2,695円
〜7GB6,765円3,795円

最低の〜1GBでもahamoの方が安くなってしまいます。

ただし、家族人数やドコモ光などの割引が入ると変化するので、その辺りはチェックしておきましょう。

ahamo(アハモ)の料金プラン・メリット・デメリットを解説ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」は、月額2,970円(税込)でデータ容量は20GB、追加料金なしで5Gに対応、既に先行申込み...

そして、ahamoは2021年5月27日よりahamo契約のままドコモオンラインショップで機種変更も可能になりました。

少しずつ内容も改善されてきているので、今後もより使いやすくなって行くかと思います。

僕も実際にahamoへMNPで申し込んでみましたが、難しい箇所もなかったのでサポート無しの部分で心配している方でも安心して良いでしょう。

ahamo(アハモ)へのMNP乗り換え手順を解説この記事では、他社からahamo(アハモ)へのMNP(乗り換え)手順をレビューしています。MNP予約番号を使っての申込みの流れか...

また、ahamoは有料であればサポートが受けられるので、povoやLINEMOよりは心配が少ないかと思います。

ahamo対応機種まとめ
ahamo(アハモ)の対応機種について解説この記事ではahamo(アハモ)の対応機種について解説しています。結論から先に言いますと、iPhoneシリーズは21機種。And...

ahamo公式サイト

auの「povo」

povo(ポヴォ)は月額2,728円で20GBのデータ通信ができる料金プランです。通話料に関しては従量制となっていて20円/30秒で料金が発生していきます。

別途オプションで、「550円/月で5分かけ放題、1650円/月で完全かけ放題」にすることも可能。通話がオプション形式になっているので、LINE通話などで事足り方は20GB:2,728円ポッキリで使えます。

povoの主な特徴は以下のとおり。

povoもahamoやLINEMOなどと基本的な部分は似ていますが、「キャリア決済が可能」「auからのウォッチナンバーがあればApple Watchの単体利用が可能」といった他社よりも優れてる部分があります。

また、対応機種もiPhone・Android合わせて189機種(2021年3月時点)と他社よりも多いのが特徴。

ですが、ahamoみたいに端末セット購入はできないのでpovoへ変更するタイミングで機種変更を希望する方はau・UQモバイル利用時に端末を変更してからpovoへ乗り換える必要があります。

それか、SIMフリー端末を別途購入するのもアリです。

povoは対応機種でSIMフリースマホ(Pixel、AQUOS、OPPO、ASUS、モトローラー)も多く使えるのも特徴の1つですね。

povoの対応機種に関しては別記事でまとめているので、合わせて参考にして頂けると嬉しいです。

povo(ポヴォ)の対応機種について解説この記事ではpovo(ポヴォ)の対応機種について解説しています。結論から先に言いますと、iPhoneシリーズ、Androidスマ...
povoUQモバイルau
料金プラン20GB 2,728円S 3GB 1,628円
M 15GB 2,782円
L 25GB 3,828円
使い放題MAX4G/5G

〜3GB/5,580円
〜無制限/7,238円

データ超過時最大1MbpsプランS 最大300mbps
プラン M/L
最大1Mbps
最大128bps
データチャージ1GB/550円
使い放題/220円/日
100MB/220円
500MB/550円
0.5GB:605円
1GB:1,100円
3GB:3,300円
5GB:5,500円
通話オプション550円/月
5分かけ放題1650円/月
完全かけ放題
770円/月
10分かけ放題1870円/月
完全かけ放題
+880円
1回5分まで通話し放題
+1,980円
24時間通話し放題
手数料等新規事務手数料、解約手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料など無料
契約手続きオンラインオンライン、店舗
サポートオンラインオンライン、店舗、電話

 

UQモバイルからpovoへの乗り換え手順を解説この記事では、UQモバイルからpovo(ポヴォ)への乗り換え手順を解説しています。povoは月20GBで2480円という大容量を...

povo公式サイト

SoftBankの「LINEMO」

LINEMO(ラインモ)は月額2,728円で20GBのデータ通信というシンプルなプラン。必要であれば別途で5分間の国内通話かけ放題、完全かけ放題ができる仕様となっています。

LINEMOの主な特徴は以下のとおり。

LINEMOはSoftbankのような超大容量やYmobileのような3GBの少量プランはありません。データ容量が20GBで月2,728円というシンプル個人的には「学生向きだな」と感じました。

LINEMOを含めたキャリアの新プラン容量に対しての月額料金が安いのでとても魅力ですが、注意点として「キャリアメールは使えない」「キャリア決済ができない」「Appleウォッチの単体利用はできない」「家族割サービスはない」「yahooプレミアム会員が無料で使えない」といったデメリットも存在します。

これらのデメリットは人によって左右されるのでご自身の許容範囲であれば特に問題ありませんが、数点該当する方はLINEMOへ変更する前に確認しておきましょう。

LINEMOYmobileソフトバンク
料金プラン20GB 2,728円S 3GB 2,178円
M 15GB 3,278円
L 25GB 4,158円
メリハリ無制限 7,238円

ミニフィットプラン
~1GB 3,278円
~2GB 4,378円
~3GB 5,478円

データ超過時最大1MbpsプランS 最大300mbps
プラン M/L
最大1Mbps
最大128bps
データチャージ1GB/550円500MB/550円

1年間はデータ増量

500MB/550円
1GB/1100円
通話オプション550円/月
5分かけ放題1650円/月
完全かけ放題
770円/月
10分かけ放題1870円/月
完全かけ放題
+880円
1回5分まで通話し放題
+1,980円
24時間通話し放題
手数料等新規事務手数料、解約手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料など無料
契約手続きオンライン、LINEオンライン、店舗
サポートオンラインオンライン、店舗、電話

 

レビュー記事も随時更新していきます。

ワイモバイルからLINEMOへの乗り換え手順を解説この記事では、ワイモバイルからLINEMOへの乗り換え手順を解説しています。結論から先に言うと、ワイモバイルからLINEMOへの...
SIMフリー版Pixel 4aをLINEMO(ラインモ)で使う手順この記事では、SIMフリー版のPixel 4aをLINEMO(ラインモ)で使う手順を解説しています。既にLINEMO公式サイトで...

LINEMO公式サイト