SIMロック解除

ドコモのSIMロック解除方法をわかりやすく解説するよ!

格安SIMの約9割はドコモ回線を使っていますので、ドコモ版のスマホやタブレットであれば正直MVNO選びで困ることは少ないかと個人的には感じます。

 

タブレ
タブレ
確かに人気の楽天モバイル、LINEモバイル、IIJmioとかもドコモ系の格安SIM使ってるっスよね
マヒロ
マヒロ
そーなんだよ!

SIMロック解除しなくてもそのまま差し換えれば使えるし、テザリング機能やFOMAエリアも使えるからドコモ版スマホの人は簡単だよね!

 

これらを踏まえて、ドコモ版スマホのSIMロック解除が必要な方は、

  • 他社回線を使いたい人
  • 海外SIMでも使えるようにしたい人

が対象となります。

 

ドコモのSIMロック解除もauやソフトバンクと同じく簡単なので実際に見ていきましょう!

(11月版)格安SIM会社のキャンペーン
Y!mobile ・SIMのみの申込みで3,000円分のPayPayポイント(5のつく日なら倍の6,000円)、料金に対してのデータ容量が業界一!→詳しくはこちら
UQモバイル ・SIMのみの申込みなら6,000円のキャッシュバック
LINEモバイル ・基本料金5ヵ月間半額+専用のキャンペーンコードの入力で5,000円分のLINEポイント。申し込み手順はこちら
タブレ
タブレ
こうして見ると、ワイモバイルやUQモバイルはSIMロック解除が必要だけど、キャンペーンは強力っスね
マヒロ
マヒロ
キャンペーンは毎月異なるけど、今月は特に強力だよね!

ドコモのSIMロックも難しくないから、ワイモバイルやUQモバイルを希望する人は、ぜひチャレンジしてね!

 

あわせて読みたい
ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を解説
ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を画像付きで解説するよ!この記事では、ドコモからワイモバイルへMNP乗り換えする手順や注意点を丁寧にレビューしています。 ...
あわせて読みたい
【超まとめ】ドコモからUQモバイルに乗り換える手順を解説するよ!このページは、現在docomoユーザーの方がUQモバイルに乗り換え(MNP)する手順をまとめた特化記事です。 初めての方でも分かり...

ドコモのSIMロック解除条件

これは全てのキャリアで言えることですが、各キャリアには他社のSIMカードが使えないようにSIMロックというのようなものがかけられています。

 

ですが、2015年5月に総務省から「ユーザーには自由に通信事業者を選べるようにしないとダメですよ。」というお達しがあり、ユーザーからの希望があれば一定の条件を満たした人には他社が使えるように「SIMロック解除」ができるようになりました。

 

現在ドコモでは販売時別にSIMロック解除の条件がありますので、それぞれ見ていきましょう。

2011年4月~2015年4月に発売された機種の手続き

ドコモで2011年4月~2015年4月に発売された機種のSIMロック解除条件は以下の通りです。

2011年4月~2015年4月解除条件
  1. 契約者本人である
  2. 故障していない
  3. ネットワーク利用制限がかかっていない
  4. SIMロック解除対象端末である
  5. 店舗のみで解除料(3,000円)がかかる

 

この時期の機種は現在(2019年5月)から見ると結構古く数も多いので、対応機種はドコモ公式ページでご確認ください。

SIMロック解除対応機種 – NTTdocomo

2015年5月以降に発売された機種の手続き

SIMロック解除と言えばこちらの方が巷ではよく言われる時期になります。

 

2015年5月以降の解除条件
  1. 契約者本人である
  2. 購入日から100日経過した機種であること
  3. 一括購入の場合は即時解除できる
  4. 故障していない
  5. ネットワーク利用制限がかかっていない
  6. SIMロック解除対象端末である

 

2015年5月といってもピンと来ないかと思いますが、Androidであれば、

  • SHARP → AQUOS K SHF32以降
  • サムスン → Galaxy S6以降
  • SONY → Xperia Z4以降

などが挙げられます。

 

iPhoneシリーズに関してはiPhone 6s以降に発売された機種が全てSIMロック解除対象外となります。

ドコモを解約済みの中古スマホでも2019年2月20日からSIMロック解除可能に

ドコモを既に解約済みのスマートフォンをSIMロック解除を行うには、解約後から100日以内とされていましたが、2019年2月20日より規約変更でSIMロック解除が可能となりました。

SIMロック解除は「ドコモオンライン手続き」「ドコモショップ」にて手続きができます。

 

  1. 「ドコモオンライン手続き」でのお手続きにはdアカウントが必要です(事務手数料は無料)。
  2. 「ドコモショップ」でのお手続きは、1回の受付でお一人さま2台まで(一部の機種を除き、1台あたり3,000円の事務手数料がかかる)。

 

ドコモ端末は格安SIM選びに困ることがありませんが、中古スマホを購入し、au系やソフトバンク系の格安SIMを使いたい時はSIMロック解除を行いましょうね。

ドコモのSIMロック解除手順を解説

さてさて、それでは実際にドコモのSIMロック解除を行ってみましょう。

ドコモのSIMロック解除って聞くと難しそうなイメージを持つ方もいるかと思いますが、基本的な流れは以下の通りです。

凄くシンプルですね笑。

ドコモのSIMロック解除は、「オンライン」・「電話」・「店舗」といった手段がありますが、電話と店舗は事務手数料として3,000円がかかります

 

オンライン
(PC・スマホ)
無料
電話 3,000円
店舗 3,000円

オンライン(PC・スマホ)であれば無料ですし、特に難しいこともなく5分程度で完了する簡単な作業なのでまずはオンラインを優先しましょう。

基本的な流れは以下の通りです。

 

ドコモのSIMロック解除手順
  1. ドコモオンラインショップ手続き(Mydocomo)にアクセス
  2. ドコモIDとパスワードを入力 ※不明の場合⇒こちら
  3. 下にスクロールして、【その他】から【SIMロック解除】をクリック
  4. SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)を入力
  5. SIMロック解除の注意事項を確認の上、SIMロック解除を申し込むをクリック
  6. 受付確認メールの送信先を選択し、届いたメールでSIMロック解除ができたことを確認する

事前準備で自分のIMEI番号を調べておこう!

ドコモのSIMロック解除を行う前に必ず必要になるIMEI番号をメモしておけばよりスムーズにことが運びます。

 

■IMEI番号の確認方法

iPhone 設定>一般>情報>IMEI
Android 設定>端末情報>機器の状態>IMEI番号>IMEI

この他にも小ネタですが、通話で「*#06#」を押して発信すると以下画像のようにIMEI番号が表示されます。

SIMロック解除をして使うおすすめな格安SIMは「ワイモバイル」や「UQモバイル」

Yモバイルのロゴ

 

【SIMのみ】の申込みでPayPayボーナスライトが3,000円分もらえちゃいます!

しかも「5のつく日」を狙って申し込めば倍の6,000円分に!!

 

Yahoo!モバイル
オンラインストア

 

 

 

 

UQモバイルはau回線を使った格安SIMなので、SIMロック解除が必要になりますが、通信速度は爆速に加えて高額なキャッシュバックがあるなどと手間に見合った見返りは十分に得られます。

 

マヒロ
マヒロ
SIMロック解除の工程が1つ増えちゃうけど、通信速度や高額のキャッシュバックがあるから手間にかかる見返りは大きいよね!

 

ドコモからUQモバイルへの乗り換え手順は別記事にてレビューしていますので、合わせて参考にしてください。

 

あわせて読みたい
【超まとめ】ドコモからUQモバイルに乗り換える手順を解説するよ!このページは、現在docomoユーザーの方がUQモバイルに乗り換え(MNP)する手順をまとめた特化記事です。 初めての方でも分かり...

 

また、料金プランもシンプルで分かりやすく、5,000円のキャッシュバックが人気です。最新のキャンペーン情報はこちら

 

UQモバイル公式へ

ドコモ端末はSIMロック解除をしなくても使える格安SIMが多い

冒頭でも少し触れましたが、現在市場で流通されているMVNO(格安SIM会社)のほとんどはドコモ回線を扱っているので、ドコモ版のAndroidスマホ、iPhoneであればSIMロック解除しなくても問題なく使えます。

 

ドコモのSIMロック解除を必要とする方は、

  1. au/ソフトバンク、ワイモバイルといったドコモとは異なる回線の格安SIMを使いたい人
  2. 海外旅行に行った時、現地のSIMを使いたい人

です。

 

これらに該当する方は事前にSIMロック解除をしておいた方が良いでしょう。逆を言えばこれらに該当しない方はドコモ版スマホはSIMロック解除をしなくても問題ありません

ドコモ回線を使ったおすすめの格安SIMを紹介!

ドコモ系の格安SIMは数が多いのでいざ「何でも使えるよ!」と言われても初めての方は迷ってしまうかと思いますので、実際に僕が使ったことがあるドコモ回線を使った格安SIMの中から一部おすすめを紹介しますので、選ぶ時の目安として参考にしてください。

 

最大手で知名度抜群の「楽天モバイル」

名前を知らない人はいないのでは?という程の最大手楽天が提供する格安SIMです。僕自身も格安SIMに乗り換えた時からお世話になっておりメインで使っています。

 

初めてキャリアから乗り換えた時はやはり多少の不安もありましたが、使い勝手は変わらず格安SIMを安心したキッカケにもなった格安SIMです。

最近では利用者もトップクラスになり、時間帯によっては動画系の読み込みに数秒かかることもありますが、月額料金が三分の一になったことを考えれば大した問題ではありませんでした。

 

また、利用料金の一部が楽天スーパーポイントとして還元されたり、楽天市場で得たポイントもスマホ代として使えるのも楽天ならではのシステムです。

現在は端末とSIMカードのセット購入に力を入れているので、新規の方や格安SIMに乗り換えるのをキッカケに新しい端末も購入しようと考えている方には特におすすめです。

 

楽天モバイル詳細ページ

楽天モバイル公式ページ

SNS好きの中高生におすすめの「LINEモバイル」

定番アプリ「LINE」が提供している格安SIMであり、僕の娘がお世話になっています。

LINEモバイルの特徴はLINE・Twitter・インスタグラム・Facebookにかかるパケットがカウントされない「カウントフリー」を搭載しています。

 

中高生がいつ親御さんは共感できるかと思いますが、いまのSNSは写真と埋め込み動画がメインとなっていますので、SNSで月5GBなんてアッという間に使ってしまいます。

データ容量がキャリアよりも格段に安いのが格安SIMの特徴ですが、容量を増やしたら結局意味がありませんし、3GBプランにしても足りなくなってチャージしたら意味がありません。

中高生の大半は大人と違ってSNS利用がメインなので、そこをカウントさせなければ安心して月額料金を安く抑えることが可能です。

 

また、1GBプランはLINEのみカウントフリーとなりますが、「電話番号はいらないからスマホでLINEだけしたい」というのであれば、データSIMの利用で問題ありませんので、月額500円で運用が可能です。

 

タブレ
タブレ
電話番号がないデータSIMでもLINEの無料通話は使えるっスよ

 

また、格安SIMはLINEのid検索が使えませんが、唯一LINEモバイルはid検索も使えるので正に中高生のための格安SIMだといえます。(完全にパパ目線の感想です笑)

 

LINEモバイル詳細ページ

LINEモバイル公式ページ

老舗で顧客数はトップクラス!「IIJmio」

MVNOや格安SIMといった言葉が流行る前から業界に参入している老舗中の老舗なのがIIJmioです。同時に顧客数はトップクラスとなっており企業としての信ぴょう性もMAXです。

 

昔からTVCMで芸能人を使ったり、ド派手な広告を打たないので初めての方は最初認知が薄いですが、格安SIMを少し調べると必ず出てきます。

正直なところ、格安SIMが流行り出した2016年頃は会社としての信頼は高いですが、目立つ特徴もなく、通信速度も中の下といった感じの「ザ・格安SIM」でしたが、最近ではサーバー強化や豊富なオプション、かけ放題オプション、家族利用のシェアプランにも力を入れてきました。

 

その他にも端末のラインナップもトップクラスとなっています。

 

IIJmio公式ページへ

既存のスマホを使いたい方はまずチェックして欲しい「mineo(マイネオ)」

格安SIMはどんな機種でも格安スマホとして使える訳ではなく、各MVNOが動作確認を行った機種でなければいけないのです。

厳密にはドコモ系を扱うA社が使えるのであれば、同じくドコモ系を扱うB社でも理論上は使えますが、B社の方で動作確認が行われていなければ、万が一何かトラブルがあった際自己責任となってしまいます。

 

なので、既存のスマホをそのまま格安SIMで使いたい時は必ず動作確認端末一覧をチェックしなければなりません。

マイネオはその動作確認されている端末の数がドコモ300種類、au100種類と業界一を誇っています。

 

それ以外にも通信速度やキャンペーン、独自サービスの特化、パケットを無駄にしないという運営方針しており、2018年4月には利用者が100万回線を突破しました。

au版、ソフトバンク版のスマホでもSIMロック解除を行えば利用できるので、既存のスマホをそのまま使いたい方は一度はチェックしましょうね。

 

マイネオ詳細ページ
マイネオ公式ページへ

ドコモSIMロック解除のまとめ

ドコモSIMロック解除の要点
  1. ドコモ系の格安SIMは多いので、無理にSIMロック解除をする必要はない
  2. 沢山ありすぎて悩んでしまう人は僕で良ければ相談に乗ります。
  3. 他社回線を使いたい明確な理由があればSIMロック解除をしよう
  4. 海外旅行を頻繁に行く方はSIMフリー化しておくと現地のSIMが使えるよ

 

重複してしまいますが、ドコモ端末に限ってはSIMロック解除を行わなくてもドコモ系の格安SIMであれば挿し換えて初期設定をすればすぐに使うことができるので簡単です。

ただ、ドコモ系の格安SIMを扱っているMVNOはとても多いので、上記でもご紹介したご自身の目的に合った所を選ぶのがポイントになります。もし迷ってしまった場合、僕で良ければ相談に乗りますので、お問合せからメールを頂ければ幸いです。

 

また、毎月行っているキャンペーンを併用すれば、運用コスパが更にお得になります。各MVNOの詳細は最新のキャンペーン情報を参考にしてください。