FUJIWifi

FUJI Wifiコスパ最強説!フジワイファイの評判・特徴を実機を交えて徹底的にレビュー!

FUJI Wifi
タブレ
タブレ
半年とか1年スパンでモバイルWi-Fiを探してたら【FUJI Wifi】っていうモバイルルーターに辿り着いたんスけど、評判とかどんな会社なんスかね?
マヒロ
マヒロ
FUJI Wifiっていうのは、モバイルWi-Fiルーターをレンタル形式で提供している会社だよ!

レンタルだからWiMAXのように2~3年縛りや、違約金がないのが特徴なんだ!

今回タブレのように1か月~1年の短いスパンでモバイルWi-Fiを探している人にはピッタリな会社だよ!

ということで、今回はレンタルポケットWi-Fiで注目を浴びている「FUJI Wifi(フジワイファイ)」というレンタル会社を徹底的に解説します!

決して短い記事ではありませんが、この記事を読めば、FUJI Wifi初心者の方でも、1から10までFUJI Wifiが分かるように構成されています

基本的な特徴から料金プランやリアルな口コミ評判など僕の実機を交えながら、FUJI Wifiの魅力をご紹介していくので、ご検討中の方はぜひ参考にして頂ければ幸いです。

FUJI Wifi公式ページ

気になるページは以下、目次から簡単にジャンプできます。

FUJI Wifi(フジワイファイ)ってどんな会社?

タブレ
タブレ
オイラ「FUJI Wifi」っていう会社自体よく知らないんスけど、どんな会社なんスか?
マヒロ
マヒロ
「FUJI Wifi」は株式会社レグルスっていう会社が提供している、レンタル式のポケットWi-Fiを扱っている会社だよ!

レンタルとは言っても、借りるからには数ヵ月~年単位スパンの付き合いになるので、変なトラブルを避けるためにも会社(提供元)情報はしっかりとチェックするのが基本です。

以下が、提供元の会社情報となります。

社名 株式会社レグルス
設立 2010年9月
所在地 〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-35-7 平文社ビル 3F
業務内容 人材総合サービス事業
電話 03-5981-5450(代表)
タブレ
タブレ
あ、メインは人材総合事業の会社で通信事業者じゃないんスね
マヒロ
マヒロ
訪日する外国人観光客へ向けたインバウンド事業の一環として、Fuji Wifiを運営しているだね!

FUJI Wifiの特徴について

fuji-wifi

繰り返しになりますが、FUJI WifiはモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスを行っている会社で、回線はソフトバンク回線WiMAX2+回線の好きな方を選択できます。

通常、「モバイルルータ―」って聞くとUQコミュニケーションズが親元もWiMAX2+や、Yahoo!が親元のPocket Wi-Fiを思い浮かべるかと思います。

これらはにプロバイダーを経由する申し込みになるので、2年契約もしくは3年契約の長期契約が基本となっています。

タブレ
タブレ
決して安い契約じゃないから、長期の縛り期間があると中々手が出せないっスよね
マヒロ
マヒロ
確かにWiMAXの平均的な月3,500円×2年間でも84,000円はかかるから気軽ってわけにはいかないよね!

FUJI Wifiはレンタルだから、モバイルWi-Fiデビューの人には凄く有難い!

FUJI Wifiの最大の特徴は1ヵ月スパンでレンタルできるという点です。

僕もそうですが、初めて「モバイルルータ―を使ってみたいな」と考えた時真っ先に浮かんだのが、

・ちゃんと繋がるかな?
・途中で必要なくなったらどうしよう。。
・プロバイダー契約とかって途中で解約すると違約金が高いんだよなー
・出張が多い1ヵ月間だけでいいんだよなー

といった心配ごとはありました。

WiMAXにも「Try WiMAX」という15日間のお試しもありますが、面倒くさがり屋だったので「レンタルだし、1ヵ月間なら申込んじゃえ!」という気持ちでFUJI wifiを申込みました笑

タブレ
タブレ
あ、最初はノリと勢いだったんスね
マヒロ
マヒロ
僕のパパはいつもこんな感じだよ!

実際に自分で試してみたい性格なんだよね!

確かに、長期でまとまった固定費がかかるのが確定するよりも、スタバ5回の節約で失敗を防げるのは賢いですね!笑

本来であればプロバイダー経由でのWiMAXやポケットWi-Fi契約は基本が2年~3年縛りなので、「もし自分に合わなかったらどうしよう。。」「途中で必要なくなったらどうしよう。。」というのが問題点で一歩踏み出せない人は多いはずです。

ですが、レンタルであれば違約金の心配がないので、気軽に「FUJI Wifi(モバイルルータ―)」を試せるのは有難いですよね。

FUJI Wifiの気になる料金プランと月額料金

FUJIwifiの料金

FUJI WiFiの料金プランは25GBから無制限プランまで合計6つの料金プランがあります。

FUJI WiFiではソフトバンク回線のWiFiルーター、もしくはWiMAX2+のモバイルWiFiルーターをレンタルすることができます。

タブレ
タブレ
ということは、ソフトバンク回線がWiMAX2+回線の好きな方を選ぶことができるんスね

また、2018年8月から、おまとめ期間分(3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、13ヶ月)を一括で支払うことで月額実質料金が割引となる『おまとめプラン』もリリースされました。

FUJI wifiのプランの種類・月額料金を更に詳しく知りたい方は、「FUJI wifiの料金プランを徹底的に解説するよ!」で詳しくまとめていますので、そちらを参考にしてください。

FUJI Wifiの料金プラン
を更に詳しく!

 

料金プラン 月額料金 おまとめプラン
実質月額料金
初期費用
4G/LTEいつも快適プラン 6,000円 4,980円~ 2,000円
200ギガプラン 4,800円 4,280円~
100ギガプラン 3,800円 3,280円~
50ギガプラン 3,100円 2,680円~
25ギガプラン 2,500円 2,180円~
WiMAX2+ with au4G/LTE 3,200円
タブレ
タブレ
え、、1ヵ月100GBで3,800円なんスか。。ヤバいっスね汗

僕も最初は「なんちゅーコスパだ。。」と驚きましたが、ネット上でも同じ人がいました笑

マヒロ
マヒロ
持ち運びの自由度があって、100GB:3,800円なら家族みんなで使えるよね!

僕のウチも車用Wi-Fiとして活躍しているよ!

fujiwifiを車の中で使う

【要確認】レンタルする端末は自分で選ぶことはできない

これは【FUJI Wifiのデメリット」でも触れていますが、レンタルする端末は自分で選ぶことはできません。

ただし、おおよそプランによってルーターの種類は決まっています。現時点(2019年1月)だと以下のような振り分けとなっています。

ルーター 対応プラン
FS030W 4G/LTEいつも快適プラン
200ギガプラン
100ギガプラン
50ギガプラン
25ギガプラン
台湾プラン
ARIA2 4G/LTEいつも快適プラン
Speed Wi-Fi NEXT W05 WiMAX2+/with4G/LTEプラン
Speed Wi-Fi NEXT W04 WiMAX2+/with4G/LTEプラン
304ZT 4G/LTEいつも快適プラン
100ギガプラン
501HW 4G/LTEいつも快適プラン
100ギガプラン
E5577 韓国プラン
タブレ
タブレ
基本的に「FS030W」になる確率が高そうっスね

因みに僕も「FS030W」でした笑

FS030Wの一式画像

FS030Wがどういったモバイルルータ―なのか気になる方は、別記事で端末レビューしてるので合わせて参考にしてくださいね。

FS030Wってこんなルーターだよ!
レビューページへ

SIMのみをレンタルすることも可能

fujiwifiはSIMのみのレンタルも可能

「SIMプラン(SIMのみ)」の契約は、既にSIMフリーモバイルルータ―をお持ちの方が対象になるプランです。

MVNOの格安SIMでも利用できますが、大容量プランを探している方はFUJI Wifiは貴重ですね!

 

あわせて読みたい
SIMフリーモバイルルーターの画像
[縛り・違約金一切なし!]SIMフリーモバイルルーターを格安SIMで安く使おう!「格安SIMのデータSIMを賢く使おう!特徴や活用方法を解説するよ!」でも触れていますが、格安SIMの「データSIM」を使えばモバイルW...

Fuji Wi-Fiの対応エリアは広い?狭い?

タブレ
タブレ
いくら料金が安かったり、しても肝心な繋がり具合がダメだったら意味がないと思うんスけど、その辺りはどうなんスかね?

タブレ君の言う通り、どんだけ月額料金が安価で利用できても、

  • 繋がらない…
  • 動画視聴中にクルクルと何回も停止する…

じゃ意味がありませんよね。

安さを取っても、ストレスも一緒に付いて来たら意味がありません。そこで、それぞれプランごとの通信回線を再度確認してみました。

料金プラン 4G/LTEいつも快適プラン/25GBプラン/50GBプラン/100GBプラン/200GBプラン WiMAX2+ with4G/LTEプラン
利用回線 Softbank回線 WiMAX2+回線
エリア確認 Softbank WiMAX2+

通信エリアでも確認できますが、Softbank回線とWiMAX2+回線とでは利用する周波数帯が異なるので、繋がりやすさのエリアは微妙に異なります。

それでも、年々利用できるエリアは拡大しているので大中都市であればほとんど利用可能な状態にはなっています。

マヒロ
マヒロ
僕も今後色々な場所で使って来るからレビューを楽しみにしててね!

fujiwifi速度計測の画像
マヒロ
マヒロ
パパの実家も田舎だけど、速度は十分だったよ!

FUJI Wifiを一日持って家族のお出かけレビューもあるので、合わせて参考にして頂ければ幸いです。

↓ ↓

お出かけレビュー

FUJI Wifiの通信速度はどのくらい?

 

通信速度は色々な要因が重なるので一概には言えませんが、何も考えないで朝車内でタブレットを繋げた時にGoogleの「スピードテスト」で計測したら下り30.2Mbpsでした。

fujiwifiの速度計測

ちょっとした地方のスーパー銭湯でもネット環境には十分な速度が出ています。

利用する周波数帯域について

FUJI Wifiで利用するモバイルルーターには機種によって「2.4GHz」と「5GHz」(もしくは「2.4GHz」のみ)があ、初期状態(出庫状態)では「2.4GHz」で設定されています。

こちらはご自身で変更ができるので、利用場所によって使い分けましょう。

2.4GHzの特徴

・電波が遠くまで届きやすい
・天井や壁に強い
・対応機が多い
・通信速度は5GHzより遅め
・色々な製品で使用されている無線帯域なので、混雑して不安定になりやすい

5GHzの特徴

・電波が届く距離は短い
・通信速度が速い
・電波干渉に強い
・遮断物に弱い
・2.4GHzと比較してより高速な通信が可能です
・旧世代のWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合がある

タブレ
タブレ
一番多きな違いは電波が遠くに届くかどうかっスね
マヒロ
マヒロ
そうだね!

でもモバイルルーターは常に自分の手元にあることの方がいいから、5GHzで使った方が良いかもね!

もちろん、利用環境で異なるので一概には言えませんが、「2.4GHz」と「5GHz」の両方が使えるモバイルルーターであれば、一度使い分けてみてご自身の環境に合った方で使ってみてくださいね。

 

通信方式の変更(2.4GHz → 5GHz)は端末によって、異なります。

FS030W:PCに繋いで変更する

501HW:端末から変更可能

FUJI Wifiの評判や口コミ情報を徹底調査

smsのイラスト

「FUJI Wifi」の評判はネット上でも評判がよく、リアルな生な声を集めてみました。

FUJI Wifiはレンタルなのにソフトバンクの4G/LTEが使えるのが強みですね。住んでいる地域や場所にもよるかとは思いますが、WiMAXの場合は月額+1,000円の「ハイスピードプラスエリアモード」を使わないと4G/LTEが使えないので、その辺りもFUJI Wifiは優秀だと感じます。

タブレ
タブレ
通信速度も上々っスけど、やっぱりWiMAXとかと違って縛り期間がないから今まで躊躇してた人も気楽に試せるツイートが目立つっスね
マヒロ
マヒロ
サポートに関しても評判がいいよね!

2018年12月にあったソフトバンクの通信障害の時は「FUJI Wifi」も影響がありました。

タブレ
タブレ
Softbank回線を使っているから、フジワイファイにも影響がるんスね
マヒロ
マヒロ
滅多にあることじゃないけど、メイン回線がダメにあると影響は受けるね!

FUJI Wifiの申し込み手順⇒ネットショッピングと同じ感覚でOK!本人確認書類とクレジットカードを準備しておこう!

モバイルルーターを初めてレンタルするっていう人は、「大丈夫かな・・」と心配する方もいるかと思いますが、FUJI Wifiの申し込み手順はたったの4ステップで完了します。

FUJI Wifi申し込みの流れ
  1. FUJI Wifiの公式サイトから申し込む
  2. 先にレグルス会員登録
  3. プランを選択する
  4. 基本情報を入力する

たった4ステップで完了します。

また、申し込み時に「本人確認書類(免許証・保険証)」をアップロードして提出するので、先に写真を撮っておくと便利です。

支払い方法は、「クレジットカードのみ」となっています。

タブレ
タブレ
たった4ステップならオイラでもできそうっスね
マヒロ
マヒロ
先に免許証やクレジットカードを準備しておけばもっとスムーズに申し込めるよ!

FUJI Wifiの申し込み手順は別記事にて、実際の画像を交えながら解説しているのでそちらを参考にしてくださいね!

FUJI Wifi
申し込みレビューへ

FUJI Wifiのメリットとデメリット

マヒロ
マヒロ
それじゃ、FUJI Wifiの基本的な内容は確認したから、次はメリットとデメリットを確認してみようか!
タブレ
タブレ
何でもメリットとデメリットはあるから、FUJI Wifiを気持ちよく使うためにも確認しておきたいっスね!

それでは、それぞれ確認していきましょう!

FUJI Wifiのメリット

FUJI Wifiのメリット
  1. 契約期間の縛りが無い&違約金もない!
  2. 初期費用が安く済む
  3. 利用の幅がオールラウンダー
  4. SoftbankとWiMAX2+の電波帯が選べる
  5. 用途に合わせてプランと金額が選べる
  6. マイページがシンプルで解約手続きも簡単

メリット1:契約期間の縛りや違約金が一切ない

これが一番の強み&特徴ですが、

FUJI WifiはモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス会社なので、プロバイダー経由での契約とは違うので、2年~3年の縛りはありませんし、それに伴う違約金もありません。

もちろん、最初から長期で使う方であればプロバイダを経由した方がキャンペーンを得ることもできるので、自分がどのくらいの期間を使うのか明確にしておくのも1つの判断基準になります。

逆に、「モバイルルーターを試してみたい」「短いスパンで使いたい」という方にはFUJI Wifiは最強です。

メリット2:初期費用が安い

以下がFUJI Wifiを最初に申込んだ時にかかる初期費用です。

項目 金額
契約手数料
契約時のみ
2,000円
端末代 0円
送料 0円
ACアダプタ
希望する方のみ
300円
プラン料金 プランによる

会社によっては「新規事務手数料」がやたら高い所もありますが、FUJI WIfiは契約時2,000円ポッキリで済みます。

また、ACアダプタは希望すれば購入も可能です。

メリット3:利用の幅がとにかく広い

普段僕は、格安スマホをテザリングしてモバイルルーター代わりや、SIMフリータイプのPIX-MT100を使っているので余計にその柔軟さを感じているのかもしれませんが、

  • 通信速度の安定感
  • 使う場所を選ばない
  • 単体そのものが使えるのでバッテリーの心配がない

この3つは特にモバイルルーターの強みを感じました。

PIX-MT100も使い方は面白いのですが、電源をUSB経由でしか取れないので必ず「端末+電源元」が必要になります。

また、ちょっとした作業であればスマホのテザリングで事足りますが、スマホ自体のバッテリーを消費する。時間帯によっては通信速度が弱くなるので、ガッツリ作業を行う人にとっては単体でのモバイルルーターの方が安心感があります。

また、FUJI Wifiのモバイルルーターをポケットや鞄に入れて置くだけで、どこもでもWi-Fi環境が作れるし、届いたら即利用可能といった利用の幅や手軽さはダントツです。

タブレ
タブレ
面倒な手間がないのがいいっスね
マヒロ
マヒロ
使い方が簡単だから、機械が苦手な人でも安心だね!

メリット4:SoftbankとWiMAX2+の電波帯が選べる

少し難しい話ですが、FUJI Wifiで基本となっているプラン(25GB~200GB、4G/LTEいつも快適プラン)はSoftbank回線を利用しています。

Softbankのメイン対応バンドはバンド1バント8が使われています。

バンド1の特徴

2.1GHz帯(1960-1980MHz)

各キャリアがメインで使っているバンド(周波数帯)。

比較的高周波帯なので、通信容量が多く大容量のデータを高速で通信することができる代わりに、低周波帯(プラチナバンド)と比べると電波の届く範囲が狭い。

基地局が多かったら基地局の分だけカバーできるので、基地局の多い都市部で使われています。

周波数帯域幅は1~15MHzで使用されています。

バンド8の特徴

900MHz帯(905-915MHz、950-960MHz)

よく聞くプラチナバンドの周波数帯です。

プラチナバンドは、低周波帯の電波で通信速度が遅い代わりに、高い周波数よりも遠くまで電波が届きやすいという特徴があるので、地方や田舎・山間部などでありがたいバンドです。

また、WiMAX2+/with4G/LTEプランはWiMAX2+回線を使っています。

よく「WiMAX2+は障害物や建物内に弱い」ということを聞きますが、これはWiMAX2+のメインである周波数帯が1つの原因となっています。

WiMAX2+の周波数帯は2.4GHz帯の周波数を利用しています

この2.4GHz帯域はSoftbank回線でも使われていますが、高い周波数は遠くに飛ばすという利点がありますが、障害物に弱いという特性を持っているので、WiMAX2+は場所によると「あれ?思ったよりも繋がりにくいな。。」

という現象がおきます。

それを補うために、WiMAX2+は障害物に強い周波数帯(800MHz帯)のハイスピードエリアプラスモードをオプションで使えますが、一度でも使うと月額料金が1,000円増額されてしまい、ハイスピードエリアプラスモードの上限は7GBなので、これは最後の手段です。

タブレ
タブレ
ということは、高い周波数帯と低い周波数帯の両方が使えるソフトバンク回線プランの方がお得っスね!
マヒロ
マヒロ
そうだね!本来ならWiMAX2+は別途金額を払わないと低り周波数帯が使えなかったけど、ソフトバンク回線の方は別途料金がかからないから話題になったんだよ!

FUJI WifiはSoftbankの4G LTEそのものが使えちゃうんです!

実際に高速道路やトンネル内でも快調です!

高速道路でのフジWi-Fi トンネル内でのフジワイファイ

もちろん、利用する状況や様々な要因が重なって通信速度や通信品質が決まるので一概にはいませんが、まだFUJI Wifiを使ったことがない方は、この機会にソフトバンク回線を使ったプランを選んでみてくださいね。

メリット5:マイページがシンプルで解約手続きも簡単

フジワイファイは、契約情報の確認や解約手続きなどを全てマイページにログインして行います。

もう1台追加でレンタルしたいときやプランを変更したいというときもマイページからできます。

fujiwifiのマイページ画像

また、解約もマイページから行えます。

fujiwifiの解約画面
タブレ
タブレ
めっちゃシンプルだから、契約後にでも一通り確認してくれっス

FUJI Wifiのデメリット

FUJI Wifiのデメリット
  1. 端末は選ぶことができない
  2. キャンペーンがあまりない
  3. 過去に1回個人情報(氏名・メールアドレス)が流出している

デメリット1:レンタル端末は自分で選ぶことができない

FUJI Wifiの端末は全てレンタルで、全7機種を扱っています(2019年2月時点)。

ですが、端末は在庫状況などによってランダムで選択されるので、自分で「これ使いたい」という指定はできません。

正確にはプランによってある程度決まっていますが、ほとんどは「FS030W」になることが多く、僕もFS030Wでした笑

FS030Wの実機画像

FS030Wに関しては別ページで詳しく解説しているので、合わせて参考にして頂ければなっと思います!

FS030Wのレビューへ

デメリット2:キャンペーンがあまりない

FUJI Wifiでは、格安でレンタルしている。1ヵ月間だけ借りられる。というのもあって、キャンペーンがあまりありません

タブレ
タブレ
確かにキャンペーン出して、1ヵ月で解約になったら流石にWUFI Wifi側もキツイっスもんね

たまに、クーポンコードというものが、公式Twitterなどでツイートされる時があるので、フォローしておくとお得な情報はキャッチできます。

⇒ FUJI Wifi公式Twitter

また、FUJI Wifiは基本的に短いスパン(1年以内の利用)を目的としている方が多いのが特徴です。

もちろん、気に入れば長期利用も全然OKですが、最初から長期利用が確定している方は、WiMAX2+などを扱うプロバイダー経由の方が強めのキャンペーンを打っていることが多いです。

マヒロ
マヒロ
自分は長期利用なのか、短期利用なのか最初に確認しておくといいよ!

デメリット3:過去に1回個人情報(氏名・メールアドレス)が流出している

FUJI Wifiは公式サイトにも記載されていますが、2017年1月24日にシステムアップデートの際にトラブルを起こし、顧客の氏名メールアドレスが流出するトラブルが発生しました。

予測できない事故はありますが、こればかりは今後のセキュリティの強化に努めて頂きたいと願うばかりです。

まとめ:FUJI Wifiの使い道は多種多様!縛りや違約金で悩んで最初の一歩を踏み出せない人にピッタリ!

FUJI wifiでレンタルしたFS030Wの画像

FUJI Wifiの評判や口コミの多くは、やはり長期の縛り期間や途中解約による違約金が一歳ないので、気軽にモバイルルータ―が使えるという点に集中しています。

もちろん、通信速度は折り紙付きなので安心です。

100GB:3,800円といった破格も魅力なので、光回線を引けない方も固定Wi-Fiとしての役割は十分に果たせます。

また、WiMAX2+回線ではなく、SoftBank回線の4G LTEが使えるのでこれまでWiMAX2+しか使ってこなかった方も一度お試しで使ってみるのでも良いですね!

FUJI Wifi申し込み
レビューはこちら

FUJI Wifi公式ページ