LINEMO

LINEMOでPixel 7を使う手順を解説

この記事ではLINEMOでPixel 7を使う手順(他社からの乗り換え手順)を解説しています。

また、LINEMOでもPixel 7(Pixel 7Pro)はちゃんと動作確認が行われているので安心して使えます。

https://www.linemo.jp/device/support_list/

内容は主に、「他社からのMNP乗り換え手順」や「Pixel 7をLINEMOで使う時の注意点」についてまとめています。

初心者の方でもわかりやすいように解説しているので、検討中の方はぜひ参考にしてください。

プラン12月キャンペーン内容
ミニプラン新規番号で契約、または他社からのMNPでPayPayポイント990円相当を8カ月間毎月プレゼント
スマホプラン新規電話番号契約で3,000円分のPayPay。他社からのMNPで10,000円分のPayPayポイント。12/4までブラックフライデー開催中!
キャンペーンに関する詳しい内容はこちら

LINEMO公式サイトへ

LINEMOでpixel 7を使う手順は全部で5つ

LINEMOで「Pixel 7」を使う方法はたった以下、5つの手順で完了します。

  1. Pixel 7を購入する
  2. 利用中の携帯会社からMNP予約番号を発行する
  3. LINEMOへ申し込む
  4. 開通手続きを行う
  5. APN(初期設定)をする

それでは1つずつ確認していきましょう。

ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOへ乗り換える方はMNP予約番号の取得は不要です。

手順①:Pixel 7を購入する

今回の「Pixel 7」は「Googleオンラインストア(SIMフリー版)」か「ソフトバンク版」「au版」の販売となります。

また、LINEMOで「Pixel 7」の販売はありません

なので他社からLINEMOへ乗り換えるタイミングでPixel 7に機種変更する方は先に購入しておく必要があります。

僕は毎回PixelシリーズはGoogleストアから購入しています。

今回はソフトバンクでも「Pixel 7」の販売はありますが、ソフトバンクの「新トクするサポート」で購入した場合、必ず返却になってしまうので長く使いたい方は24回払いで購入するか、LINEMOへ乗り換えるタイミングで「Google Store」から購入することをオススメします。

また、ソフトバンクで購入したPixel 7は分割支払いが残っていても、分割払いを継続することは可能です。

https://www.linemo.jp/support/faqsummary/

マヒロ
マヒロ
従来と同じ「新トクするサポート」を使いたい人は先にソフトバンクで購入してからLINEMOへ乗り換えしようね

LINEMO公式サイト

ソフトバンクやauでPixel 7の単体購入も可能

現在(2022年10月時点)では、ソフトバンク回線・au回線の契約なしでも「端末のみ」の購入が可能です。

しかも「端末のみ」の購入でも「新トクするサポート」の利用が可能なのでdocomoユーザーでもauユーザーでも「端末を返却する代わりに、残金支払免除」のプログラムを使いたい方は「Googleオンラインストア」ではなくソフトバンクから端末のみの購入をしましょう。

ヨドバシなどに入っているソフトバンクショップでも可能ですが、店舗によって端末のみができる・できないがあるので、出向く前に一度確認してからの方が無難です。

現在ソフトバンクユーザー、auユーザーでそのまま購入したい方は以下リンクから専用ページへ飛べます。

ソフトバンク版 Pixel 7はこちら

au版 Pixel 7はこちら

手順②:MNP予約番号を発行する

「Pixel 7」の準備が出来たら次は、いま使っている電話番号を移動するために「MNP予約番号の取得」へと進みます。

上記でも少し触れていますが、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルユーザーはMNP予約番号は不要なので読み飛ばしてください。

各社のMNP予約番号は以下のとおり。

キャリアMNP予約番号の取得手順
docomoドコモスマホから「151」へ電話をかけ、MNP予約番号発行希望を伝える。「My docomo」からの取得も可能
auauスマホ・一般電話から「0077-75470」へ電話をかけ、MNP予約番号発行希望を伝える。「My au」からの発行も可能
SoftBank取得不要。SoftBankのログインID・パスワードが必要になる
楽天モバイル「my楽天モバイル」にアクセス>画面右上の三本線メニューから「my 楽天モバイル」→「契約プラン」→「各種手続き」→「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」
UQモバイル「my UQmobile」にログインした後、「契約確認・変更」のタブを選択>料金プランの「詳細を確認・変更する」をタップ>「MNP予約」をタップ
Y!mobile取得不要。My ワイモバイルのログインID・パスワードが必要になる
LINEモバイル取得不要

発行されるMNP予約番号には15日間の期限がありますが、LINEMOへMNP乗り換えをするにはこの有効期限が10日以上必要になります。

手順③:LINEMOへ申し込む

MNP予約番号を取得したらそのままLINEMOへ申込みます。

LINEMO公式サイト

申込み流れは以下のとおりです。

今回は「Pixel 7」を事前に購入しているので「SIMのみ+MNP」をベースに解説しています。

申込み画面もシンプルで基本、流れにそって申込みを進めていくだけなので初めての方でも簡単です。

申込み完了後は審査が行われ、不備がなければ数日後にSIMカードが届きます。

また、SoftBank・Y!mobileからLINEMOへの乗り換えはMNP予約番号不要なので、取得しないでそのまま直接申込みましょう。

SoftBankとY!mobileの場合は、途中で「My SoftBank」「My Y!mobile」へログインするので事前にご自身のログイン情報は確認しておきましょう。

LINEMO公式サイト

今回は「物理SIM(SIMカード)」をベースに解説していますが、eSIMを希望する方は別記事でレビューしているのでそちらを参考にして頂けると幸いです。

LINEMOのeSIMの使い方・設定手順を解説するよこの記事ではLINEMOのeSIMの使い方について解説しています。 実際の申込み手順から設定手順までレビューしているので検討中の方...

手順④:開通手続きと初期設定を行う

申込みから中2~3日でLINEもからSIMカードが届きます。

そしたら「開通手続き(MNP転入)」へと進みます。

開通手続きは同封されているスタートブックに電話番号が記載されているので、そちらに電話しましょう。

LINEMO 回線切替窓口
  • 0800-919-3448
  • 10:00~19:00

また、その際に「切り替える携帯電話番号」と「申込み時に決めた4桁の暗証番号」が必要になります。

SoftBank・Y!mobileユーザーはそれぞれで使っている「4桁のネットワーク暗証番号」が必要になります。

手続きは全て音声ガイダンスですが、とっても簡単で2〜3分もあれば完了します。

LINEMO公式サイトでも手順は記載されているので、迷うことはまずありません。

https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3404003&pid=887435214process/

以上で他社からLINEMOへの乗り換えは完了です。

また、LINEMOへ電話番号が移ったと同時に今まで利用していた携帯会社は自動的に解約扱いとなります

マヒロ
マヒロ
自分から解約手続きとかは必要ないよ

手順⑤:APN(初期設定)をする

最期はPixel 7でLINEMOのSIMカードが使えるようにする「APN(初期設定)」を行います。

マヒロ
マヒロ
手順も簡単だから説明していくね

まず、LINEMOの台紙からSIMカードを切り取ります。

LINEMOのSIMカードは「マルチSIM」になっているので、自分で端末に合うサイズにカットします

Pixel 7はnanoSIMサイズなので、一番小さいサイズでカットしましょう。

次に、Pixel 7の側面にあるSIMスロットを取り出しSIMカードをセットします。

※端末の電源はONの状態でも行えますが、僕は毎回OFFにしています。

また、「Pixel 7」ではLINEMOのSIMカードを挿すだけでAPNが自動完了しました。

アンテナピクト表示も「LINEMO」です。

もし自動で繋がらない時は手動で新規作成をしちゃいましょう。

手動設定はAPN一覧の右上メニューから「新しいAPN」をタップして新規作成します。

入力する情報は以下の8箇所のみ。その他は未入力でOK。

Androidの手動入力
  • 名前:LINEMO
  • APN:plus.acs.jp
  • ユーザー名:lm(エルエム)
  • パスワード:lm(エルエム)
  • MCC:440
  • MNC:20
  • 認証タイプ:CHAP
  • APNタイプ:default,supl,hipri

必要項目を入力して保存すると、先程のAPN一覧に作成したAPNが出現するのでそちらをタップすればOK。

Pixel 7(Android)のAPN手順はLINEMO公式サイトでもイラスト付きで解説してあるので、初心者の方でも迷うことはまずありません。

https://www.linemo.jp/process/apn/android/?atnct=linemo_0100ojml00iboh-0fb5ae7c5b00c06cbab837b81ce2d6c6

以上で、LINEMOの初期設定は全て完了です。

後は個別にマイメニューの初期設定があるので、以下の申込み時に4桁の暗証番号を使ってパスワードを発行して「My Menu」へログインすれば完了です。

https://www.linemo.jp/process/

LINEMO公式サイト

LINEMOのAPNが完了したのにPixel 7がネットに繋がらない時の対処法

タブレ
タブレ
ん?LINEMOのAPNが完了したけどネットに繋がらないんスけど?

これはLINEMOに限らず、APNが完了したのにネットに繋がらない主な対処法は以下の4つです。

  1. 数秒~数十秒待ってみる
  2. モバイルデータ通信がオフになっていないか確認する
  3. APNを手動設定した方はスペルミスの可能性も
  4. SIMカードに問題がある場合はサポートセンターへ問い合わせてみよう

対処法①:APNが完了したら一度再起動してあげよう

一番最初だけ初めてAPNを行うと電波をキャッチするまでに数秒かかることがあります。長い時は数十秒とかも結構あります。

この場合は、一度Pixel 7を再起動するか機内モードをオン→オフするとスムーズにキャッチしてくれます。

因みに僕はいつも初期設定が完了した後は再起動をしちゃいます。

対処法②:モバイルデータ通信がオフになっていないか確かめよう

結構、多い原因の1つですが【モバイルデータ】がオフになっていると、強制的にインターネット通信が遮断されます。

「設定」>「ネットワークとインターネット」>「SIM」をタップ>「モバイルデータ」

自分ではタップした覚えがないけど、たまーに何かしらの原因でオフになっていることがあるので、「あれーー?」と思ったらモバイルデータ通信の部分を確認してみてくださいね。

対処法③:APNを手動で行った方はスペルミスの可能性もある

LINEMOのAPNを手動で行った場合によくあるミスですが、手動APNはスペルを1文字でも間違うと正常に動きません。

手動設定の方は一度チェックすることをおすすめします。

対処法④:SIMカードに原因がある場合はサポートセンターへ!

そもそも、LINEMO×Pixel 7のAPN設定自体はとっても簡単な手順なのでうっかりミスがない限りスムーズに完了します。

ですが、ごくごく稀にSIMカード自体に問題がある場合があります。

この場合は自分でどーすることもできないので、LINEMO公式サイトのチャット機能を使ってへ問い合わせてください。

機種変更の方はデータ移行をしよう

LINEMOへ乗り換えるタイミングで「pixel 7」に機種変更する方は旧端末からデータ移行をおこないます。

Android端末のデータ移行は「Googleアカウント」を使った手順が基本ですが、最近はケーブルを使ったデータ移行も主流となってきました。

最近ではデータ移行のアプリなどもあるので、数年前よりとても簡単仕様になっています。

注意点として挙げるのであれば、端末内のデータは新機種側で「アプリとデータのコピー」で全て移行します。

また、電話帳や写真などの基本はこれでデータ移行が可能ですが、LINEアプリは別途引き継ぎ作業が必要となります。

これが一連の流れになります。

マヒロ
マヒロ
いまではQRコードを使った移行もできるようになったからもっと簡単だよ!

1つ注意ですが、「pixel 7」でLINEアプリが使えるようになったら、旧端末側のLINEアプリは使ってはいけません

スマホアプリ版のLINEは、複数のスマホから同一のアカウントにはログインできない仕様になっています。これはセキュリティを高める目的からですが、「他端末ログイン許可設定」を行っていない状態で旧端末側のLINEを使うと自動で初期化されるので注意しましょう。

マヒロ
マヒロ
事前にLINEトークのバックアップをしていれば初期化されても復元は可能だから安心してね!

LINEアプリ移行手順解説(公式)
別ウィンドが開きます。

まとめ:Pixel 7をLINEMOで使うのは簡単!

以上がPixel 7をLINEMOで使う手順でした。

重複しますが、LINEMOではPixel 7の販売はありませんので必然的に別途購入してから、LINEMOへSIMのみで申し込む形になります。

LINEMOの申込み画面はとてもシンプルなので、初めてLINEMOを申し込む方でもほとんど心配は要らないかと思います。それくらい簡単です。

そして、現在LINEMOはMNPの契約で最大10,000円分のPayPayが貰えちゃうキャンペーンを実施しています。

ミニプランであれば最大8ヶ月間、ミニプランの料金(990円)がPayPayで還元されちゃいます。

どちらも事前エントリーなど不要ですし、お得度が高いのでタイミングが合う方はぜひ狙っていきましょう!

LINEMO公式サイト

関連記事