iPad

iPad Proに対応している格安SIM(MVNO)まとめ

この記事では「iPad Pro」に対応している格安SIMなどの通信事業社を解説しています。

iPadシリーズのハイスペック機が「iPad Pro」ですが、格安SIMなどと併用することでより安く運用することが可能です。

この記事では、「iPad Pro」に対応している代表的な格安SIMや通信事業社や注意点をまとめました。

iPad Proを格安SIMで使う前に確認しておくこと4つ

まず、iPad Proを格安SIMで使う前に確認しておくことを4つ紹介します。

  1. 格安SIMはiPad ProはCellularモデルしか使えない
  2. キャリア版のiPad Proは事前にSIMロック解除が必要になることがある
  3. 利用する格安SIM(通信事業社)の動作確認をチェックしておくこと
  4. 中古のiPad Proを購入する際にはSIMロック解除済を選ぼう

それでは、1つずつ解説していきます。

確認①:格安SIMはiPad ProのCellularモデルしか使えない

iPad Proには「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル」の2種類が存在します。

因みに、キャリア(docomo・au・Softbank)で購入したiPad Proは全て「Wi-Fi+Cellularモデル」なのでキャリア購入した方はスルーしてください。

注意するのはApple storeやヨドバシカメラなどで購入する方です。

Apple storeでは以下画像のように、「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル」の2種類が販売されています。

格安SIMなどの通信事業社で使いたい場合には必ず「Wi-Fi+Cellularモデル」の方を購入しましょう。

そもそも、「Wi-Fiモデル」には以下画像のようなSIMカードを挿すSIMスロット自体がありません。

【画像付き】SIMカードの取り出し方と挿入方法を解説格安SIMの契約をしたら自分で端末のSIMカードを挿し換える必要があります。この記事では、SIMカードの取り外しや挿入方法と、スマホユーザーにありがちなトラブル対処法を紹介します。...

確認②:キャリア版のiPad Proは事前にSIMロック解除が必要になることがある

キャリアで購入したiPad Proには必ずキャリアのSIMロックがかかっています。

このSIMロックがかかっている状態でも同じ通信回線を扱う格安SIMであればそのままでも使えることがありますが、SIMロックがかかっている状態だと、「他回線の格安SIMが使えない」「同じ回線でも使えない会社もある」というデメリットがあります。

他回線の格安SIMが使えない

例えば、ドコモ版のiPad ProであればマイネオのドコモプランであればSIMロック解除不要で使うことが可能です。

このように基本的には同じ回線であれば、SIMロックがかかっている状態でも使える通信事業社は多数存在します。

ですが、SIMロックがかかっている状態だとau・Softbank・楽天モバイルといった他社回線のSIMを使うことができません。

同じ回線でも使えない会社もある

これは上記から続く内容ですが、通信事業社によっては同じ回線を使っていてもSIMロック解除をしないと使えないケースがあります。

例えば、ワイモバイルはSoftbank回線を使った通信事業者ですが、Softbank版のiPad ProでもSIMロック解除をしなければ使うことはできません。

https://www.ymobile.jp/service/others/simonly/

また、楽天モバイルの場合ではDocomo版、au版、Softbank版のiPadは全てSIMロック解除必須になります。

このようにSIMロックがかかっていても使える通信事業社はありますが、「SIMロックがかかってるとあそこは使えるの?ここは?」という感じで毎回調べなければならないデメリットが出てきてしまうので、「だったら最初からSIMロック解除をしておこう!」というのが僕の考えです。

SIMロック解除は各社オンライン(マイページ)から数分で解除可能です。以下レビューはiPhoneがベースになっていますが、iPadも基本は同じなので合わせて参考にしてください。

ドコモのSIMロック解除手順を解説ドコモのSIMロック解除手順は電話・オンライン・ドコモショップへの来店中から選ぶことができます。この記事ではdocomoのSIMロック解除の手順・注意点を実際の画像を交えながら解説してます。...
auのSIMロック解除手順を解説auのSIMロック解除手順はオンライン・電話・auショップへの来店中から選ぶことができます。この記事ではauのSIMロック解除の手順・注意点を実際の画像を交えながら解説してます。...
ソフトバンクのSIMロック解除手順を解説ソフトバンクのSIMロック解除手順はオンライン・電話・ソフトバンクショップへの来店中から選ぶことができます。この記事ではauのSIMロック解除の手順・注意点を実際の画像を交えながら解説してます。...

確認③:利用する格安SIM(通信事業者)の動作確認をチェックしておこう

格安SIMを扱う通信事業者には必ず「動作確認済」の専用ページが存在します。

また、原則この「動作確認済」のページに記載されていない機種は公式の保証対象外となります。

ただ、この部分はちょっと難しくて「記載されていない=使えない」ではありません

公式側がまだ確認していないだけで、実際は使える。ということもザラにあります。

僕も実際に記載されてなくても普通に使えたケースも多々ありますし、iPad Pro自体ギガビット級のLTEに対応しているので(iPad Pro 第4世代(2020)で最大30バンド)、Apple store購入のCellularモデルであれば使えない通信事業社は僕の経験上ではありませんでした。

当サイトでは実際に僕自身が使ったことがある格安SIMしか紹介していませんが、どうしても心配な方は動作確認記載がある通信事業社を選びましょう。

確認④:中古のiPad Proを購入する時はSIMロック解除済を選ぼう

最近では小中高といった学校関連やリモートワークという流れもあって、中古市場でもiPad関連はとても人気です。

僕もよく「イオシス」という中古専門のオンラインショップを利用しますが、購入する際には「SIMロック解除済」を選ぶようにしています。

理由としては上記でも既に触れていますが、SIMフリー化している方が通信事業社の選択肢の幅は広がるのが一番の理由です。

種類も豊富でランク「B」でも凄く綺麗なので個人的にオススメです。(ランクCはまだ購入したことがありません)

イオシス公式へ

iPad Proが使える格安SIM(通信事業社)について

ここからはiPad Proが使える格安SIM(通信事業社)について解説していきます。

結論から先に言ってしますと、ほぼ全ての格安SIM(通信事業社)でiPad Proに対応していますので、選ぶ際にはその通信事業社の特徴がポイントになってくるかと思います。

僕が実際に使ったことがある会社がベースになりますが、SIM選びの参考になれば幸いです。

また現状(2021年5月)では以下の3社が個人的にオススメなので、ピックアップして説明します。

IIJmio

2021年4月より「ギガプラン」が開始となり、通常の物理SIM(SIMカード)に加えてeSIMも利用可能です。

また、eSIMなら2GB:440円〜使えちゃいます。

利用回線ドコモ回線、au回線を扱う
回線の種類SIMカード、eSIMに対応
料金データSIM 2GB:748円〜、eSIM 2GB:440円〜
備考Softbank版のiPad ProはSIMロック解除必須になりますが、動作確認ページの記載はありません。

以下シリーズはeSIMに対応しているので、そちらを利用中の方は月額料金が安いeSIMを推奨します。

  • iPad Pro 11 (第1世代と第2世代)
  • iPad Pro 12.9(第3世代と第4世代)
  • iPad Air (第3世代と第4世代)
  • iPad (第7世代と第8世代)
  • iPad mini (第5世代)

別記事にてeSIMのレビューもあるので合わせて参考にしてください。

IIJmioのeSIM(ギガプラン)をiPadで使う手順を解説この記事ではIIJmioのeSIM(ギガプラン)をiPadで使う手順や注意点を解説しています。実機を交えて要点のみをまとめました...

IIJmio公式サイトへ

楽天モバイル

楽天モバイルは使ったデータ通信量に対して金額が変化する段階制プランを採用しています。

利用開始日から3ヵ月間は基本料金が無料となり、4ヵ月目以降も毎月のデータ使用量が1GB以下であれば月額料金が0円になるのが特徴です。

利用回線楽天回線・パートナー回線(au回線)
回線の種類SIMカード
料金~1GB以内:0円、20GB以上:3,278円
備考キャリア版のiPadはSIMロック解除必須

ただし、毎月多くのデータ容量を使う方だと割高になってしまうので、毎月のデータ使用量にムラがある方におすすめです。

実機レビュー記事はiPad miniを使っていますが、基本は全て同じなので参考にしてください。

iPadを楽天モバイル(アンリミット)で使う方法・注意点まとめこの記事では楽天モバイル(アンリミット)をiPadで使う手順について画像付きでレビューしています。現在楽天モバイルは現在3ヵ月間...

また、3ヵ月間は基本料金が無料になるキャンペーンを行っているので、その期間は無料の楽天モバイルを契約して、4ヵ月目以降別の通信事業社へ乗り換えるのも1つの手段です。

楽天モバイル公式へ

マイネオ

マイネオの特徴は「動作確認済み」の数がトップクラスなのが特徴です。

SIMフリー版(Cellularモデル)やSIMフリー化されたキャリア版のiPad Proであれば僕の環境下では全て使えていますが、中には動作確認が記載されていない会社もあるので、心配な方はマイネオをお勧めします。

利用回線ドコモ回線、au回線、SoftBank回線
回線の種類SIMカード
料金1GB:880円~
備考同じ回線のSIMを選べばSIMロック解除不要で使える。動作確認端末数がトップクラス

ただし、金額面で見ると上記のIIJmioよりも割高になります。20GBであれば275円ほどしか差はありませんが、小量の1GBだと倍違うので小量での利用はおすすめしません。

iPadをマイネオで安く使う方法 - 使い方・料金・注意点まとめこの記事では、マイネオで使えるiPadシリーズや、iPadで使うマイネオの月額料金、使い方から注意点など1~10までをまとめました。 ...

マイネオ公式ページへ

まとめ:iPad Proは格安SIMでの運用がオススメ

以上がiPad Proに対応している格安SIM会社まとめでした。

キャリアでiPad Proを使うと、毎月のデータ料金以外に利用料金約1,100円が発生します。

プランによってはiPhoneプランとのセットでこの1,100円が割引になる場合もありますが、iPad Proは基本インターネット利用がメインになるので、データ料金のみを支払う格安SIMでの運用が簡単ですし、割安です。

メインのスマホはAndroidスマホを使っているけど、LTE対応のiPad Proを単体で使いたい方も格安SIMであれば維持費を抑えて使えるのも魅力ですね。

現在(2021年6月)であれば、解約自体も違約金なしの0円で解約できるので扱いやすいかと思います。

キャリア版のiPad Proを使っている方、これからiPad Proを購入しようと考えている方はぜひこの記事が参考になれば幸いです。