口座振替ができる格安SIM一覧とメリット・デメリットを解説するよ!

一般的に格安SIMは申込みから開通まで全てインターネット上で完結するので主に支払い方法はクレジットカード決済を採用しているMVNOがほとんどです。

これまでキャリアを使っている方の中には引落し先で銀行口座を指定している方も多いと思います。引落し先がクレジットカード経由になるだけですが、「クレジットカードを持っていない」「使いたくない」「作れない」というのは格安SIMへのちょっとした壁になってしまいますよね。

そこで今回は、月額料金の引落しが口座振替に対応している格安SIMをまとめました。合わせて注意点も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

格安SIMの支払い方法で口座振替に対応している格安SIM一覧

口座振替に対応している格安SIM(MVNO)で有名処を集めました。

楽天モバイル

楽天モバイルの口座振替は以下の銀行に対応しています。

  • 地方銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • じぶん銀行
  • イオン銀行
  • 新生銀行
  • 信用金庫

ご自身が住んでいる地方銀行から代表するメガバンク、ネット銀行と幅広く対応しているので銀行で困ることはありませんね。

楽天モバイルの口座振替登録の流れ

楽天モバイルの申込みを進めていくと「お支払い方法」の選択で【口座振替(月々のお支払い)、代金引換(端末、アクセサリー費用)】を選択して、希望の銀行情報を選択するだで完了します。捺印は不要です。

タブレ
タブレ
月々の支払い料金は銀行振替が使えるけど、端末やアクセサリーは一括購入になっちゃうんスね
マヒロ
マヒロ
そーなんだよ!

楽天モバイルで端末セット購入の分割払いは、クレジットカード(楽天カード、Masterカード、visa)のみだよ!

また、申込み後でも口座振替の変更は可能です。

UQモバイル

UQモバイルの口座振替は

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 第二地方銀行
  • 信用金庫
  • 信託銀行
  • 信用組合
  • 農協、信農連
  • ゆうちょ銀行

とほぼ全てに対応しているので困ることはありません。

料金支払いの選択時に「口座振替(銀行)」「自動振込(郵便局)」を選択し、後日送られてくる口座振込の申込み用紙に記入して返送します。

UQモバイルは口座振替開設の完了まで約1ヵ月~2ヵ月がかかりますので、その間は専用の振込用紙で代用となります。

マイネオ

人気格安SIMのマイネオも口座振替には対応していますが、光回線の「eo光ネット」を契約している方のみとなります。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの口座振替は、データSIMのみの対応となっています。また、引落し手数料が毎月200円かかってしまうので、せっかく3GB/900円で使えるデータSIMも2割増しと割高になってしまいます。

また、口座振替は口座支払い登録申込み書が届き、返送して全て完了した後にSIMカードが発送されるので、完了まで約2~3週間かかってしまうのでその辺りも覚えておきましょう。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの口座振替はカスタマーセンター(0120-506-506)に直接電話して専用の口座振替用紙を申し込みます。

電話をかけて口座振替の申込み用紙を依頼し、使い始めるには20日前後の日数を要します。口座開設完了までは約2~3ヵ月かかり、その間は請求書が送られてくるのでコンビニ等で支払いを済ませます。

口座振替のメリットとデメリットについて

クレジットカードの扱いに抵抗がある方や、何かしらの理由で使えない方にとって口座振替は便利なサービスですし、家計の管理がしやすいというメリットがあります。

その反面、口座振替では手数料がかかる、常に口座の残金を気にしておく、申込みに一手間かかる、端末購入代金は一括払いになる所もある。というデメリットも存在します。

それぞれの家庭のやり方はあると思いますが、可能な限りはクレジットカード決済の方が簡単なので、どうしても口座振替が希望の方のみ選択することにしましょうね。

口座振替で抑えておきたいポイントについて

口座振替で抑えておくポイント
  1. 毎月手数料がかかる所もある
  2. WEB上で申込みができない所もある
  3. データSIMのみ対応の所もある
  4. 完了までに日数がかかる

これらは主にデメリットの部類に入りますが口座振替はクレジットカードと異なり、申込みの条件や工程が多いのが特徴です。

また、口座振替に対応しているMVNOでは、口座振替手数料がかかる所もあるのも覚えておきましょう。

MVNO手数料
UQモバイル無料
楽天モバイル108円/月
口座振替216円/月

毎月小額ですが、せっかく通信費が安くなるのにちょっと勿体ないですよね。

口座振替がおすすめな格安SIMは「楽天モバイル」か「UQモバイル」

口座振替に対応している格安SIM事業社は幾つかありますが、やはりクレジットカードの方をメインにしているところが多く、使い始めるまでに日数がかかってしまいます。

また、口座振替には対応しているけど、限られた人であったり、データSIMのみ対応などやはり少ないのが現状です。

楽天モバイルとUQモバイルであれば申込みの段階で口座振替を選択できるので、手間は一番少ないです。使えるまでの日数の少なさや、手数料も安い(UQモバイルは無料)なので格安SIMで口座振替を希望する方は是非参考にしてください。

 

楽天モバイル公式ページ
UQモバイル公式ページ