softbankonline

「SoftBank on LINE」の料金プラン・メリット・デメリットを解説

この記事では、2021年3月より開始となる「SoftBank on LINE」のメリットやデメリット(注意点)などをまとめています。

この記事を執筆している現時点(2021年1月12日)の情報から内容が更新され次第追記していきますので、サービスが正式にスタートするまでは内容等が変更になることがあるのでご了承ください。

2021年12月22日に、SoftBankグループがLINEモバイルを事実上吸収し、内部ブランドとして「SoftBank on LINE」が2021年3月から開始することが発表されました。

SoftBankプレスリリース(外部サイトへ)

新ブランド立上げと同時に既存のLINEモバイルの新規受付は2021年3月で終了となります。

ただし、既存のLINEモバイルのサービスは継続となるので、小量プランやタブレットなどの利用を希望する方は2021年3月前に申込みしておきましょう。

2021年3月利用開始「SoftBank on LINE」の特徴やメリット

現時点(2021年1月13日)で発表になっている「SoftBank on LINE」の概要は以下のとおりです↓

  • オンライン専用申込み
  • 月額料金:2,980円(4G/5G共通)
  • データ容量:20GB/月
  • 通信速度はSoftbankと同じ
  • データ容量超過時の通信速度:最大1Mbps
  • 追加データ購入:1GB/500円
  • LINEは使い放題(ギガを消費しない)
  • 通話:5分以内の国内通話が無料
  • 完全かけ放題はオプション(1,000円)
  • eSIM対応
  • LINEモバイルは2021年3月に新規受付終了
  • 既存のLINEモバイルユーザーはサービス継続可能
マヒロ
マヒロ
それじゃ、要点を絞って解説していくね!

ポイント①:20GBデータ通信・5分かけ放題

SoftBank on LINEは「月額2,980円で20GBのデータ通信」、および「国内通話5分のかけ放題」の料金プランとなっています。

この月額2,980円/20GBは少し前に発表されたahamo(アハモ)や楽天モバイルアンリミットと同じ価格となっているので、以下表にしてみました。

↓ ↓

SoftBank on LINEahamo楽天モバイル
料金2,980円/月
データ通信20GB無制限
サポートエリアは上限5GB
超過制限1Mbps
データ繰越現在不明なしなし
国内無料通話分5分以内の国内通話無料楽天リンク経由ならかけ放題
家族割なし
回線SoftBank 4G/5Gドコモ 4G/5G楽天 4G/5G・au 4G
タブレ
タブレ
やっぱりライバルだけあって内容は似てるっスね

楽天モバイルは特徴的な部分もありますが、先陣を切ったahamo(アハモ)とは提供回線が違うだけで内容はほぼ同じという印象です。

ただし、楽天モバイルに関しては「先着300万回線まで1年間基本料金が無料」というサービスを実施中です。

リリース開始まで不明ですが、1年間の基本料金無料の楽天モバイルの魅力はまだまだ大きいですし、2021年3月の時点で楽天モバイルエリアの拡大になっていれば更に魅力度は増しますね。

タブレ
タブレ
楽天モバイルは縛りとかもないからそれまで使うのも全然アリっスね

先着300万回線まで
1年間基本料金無料!!
新規申込みで5000円分のポイント
新規事務手数料無料!

Rakuten UN-LIMITをチェック

ポイント②:追加データ容量や完全かけ放題オプションの費用も安い

「SoftBank on LINE」の基本プランは20GBのデータ通信一択しかありません。

この通信量を超えてしまった場合は通信速度が制限されてしまいますが、容量を超えても下り最大1Mbpsまでは利用可能です。

一昔前だとデータ超過すると128kbpsという事実上何も使えなかったので、40代の僕からしてみればデータ超過でも1Mbpsは正に神仕様と言えます!

この制限は追加料金として、1GBにつき500円を支払えば制限を解除することができます。割高ですが、緊急事態にも対応できるのは安心ですね。

また「通話」に関しては、ahamo(アハモ)同様に5分以内の国内通話であれば何回でもかけ放題となっています。

仕事使いなどで、1回の通話時間が長い方はオプションで1,000円/月を追加すれば「24時間完全かけ放題」にも対応してくれています。

SoftBank on LINEのオプション
  • データ超過は1GB/500円で追加購入可能
  • +1,000円で完全かけ放題へ変更可能

ポイント③:4G/5Gの料金は同じでeSIMにも対応

「SoftBank on LINE」は将来期待されている5G回線の利用でも4G回線と基本料金は変わりません。

また、最近では5Gに対応しているSIMフリースマホも徐々に増えてきており、同時にオンライン上で即契約可能なeSIMにも対応しています。

5G対応SIM機種
  • iPhone 12シリーズ
  • Google Pixel 5(5G)/4a(5G)
  • ZenFone 7など
iPhone12を格安SIMで使う手順
「iPhone 12」を格安SIMで使う手順をキャリア別に解説この記事では、「iPhone 12」を格安SIMで使う方法・手順をキャリア別に解説しています。 また、この記事で僕がレビューしてい...
Google Pixel 5を格安SIMで使う手順を解説この記事では、話題のGoogleスマホ「Google Pixel 5」の基本的なスペックや特徴、格安SIMでの運用手順について詳しくレビ...
Zenfone7レビュー
「ZenFone 7」レビュー | スペック・特徴まとめこの記事では、ASUS製の「ZenFone 7」の基本スペックや性能をまとめた実機レビューです。 「ZenFone...
eSIM対応機種
  • iPhone XS~12
  • OPPO A73
  • AQUOS sense4 lite
  • Google Pixel 4など
「AQUOS Sense4 lite」レビュー | 楽天モバイル限定モデルだよ人気AQUOSシリーズから楽天モバイル専売の「AQUOS Sense4 lite」が発売&購入したので基本スペックや性能をレビューしてい...
OPPO A73 レビュー | スペック・特徴まとめこの記事では、「OPPO A73」の特徴や注意点を実機を交えて解説しているレビュー記事です。 今回の「OPPO A73」は、人気機...
Google Pixel 4を格安SIMで使う手順をレビューこの記事では、話題のGoogleスマホ「Google Pixel 4」の基本的なスペックや特徴、格安SIMでの運用手順について詳しくレビ...

ポイント④:LINEモバイルは2021年3月で新規受付終了、既存ユーザーは継続可能

「SoftBank on LINE」の開始と共に、既存のLINEモバイルは2021年3月で新規受付は終了となります。

LINEモバイルの既存ユーザー、および終了までに申し込んだ方は継続可能となっています。

「いつまで継続可能なのか?」というアナウンスはありませんが、似たようなMVNOの楽天モバイルも引き続き続行中なので、当面は突然終了する心配は個人的にしていません。

毎月小量のデータ通信量しか使わないユーザーはLINEモバイルの方が安い

「SoftBank on LINE」は20GB/2,980円一択の料金プランとなるので、職場や自宅で使うWi-Fiがほとんどという方だと、「SoftBank on LINE」への乗り換えは逆に高くなってしまいます。

現状LINEモバイルでは、3GBで月額1,480円というプランもあるので毎月3GB以内で収まる方であればLINEモバイル続行、もしくは他のMVNOへMNPという選択肢の方が正解です。

また、「SoftBank on LINE」にはデータSIMはないので、iPadやAndroidタブレットでLTE通信を希望する方も既存のLINEモバイルのデータSIMで運用しておきましょう。

iPadをLINEモバイルで安く使おう
iPadをLINEモバイルで安く使う方法!使い方・料金・注意点まとめこの記事では、LINEモバイルで使えるiPadシリーズや、iPadで使うLINEモバイルの月額料金、使い方から注意点など1〜10までまと...

LINEモバイル公式へ

SoftBank on LINEのデメリットについて

現時点(2021年1月12日)ではまだ情報が出揃っていない部分もありますが、「SoftBank on LINE」の気になる注意点は以下のとおりです↓

  • 申込みやサポートはWeb上のみ
  • SoftBankのキャリアメールは使えない
  • 5分以上の通話は20円/30秒発生
  • 家族割、光セット割がない
  • 購入できるスマホはまだ不明

申込み方法はオンライン上のみとなり、実店舗での契約は不可・キャリアメールは使えないなどこの辺りは先行のahamo(アハモ)と同じです。

特に僕個人が注目する箇所は「取扱の機種はどうなるのか?」という部分です。

プラン発表が先行され、

  • 『何かしらの割引はあるのか?』
  • 『分割購入は可能なのか?』
  • 『最新機種の取扱はあるのか?』

など取扱機種に関しての情報は現時点で不明です。

SIMフリースマホであれば、そこまで端末価格が高くないので一括購入やクレジットカードの分割購入で対応できますが、既存キャリアユーザーは「○○お返しプログラム」という端末を返却して、最新機種と交換するという仕組みを利用している方が多いかと思います。

この部分ahamo(アハモ)も不明なので、引き続き追加情報に注意していきたいですね!

当サイトでも情報が更新され次第追記修正を行っていきます。

まとめ:SoftBank on LINE開始は2021年3月 引き続き追加情報に注目しよう

以上が現時点(2021年1月13日)で判明している「SoftBank on LINE」の情報まとめでした。

サービス内容としては先陣を切ったahamo(アハモ)と似てる箇所が多々あり、こうなるとKDDIの方も注目ですね。

また、注意点での記載の通り「取扱機種」に関する情報が出てないませんし、リリースまでまだ先なので新情報を追っていきたいと思います。

それまで待っているのも良いですし、現在は昔みたいに「2年縛り」や「違約金」もないのでとりあえず基本料金が無料の楽天モバイルアンリミットを使っていても僕は全然アリだと思います。

マヒロ
マヒロ
数年前と違ってだいぶ通信事業社間の移動が簡単になったよね!
タブレ
タブレ
端末セットでもお得だから今の内に新しい機種をゲットしておくのもアリっスね

(2021年1月13日追記)

これで既存キャリアが出揃ったので最後に一覧表にしてみました。

↓ ↓

ahamoSoftBank on LINEpovo
回線ドコモソフトバンクau
月額料金2980円2480円
データ通信量20GB/月
データ超過時下り最大1Mbps
5G
(今期夏対応)
データ追加1GB/500円
通話料5分以内の通話かけ放題付き5分かけ放題:500円/月

完全かけ放題:1500円/月

24時間使い放題:200円/日

完全かけ放題は1000円/月
esim対応
キャリアメール非対応
申込み先オンラインオンライン
LINEアプリから
オンライン
利用開始2021年3月

情報は途中で変更になる可能性もあるので、随時修正追記をしていきます。