povo

povo(ポヴォ)の料金プラン・メリット・デメリットを解説

KDDIは2021年1月13日に新料金プラン「povo(ポヴォ)」を正式に発表しました。サービス開始は2021年3月。月額基本料金は2,480円、データ通信量は20GBとなります。

KDDIのプレスリリースはこちらにて。

オプション形式で「5分かけ放題:500円月」を付ければ既に発表されている「ahamo」や「SoftBank on LINE」と同じ月額2,980円と横並びになります。

この他にも独自サービスの「データ使い放題24時間:200円/日」といった追加オプションなどがありpovoは自分好みにカスタマイズできるという特徴もあります。

詳細は今後、若干の追記もありますが、この記事では現時点(2021年1月13日)で分かっている「povo(ポヴォ)」の料金プラン・概要、メリットやデメリット(注意点)をまとめましたので、ご検討中の方はぜひ参考にしてください。

povo
au公式サイトへ

povo(ポヴォ)の特徴とメリット

povo(ポヴォ)の料金プランは月額2,480円で20GBのデータ通信のみ。また「5分以内の国内通話がかけ放題」もセットで使えます。

その他の主な特徴は以下のとおりです↓

povo(ポヴォ)のプランの特徴
  • povoは2021年3月開始予定
  • 料金は月額2,480円(税別)のみ
  • データ通信量は20GB
  • データ超過時の速度は最大1Mbps
  • データ追加は1GB/500円
  • auと同じ回線利用で利用できる
  • 同じ料金で4G/5G回線が使える
  • かけ放題などは追加オプションで自分好みにカスタマイズ
  • オンラインのみで契約ができる
  • キャリアメールは非対応
  • 事務手数料は無料
  • 利用可能機種、取り扱い機種はまだ不明
  • 縛りはない。MNP転出手数料も無料

また、「povo」は基本料金を月額2,480円:20GBとし、その他のオプションは「追加トッピング」という形で自分好みにカスタマイズして使える仕様になっています。

現在発表されているのは以下の4つ。

追加オプション(追加トッピング)
  • 「データ使い放題 24時間」200円/24時間
  • 「データ追加 1GB」500円/月
  • 「5分以内通話かけ放題」500円/月
  • 「通話かけ放題」1,500円/月

個人的には1日限定の使い放題になる「データ使い放題 24時間・200円」は面白いと感じました。

月額2,480円・20GB・通話オプションはカスタム可能

povo(ポヴォ)は月額2,480円で20GBのデータ通信ができる料金プランとなっています。

通話の「かけ放題」はオプション制となっているので、普段LINEなどの無料通話で事足りてしまう方は料金を「ahamo」や「Softbank on LINE」よりも料金を抑えることが可能となっています。

通常発信の場合は20円/30秒の従量制となるので長電話をする方は注意しましょう。

  • 「5分以内通話かけ放題」500円/月
  • 「通話かけ放題」1,500円/月

povo(ポヴォ)のデメリット(注意点)について

特徴の1つでもありますが、気になるpovoのデメリット・注意点を確認してみましょう。

povo(ポヴォ)のデメリット
  • 契約はオンラインのみで
  • キャリアメールは非対応
  • 家族割・au光回線割はない
  • 家族間通話は有料
  • 利用可能機種、取り扱い機種はまだ不明

pavoの契約はオンラインのみ

pavoは「ahamo」や「SoftBank on LINE」と同じオンラインのみでの契約スタイルとなり、実店舗での契約はできません。

年に何度も実店舗に出向く方や店員さんに全てをやってもらわないと出来ない方はpovoには向かないのでご注意を。

キャリアメールは非対応

こちらも他社と同様にauのキャリアメールは非対応となっています。

昔はキャリアメールじゃないと登録できない所もありましたが、現在はgmailなどのフリーメールでOKな場所がほとんどなのでキャリアメールに縛られて月額料金が下がるのを逃すのは非常にもったいないです。

キャリアメールで登録している方はいまの内にフリーメールへのお引越しをしておきましょう。

家族割やau光割などはない

povo(ポヴォ)は単独契約向けに特化した料金プランなので、au、UQモバイルのような家族割や光セット割で料金を安くする割引サービスはありません。

これは家族間通話も有料になるので、家族間の通話時間が長い方にはpovoはあまり向かないので、auやUQモバイルの方が良い場合もあります。

ただし、UQモバイル2020年2月よりスタートする新料金プラン「くりこしプラン」では家族間の割引サービスは廃止となるので、希望する方は旧プランの間に申込みましょう。

UQモバイルの新料金プラン | 概要と変更点まとめこの記事では、UQモバイルの料金プランについて解説しています。 現在は2021年2月より新料金プラン「くりこしプラン」への移行も決...

利用可能機種や取り扱い機種などはまだ不明

現時点(2021年1月13日)では基本料金や簡単な特徴のみの公開となり、「どの端末が対象になるのか?」「購入端末はあるのか?」「SIMのみなのか?」という部分はまだ判明していません。

こちらも明確になり次第追記していきますね。

povo(ポヴォ)まとめ

povo(ポヴォ)は月額2,480円で20GBとなり、通話(かけ放題)はオプション形式となっています。

20GBあれば日常生活の普段使いであれば十分な容量ですし、通話のほとんどがLINE無料通話で事足りる方にとっては月額料金がahamoなどと比較して安く済ませることができるベストなプランかと僕は初見で感じました。

逆に、自宅や職場などがWi-Fi環境に恵まれている方や、毎月3GB以内に収まる方であれば格安SIMの方が安くなるのでpovoには向きません。

毎月少量プランでOKな方はUQモバイルの「くりこしプランS」方が更に月額料金を抑えることが出来るので、そちらを選びましょう。

UQモバイル公式へ

また、現状キャリアの方は端末購入で「○○お返しサポート」を利用している方も多いと思うので、その辺りもpovoだとどーなるのかに注目が集まるかと思います。

そういった細かい部分を踏まえて、今後「povo(ポヴォ)」の新情報を追っていきましょう!

そしてこれで既存キャリアが出揃ったので最後に一覧表にしてみました。

↓ ↓

ahamoSoftBank on LINEpovo
回線ドコモソフトバンクau
月額料金2980円2480円
データ通信量20GB/月
データ超過時下り最大1Mbps
5G
(今期夏対応)
データ追加1GB/500円
通話料5分以内の通話かけ放題付き5分かけ放題:500円/月

完全かけ放題:1500円/月

24時間使い放題:200円/日

完全かけ放題は1000円/月
esim対応
キャリアメール非対応
申込み先オンラインオンライン
LINEアプリから
オンライン
利用開始2021年3月

情報は途中で変更になる可能性もあるので、随時修正追記をしていきます。

povo
au公式サイトへ