Androidスマホ

Redmi Note 9T 5G レビュー | スペック・使える格安SIM・通信キャリアを解説

この記事では2021年2月に発売された「Redmi Note 9T 5G」のレビューをしています。

ご存知の方もいるかと思いますが、この「Redmi Note 9T 5G」はソフトバンク専売モデルとなります。なので、ソフトバンク以外で利用する場合は先にSIMロック解除をしておきましょう。

価格が21,600円という安価に加えてコスパが高い、しかも5G対応だから驚きです。

また対応バンドが豊富でソフトバンク以外にもSIMロック解除をすればYmobileやLINEMOを始め、auやdocomo系の格安SIMも使えるのも人気の1つです。(※楽天モバイルも可能ですが、少し癖があるので下記で説明します。)

ということで、この記事では「Redmi Note 9T 5G」の基本スペックや特徴、利用できる格安SIM(通信事業者)をまとめているので、「これからRedmi Note 9T 5Gを購入しよう」と検討している方、「既にソフトバンクでRedmi Note 9T 5Gを使ってて、他社への乗り換えを検討している方」はぜひ参考にしてください。

Redmi Note 9T 5G レビュー

それでは最初は「Redmi Note 9T 5G」の特徴やスペック・外観などを確認していきましょう。

利用できる通信事業者を知りたい方は「こちら」をクリック(タップ)して頂ければジャンブします。

Redmi Note 9T 5Gの特徴

Redmi Note 9T 5Gは6.53型のディスプレイを搭載しており、SoCには「Dimensity 800U」という少し珍しい名前のチップを搭載しています。

ですが、「Redmi Note 9S」のSnapdragon 720Gよりも高性能となり、性能ランク的にはハイエンドの次くらいになります。これで約2万円で購入できるから驚きですよね。

※ベンチマークやゲームアプリ起動は後日追記します。

そこそこ大きいので手が小さい方の片手操作は厳しいかもですね。

また、大画面&大容量バッテリーということで重さが約200gほどあるので重量感はあります。

そして、今回購入したのはソフトバンク版なのでデフォルトでSoftBank系のアプリがインストールされています。

また下部分のベゼル幅は少し広いですが気になるレベルではありません。

Redmi Note 9T 5Gのカラバリはナイトフォールブラックとデイブレイクパープルの2色から選ぶことができます。

パープルは下調べで結構激しい色合いだったのでブラックをチョイスしました。

Redmi Note 9T 5Gの背面は指紋付着防止のテクスチャー加工が施されています。素材はプラスチックですがチープ感はありません。(カバーを装着する方は関係ないので気にしなくてOK)

中央には丸型のトリプルカメラを搭載したデザイン仕様になっています。

筐体の右側面には音量ボタン、指紋認証センサーを内蔵したサイドボタンを搭載。

左側面にSIMスロットがあります。

SIMフリー版(海外版)は(Nano SIM×2+MicroSD)ですが、ソフトバンク版は(Nano SIM+MicroSD)となっており、一箇所封鎖されています。

▼上部にはマイクと赤外線が設置

▼下部にはイヤホンジャック(3.5mm)とUSB−C、スピーカーが設置

また「Redmi Note 9T 5G」の充電ポートはUSB-タイプCとなっており、付属の22.5Wの充電器を使うことで最大15Wの急速充電に対応となっています。

Redmi Note 9T 5Gの各部分の説明は公式サイトでも専用ページがあるので、合わせて確認しておきましょう。

取扱公式説明書(SoftBank)

「Redmi Note 9T 5G」のカメラについて

「Redmi Note 9T 5G」の背面カメラ(リアカメラ)はトリプルカメラ仕様になっています。

広角4800万画素・F/1.79
マクロ200万画素・F/2.4
深度200万画素・F/2.4
その他AIカメラ、4800万画素モード、ポートレートモード、ナイトモード、スローモーション
  • インカメラ:1300万画素/F値2.25
  • 8K撮影:非対応
  • 4K撮影 :30fps
  • 1080p撮影:30fps/60fps
  • 1080pスローモーション撮影:なし
  • 720p スローモーション撮影:なし

カメラの写真レビューは友人にお願いしました。

サイト内の画像は容量の都合で圧縮加工しています。オリジナルはコンテンツ用のインスタグラムにアップしているので、合わせて参考にしてください。

インスタグラムへ

【はじめに】

Redmi note 9tを使用するにあたって下記項目にご注意ください。

①画素数

4800万画素を使用する際は、48モードと言うモードを使うことになります。このモードを使うことで4800万画素の写真を撮ることが可能になります。

しかし、このモードではポートレートモード、マクロモード、夜景モードなどのオプションが一切使えなるのでご注意ください。

②手ぶれ補正

note 9tには手ぶれ補正機能が搭載されておりません。写真を撮る際はしっかりホールドするように心がけましょう。

③美白フィルター機能

人を撮った際、自動で美白フィルターがかかるようです。セルフィーなどで自分をを撮ると、この機能が顕著になります。

少し不自然に感じるので、この機能は撮影時にオフにしておきましょう。後で加工出来るアプリが沢山あります。

【広角カメラ】

ここで48モードを選ばなければ1200万画像の写真になります。

桜を撮ましたが、一切加工編集はしていません。桜も空の色も綺麗に再現されていて、写真をズームして見ても荒いと言う印象は全くありません。

1200万画像でも十分すぎるくらいな解像度で、色の表現も非常に優秀です。

【ポートレートモード】

ポートレートモードを使うと周辺がボケて、一眼レフカメラで撮った様な写真になります。
note 9tの周辺ボケ機能はあまり効果が強くないように感じました。
ですので、好みにもよりますが調整数字はMAXで大丈夫だと思います。

【夜景モード】

このモードが1番驚きました。

スマホ本体の価格、夜景モードを選んでシャッターを押すだけの手軽さ。それで、この写真を撮れるのは本当に驚きました。空に若干のノイズは入るものの、全然許容範囲内だと感じます。

【マクロモード】

マクロモードでは小さい被写体でもドアップで撮ることが可能です。

しかし、マクロレンズにはコストがかかる為、スマホには搭載されないケースが多々あります。SNSが普及して人と違う写真が撮りたいと言う時代に、この機能が搭載されているnote 9t非常に便利。コストパフォーマンスに優れています。

【まとめ】

note 9tのカメラは4800万画素で使うのではなく、1200万画素でオプション機能を楽しむものです。

広角カメラのノーマルモードで風景を撮るのも良し、ポートレートで友達や子供を撮るのも優れています。マクロモードで人とは違う写真をSNSに投稿するのも良いでしょう。
そして、夜景モードは本当に驚きので機能です。

note 9tの価格帯から考えて、これだけの写真が撮れるの非常に驚きました。

Redmi Note 9T 5Gで使える格安SIM・通信キャリア

続いては「Redmi Note 9T 5G」で使える格安SIM・通信キャリアなどを解説していきます。

最近はahamo、povo、LINEMOといったキャリアのキャリアの新プランも出揃っているのでこちらも合わせて解説していきます。

また、この記事でレビューしているのは「ソフトバンク版のRedmi Note 9T 5G」となりので、海外版(SIMフリー版)とは異なる箇所があるのでご注意ください。

Redmi Note 9T 5G(ソフトバンク)の対応バンドやネットワーク

「Redmi Note 9T 5G」の対応バンドは以下のとおり。

対応バンド
  • 3G:W-CDMA:1 / 2 / 4 / 8
  • 4G:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 / 42
回線別対応
  • docomo回線:バンド1・3・19に対応。ドコモで提供されている5G NRに非対応
  • au回線:バンド1・18・26に対応。auで提供されている5G NRのうちSub6のn77のみ対応
  • ソフトバンク/Ymobile回線:バンド1・3・8に対応。5G NRのうちSub6のn77のみ対応
  • 楽天モバイル:バンド3・18・26に対応。5G NRのうちSub6のn77のみ対応

初心者の方が『対応バンド』って聞くと少し難しいかもしれませんが、「Redmi Note 9T 5G」はこの対応バンドが豊富で、どの通信回線でも理論上は使えます。

実際に僕も複数のSIMで使ってみたいので、キャリア別に解説していきますね。(※docomo系はまだです)

ソフトバンク回線系の利用について

今回レビューしている「Redmi Note 9T 5G」はソフトバンク版なのでYmobileやLINEMOに関しては問題ありません。

ちょうどLINEMOが届いた時だったのでさっそく挿してみました。

後日、ワイモバイルも試しました。

※LINEMOは手動でしたが、Y!mobileは自動でAPNが完了しました。

また、利用する際には同じ回線でもSIMロック解除は必須となります。

au回線系の利用について

また、au回線系の格安SIMや通信キャリアだと「UQモバイル」や「povo」が人気あります。

ですが、au回線の格安SIMはバンドが対応していても使えない場合があるので注意が必要です。僕は「UQモバイル」と「povo」で試しましたがLTE・通話など特に問題なく使えました。

※povoはSIMカードを挿し込むだけで自動でAPNは完了しました。

auは基本的に「lot完了製品」に記載されているのが正しい動作確認となります。ここに記載されてる機種であれば安全性は高いですが、今回の場合だと『使えてはいるが自己責任』になるということは頭に入れておきましょう。

UQモバイル公式へ

povo公式へ

楽天モバイルの利用について

そしてメールでの質問が多いのが「楽天モバイル」です。

楽天モバイルも乗り換え先の候補に上がる通信キャリアですが、楽天モバイルで「Redmi Note 9T 5G」を使う場合は少し癖があります。

▼楽天モバイルのSIMカードを「Redmi Note 9T 5G」に挿すとAPN一覧に「rakuten.jp」が出現するのでタップします。

基本的に出現したAPN情報をタップすればAPNは完了となりますが、楽天モバイルの場合はタップしただけではまだネットに繋がりません。

▼そこで少し特殊ですが通常通話アプリで「*#*#86583#*#*」というコマンドを入力します。

すると「VoLTE carrier check was disabled」と表示されるので、そしたら一度再起動を行います。

因みに「VoLTE carrier check was disabled」をGoogle翻訳で訳すと「VoLTEキャリアチェックが無効になりました」という意味になります。『無効・・・?』と少し意味が分かりませんが、この手順で行うとインターネット、通話、楽天リンクなどが使えるようになります。

ここから数日楽天モバイルで使っていますが、現時点では問題なく使えています。

またAPN手動入力でもOKなのでAPNを作成したい方は以下の情報を入力してください。

  • APN名:楽天(rakuten.jp)
  • APN:rakuten.jp
  • MCC:440
  • MNC:11
  • APNタイプ:default,supl
  • APNプロトコル:IPv4/IPv6
  • APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
  • PDPタイプ:IPv4/IPv6

ただ、設定手順は少し特殊ですし、公式サイトの動作確認一覧にも記載はありませんので、利用する場合は自己責任になる事を頭に入れておきましょう。

また、Redmiシリーズは以下の2機種も楽天モバイルで利用可能となっているので『これから機種変更を予定している方』は合わせて参考に頂ければ幸いです。

Redmi 9T×楽天モバイルで使ってみたよこの記事ではシャオミの「Redmi 9T(国内正規版)SIMフリー」を楽天モバイルで使ってみたレビュー記事です。「Redmi 9...
Redmi Note 9S×楽天モバイル(アンリミット)で使ってみたよこの記事では「Redmi Note 9S(国内版)」を楽天モバイル(アンリミット)で使ってみたレビュー記事です。※「Redm...

楽天モバイルへ

「Redmi Note 9T 5G」を安心して使いたいならソフトバンク系の格安SIMや通信キャリアを使うのが吉

今回レビューしている「Redmi Note 9T 5G」はソフトバンク専売品なので、必然的にソフトバンク回線を使った格安SIM・通信キャリアが相性は良いです。

なので、現在ソフトバンクで「Redmi Note 9T 5G」を使っている方であれば、ワイモバイルLINEMOなどが個人的にはお薦めです。

もちろん、実践的にはau系も楽天モバイルでも使えています。(※docomo系はまだ試していません)

どの通信事業社を利用するかはキャンペーン内容や好みなどがあるかと思うので、一参考にして頂けると幸いです。

Ymobileオンラインストア
ヤフー店へ

LINEMO公式サイトへ

まとめ:低価格&高コスパ+5Gも使いたい方は「Redmi Note 9T 5G」はオススメ

以上が「Redmi Note 9T 5G」の基本情報や利用可能な格安SIM・通信キャリアのレビューでした。

6.35インチの大画面でミドルハイの性能を詰み、FeliCa対応、5G対応、急速充電対応、顔・指紋認証対応といったオンパレードで21,600円は相当コストパフォーマンスが高いです。

タブレ
タブレ
価格破壊っスよね

一方、注意点として「防水防塵非対応、超広角カメラがない、ソフトバンク専売品」といったデメリットが挙げられます。

お風呂でスマホを使いたい方は危険なので注意が必要です。というかアウトです。

また、カメラに関しても個人的にはマクロよりも超広角を採用してくれた方が良かったので、視野が広い写真撮影する方はこれも注意です。

最後に「Redmi Note 9T 5G」はソフトバンク専売品なので、ソフトバンクユーザー以外の方は中古やオークションなどで購入する必要があります。その場合はSIMロック解除済みであることを確認してください。

一部のソフトバンクショップでは既存ユーザー以外でも購入できるとのことですが、それぞれの店舗によって異なるので直接電話確認が必要になります。(因みに僕の住んでる地域のショップでは購入できませんでした。)

これら3つが代表的な注意点(デメリット)ですが、ご自身の許容範囲であれば「Redmi Note 9T 5G」はコスパに優れたスマートフォンです。約2万でおサイフケータイ使えて、5Gですよ笑

以上、参考になれば幸いです。