iPad

iPadで使う格安SIMの申し込み方法・手順を解説するよ!

格安SIMを申込む場合は、「音声通話SIM」と「データSIM」の2種類があります。

一般的にスマホをキャリアから乗り換える場合は、電話番号をそのまま使えるようにするので、「通話SIM」を選択します。

 

一方、iPadはインターネットメインでの利用なので、「データSIM」を選択します

iPadとSIMカードの画像

 

マヒロ
マヒロ
音声通話SIMとデータSIMって申し込み方法がちょっとだけ異なるんだよ!

 

そこでこのページでは、iPadで利用するデータSIMの申し込み方法について実際の画像付きで解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

申し込み手順は基本どのMVNOでも同じですが、今回はマイネオを例に挙げて解説していきます。

それでは、いってみましょう。

 

[10月]iPadでオススメの格安SIM
マイネオ ドコモ・au・SoftBank全てに対応で、動作確認端末数も業界一! 公式サイト
LINEモバイル ドコモ・au・SoftBank全てに対応 公式サイト
b-mobile ドコモ・SoftBank回線に対応。段階制プランを採用している 公式サイト

 

データSIMを申込む前に準備しておくもの

データSIMの申込み時に用意しておくのも

 

タブレ
タブレ
まずは事前準備っスね

なにを用意しておけばいいんスか?

マヒロ
マヒロ
データSIMを申込む時は以下の3つを準備しておけば大丈夫だよ!!

 

1.引落し用のクレジットカード
2.本人確認書類(MVNOによっては不要な所もある)
3.メールアドレス(連絡が取れればなんでもOK)

それでは、1つずつ確認していきましょう。

クレジットカード

 

音声通話SIMの場合は、口座振替に対応しているMVNOもありますが「データSIM」に関してはほとんどがクレジットカードにしか対応していません。

本人確認書類

 

MVNOに提出する本人確認書類は運転免許証や保険証などが挙げられますが、MVNOによってはデータSIMの申し込みは本人確認書類が不要なところもあります。

ただ、最近では犯罪防止の面から提出するMVNOも増えてきましたので、予め用意しておくて損はないでしょう。

メールアドレス

メールのイラスト

 

MVNOの申し込み時で入力するメールアドレスが今後、連絡やお知らせが届くようになりますので、普段利用しているメールアドレスを準備しておきましょう。

大量の迷惑メールが届くことはありませんが、プライベートと分けたい時はサブアカウントでも問題はありません。

 

タブレ
タブレ
これで準備はオッケーっスね
マヒロ
マヒロ
次は実際に格安SIMを申込んでみようか!

iPadで使うデータSIMを申込んでみよう!

iPadで利用できる格安SIMの画像

それでは実際に格安SIMを申込んでみましょう。

基本的にはどのMVNOでも流れは同じですが、今回はマイネオを例として紹介してきます。

 

参考例として挙げていますが、マイネオは3キャリア回線を全て扱っていて、動作確認が取れているiPadシリーズの数がダントツで多いので初心者には特にオススメです。

 

マイネオで確認が取れているiPad

・11インチiPad Pro
・iPad(2018 第6世代)
・10.5インチiPad Pro
・12.9インチiPad Pro 2017年版
・iPad (2017 第5世代)
・9.7インチiPad Pro
・12.9インチiPad Pro
・iPad mini 5 ← New!
・iPad mini 4
・iPad mini 3
・iPad mini 2
・iPad Air 3 ← New!
・iPad Air 2
・iPad Air

それでは実際に進めていきましょう。全て画像付きでレビューしていますので、初めての方は読みながら進めて頂ければ幸いです。

タブレ
タブレ
これで準備はオッケーっすね

 

公式サイトは定期的にリニューアルされるので当サイトで紹介している画像の内容とこの先異なることがありますが、基本の流れは同じなので予習という形で参考にして頂ければ幸いです!

 

まずはマイネオ公式サイト進み、下画像の赤枠の新規申込みで「お申し込み手続きへ」へ進みます。

マイネオの申込みページの画像

 

申込み方法の選択

申し込み方法は「通常のお申込み」もしくは「エントリーコード」のどちらかを選択します。

マイネオの通常申込みかエントリーコード使用か選択の画像

マイネオのエントリーコードについては「コチラ」で解説しています。

 

プランを選択する

マイネオのプラン選択画像

お使いになるiPadがSIMフリー版であればどのプランを選択しても問題ありませんので、ご自身が利用したいプランを選択してください。

 

キャリア版のiPadであれば基本的に同回線を選ぶ方が相性は良いですが、シリーズによってはSIMロック解除が必要になるので、「動作確認端末一覧」で確認しましょう。

 

動作確認一覧へ

 

SIMタイプ選択とSMS機能の選択する

マイネオ「SIMタイプとSMS」の選択画像

よく「iPadだと「SMSあり」と「SMSなし」のどっちを選べばいいの?」と聞かれることがありますが、そもそもiPadにはSMS機能が付いていません

 

SMSとはそもそも電話番号を使ったショートメッセージサービスであり、電話番号を持たないiPadでは利用することができませんので、最初から必要がないんですよね。

 

タブレ
タブレ
MVNOによっては最初から「データSIM+SMS」が1つになっている所もあるけど、iPadはSMS機能が使えないだけで、SMS機能が付いてても問題はないっスよ

 

データ容量の選択

マイネオのデータSIMの料金画像

ご自身が希望するデータ容量を選択します。

 

マヒロ
マヒロ
申込み後でもプラン変更は可能だよ!

 

マイネオの申込み後のプラン変更手順は「コチラ」で解説しています。

 

端末購入の有無

こちらはiPadを既に持っている前提で話を進めていますので、「SIMカードのみを購入する」を選択します。

マイネオの端末セットかSIMカードのみかの選択画像

 

SIMサイズの選択

利用するiPadのSIMカードのサイズを「SIMカード形状」から選択します。

マイネオのSIMサイズの選択画像

マイネオで対応となっているiPad (3rd)(2nd)(fast)のWi-Fi + CellularモデルはmicroSIMでその他は全てnanoSIMとなっています。

タブレ
タブレ
ここ数年のiPadならほとんどがnanoSIMっスね

 

オプションの選択

iPadに付けたいマイネオのオプションを選択します。

マイネオのオプション選択

マイネオにでは既存のiPad・iPhoneをそのまま使いたい際に付けるオプションは「持込み端末安心保証サービス」が人気ですが、iPadに関しては修理の代替え品はiPhoneとなっていますので予め認知しておきましょう。

 

タブレ
タブレ
スマホなら加入を考えるオプションっスけど、個人的にiPadだったら加入しないっスね

 

キャリアやMVNOが提供している保証サービスオプションは月額料金を支払っても、内容によっては自己負担分が発生してしまうのがあまり好きではありません。

今では、「モバイル保険」といったものもありますので、そちらを検討しても良いでしょう。

 

個人情報の入力

契約者の氏名、性別、住所など基本的な個人情報の入力を行います。

個人情報の入力画像

 

また、マイネオではこの時点で申込み後のログインで使用する「ログインID」と「パスワード」を作成します。

 

IDとパスワードの作成タイミングはMVNOによって異なりますが、必ず作成するので、作成後は必ずメモをしておきましょうね。

 

最後にクレジットカード情報を入力します。

マイネオのクレジットカード情報入力の画像

 

最後に確定すると仮申し込みが完了します。

マイネオ仮申し込み完了の画像

 

仮申し込みが完了すると、登録したメールアドレス宛に確認内容メールが届きますので、メール内に記載されている「申し込み完了手続き用URL」をクリックすれば本契約が確定します。

マイネオから届いたメール画像

↓ ↓

マイネオ申し込み確定画面

以上でiPadで使うマイネオの格安SIM申込みは完了です。

 

マヒロ
マヒロ
SIMカードが届いたら初期設定のAPNを行えばすぐに使えるよ!

 

マイネオのSIMカードが届いたらiPadもiPhoneもAPN設定は同じやり方なので、別ページのAPN設定手順を参考にしながら行ってくださいね。

 

マイネオのAPN設定へ

まとめ:データSIMの申し込みはネットショッピングと同じくらい簡単!

データSIMはスマホと違って乗り換えもなく、ただMVNOで「データSIMのSIMカードのみを申込むだけ」とショッピング感覚と変わりません

MVNOによってID作成やクレジットカード情報の入力の順番が前後することはありますが、一連の流れは今回紹介したマイネオとほとんど同じです。

 

今では、PC・スマホからの申し込み画面の隅っこに直接質問できるチャット機能が備わっているところも多いので、初心者の方でもきっと助けになってくれることでしょう。

また、データSIMについて「ここがちょっと知りたい!」という点などは「お問合せ」からメールを頂ければ僕のわかる範囲でご相談に乗りますので、お気軽にメール頂ければなっと思います。