ahamo

ahamo(アハモ)の料金プラン・メリット・デメリットを解説

ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」は、月額2,980円でデータ容量は20GB、追加料金なしで5Gに対応、既に先行申込みも開始されていますが、利用開始は2021年3月と発表されています。

この記事では「ahamo」の料金プラン・概要、メリットやデメリット(注意点)をまとめましたので、ご検討中の方はぜひ参考にしてください。

ahamo公式サイト

ahamo(アハモ)の料金プランと概要

ahamo(アハモ)の料金プランは月額2,980円で20GBのデータ通信のみ。また「5分以内の国内通話がかけ放題」もセットで使えます。

その他の主な特徴は以下のとおりです↓

ahamo(アハモ)のプランの特徴
  • ahamoは2021年3月開始予定
  • 料金は月額2,980円(税別)のみ
  • データ通信量は20GB
  • データ超過時の速度は最大1Mbps
  • データ追加は1GB/500円
  • テザリングも追加料金なし
  • ドコモと同じ回線利用で利用できる
  • 同じ料金で4G/5G回線が使える
  • 通話は国内通話5分かけ放題が利用可能
  • 完全かけ放題は+1000円/月
  • 海外82の国と地域で20GBのデータ通信ができる
  • オンラインのみで契約ができる
  • 事務手数料は無料
  • 利用可能機種、取り扱い機種はまだ不明
  • 2年縛りはない。MNP転出手数料も無料
  • ahamoにしても既存のファミリー割引対象にカウントされる※注意点あり(1/14追記)
マヒロ
マヒロ
それじゃここからは要点を絞って詳しく解説していくね!

ahamo(アハモ)はいつから? ⇒ 2021年3月開始予定

docomoの新料金プラン「ahamo」は2021年3月開始予定と公式サイトでアナウンスされています。具体的な日付に関しては現時点では決まっていません。

また既に「ahamo(アハモ)」専用のキャンペーンサイトにて先行エントリーがスタートしおり、事前に電話番号とメールアドレスを登録してahamoを契約するとdポイントとして3,000ポイントが付与されます。

キャンペーンは1人につき1回のみ適用されます。

マヒロ
マヒロ
検討中の人もdポイントがあるから先にエントリーだけは済ませておこうね!

ahamo公式サイト

月額20GB、2,980円、5分かけ放題付き

ドコモ回線と同じ回線が20GB使えて月額2,980円+5分かけ放題付き』というシンプルで安い価格に注目が集まり話題を集めています。

また、基本容量の20GBを使い切ると速度超過の通信制限がかかりますが、下り最大1Mbpsに通信速度までと限界値は高めなのでLINEのトークやテキストメールくらいであれば十分に使える範囲なので、緊急連絡時でもまだ安心です。

この通信制限は1GBあたり500円を支払うことで解除できます。

この20GBのデータ容量は海外82の国々・地域でも追加料金なく利用可能となっており、テザリングも追加料金なしで利用できます。
また、この月額2,980円は「Softbank on LINE」や「楽天モバイル」と同じです。(「povo」は追加オプション5分かけ放題を付ければ2,980円)

↓ ↓

ahamoSoftBank on LINE楽天モバイル
料金2,980円/月
データ通信20GB無制限
サポートエリアは上限5GB
超過制限1Mbps
データ繰越なし
国内無料通話分5分以内の国内通話無料楽天リンク経由ならかけ放題
家族割なし
回線ドコモ 4G/5GSoftbank 4G/5G楽天 4G/5G・au 4G
タブレ
タブレ
ライバルだけあって内容は似てるっスね

因みに、楽天モバイルは先着300万回線まで1年間の基本料金無料というキャンペーンを行っています。サポートエリア在住の方は上限が5GBになります。

ですが1年間基本料金が無料という強みがあるので「最初は楽天モバイルで、その後ahamoに乗りかえ」という戦略も可能です。

また、従来のdocomoの「ギガホ・ギガライト」も合わせて表にしてみました。

プラン月額料金データ容量5分かけ放題
ahamo2,98020GBまで無料
ギガホ6,980無制限700円/月
ギガライト3,9807GBまで

ahamoも場合は「家族割」などが組めないので、ギガホはその家庭構成で変化しますが、独身(単体契約)や夫婦(別々にキャリア契約)の方は「ahamo」の方が断然お得です。

マヒロ
マヒロ
独身者の単体契約や学生にはアハモの方が最適だね!

完全かけ放題のオプションも常備

ahamoは基本料金に「5分以内の国内通話は何度でも無料」が含まれていますが、仕事なので長時間の通話が必要な方は、月額1,000円をプラスすれば、で完全かけ放題のオプションにも加入できます。

タブレ
タブレ
これなら仕事でたくさん通話を使う人も安心っスね

新規・他社へのMNP転出費用、縛り期間など一切なし

ahamoには新規契約時に発生する事務手数料や、逆にahamoから他社へMNP時の転出手数料などは一切発生しません。

また、解約時も0円で解約できますし、昔みたいな定期契約期間もありません。

いつでも好きな時に無料で解約できますし、他社へMNP乗り換えすることが可能です!

 海外82か国のローミングに追加料金は不要

海外に行かない方はスルーですが、ahamoは海外の82国と地域で20GBがそのまま使えます。本来であればローミング費用や何かしらの追加料金がかかりますが、ahamoは追加料金なしです。

僕の友人はよく海外に行くので、友人もこれには驚いてました。

ahamo(アハモ)の注意点(デメリット)について

ahamo(アハモ)は魅力的な部分が多いですが、注意点(デメリット)なども存在するので、事前にチェックしておきましょう。

現時点(2021年1月15日)ではまだ不明部分もありますが、現時点で確認できる注意点やデメリットは以下のとおりです↓

  • 申込み手続きやサポートはオンラインでのみ
  • ドコモメール(@docomo.ne.jp)は使えない
  • 家族間通話は5分以上の通話は有料になる
  • 光セット割がない
  • 20歳以上(個人)でのみ契約ができる
  • 法人契約はできない
  • 支払いはクレジットカード・口座振替のみ
  • 購入できるスマホは限定されるかもしれない

ahamo(アハモ)の申込みはオンライン上のみ、店舗契約はできない

ahamo(アハモ)は「povo」や「SoftBank on LINE」などと同じで新規申込みはオンラインのみとなり、全国のdocomoショップなどの実店舗契約には対応していません。

どのような申込みページ・申込み手順になるかはまだ不明ですが、難しい手順にはならないと僕は思っています。

ただ、ahamo(アハモ)は申込み後も実店舗でのサポートは対象外となるので、最初から「ショップ店員さんにやってもらいたい」という方はahamoは推奨しません。

また、法人契約はできないので会社経費で考えている方はご注意を。

ドコモメール(@docomo.ne.jp)は使えない

僕自身がもう5年前にキャリアメールを使っていないので、どのくらい人に影響があるのかは分かりませんが、ahamoにするとドコモメールは使えなくなるので、メインで使っている方は、gmailなどのフリーメールアドレスに変更しておきましょう。

家族間の通話は5分かけ放題は適用、光回線割引きはahamoは対象外

現在ドコモを家族全員で括っていたり、家の光回線をドコモ光で使っている方はちょっとややこしくなります。

組合せが各家庭によって異なりますが、家族の1人がドコモからahamo(アハモ)に乗り換えると、今まで使っていた家族間の通話は有料となります。

正確にはahamoには「5分かけ放題」が付いているので、同じ家族でも5分以上の通話は20円/30秒の通話料金が発生するので注意が必要です。

※追記:2021年1月14日

発表当初は家族がdocomo利用で、その内の誰かがahamoに抜けた場合は家族割対象外ということでしたが、内容が変更になりahamoも家族割の対象となりました。

また、その場合の注意点として、例えば家族で3回線以上利用している場合、各回線で1,000円割引+家族間の通話無料の特典が適用になりますが、この特典は「docomoを使っている家族のみ」が対象となります。

  • 1回線目パパ(ドコモ本家)家族割引で1,000円割引+家族への通話無料
  • 2回線目ママ(ドコモ本家)家族割引で1,000円割引+家族への通話無料
  • 3回線目子供(ahamo)家族割引なし/家族への通話無料なし ※プランの5分カケホ範囲なら無料

3回線目がahamoを使っていてもカウントするので割引額が多い「3人以上」が適用され、パパとママは最大割引額になりますが、3回線目の子供は割引なしです。

家族への通話でも5分以内であればかけ放題ですが、5分以上の通話は通常料金が発生します。

また、docomoユーザーがqドコモ光を併せて契約することで月額料金が割引になる「ドコモ光セット割」についてもahamo回線からの申し込みは対象外となっています。

ですが、ahamoがドコモ光のペア回線となる場合、以下図のように同一「ファミリー割引」グループ内の「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」契約者については「ドコモ光セット割」の対象となります。


docomo公式:https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/210114_00.html

 

それぞれ誰が「ギガホ・ギガライト」で契約しているのかでも合計金額が変わってくるので、家族全員ドコモユーザーで括っているという方は「ahamo×人数分 vs 毎月ドコモで払っているの請求金額」で比較してみてください。

全員ahamoにして、今の請求金額より安くなれば、ahamoの方が正解です。

ahamo(アハモ)で使える機種・購入できる機種はまだ未発表

ahamo(アハモ)で「どの機種が使えるのか?」「取扱機種は何か?」という具体的な内容は現時点ではまだ発表されていません。

ahamo(アハモ)の発表会では、「人気のある機種も使えないといけない」といった部分に止まっています。

恐らくは正式リリースの時点で専用のオンラインサイトがアップされるかと思いますので待ちましょう!

同時に端末購入サポート部分にも注目ですね。

ahamo(アハモ)まとめ

ahamo(アハモ)は月額2,980円で20GBなので、外出先でも動画視聴を多く使うユーザーにとってはベストなプランかと僕は初見で感じました。

毎日電車通学で高校に通う娘はahamoに乗り換えようと考えています。

逆に、自宅や職場などがWi-Fi環境に恵まれている方や、毎月3GB以内に収まる方であれば格安SIMの方が安くなるのでahamoには向きません。

また、現状キャリアの方は端末購入で「○○お返しサポート」を利用している方も多いと思うので、その辺りもahamoだとどーなるのかに注目が集まるかと思います。

そういった細かい部分を踏まえて、今後「ahamo(アハモ)」の新情報を追っていきましょう!

(2021年1月13日追記)

これで既存キャリアが出揃ったので最後に一覧表にしてみました。

↓ ↓

ahamoSoftBank on LINEpovo
回線ドコモソフトバンクau
月額料金2980円2480円
データ通信量20GB/月
データ超過時下り最大1Mbps
5G
(今期夏対応)
データ追加1GB/500円
通話料5分以内の通話かけ放題付き5分かけ放題:500円/月

完全かけ放題:1500円/月

24時間使い放題:200円/日

完全かけ放題は1000円/月
esim対応
キャリアメール非対応
申込み先オンラインオンライン
LINEアプリから
オンライン
利用開始2021年3月

情報は途中で変更になる可能性もあるので、随時修正追記をしていきます。

ahamo公式サイト