ahamo

ahamoで使えるAQUOSスマホについて解説

この記事ではahamoに対応しているAQUOSシリーズについて解説しています。

AQUOSシリーズは人気があり利用者も多いかと思います。そのため「いまのAQUOSシリーズをそのままahamoで使いたいけでちゃんと使えるかな?」というお問合せも多々受けます。

ということで今回はahamoで使えるAQUOSシリーズ、また利用時の注意点についてまとめましたので、該当する方の参考になれば幸いです。

SIMのみ契約+MNPでの申込で
10,000円分のdポイント!!
要エントリー!

ahamo公式サイト

目次

ahamoでAQUOSシリーズを使う前に確認しておきたいこと

AQUOSスマホを使ってahamoを利用する前に確認しておきたいことが2つあります。

  1. au版、ソフトバンク版、Y!mobile版で購入したAQUOSスマホはSIMロック解除が必須
  2. 動作確認に記載されていないAQUOSスマホをahamoで使う場合は自己責任

確認①:au版、ソフトバンク版、Y!mobile版で購入したAQUOSスマホは事前にSIMロック解除が必須

説明は不要かと思いますが、ahamoはドコモ回線を使っています

なので、「ドコモ版のAQUOSスマホ」「SIMフリー版のAQUOSスマホ」はそのまま使えますが、au・ソフトバンク・Y!mobileで購入したAQUOSスマホをそのままahamoで使う場合は事前にSIMロック解除が必要になります。

https://ahamo.com/support/supported-phones/index.html#android

SIMロック解除自体は5分程度で終わる簡単な作業なので、他社のAQUOSスマホを使う際にはサクっと済ませておきましょう。

各社SIMロック解除手順
auMy au」にログイン>メニューから「サポート」を選択>「操作・設定」>「SIMロック解除」>「SIMロック解除のお手続き」を選択>IMEI番号を入力>「解除理由とメールアドレスの入力」>完了
ソフトバンクMy SoftBank」にログイン>「メニュー」を選択>「契約・オプション管理」>「オプション」>「SIMロック解除対象機種の手続き」>IMEI番号を入力>「解除手続き」を選択>完了
ワイモバイルMy Y!mobile」にログイン>「契約確認変更」を選択>「SIMロック解除の手続き」>IMEI番号の入力>「解除手続きをする」>完了

 

2021年10月1日以降に発売されたAQUOSスマホは全てSIMロック解除不要

2021年10月1日以降に発売される機種に関しては、受け渡しの時点でSIMロック解除が義務付けられているので、該当するAQUOSスマホに関してはSIMロック解除は不要です。

確認②:動作確認に記載されていないAQUOSスマホをahamoで使う場合は自己責任

ahamoの公式サイトでは「このAQUOSスマホはahamo側でチェック済みですよー」という動作確認端末一覧というページが存在ます。

https://ahamo.com/support/supported-phones/index.html

ahamoではドコモ版AQUOSの他にもau版、ソフトバンク版なども動作確認が行われています。

下記でも触れていきますが、以下pdfファイルでも確認が可能です。

ahamo動作確認端末一覧(android):pdf

 

そこで1つ問題になって来るのは『動作確認に記載されていないAQUOSスマホはahamoで使えないの?』という疑問

これの答えは「記載がない=使えない」ではありません

特に最新機種の場合には記載されるまでタイムラグがあったりもします。

動作確認ページの更新は不定期で行われています。当サイトでも定期的にチェックはしていますが、ahamoへ申し込む際には一度「動作確認端末一覧」を確認してくださいね。

基本的にahamoはドコモ回線を使った携帯会社なので、「ドコモ版」「SIMフリー版」のAQUOSシリーズであればほぼ使えます。

ですが記載が無い以上、その端末を利用するのは自己責任になるということだけは覚えておきましょう。

マヒロ
マヒロ
心配な人や初心者さんは記載がある端末だけを使うようにしようね!

ahamoで公開されているAQUOSの動作確認

上記からの続きになりますが、現時点(2022年1月時点)でahamo公式サイトで記載されている動作確認端末は以下のとおりです。

ドコモ版のAQUOSスマホ

  • AQUOS sense6 SH-54B
  • AQUOS R6 SH-51B
  • AQUOS sense5G SH-53A
  • AQUOS R5G SH-51A
  • AQUOS sense4 SH-41A
  • AQUOS sense3 SH-02M
  • AQUOS zero2 SH-01M
  • AQUOS R3 SH-04L
  • AQUOS sense2 SH-01L※3
  • AQUOS R2 SH-03K※3
  • AQUOS sense SH-01K(Android 9以降)
  • AQUOS R SH-03J(Android 9以降)

au版のAQUOSスマホ

  • AQUOS R compact SHV41
  • AQUOS R2
  • AQUOS R3 SHV44
  • AQUOS R5G SHG01※4
  • AQUOS sense SHV40
  • AQUOS sense2
  • AQUOS sense2 かんたん SHV43
  • AQUOS sense3 basic SHV48
  • AQUOS sense3 plus サウンド SHV46
  • AQUOS sense3 SHV45
  • AQUOS zero2 SHV47
  • AQUOS zero5G basic DX SHG02

ソフトバンク版のAQUOSスマホ

  • AQUOS ea
  • AQUOS R
  • AQUOS R Compact
  • AQUOS R2
  • AQUOS R2 compact
  • AQUOS R3
  • AQUOS R5G
  • AQUOS sense3 plus
  • AQUOS zero
  • AQUOS zero2
  • AQUOS zero5G basic
  • シンプルスマホ4
  • シンプルスマホ5

UQモバイル版のAQUOSスマホ

  • AQUOS sense
  • AQUOS sense2
  • AQUOS sense3
  • AQUOS sense3 basic

Y!mobile版のAQUOSスマホ

  • AQUOS sense4 basic

楽天モバイル版のAQUOSスマホ

  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS R5G
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • AQUOS sense3 lite
  • AQUOS sense3 plus

新規契約で最大10,000円分の
PayPayボーナス!

ahamoではAQUOSシリーズのセット販売はない

ahamoへ乗り換えるタイミングで新しいAQUOS携帯を購入しようと考えている方もいるはずです。

ですが、ahamoではAQUOSスマホを販売していません。(2021年12月時点)

そのため、現在利用中の携帯会社で先に機種変更をしてからahamoへの乗り換えが基本となります。

中古購入の際には「SIMロック解除済み」のAQUOSを購入しよう

中古品のAQUOSを検討している方であれば「イオシス」のような専門業者で先に購入してからahamoへ申し込みましょう。

イオシスは僕も頻繁に利用しているオンライン専門の中古スマホショップです。

またahamoでは持込端末の場合、au版やソフトバンク版はSIMロック解除が必須になっているので中古購入する方は「SIMロック解除済み」になっているAQUOS製品を選びましょう

イオシスはアフターケアもしっかりしていますし、宅配買取も行っているので気になった方は覗いてみてくださいね。

https://iosys.co.jp/items/smartphone/aquos

イオシス公式サイトへ

既存のAQUOSを持ったままahamoへ乗り換える手順

上記でAQUOSの準備が整ったらahamoへ申し込んで行きましょう。

ahamoの申込みは以下、4つの手順で完了します。

  1. 利用中の携帯会社からMNP予約番号を発行する
  2. ahamoへ申し込む
  3. 開通手続きを行う
  4. AQUOSスマホでahamoのAPN(初期設定)をする

※ドコモユーザーはプラン変更するだけでahamoになるので、MNP予約番号は不要です。

それでは1つずつ確認していきましょう。

手順①:MNP予約番号を発行する

ahamoへ電話番号をそのまま乗り換えるのであれば、利用中の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

因みに上記でも少し触れていますが、docomoユーザーは「My docomo」からahamoにプラン変更するだけで完了しちゃうので読み飛ばしてください。

各社のMNP予約番号は以下のとおり。

docomoドコモユーザーは「My docomo」からプラン変更をするだけ
auauスマホ・一般電話から「0077-75470」へ電話をかけ、MNP予約番号発行希望を伝える。「My au」からの発行も可能
SoftBankSoftBankスマホから「*5533」へ電話をかける。一般電話からは「0800-100-5533
楽天モバイル「my楽天モバイル」にアクセス>画面右上の三本線メニューから「my 楽天モバイル」→「契約プラン」→「各種手続き」→「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」
UQモバイル「my UQmobile」にログインした後、「契約確認・変更」のタブを選択>料金プランの「詳細を確認・変更する」をタップ>「MNP予約」をタップ
Y!mobile「my Y!mobile」にアクセス>MNP予約関連手続きをタップする」→「注意事項確認」→「4桁の暗証番号入力」→「本人確認をする」→「MNP予約番号の発行」→アンケートに答える→「予約番号発行の転出時期を選択」→予約番号取得
LINEモバイル「LINEモバイルのマイページ」にログイン>「解約・MNP転出」を選択>「MNP予約番号発行を申し込む」を選択>アンケートに答えて「実行する」で完了

発行されるMNP予約番号には15日間の期限がありますが、ahamoへMNP乗り換えをするにはこの有効期限が10日以上必要になります。

手順③:ahamoへ申し込む

上記の手順でMNP予約番号を取得したらそのままahamoへ申込みましょう。

ahamoの大まかな申込みの流れは以下のとおりです↓

ahamoではdアカウントが必要になるので、持っていない方は事前にアカウントを取得しておきましょう。

ahamo公式サイトへ

 

ahamoは申込み画面がシンプルなので、初めての方でもスムーズに申込みが完了するかと思います。

また、当サイトでは「SIMのみ」の申込みレビューがあるのでそちらを予習という形で参考にして頂ければ幸いです。

ahamo(アハモ)へのMNP乗り換え手順を解説この記事では、他社からahamo(アハモ)へのMNP(乗り換え)手順をレビューしています。 MNP予約番号を使っての申込みの流れか...

申し込みが完了すると、申し込み完了メールが届きます。

後はahamoからSIMカードが届くのを待ちましょう。

手順④:ahamoへMNP転入を行う

ahamoからSIMカードが届いたらahamoへMNP転入(開通手続き)を行います。

このMNP転入は「ahamoアプリ」もしくは、「マイページ」で行えますが今回はアプリから行いました。

アプリからの手順は以下のとおり↓

ahamoの開通手順(アプリ版)
  1. SIMカード到着
  2. アプリを起動
  3. [受付番号でログイン]
  4. 13桁の受付番号、購入時に入力した連絡先電話番号、ネットワーク暗証番号を入力してログイン
  5. 開通手続き[切替手続きへ]をタップ
  6. [開通する]をタップ
  7. 開通手続き完了

ahamoでは定期的にホームページのリニューアルと共に外観や手順が変更になることがあります。今回の手順は2021年9月時点となります。

▼初めてahamoアプリを開くとまだ開通していないので、以下画像にある[開通手続きが完了していない方]の[受付番号でログイン]から進みます。

▼先に進むと「受付番号」「購入時の入力した連絡先電話番号」「4桁のネットワーク暗証番号」を使ってログインします。

受付番号はahamoから届くメールに記載されているので、削除せずに保存しておきましょう。

また、4桁の暗証番号も申込み時に設定するので、こちらも覚えておきましょうね。

▼後は流れにそって、「切り替え(開通)手続き」⇒「開通する」で進めれば開通手続きは完了します。

▼数秒で即開通となり、同時に開通完了のメールも届きます。

また、ahamoの開通手続きが完了した時点で、いままで利用していた携帯会社は自動的に解約となります。

マヒロ
マヒロ
流れの通りに進んで行くだけだから簡単だよ

ahamo公式サイトへ

手順⑤:APN(初期設定)をする

ahamoへ回線が切り替わったら最後に「APN」と呼ばれるネットワーク通信設定を行います。

5分もあれば終わる簡単な作業なのでサクっとやっちゃいましょう。

今回のAPN設定はY!mobile版のAQUOS sense4 basicで行っています。

▼AQUOS sense6の電源をオフにした状態で、側面にあるSIMスロットを取り出しahamoのSIMカードをセットします。

▼ahamoのSIMカードをセットしたら再び電源をオンにします。

そしたら、以下の手順で、ahamo×AQUOSスマホのAPN設定を行います。

ahamo AndroidのAPN手順
  1. 「設定」を選択。
  2. 「ネットワークとインターネット」を選択
  3. 「モバイルネットワーク」を選択
  4. 「詳細設定」を開く
  5. 「アクセスポイント名」を選択
  6. 右上の「+」ボタンを選択
  7. 「名前」は任意(好きな名前)でOK
  8. 「APN」を「spmode.ne.jp」に設定
  9. 右上の「︙」ボタンをタップし「保存」
  10. 設定したAPNにタップしてチェックを入れて完了

手動によるahamo×AndroidのAPN設定は入力箇所が少ないのでとても簡単です。

項目名入力内容
名前任意の名前(好きな名前でOK)
APNspmode.ne.jp

入力が完了したら内容を保存します。

保存が完了すると新規で項目が出現するので、そちらをタップすればAPNは完了です。

APN情報が正しく入力されていれば「4G」が表記されます。

以上でahamo×AQUOSスマホの手順は完了です。

また、機種によってはAPN一覧で「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」と表示されることがありますが、ahamoの動作確認端末一覧で記載されていれば「+」をタップしそのまま新規作成すれば問題ありません。

ただし、ahamoの動作確認端末一覧に記載がない機種は完全に自己責任となるので個人的には推奨しません。

ahamo公式サイトへ

ahamoのAPNが完了したのにAQUOSスマホがネットに繋がらない時の対処法

タブレ
タブレ
ん?ahamoのAPNが完了したけどネットに繋がらないんスけど?

これはahamoに限らず、APNが完了したのにネットに繋がらない主な対処法は以下の4つです。

  1. 数秒~数十秒待ってみる
  2. モバイルデータ通信がオフになっていないか確認する
  3. APNを手動設定した方はスペルミスの可能性も
  4. SIMカードに問題がある場合はサポートセンターへ問い合わせてみよう

対処法①:APNが完了したら一度再起動してあげよう

一番最初だけ初めてAPNを行うと電波をキャッチするまでに数秒かかることがあります。長い時は数十秒とかも結構あります。

この場合は、一度AQUOSを再起動するか機内モードをオン→オフするとスムーズにキャッチしてくれます。

因みに僕はいつも初期設定が完了した後は再起動をしちゃいます。

対処法②:モバイルデータ通信がオフになっていないか確かめよう

結構、多い原因の1つですが【モバイルデータ】がオフになっていると、強制的にインターネット通信が遮断されます。

「設定」>「ネットワークとインターネット」>「SIM」をタップ>「モバイルデータ」

自分ではタップした覚えがないけど、たまーに何かしらの原因でオフになっていることがあるので、「あれーー?」と思ったらモバイルデータ通信の部分を確認してみてくださいね。

対処法③:APNを手動で行った方はスペルミスの可能性もある

ahamoのAPNを手動で行った場合によくあるミスですが、手動APNはスペルを1文字でも間違うと正常に動きません。

ahamoの手動入力は「APNにspmode.ne.jp」を入力するだけなので、間違うことはあまりありませんが、『あれ?』と感じたら一度確認してみましょう。

項目名入力内容
名前任意の名前(好きな名前でOK)
APNspmode.ne.jp

対処法④:SIMカードに原因がある場合はサポートセンターへ!

そもそも、ahamo×AQUOS のAPN設定自体はとっても簡単な手順なのでうっかりミスがない限りスムーズに完了します。

ですが、ごくごく稀にSIMカード自体に問題がある場合があります。

この場合は自分でどーすることもできないので、ahamo公式サイトのチャット機能を使ってへ問い合わせてください。

ahamo公式サイトへ

ahamoへ乗り換えてもAQUOSスマホに保存されているデータは全部そのままだよ!

既存のAQUOSスマホをそのままahamoで使う際によくご質問メールで「端末内に保存されているデータはどうなりますか?」と聞かれますが、中身のデータは全てそのまま使えます

これは利用する回線がahamoに切り替わっただけなので、AQUOSスマホに限らず全てそのまま使えます。

外ではahamoの回線を使っていて、自宅に帰って来た時は自宅のWi-Fiを使ってる方が多いかと思いますが、これと同じ原理です。

まとめ

以上が、ahamoでAQUOSスマホを使う手順でした。

「乗り換え」って聞くと難しいイメージを持ってしまいがちになりますが、1つ1つ丁寧にやっていけば、考えているよりもずっと簡単です。

特にドコモからahamoならプラン変更だけで完了しちゃいます。

タブレ
タブレ
実際やってみるとネットショッピング感覚っスよね
マヒロ
マヒロ
誰でも簡単に申し込めるようにシンプル設計になってるよ!

それでは、最後にポイントをおさらいしておきましょう。

ahamo×AQUOSスマホのおさらい
  1. ahamoで利用するAQUOSの動作確認端末一覧はチェックしよう
  2. ドコモからahamoは「My docomo」からプラン変更するだけ
  3. 乗り換えると同時にAQUOSスマホへ機種変更する方は先に事前に購入しておこう
  4. MNP予約番号の取得は電話・オンラインから取得しよう
  5. 予約番号取得後は遅くても当日~2日以内にahamoへ申込もう
  6. 本人確認書類やクレジットカードを準備しておくとスムーズだよ
  7. ahamoからSIMカードが届いたら回線切替をしよう
  8. 回線が切り替わったらSIMカードをAQUOSに挿してAPNを完了させよう
  9. 全て完了後に前に使っていた通信事業社は自動で解約になる

初めてキャリアから乗り換えを行う方は多少の不安はあるかと思いますが、難しいことはないのでぜひチャレンジしてみてくださいね♪

ahamo公式サイト

関連記事