GooglePixel

Pixel 6を格安SIMで使う手順を解説

この記事では、「Pixel 6」を格安SIMで使う手順について詳しくレビューしています。

また、この記事で紹介している「Pixel 6」は国内版のSIMフリーモデルです。

11/7までにグーグルストアで購入すると商品発送日から3週間後に11,000円分のグーグルストアクレジットがもらえます。)

前半で格安SIM+Pixel 6の使い方を、後半で基本的な特徴・スペック・対応バンド・外観についてご紹介しています。

詳しく書いているのでどうしても長文になりますが、Pixel 6を購入する初心者の方でも理解できるように1~10まで丁寧にレビューしています!

なので、最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

それでは、いってみましょう。

各社のキャンペーン
楽天モバイル公式へ
動作確認済
3ヵ月間基本料金無料!詳しくはこちらのキャンペーン・クーポンで解説しています

動作確認の詳細はこちら

SIMのみ+MNP契約で20,000円分ポイント!(新規契約は5,000ポイント)新規事務手数料無料!

Y!mobile(ヤフー店)
動作確認済
いつ申し込んでも最大10,000円分のPayPayボーナス! 詳細はこちら
UQモバイル公式へ
動作確認済
SIMのみ+MNP申込みで常にau Pay残高最大10,000円のキャッシュバック中!申し込み手順はこちら
IIJmio公式へ
動作確認済
新規事務手数料無料!2GB858円~

詳しいキャンペーン情報はこちら

ビッグローブ公式へ
動作確認済
限定特典あり。1年間基本プラン割引!加えてエンタメオプションも6ヶ月間無料です。詳しいキャンペーン情報はこちら
ahamo公式へ
動作確認済
最新のキャンペーンはこちら
LINEMO公式へ
動作確認済
他社からのMNPで10,000円分のPayPay。最新のキャンペーンはこちら

Pixel 6を格安SIMで使う手順について

Pixel 6を格安SIMやキャリアサブへ乗り換える手順はとっても簡単で、以下5つの手順で完了します。

  1. Pixel 6を先に入手する
  2. 現在利用中の携帯会社からMNP予約番号を取得する
  3. MVNO・キャリアサブへ申し込む
  4. SIMカードが届いたら回線切替を行う
  5. APN(初期設定)を行う

それでは1つずつ解説していきます。

手順①:Pixel 6を入手する

「Pixel 6」は国内SIMフリー版とSoftBankとauから発売されますが、「Pixel 6」に機種変更するタイミングで格安SIMやキャリアサブブランドへの乗り換えを検討しているのであれば、「Googleオンラインストア」でSIMフリー版を購入を推奨します。

https://store.google.com/jp/product/pixel_6?hl=ja

Pixelシリーズをセット販売しているMVNOは今のところないので、格安SIMへ乗り換えるタイミングでPixel 6に機種変更したい方は先にPixel 6を購入しておきましょう。

Google公式ストア

また今回はソフトバンクとauからPixel 6が発売されます。(Pixel 6 ProはSoftBankのみ)

現在ソフトバンクユーザー、auユーザーでそのまま購入したい方は以下リンクから専用ページへ飛べます。

ソフトバンク版 Pixel 6はこちら

au版 Pixel 6はこちら

Pixel 6を購入したら次は「MNP予約番号」の取得へと進みます。

手順②:MNP予約番号を取得する

他社で使っている電話番号をそのままMNP先で使うには、現在利用中の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

各社のMNP予約番号は以下のとおり。

docomoドコモスマホから「151」へ電話をかけ、MNP予約番号発行希望を伝える。「My docomo」からの取得も可能
auauスマホ・一般電話から「0077-75470」へ電話をかけ、MNP予約番号発行希望を伝える。「My au」からの発行も可能
SoftBankSoftBankスマホから「*5533」へ電話をかける。一般電話からは「0800-100-5533
楽天モバイル「my楽天モバイル」にアクセス>画面右上の三本線メニューから「my 楽天モバイル」→「契約プラン」→「各種手続き」→「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」
UQモバイル「my UQmobile」にログインした後、「契約確認・変更」のタブを選択>料金プランの「詳細を確認・変更する」をタップ>「MNP予約」をタップ
Y!mobile「my Y!mobile」にアクセス>MNP予約関連手続きをタップする」→「注意事項確認」→「4桁の暗証番号入力」→「本人確認をする」→「MNP予約番号の発行」→アンケートに答える→「予約番号発行の転出時期を選択」→予約番号取得
LINEモバイル「LINEモバイルのマイページ」にログイン>「解約・MNP転出」を選択>「MNP予約番号発行を申し込む」を選択>アンケートに答えて「実行する」で完了

発行されるMNP予約番号には15日間の期限がありますが、MNP乗り換えをするにはこの有効期限が○○日以上必要になり、必要日数は乗り換え先で異なります。

docomoからahamoやauからpovo、ソフトバンクからY!mobile・LINEMOへの乗り換えはMNP予約番号の取得は不要といったように、利用元から乗り換え先によってはMNP予約番号が不要なケースもあります。

また、有効期限内であっても途中申込み内容のミスなどがあると必要以上に日数がかかってしまうことがあります。

それでも有効期限日数はカウントされてしまうので、場合によっては必要残日数が足りなくなるというトラブルも多々あります。

なので、トラブルを避けるためにMNP予約番号を取得したらそのまま申し込み済ませてしまいましょう!

手順③:格安SIMを申し込む

MNP予約番号を入手したら、希望するMVNO・キャリアサブブランドへ申し込みを行います。

各MVNOの申込み手順はそれぞれレビューがありますので、そちらを参考にしてください!

マヒロ
マヒロ
キャンペーンを絡めるとトータルコストをもっと下げられるから最新のキャンペーンはチェックしておこうね
各社のキャンペーン
楽天モバイル公式へ3ヵ月間基本料金無料!詳しくはこちらのキャンペーン・クーポンで解説しています

動作確認の詳細はこちら

新規+MNP契約で最大20,000円分ポイント!(新規契約は5,000ポイント)新規事務手数料無料!

Y!mobile(ヤフー店)いつ申し込んでも最大10,000円分のPayPayボーナス! 詳細はこちら
UQモバイル公式へSIMのみ+MNP申込みで常にau Pay残高最大10,000円のキャッシュバック中!申し込み手順はこちら
IIJmio公式へ新規事務手数料無料!2GB858円~

詳しいキャンペーン情報はこちら

ビッグローブ公式へ限定特典あり。1年間基本プラン割引!加えてエンタメオプションも6ヶ月間無料です。詳しいキャンペーン情報はこちら
ahamo公式へ最新のキャンペーンはこちら
LINEMO公式へ他社からのMNPで最大10,000円分のPayPay。最新のキャンペーンはこちら

後半でも説明しますが、「pixel 6」の対応バンドはdocomo系、au系、ソフトバンク系(ワイモバイル)、UQモバイル、楽天モバイルで主要な4G LTEを全てカバーしています。

僕はpixel 3aからSIMフリー版を愛用していますが、これまでのシリーズを含めて使えているので、今回のpixel 6も規格上は全て利用可能です。

手順④:格安SIMが届いたら各MVNOの手順に沿って、回線切替を行う

キャリアからのMNP乗り換えの方は、SIMカードが届いたらキャリアから申込んだMVNOへ電話番号を移行する「回線切替」を行います。

この手順で行えば「Pixel 6」で乗り換え先の通信事業社でも同じ電話番号が使えるようになります。

回線切替手順は「電話から」「マイページから」の2パターンだよ

タブレ
タブレ
回線切替ってどういう手順を踏めばいいんスか?
マヒロ
マヒロ
SIMカードと一緒に説明書が同封されているから、各会社の手引き通り進めれば問題ないよ!

因みに回線切替の手順のほとんどは、以下の

  1. 回線手続き専用の電話番号にかける
  2. Myページから回線切替を行う

どちらかになります。

電話をかけてMNP切替(例:ワイモバイル・IIJmioなど)

マヒロ
マヒロ
電話からの切り替えは同封してある小拍子に記載してある電話番号に電話をかけるだけで完了するよ

マイページからMNP切替(例:UQモバイル)

マヒロ
マヒロ
マイページへのログイン型は申込時に決めるログインIDやパスワードが必要になるよ

MNP切替の作業自体は5分程度。回線が切り替わるのは即時~30分程度で完了します。

そして、回線が切り替わったと同時に利用していたキャリアは自動的に解約となります!

タブレ
タブレ
オイラも実際やってみたっスけど、簡単だったっスよ

手順⑤:回線切替が完了したらSIMカードをPixel 6に挿し、APN設定を行う

マヒロ
マヒロ
最後はGoogle Pixel 6のAPN設定をすれば完了だよ
タブレ
タブレ
・・・?なんスか?APNって?

APNはGoogle Pixel 6で契約した格安SIMの電波をキャッチできるようにするネットワーク通信設定です。

マヒロ
マヒロ
これも簡単だから一緒に確認しちゃおうね

まずはGoogle Pixel 6にSIMカードをセットしよう

上記の回線切替が完了したら、Pixel 6で契約した格安SIM会社のSIMカードをセットしていきます。

端末側面にある小さな穴に付属のSIMピンを挿し込めが「SIMスロット」がピョコンっと飛び出します。

SIMスロットの取り出し方の詳しい説明は別記事にて解説していますので、不安な方は合わせて参考にしてくださいね。

【画像付き】SIMカードの取り出し方と挿入方法を解説格安SIMの契約をしたら自分で端末のSIMカードを挿し換える必要があります。この記事では、SIMカードの取り外しや挿入方法と、スマホユーザーにありがちなトラブル対処法を紹介します。...

Pixel 6にSIMカードがセットできたら各会社のAPN設定をしようね

Pixel 6にSIMカードにSIMカードをセットしたら最後に各格安SIM会社に基づいたAPN情報を入力していきます。

また、このAPN設定ですが最近はSIMカードを挿すだけでAPNが完了しちゃう通信事業社もあります。

「Pixel 6」の場合まだ全部ではありませんが、楽天モバイルとワイモバイル、ahamo、povo、LINEMOはSIMカードをセットしただけでAPNは完了しました。↓

UQモバイルは手動でのAPN設定でした。

※注意※UQモバイルやIIJmioのau回線プランなどはAPN値の設定を変更しなければならないので、初心者さんはUQモバイルおよび、au系のMVNOは避けた方が無難です。)

自動か手動かは格安SIM会社によって異なります。

この他、僕が現在使っているキャリア通信で試した結果、以下全て使えました。

各社利用状況
楽天モバイル通話:○、データ通信(LTE)○
ワイモバイル
UQモバイル
ahamo
povo
LINEMO
ビッグローブモバイル(Dプラン)
IIJmio(Dプラン)
マイネオ(Dプラン)

僕の住んでいる地域は5G対象ではないので5Gに関してはまだ検証できていません。

タブレ
タブレ
これだからPixelシリーズは使いやすいっスよね

以上がGoogle Pixel 6を使って、キャリアから格安SIMへ乗り換える大まかな手順となります。

マヒロ
マヒロ
申込む時にキャンペーンも併用するともっとお得になるからタイミングが合う人は必ず活用しようね
各社のキャンペーン
楽天モバイル公式へ3ヵ月間基本料金無料!詳しくはこちらのキャンペーン・クーポンで解説しています

動作確認の詳細はこちら

SIMのみ+MNP契約で20,000円分ポイント!(新規契約は5,000ポイント)新規事務手数料無料!

Y!mobile(ヤフー店)いつ申し込んでも最大10,000円分のPayPayボーナス! 詳細はこちら
UQモバイル公式へSIMのみ+MNP申込みで常にau Pay残高最大10,000円のキャッシュバック中!申し込み手順はこちら
IIJmio公式へ新規事務手数料無料!2GB858円~

詳しいキャンペーン情報はこちら

ビッグローブ公式へ限定特典あり。1年間基本プラン割引!加えてエンタメオプションも6ヶ月間無料です。詳しいキャンペーン情報はこちら
ahamo公式へ最新のキャンペーンはこちら
LINEMO公式へ他社からのMNPで最大10,000円分のPayPay。最新のキャンペーンはこちら

 

色々な格安SIMとの検証も含めて各社別のレビューも追記していきます。

Google Pixel 6を楽天モバイルで使う手順を解説この記事では「Pixel 6」を楽天モバイルで使ってみたレビュー記事です。 また今回レビューで使うのは「Googleストアで購入し...
Pixel 6をLINEMO(ラインモ)で使う手順を解説この記事ではLINEMOでPixel 6を使う手順(他社からの乗り換え手順)を解説しています。 結論から先に言うと、LINEMOで...
Pixel 6をUQモバイルで使う手順を解説この記事ではUQモバイルでPixel 6を使う手順(他社からの乗り換え手順)を解説しています。 結論から先に言うと、UQモバイルで...

Google Pixel 6の基本をサラっと確認しておこう

Pixel 6の基本スペックサラっと確認

・SoC: Tensorチップ
・OS: Android 12
・ディスプレイ: 6.4インチ OLED
・解像度:2,400 x 1,080
・リフレッシュレート90Hzに対応
・RAM: 8GB
・ROM: 128GB/256GB
・メイン 5,000万画素、超広角 1,200万画素
・インカメラ800万画素
・4,614mAhバッテリー、30W急速充電に対応、逆充電にも対応
・防水規格: IP68
・Bluetooth5.2
・シングルスロット(nanoSIM・eSIM)
・重さ 207g
・おサイフケータイ対応
・イヤホンジャック:非対応
・カラーバリエーション:ストーミーブラック、ソータシーフォーム、カインダコーラル
・その他: eSIM、NFC、ワイヤレスチャージ(給電も可能)、背面指紋認証
・価格:74,800円(Googleオンラインストア)

マヒロ
マヒロ
まずはPixel 6の基本的な仕様を紹介していくね

また、当サイトでレビューするのはGoogleストア購入の「国内SIMフリー版」となります。

Google公式ストア

今回の「Pixel 6」はGoogle独自開発チップの「Tensor」を搭載します。

主にフォトグラフィーや音声認識に用いるAIに特化した設計となっており、リアルタイム翻訳や、写真で除去(修正)する「消しゴムマジック」など、高度なオンデバイスAIの利用が可能。

おサイフケータイやデュアルSIM(nanoSIMとeSIM)、IP68防水防塵といったライフスタイル向けの仕様は健在です。

ここで前作(Pixel 5)と基本的なスペックを表にしてみました↓

Pixel 6Pixel 5
ディスプレイ6.4インチ
有機EL
6.0インチ
有機EL
SoCTensorSnapdragon 765G
ストレージ8GB/128GB
解像度2,400×10802,340×1080
サイズ約158.9×74.8×8.9mm約144.7×70.4×8mm
背面カメラ5000万画素(広角)
1200万(超広角)
1220万画素(広角)
1600万画素(超広角)
前面カメラ800万画素(広角)
重さ204g151g
おサイフケータイ
バッテリー4680mAh
急速充電30W対応
4080mAh
急速充電18W対応
防水IP68
価格7万4800円7万4800円
購入箇所によって変化

比較表でも確認できますが、基本的な性能面は同じですが「Pixel 6」の方がチップ性能、バッテリーに優れています。

特にPixel 6のチップセットの「Tensor」はまだ明確な情報はわかりませんが、総合的なパフォーマンスとしては、「Pixel 5」の「Snapdragon 765G」にくらべて80%の性能向上を果たしていると言われています。

この辺りも実機が届いてから楽しみですね。

Pixel5の方がいわゆる「型落ち」になるので、ベース価格は同じですが販売箇所によっては安く購入できます。

ただ、個人的に価格を抑えたいのであれば「Pixel 5a」が5万1700円で購入できるので、そちらを推奨します。

Google Pixel 5a を格安SIMで使う手順を解説この記事では、「Pixel 5a」の基本的なスペックや特徴、格安SIMでの運用手順について詳しくレビューしています。 また、この記...
マヒロ
マヒロ
上位版を希望するなら間違いなくPixel6だね!

Pixel 6の対応バンドについて

Pixel 6の対応バンドは以下のとおりです。

▼4G対応バンド

B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B13 / B14 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28 / B29 / B30 / B32 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42 / B46 / B48 / B66 / B71

▼5G対応バンド

n1 / n2 / n3 / n5 / n7 / n8 / n12 / n14 / n20 / n25 / n28 / n30 / n38 / n39 / n40 / n41 / n42 / n46 / n48 / n66 / n71 / n77 / n78 / n257 / n258 / n260

https://store.google.com/jp/product/pixel_6_specs?hl=ja

さらにキャリア別に区分けすると以下のようになり、これらがしっかりと対応していれば原則その通信回線にあったキャリア・格安SIMが使えます。

  • ドコモ:バンド 1/3/19が必須、5G:n77、n78
  • au:バンド 1//3/18/26が必須、5G:n77、n78
  • ソフトバンク・ワイモバイル:バンド 1/3/8が必須、5G:n3、n28、n77、n78
  • 楽天モバイル:バンド 3(楽天モバイル)/18/26(au網)が必須、5G:n77

キャリア版のPixel 6はソフトバンクとauから発売されるので、必然的にワイモバイルやLINEMO、UQモバイルやpovoでの利用は間違いありませんね。

このように国内キャリアバンドの全てをカバーしています。

Pixel 6の外観

「Pixel 6」は6.4インチ(フルHD+)の有機ELディスプレイを搭載し、重さは207gとなっています。初見の感想では思っていたよりも重く感じました。

すぐに慣れるかと思いますが、追加でカバーを装着すると重みは常に実感するかと思います。ただ、僕が使っているiPhone13 Proも203gなのでこの重さには慣れました。

最近のスマートフォンは6インチ以上が主流なのでコレも慣れになってしまいますが、Pixel6も片手操作は結構大変です。

背面はポップ調で「Corning Gorilla Glass 6」を採用したガラスコーティングが施され、高級感はバッチリです。

Pixel6からカメラ部分が特徴的になり、真横に横断する帯のようなデザイン仕様、また筐体から3mmほど突起していることから、正直かなり目立ちます。

右側面には電源ボタンと音量キーを搭載。

左側面には下の方にSIMスロット(nanoSIM)があります。

上部にはマイクのみ

下部にはスピーカーとタイプCポートを搭載

因みに、イヤホンジャックは非搭載となります。(残念。。)

Pixel 6のカメラ性能について

Pixel 6のカメラ性能は友人のカメラマンにレビューをお願いしました↓

■背面カメラ・フロントカメラのスペック

【背面カメラ】

  • 広角カメラ
  • 50メガピクセル(5000万画素)
  • Octa PD Quad Bayer

*Octa PDとは『Quad Bayer』と言う低ノイズで明るく綺麗な写真を撮れるシステムに加え、その性能を維持したまま高速なAFを実現した大型のセンサーです。

つまり綺麗な写真が、暗所でも素早くピントが合って撮影出来るセンサーになります。

  • ピクセル幅 1.2μm

*μm とは1/1000mmのことになります
つまりきめ細やかな写真を再現出来ます。

  • 画角82°
  • 絞り値F1.85
  • センサーサイズ1/1.31
  • 超解像ズーム7倍
  • ウルトラワイドカメラ
  • 12メガピクセル 1200画素
  • ピクセル幅 1.25μm
  • 画角114°
  • 絞り値F2.2
  • 共通
  • 手ブレ補正 LDAFセンサー(レーザー検出オートファオーカス)
    OIS (光学式手ブレ補正)

【フロントカメラ】

  • 8メガピクセル(800万画素)
  • ピクセル幅1.12μm
  • 画角84°
  • 絞り値F2.0
  • 固定オートファオーカス

Pixel6のメインカメラは通常のカメラモード、ポートレートモード、モーションモード、夜景モード備えています。

作例を見ながらどんな写真になるのか見ていきしょう。

メインカメラの通常モードで撮影しました。

ピントをマグカップ・ドライフラワーに合わせると、背景が綺麗にボケています。

通常モードでも、まるで一眼レフカメラで撮ったかのような写真になり驚きました。

こちらも通常モードでの写真です。

色乗りも非常に良くお料理がとても美味しそうに写るので、印象的な写真をSNSなどに投稿することが出来ると感じました。

一定の光量があればPixel6は通常モードでも、スマートフォンとは思えないハイクオリティな写真を撮ることが可能になります。

では光量の少ない夜間ではどうなるのか作例を見て見ましょう。

イルミネーションに行ったのです夜間撮影を試して見ました。

多少のノイズ・ザラつきが出ると思ってシャッターを押してみましたが、それどころか電球ひとつひとつまで綺麗に再現されています。

しかも、三脚も使わずに手持ち撮影でこれほどの写真が撮れるのは驚きです。

イルミネーションをウルトラワイドで撮影してみました。

通常の広角カメラに比べ性能が劣るため少し印象が変わりますが、それでもスマートフォンの手持ち撮影でこれだけの写真が撮れるのは驚きです。

メインカメラのポートレートモードです。

一眼レフでの『ボケ』を簡単にご説明します。

被写体にピンポイントでピントを合わせるので、被写体から離れるにつれて徐々にピントが合わなって行く。結果的に周辺がボケると言う原理です。

スマートフォンでの『ボケ』は一眼レフとは違い、正確には被写体周辺を擬似的にボヤかしている。

なので後者は不自然なボケ方をするのが通常です。

ですが、この写真を見るかぎり、PCで拡大して隅々までチェックしないとわからないレベルにあると感じました。

ここでPixel6に搭載されている『消しゴムツール』を使用してみます。

ポートレートモードの写真は吊り下げられたドライフラワーを被写体に、手前にはボケたドライフラワーが入り奥行き感のある写真になっています。

しかし、残念ながら隅に非常口の看板が入ってしまっています。

通常この場合、PCで写真加工ソフトで看板を消さなければなりません。

しかし、Pixel6の『消しゴムツール』を使うと

ご覧の通り綺麗に看板を消すことが可能となります。PCが必要な作業がスマートフォンで完結してしまうので非常に便利かつ優秀な機能です。

この機能がより効果的なのが風景かと思います。

風景を撮りたいけど位置的に看板や街頭が邪魔なシチュエーションと言うのが良くあります。
Pixel6ではご覧の通り違和感もなく、邪魔なものを消しゴムツールで消すことが可能です。

こちらは消しゴムツール使用で人を消そうとしました。

拡大すると塗りつぶしたようになっています。

消しゴムツール風景など単純な画像には有効でが、画面が複雑になると処理がついていかないようです。

モーションモードを作例でご説明します。

まずはパンアクション

一眼レフカメラで『流し撮り』と言われる技術に類似した機能です。

動いている被写体に合わせてカメラを振らなければ出来ない難しい技術になります。

しかし、Pixel6のパンアクションを使えば、AIが被写体を認識して自動で躍動感のある写真が簡単に撮れました。

続いて長時間露光です。

シャッターを長く開けることによって、写真のように車のライトが軌跡になって写ります。
これも一眼レフカメラで撮ろうとすると、三脚を使って設定を考えて撮らねばなりません。

モーションモードとは本来カメラマンが考え設定する技術を、AIが判断し簡単に撮影する機能でした。

最後に夜景モードの説明になります。

このモードで綺麗に撮る為には『シャッターを押したらカメラを動かさない』ことがポイントです。

夜景モードは光量の少ない場面で、より光量を集めるためにシャッターが数秒から数十秒開きっぱなしになります。

ほとんど光量のない場所ですが、空の雲がはっきり写っています。

今回は雲に覆われていましたが、星空も綺麗に撮れるのではないかと思います。

まとめ

Pixel6は優秀なレンズに加え、高性能なAIの機能が搭載されています。

本来、カメラマンがすべき設定を瞬時にAIが機能し、的確な設定で撮影することが可能です。
また、撮影後も『消し込むツール』によりPCいらずで画像処理が出来てしまいます。

長く写真を撮っていますが、スマートフォンでここまで出来るとは思わず驚いています。

Pixel6は使い込めば、重たい一眼レフカメラは不要になってしまうかもしれません。

まとめ

以上がPixel 6を格安SIM・キャリアサブで使う手順でした。

カメラレビューや他、格安SIMをまだまだ試すので今後はまだ追記修正となりますが、対応バンドや過去機種を含めて基本ベースは同じなので格安SIMでの利用については心配していません。

また、Pixel 6は今回SoftBankとauから発売になるのでキャリア独自の「とくするサポート+(SoftBank)」や「スマホトクするプログラム(au)」を利用するのであれば、キャリアで購入してからLINEMOやpovoへ乗り換える方がスムーズです。

Y!mobileやUQモバイル、楽天モバイルなどであれば僕はGoogleオンラインストアで購入してから乗り換えます。

格安SIM(MVNO)もPixel6の取扱はないので、乗り換えるタイミングでGoogleオンラインストアでの購入する流れが一般的ですね。

各社キャンペーンが豊富なので、タイミングが合う方は活用していきましょう!

各社のキャンペーン
楽天モバイル公式へ3ヵ月間基本料金無料!詳しくはこちらのキャンペーン・クーポンで解説しています

動作確認の詳細はこちら

SIMのみ+MNP契約で20,000円分ポイント!(新規契約は5,000ポイント)新規事務手数料無料!

Y!mobile(ヤフー店)いつ申し込んでも最大10,000円分のPayPayボーナス! 詳細はこちら
UQモバイル公式へSIMのみ+MNP申込みで常にau Pay残高最大10,000円のキャッシュバック中!申し込み手順はこちら
IIJmio公式へ新規事務手数料無料!2GB858円~

詳しいキャンペーン情報はこちら

ビッグローブ公式へ限定特典あり。1年間基本プラン割引!加えてエンタメオプションも6ヶ月間無料です。詳しいキャンペーン情報はこちら
ahamo公式へ最新のキャンペーンはこちら
LINEMO公式へ他社からのMNPで最大10,000円分のPayPay。最新のキャンペーンはこちら