iPhone

iPhone7を格安SIMに乗り換える手順をキャリア別に解説するよ!

iPhone7×格安SIM

この記事は現在キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)版のiPhone7を格安SIMに乗り換える手順を初心者の方でもわかりやすく解説しています。

 

追記:2019年9月11日でApple StoreでのiPhone7(SIMフリー版)の販売は終了しました。

 

iPhone7の画像

 

★特に2018年以降はiPhone7の2年縛りや支払いが完了する方がほとんどなので、これを機に格安SIMへ乗り換える方が急増しています。

キャリア版によって多少手順や注意する点は異なりますが、格安SIMが初めての方は以下のような疑問が多いかと思います。

 

  • iPhone7を格安SIMに乗り換える手順はどうやるの?
  • 事前に何を準備しておけばいいの?
  • どこの格安SIMを使えばいいの?

 

マヒロ
マヒロ
そこで今回はこれらの疑問を交えながらiPhone7を格安SIMに乗り換えるまでの手順を紹介していくよ!
タブレ
タブレ
ちゃんとキャリア別に紹介してるから迷わないっスね

 

また、当サイトのポリシーとして、説明に出てくる格安SIMは僕自身が実際に利用したことがある格安SIMのみを掲載しています

それを踏まえて、格安SIM選びの1つの目安として参考にして頂ければ幸いです。

 

既に利用したいMVNOが決まっている方は専用のレビューページもありますので合わせて参考にしてください。

 

 

それでは、いってみましょう!

 

(9月版)iPhone7対象のキャンペーン
UQモバイル 9/30まで!オンライン限定キャッシュバック最大10,000円〜18,000円(※最大の18,000円はP30 liteのセット購入。iPhone7の時は13,000円だよ)。申し込み手順はこちら
Y!mobile 9/30まで!SIMのみの申し込みの場合、「SIM単体特別割引」が適用され最大で15,552円の割引に!詳しくはこちら
IIJmio 初期費用1円、データ増量、月額基本料割引き+タイアップキャンペーン。申し込み手順はこちら
LINEモバイル 基本料金5ヵ月間半額+専用のキャンペーンコードの入力で5,000円分のLINEポイント。。申し込み手順はこちら

 

★ご自身が該当するキャリアを[目次]から選んで頂ければ一瞬でその項目まで移動します。

目次

キャリアから格安SIMに乗り換えるとiPhone7は毎月どのくらい安く使えるの?

キャリアから格安SIMへ乗り換え

 

タブレ
タブレ
そもそもキャリアで使っているiPhone7を格安SIMに乗り換えると毎月どのくらい安くなるんスか?
マヒロ
マヒロ
契約するプランにもよるけど、確実に半額以下にはなるよ!

 

以下、画像はauからUQモバイルに乗り換えた時の請求金額です。

乗り換える時の一緒にデータ容量の見直しも行いましたが、キャリア時の四分の一まで安くすることができました。

冒頭でも少し触れましたが、現在iPhone7をお使いの方はもうすぐ端末代の24回払いが完了する人が多いかと思います

 

この場合、キャリアでiPhone7を使っている方は、2年が過ぎると同時に割引きサービスも終了し、純粋に「基本料+データ容量+インターネット接続サービス」のみを支払う形にシフトします

 

タブレ
タブレ
いまってキャリアを長く使うメリットがあんまりないから、2年縛りが解けると同時に他に乗り換える人が多いっスよね

キャリアで2年目以降iPhone7利用時に支払う月額料金

例えば、以下はドコモ版iPhone7が2年以降(iPhone7の代金支払い完了後)に支払う毎月の月額料金になります。

 

ドコモ 金額(税抜)
カケホーダイライトプラン 1,700円
ベーシックパック~5GBまで 5,000円
インターネット接続サービス 300円
合計 7,000円

 

タブレ
タブレ
これが一般的に「毎月のスマホ代が7,000円~8,000円」って言われる原因っスね
マヒロ
マヒロ
光回線と同時契約している人でも割引金額は長く使っていても毎月1,000円前後くらいだから飛びっきりは安くならないよね!

2年目以降iPhone7を格安SIMに乗り換えて使った時の月額料金

一方、格安SIMは「基本のデータ容量分だけを支払う形」なので、単純に安くなる。という仕組みです。

 

MVNOで5GB使用 金額
楽天モバイル 2,150円
マイネオ 2,190円
IIJmio 2,220円
UQモバイル
(おしゃべり・ぴったりプラン)
2,980円
かけ放題込み

このように毎月5GBプランの利用で大体2,200円前後が相場です。

2年目以降、iPhone7をキャリアと格安SIMで使った時の金額差

項目 金額
キャリア 7,000円×12ヵ月
=84,000円
格安SIM 2,200円×12ヵ月
=26,400円
格安SIMの方が1年で57,600円の節約になる

 

今の時代はスマホが1人1台なので、車や保険、住宅ローンと同じくらい金額が大きい維持費です

ちょっと一手間を加えるだけでこれだの大きな金額差になるので、1度はスマホ代を見直したいところですね!

 

タブレ
タブレ
なるほどっスね

オイラもiPhone7を格安SIMに乗り換えることはできるっスかね?

マヒロ
マヒロ
格安SIMへの乗り換えは難しいイメージがあるけど、実際やってみると凄く簡単だから心配ないよ!

 

それでは、次にiPhone7を格安SIMに乗り換える手順をキャリア別に確認していきましょう。

ドコモのiPhone7を格安SIMに乗り換える場合

iPhone7×docomo

まず最初にドコモ版iPhone7が使えるMVNOを選びます。

 

タブレ
タブレ
どんなMVNOが使えるんスかね?
マヒロ
マヒロ
ドコモ版のiPhone7に関してはほとんど(9割)の格安SIMが使えるよ!

 

格安SIMを扱うMVNO会社のほとんどはドコモ回線を使った格安SIMを提供していますので正直、選り取り見取りな部分があります。

 

MVNO iPhone7 SIMロック解除の有無
楽天モバイル 不要
IIJmio 不要
マイネオ(Dプラン) 不要
LINEモバイル 不要
BIGLOBEモバイル 不要
DMMモバイル 不要

 

マヒロ
マヒロ
SIMロック解除しなくてもそのまま使えるし、テザリングだって使えちゃうよ!

 

料金プランに関してはどの格安SIM会社も横並びで落ち着いていますので、選ぶポイントとしては「独自のサービス」や「キャンペーン」で選ぶのが一般的な流れになっています。

 

 

ドコモから乗り換える前に貯まっているポイントは使ってしまおう!

dポイント

長年ドコモを利用していると「dポイント」が貯まっている方もいるかと思います。

ドコモを解約して格安SIMに乗り換えると、この先「dポイント」が大幅に貯まるということはありませんので、乗り換える前に使いきってしまいましょう。

 

dポイントの使い道は「dショッピングで買い物」「最後のスマホ料金の支払いに使う」などがあります。

 

docomoポイントを使った画像
タブレ
タブレ
オイラは全部ケータイ代の支払いに当てたっス

ドコモからMNP予約番号を取得する

ドコモMNP予約番号

乗り換えたい格安SIM会社が決まったら、ドコモで使っているiPhone7の電話番号をそのまま使えるようにMNP予約番号を発行してもらいます。

 

発行手順は以下の通り。

・店頭:ドコモショップで手続き

・電話:ドコモインフォメーションセンター

ドコモの携帯電話から:151

一般電話などから:0120-800-000

・インターネット:My docomoから「各種お申込み・お手続き」を選択して進める。

インターネットの手順は「【画像付き】「My docomo」からMNP予約番号の取得方法を解説するよ!」で実際の画像を交えてレビューしています。

 

MNP予約番号を取得したら、後はiPhone7を格安SIMに乗り換えるだけとなります。

iPhone7に限らず、ドコモから格安SIMへの乗り換え手順は別ページで全手順を解説していますので、そちらをぜひ参考にしてください。

 

auのiPhone7を格安SIMに乗り換える場合

iPhone7×au

au版iPhone7をそのまま格安SIMに乗り換える場合は、まず利用できるMVNOを選んでいきます。

 

au回線を扱うMVNOは以下の通りです。

MVNO iPhone7 SIMロック解除 テザリング
マイネオ
(Aプラン)
SIMタイプによる ×
UQモバイル 必要 ×
BIGLOBE
(Aプラン)
必要 ×
IIJmio
(Aプラン)
必要 ×

au版のiPhone7は同じau系の格安SIMでもSIMロック解除は必要になります。

 

マイネオは「nanoSIM」・「VoLTE SIM」の両方が選べ、nanoSIMの場合はSIMロック解除なしでも使えます。

マイネオiPhone7の動作確認結果の画像

 

au系の格安SIMの月額料金もドコモ系と大差はありません。

通信速度を第一に考えるのであれば「UQモバイル」一択になってしまいますが、基本的には「キャンペーン」を中心に選んでいくのも良いと個人的には感じています。

 

キャンペーン一覧へ

auのSIMロック解除は5分で終わるよ!

「SIMロック解除」って聞くと難しい内容を想像しがちですが、手順は至って簡単で「My au」から5分もあればSIMロック解除は完了します。

 

auSIMロック解除完了画面

auのSIMロック解除の手順は「auのSIMロック解除方法をわかりやすく解説するよ!」で全て実際の画像付きでレビューしていますので、初めての方は参考にしながらSIMロック解除を行ってくださいね。

auから乗り換える前に貯まっているポイントは使ってしまおう!

auもドコモと同じように格安SIMに乗り換えるとポイントは貯まらなくってしまうので、使いきってしまう方が得策です。

個人的におすすめなのは「Amazonギフト券」の購入です。

 

Amazonギフト券は15円~1円単位で購入することができるので、Amazonサイトから、「Amazonギフト券 - Eメールタイプ」、または「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を選択し、ギフト券の金額をau WALLET残額まできっかり入力します。

 

amazonギフト券の申込みの様子

 

Amazonギフト券の交換はau WALLETプリペイドカードの登録情報の入力が必要となります。

auをお使いの方は最初に作ってあることが多いですが、持っていない方は先に作成しておきましょう。

→ はじめての方へ(au WALLET プリペイドカードとは?) | au

auからMNP予約番号を取得する

乗り換えたい格安SIM会社が決まったら、auで使っているiPhone7の電話番号をそのまま使えるようにMNP予約番号を発行してもらいます。

 

発行手順は以下の通り。

・店頭:auショップやPiPitで手続き

・電話:携帯・一般共通で0077-75470

auではオンラインからのMNP予約番号の取得はできません。

MNP予約番号を入手したら格安SIMを申し込みます。

 

iPhone7に限らず、auから格安SIMへの乗り換え手順は別ページで全手順を解説していますので、そちらをぜひ参考にしてください。

 

ソフトバンクのiPhone7を格安SIMに乗り換える場合

iPhone7×ソフトバンク

ソフトバンク版iPhone7をそのまま格安SIMに乗り換える場合は、まず利用できるMVNOを選んでいきます。

 

ソフトバンク回線を扱うMVNOは以下の通りです。

MVNO iPhone7 SIMロック解除
マイネオ(Sプラン) 不要
LINEモバイル 不要
b-moible 不要

 

マイネオのソフトバンクプラン(Sプラン)は【iPhone7以前用/nanoSIM】を選択すればSIMロック解除不要で利用可能です。

マイネオの動作確認端末一覧の画像

ソフトバンクのポイントは無理に使わなくても大丈夫だよ!

ドコモの「dポイント」やauの「auポイント」は格安SIMに乗り換えるとほとんど貯まることがないので、乗り換える前に使いってしまうのが一般的ですが、ソフトバンクの「ソフトバンクポイント」はTポイントと連携ができるので無理に使わなくても大丈夫です。

 

ソフトバンクポイントの使い道

Tポイントを使う | SoftBank

毎月の携帯電話料金として使うことも可能なので、ご自身の希望する方法を選択しましょう。

ソフトバンクからMNP予約番号を取得する

乗り換えたい格安SIM会社が決まったら、ソフトバンクで使っているiPhone7の電話番号をそのまま使えるようにMNP予約番号を発行してもらいます。

 

発行手順は以下の通り。

・店頭:ソフトバンクショップで手続き

・電話:MNPお問合せ窓口へ

ソフトバンク携帯電話から:*5533
フリーコール:0800-100-5533

 

iPhone7に限らず、ソフトバンクから格安SIMへの乗り換え手順は別ページで全手順を解説していますので、そちらをぜひ参考にしてください。

 

格安SIMが届いたらキャリアからiPhone7を格安SIMに乗り換えよう!

iPhoneと格安SIMの実機画像

格安SIMが届いたらキャリアからiPhone7を格安SIMに乗り換えます。

 

タブレ
タブレ
この乗り換え作業のことを「MNP切り替え」や「回線切り替え」って呼んでるんスよ

 

MNPの方法は格安SIM会社によって異なりますが、

  • webからMNP切替を行う
  • 電話で開通手続きを行う

といった方法で作業自体は5分~10分程度で完了します。

 

楽天モバイルmnp開通手順が記載されている説明書

 

マヒロ
マヒロ
開通手続きの手順はSIMカードと一緒に同封されている説明書に詳しく書いてあるよ!
タブレ
タブレ
回線切替の申請が完了すると即時~1時間程度で格安SIMに切り替わるっス

この切り替わった時点でキャリアで使っていたiPhone7は自動的に解約になるんスよ

回線が切り替わったらiPhone7を格安SIMで使えるように初期設定をしてあげよう!

回線切替が完了したら最後にAPNと呼ばれる初期設定をiPhone7にしてあげます。

 

iPhone7の側面に小さな穴があるので、SIMピンや画びょうなどを使いSIMスロットを取り出し、届いたSIMカードをセットします。

 

iPhoneにSIMカードを挿し込む画像

SIMカードの取り出し方がイマイチわからない方は「【画像付き】SIMカードの取り出し方と挿入方法を解説するよ!」を参考にしてください。

 

セットが完了したらMVNO側で用意されている「構成プロファイル」というアプリのようなモノをたった1つだけインストールすれば完了です。

↓ ↓

格安SIMの構成プロファイルの画像

 

マヒロ
マヒロ
iPhone7でのAPN設定は同封されている説明書やSIMカードの台紙にQRコードやURLが記載されているから、そこから直接インストール画面に進めるよ!

 

マイネオの説明書の画像
以上でiPhone7をキャリアから格安SIMへの乗り換えは完了です!

キャリアからiPhone7に乗り換える時の疑問点

最後にキャリアからiPhone7に乗り換える時によく質問される疑問点を紹介します。

iPhone7に保存されている写真や電話帳などのデータやアプリは格安SIMに乗り換えてもそのまま使えるの?

キャリアから格安SIMに乗り換えるという作業は受信する通信回線が変わるだけなので、iPhone7に保存されているデータやアプリへの影響はありません。

 

ただし、キャリア公式アプリなどは使えなくなります(解約となるのでログインができない)ので、仕事でスマホ代の請求書などが必要な方は事前に保存しておきましょう。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える「費用」はどのくらいかかるの?

大手キャリアからiPhone7を格安SIMに乗り換える時にかかる費用は以下の通りです。

 

格安SIMの乗り換えにかかる費用

1.契約解除料(契約更新月以外の方)
2.MNP転出手数料(キャリア側)
3.端末分割料金
4.新規事務手数料(乗り換え先のMVNO)

 

それでは簡単に確認しておきましょう。

1.契約解除料について

大手キャリアで契約更新月以外の解約は共通で9,500円の契約解除料(違約金)が発生します。

理想は2年縛りが解けた後の契約解除料が発生しない25・26ヶ月目の時に乗り換えるのがベストです。

 

契約更新月がまだの方は「違約金を支払いたくないから、更新月まで待っている」と考えがちですが、毎月のキャリア料金の方が高いので、半年や一年以上残ってる人でも契約解除料を支払って、格安SIMに乗り換えてしまった方が結果お得になります。

2.MNP転出手数料について

MNP転出手数料とは、キャリアから電話番号をそのまま格安SIMで使えるようにするには「MNP予約番号」を発行してもらう時にかかる手数料です。

 

MNP転出手数料は、ドコモが2,000円。auとソフトバンクが3,000円となります。

 

MNP転出手数料は取得の時点ではかかりません。金額が発生するのは、キャリア最後の請求金額と合算されて請求が立ちます

3.端末分割料金について

キャリアで購入したiPhone7の分割料金が払い終わってない方は、一括かそのまま分割か選ぶことが可能です。

4.新規事務手数料について

新規事務手数料とは、MVNOに初めて申し込む時にかかる料金です。

一律3,000円ですが、開催されているキャンペーンによってはこの新規事務手数料が0円になる時もあるので、申し込み前はキャンペーンをチェックしましょうね!

 

また、MVNOによっては「エントリーパッケージ」と呼ばれるクーポンのようなものもあります。エントリーパッケージについては別ページでまとめていますので、そちらを参考にしてください。

 

乗り換え費用の合計は?

とういわけで、大手キャリアからiPhone7をそのまま格安SIMへ乗り換える時にかかる諸経費のは、

契約更新月以外の方 (9,500円)
MNP転出手数料 3,000円
新規事務手数料 3,000円
合計 (15,500円)
6,000円

ですね!

 

マヒロ
マヒロ
最初に必要経費がかかっちゃうけど、年間で約6万円の節約だからこの先、2年、3年と考えるとおトクだよね!

まとめ:キャリアから格安SIMに乗り換えてiPhone7を安く使おう!

2年縛りが解ける方も、現在キャリアでiPhone7を使っている方も、格安SIMに乗り換えれば月額料金を大幅に下げることが可能です。

 

格安SIMが初めての方はMNP乗り換えに多少の不安はあるかと思いますが、キャリアが異なっても基本は全て同じですし、MVNO側の申込みページ内でも直接質問できるチャット機能も備わっていますので、昔よりもグン!と身近なものになりました。

 

また、僕で良ければ些細な質問にもお答えしますので、お気軽に「お問合せ」からメールを頂ければなっと思います。

 

(9月版)iPhone7対象のキャンペーン
UQモバイル 9/30までオンライン限定キャッシュバック最大10,000円〜18,000円(※最大の18,000円はP30 liteのセット購入。iPhone7の時は13,000円だよ)。申し込み手順はこちら
Y!mobile 9月30日まで!SIMのみの申し込みの場合、「SIM単体特別割引」が適用され最大で15,552円の割引に!詳しくはこちら
IIJmio 初期費用1円、データ増量、月額基本料割引き+タイアップキャンペーン。申し込み手順はこちら
LINEモバイル 基本料金5ヵ月間半額+専用のキャンペーンコードの入力で5,000円分のLINEポイント。。申し込み手順はこちら