SIMロック解除

ドコモのSIMロック解除手順を解説

この記事では、ドコモのSIMロック解除手順を初心者の方でもわかりやすく解説しています。

先に手順だけを確認したい方はこちら↓

ドコモのSIMロック解除手順
  1. ドコモオンラインショップ手続き(My docomo)にアクセス
  2. ドコモIDとパスワードを入力 ※不明の場合⇒こちら
  3. 下にスクロールして、【その他】から【SIMロック解除】をクリック
  4. SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)を入力
  5. SIMロック解除の注意事項を確認の上、SIMロック解除を申し込むをクリック
  6. 受付確認メールの送信先を選択し、届いたメールでSIMロック解除ができたことを確認する

ドコモ版スマホをSIMロック解除すれば、「ソフトバンク回線を使ったワイモバイル」や「au回線を使ったUQモバイル」も使えるようになり、選択肢の幅がもっとひろがります。

10分もあれば終わる簡単な作業なのでサクっとやっちゃいましょう

格安SIM会社のキャンペーン情報
Y!mobile(ヤフー店)「5のつく日・日曜日」なら最大10,000円分!詳細はこちら
UQモバイル公式へSIMのみ+MNP申込みで常に最大10,000円のキャッシュバック!申し込み手順はこちら
マイネオ公式へMNP乗り換えで基本料金6ヵ月間800円割引!キャンペーン詳細はこちら
Rakuten UN-LIMIT公式へ利用開始日から3ヵ月間基本料金無料!詳しくはこちらのキャンペーン・クーポンで解説しています

iPhone 6s以降全て対応に!

ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を解説
ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を画像付きで解説ドコモからワイモバイルに乗り換えるには、まずドコモからMNP予約番号を申し込み、取得し、ワイモバイルへ申し込みます。回線切替、APN初期設定はそのあと行いましょう。スマホ端末の切り替えなどが伴う場合には方法が変わる可能性がありますので、詳細ご確認ください。...
ドコモからUQモバイルに乗り換える手順を解説ドコモからUQモバイルに乗り換える方法を丁寧に解説しています。docomo版のiPhone・Android端末をそのままUQモバイルにMNP乗り換えしたい方は是非参考にしてください。...
ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を解説
ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を画像付きで解説ドコモからワイモバイルに乗り換えるには、まずドコモからMNP予約番号を申し込み、取得し、ワイモバイルへ申し込みます。回線切替、APN初期設定はそのあと行いましょう。スマホ端末の切り替えなどが伴う場合には方法が変わる可能性がありますので、詳細ご確認ください。...
楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)をiPhone11で使う手順を解説この記事では、4月8日よりスタートした楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)をiPhone11で使う手順をレビューしています。...

ドコモのSIMロック解除条件

これは全てのキャリアで言えることですが、各キャリアには他社のSIMカードが使えないようにSIMロックというのようなものがかけられています。

ですが、2015年5月に総務省から「ユーザーには自由に通信事業者を選べるようにしないとダメですよ。」というお達しがあり、ユーザーからの希望があれば一定の条件を満たした人には他社が使えるように「SIMロック解除」ができるようになりました。

現在ドコモでは販売時別にSIMロック解除の条件がありますので、それぞれ見ていきましょう。

2011年4月~2015年4月に発売された機種の手続き

ドコモで2011年4月~2015年4月に発売された機種のSIMロック解除条件は以下の通りです。

2011年4月~2015年4月解除条件
  1. 契約者本人である
  2. 故障していない
  3. ネットワーク利用制限がかかっていない
  4. SIMロック解除対象端末である
  5. 店舗のみで解除料(3,000円)がかかる

この時期の機種は現在(2019年5月)から見ると結構古く数も多いので、対応機種はドコモ公式ページでご確認ください。

SIMロック解除対応機種 – NTTdocomo

2015年5月以降に発売された機種の手続き

SIMロック解除と言えばこちらの方が巷ではよく言われる時期になります。

2015年5月以降の解除条件
  1. 契約者本人である
  2. 支払い方法がクレジットカードであれば100日以内でもSIMロック解除が可能に
  3. 一括購入の場合は即時解除できる
  4. 故障していない
  5. ネットワーク利用制限がかかっていない
  6. SIMロック解除対象端末である

※2020年2月19日からはSIMロック解除の受付条件を一部変更し、端末の支払い方法としてクレジットカードを選択した場合は、一括払い・分割払いに関わらず購入日から100日以内での解除が可能になります。

Source:NTTドコモ

2015年5月といってもピンと来ないかと思いますが、Androidであれば、

  • SHARP → AQUOS K SHF32以降
  • サムスン → Galaxy S6以降
  • SONY → Xperia Z4以降

などが挙げられます。

iPhoneシリーズに関してはiPhone 6s以降に発売された機種が全てSIMロック解除対象外となります。

ドコモを解約済みの中古スマホでも2019年2月20日からSIMロック解除可能に

ドコモを既に解約済みのスマートフォンをSIMロック解除を行うには、解約後から100日以内とされていましたが、2019年2月20日より規約変更でSIMロック解除が可能となりました。

SIMロック解除は「ドコモオンライン手続き」「ドコモショップ」にて手続きができます。

  1. 「ドコモオンライン手続き」でのお手続きにはdアカウントが必要です(事務手数料は無料)。
  2. 「ドコモショップ」でのお手続きは、1回の受付でお一人さま2台まで(一部の機種を除き、1台あたり3,000円の事務手数料がかかる)。

ドコモ端末は格安SIM選びに困ることがありませんが、中古スマホを購入し、au系やソフトバンク系の格安SIMを使いたい時はSIMロック解除を行いましょうね。

格安SIM会社のキャンペーン情報
Y!mobile(ヤフー店)「5のつく日・日曜日」なら最大10,000円分!詳細はこちら
UQモバイル公式へSIMのみ+MNP申込みで常に最大10,000円のキャッシュバック!申し込み手順はこちら
マイネオ公式へMNP乗り換えで基本料金6ヵ月間800円割引!キャンペーン詳細はこちら
Rakuten UN-LIMIT公式へ利用開始日から3ヵ月間基本料金無料!詳しくはこちらのキャンペーン・クーポンで解説しています

iPhone 6s以降全て対応に!

ドコモのSIMロック解除手順を解説

さてさて、それでは実際にドコモのSIMロック解除を行ってみましょう。

ドコモのSIMロック解除って聞くと難しそうなイメージを持つ方もいるかと思いますが、基本的な流れは以下の通りです。

凄くシンプルですね笑。

ドコモのSIMロック解除は、「オンライン」・「電話」・「店舗」といった手段がありますが、電話と店舗は事務手数料として3,000円がかかります

 

オンライン
(PC・スマホ)
無料
電話3,000円
店舗3,000円

オンライン(PC・スマホ)であれば無料ですし、特に難しいこともなく5分程度で完了する簡単な作業なのでまずはオンラインを優先しましょう。

基本的な流れは以下の通りです。

ドコモのSIMロック解除手順
  1. ドコモオンラインショップ手続き(My docomo)にアクセス
  2. ドコモIDとパスワードを入力 ※不明の場合⇒こちら
  3. 下にスクロールして、【その他】から【SIMロック解除】をクリック
  4. SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)を入力
  5. SIMロック解除の注意事項を確認の上、SIMロック解除を申し込むをクリック
  6. 受付確認メールの送信先を選択し、届いたメールでSIMロック解除ができたことを確認する

▼「My docomo」の左上にある三本線のメニューをタップして、その中の「サービス一覧」へと進みます。

ドコモのSIMロック解除画面

▼サービス一覧画面内にある「SIMロック解除」を選択します。

▼SIMロック解除する機種を選択します。

▼SIMロック解除を行う機種のIMEI番号を入力します。

  • iPhone:設定>一般>情報>IMEI
  • Android:設定>端末情報>機器の状態>IMEI番号>IMEI

▼「SIMロックを申し込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックを入れます。

docomoSIMロック解除を行っている実際の画像

▼最後に受付完了メールの送信先を選択して、申込みを完了させます。

docomoSIMロック解除

▼これでdocomoのSIMロック解除は完了です!

docomoSIMロック解除を行っている実際の画像
タブレ
タブレ
基本は流れ作業っスね
docomoSIMロック解除を行っている実際の画像
※Androidの場合は完了後にSIMロック解除コードも表示されるのでメモしておきましょう。
マヒロ
マヒロ
Androidは乗り換え先のSIMカードを端末に入れるとこの解除コードを聞いてくるから入力してあげればOKだよ

SIMロック解除をして使うおすすめな格安SIMは「ワイモバイル」や「UQモバイル」+「楽天モバイル」

申込みの時期やタイミングでお得は変化しますが、個人的ににおすすめなのは以下の3社です。

どちらもドコモのSIMロック解除が必要になる格安SIMですが、キャンペーンが強力なので格安SIMを選ぶ際にはぜひ候補の1つとして参考にしてください。

おすすめ①:ワイモバイル

Yモバイルのロゴ

今なら【SIMのみ】の申込みでPayPayボーナスライトが最大で10,000円分もらえちゃいます!

ドコモからワイモバイルへの乗り換え手順は別記事にてレビューしていますので、合わせて参考にしてください。

ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を解説
ドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を画像付きで解説ドコモからワイモバイルに乗り換えるには、まずドコモからMNP予約番号を申し込み、取得し、ワイモバイルへ申し込みます。回線切替、APN初期設定はそのあと行いましょう。スマホ端末の切り替えなどが伴う場合には方法が変わる可能性がありますので、詳細ご確認ください。...

最新のキャンペーンの情報はこちら

Yahoo!モバイル
オンラインストア

おすすめ②:UQモバイル

 

UQモバイルはau回線を使った格安SIMなので、SIMロック解除が必要になりますが、通信速度は爆速に加えて高額なキャッシュバックがあるなどと手間に見合った見返りは十分に得られます。

マヒロ
マヒロ
SIMロック解除の工程が1つ増えちゃうけど、通信速度や高額のキャッシュバックがあるから手間にかかる見返りは大きいよね

ドコモからUQモバイルへの乗り換え手順は別記事にてレビューしていますので、合わせて参考にしてください。

ドコモからUQモバイルに乗り換える手順を解説ドコモからUQモバイルに乗り換える方法を丁寧に解説しています。docomo版のiPhone・Android端末をそのままUQモバイルにMNP乗り換えしたい方は是非参考にしてください。...

また、料金プランもシンプルで分かりやすく、10,000円のキャッシュバックが人気です。最新のキャンペーン情報はこちら

UQモバイル公式へ

おすすめ③:楽天モバイル(アンリミット)

認知度が高いのでご存知の方も多いかと思いますが、2020年4月8日~始まった第4キャリアの「楽天モバイル UN-LIMIT」です。

利用開始日から3ヶ月間は基本料金が無料となるのでお得です。

ただ、注意点も多いので何も知らないで申込んでしまうと「こんなハズじゃなかった。。」となる可能性があるので、事前にデメリット・注意点の確認は必須です。

デメリット等は別記事で解説しているので、気になっている方は合わせて参考にしてくださいね。

楽天モバイル(アンリミット)のメリット・デメリットを解説楽天モバイル(アンリミット)は、「料金プランがシンプルでわかりやすい」「縛りが一切ない」「取扱端末やキャンペーンが豊富」といったメリット...
楽天モバイルのキャンペーンを解説
【2021年5月】楽天モバイルのキャンペーン・クーポンまとめこの記事では毎月行われている楽天モバイルのキャンペーン情報を分かりやすくまとめた特化ページです。キャンペーン情報はランニングコストを更に下げる大切な役割があるので、乗り換え前にはチェックしましょうね!...

↓直接公式サイトで確認したい方はこちら↓

楽天UN-LIMIT公式へ

ドコモSIMロック解除のまとめ

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

SIMロック解除のおさらい
  1. ドコモオンラインショップ手続き(My docomo)にアクセス
  2. ドコモIDとパスワードを入力 ※不明の場合⇒こちら
  3. 下にスクロールして、【その他】から【SIMロック解除】をクリック
  4. SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)を入力
  5. SIMロック解除の注意事項を確認の上、SIMロック解除を申し込むをクリック
  6. 受付確認メールの送信先を選択し、届いたメールでSIMロック解除ができたことを確認する

2020年6月時点で、ドコモから発売されている全てのスマートフォンは、過去発売のものを含め全てSIMロック解除が可能になりました。

SIMロック解除を行うとdocomo以外の通信回線を使った格安SIMや海外でも使えるようになります。

おさらいですが、SIMロックの解除方法には、以下の3つの手順があります。

  1. オンライン
  2. 電話
  3. docomoショップ

2015年5月以降に発売された端末なら、上記どの方法でも手続きができますが、2015年4月以前に発売された端末だとショップ店頭のみ、中古ショップでの購入や他人から譲り受けた端末では、Webまたはショップ店頭のみでの受付となりますので中古品は既にSIMロック解除がしてあるかどうかを確認しておきましょう。

また、電話やdocomoショップからSIMロック解除を行うと、端末1台につき3,300円の手数料が必要となるため、個人的にはオンラインからのSIMロック解除がオススメです。

人気のワイモバイルやUQモバイルはドコモで使っている端末をそのまま使う際には必ずSIMロック解除が必要になるので、この記事を参考にしながら行って頂ければ幸いです。

格安SIM会社のキャンペーン情報
Y!mobile(ヤフー店)「5のつく日・日曜日」なら最大10,000円分!詳細はこちら
UQモバイル公式へSIMのみ+MNP申込みで常に最大10,000円のキャッシュバック!申し込み手順はこちら
マイネオ公式へMNP乗り換えで基本料金6ヵ月間800円割引!キャンペーン詳細はこちら
Rakuten UN-LIMIT公式へ利用開始日から3ヵ月間基本料金無料!詳しくはこちらのキャンペーン・クーポンで解説しています

iPhone 6s以降も対応に!