LINEモバイル

LINEモバイル完全マニュアル!特徴から乗り換え方法まで徹底紹介!

この記事はLINEが提供する格安SIM(LINEモバイル)について実際の画像を交えて解説している特化記事です。

また、当サイトのポリシーとして、ネットでかき集めた情報を掲載するのではなく、僕自身が体験した情報だけを掲載しています

 

↓直接公式サイトを確認したい方はこちら↓

LINEモバイル公式ページ

 

これらを踏まえて、これからLINEモバイルへの乗り換えを検討している方のお役に立てればという思いで運営しています。

 

タブレ
タブレ
LINEモバイルってあのLINEアプリで有名な【LINE】が提供している格安SIMっスよね?
マヒロ
マヒロ
そうだよ!よく知ってるね、タブレ!

LINEモバイルはみんながよく使うLINEやインスタグラム、Twitter、Facebookにかかるデータ通信量が消費されない「データフリー」っていう独自のサービスが有名で、中高生には特に人気がある格安SIMなんだ!

 

マヒロ君のいう通り、LINEモバイルは独自のサービスで人気を集めている格安SIMになります。

 

主要のSNSでデータが消費されないため、SNSがメインなお子さんであれば1~3GBでも十分に使えると話題になっています。

 

特に最近では中学校に進学すると同時に共働きをする方も増えており、お子さんに連絡アイテムも兼ねてスマホを持たせるご家庭も多いですよね。

 

ただ、初めてのスマホで毎月6,000円は高いですが、LINEモバイルであれば月額1,000円ちょっとでスマホを持たせることも可能です。

 

※LINEフリープラン(1GB)はLINEのみカウントフリー

また、電話番号が不要であればデータSIMでも運用が可能で、月額1,000円以下で使うことも可能です。

 

 

タブレ
タブレ
データSIMは電話番号がないだけで、アプリは全部使えるし、LINEの無料通話も使えるから簡単な連絡手段アイテムになるっスね
マヒロ
マヒロ
最近はLINEだけ使いたいっていう人も増えてきてるからそーゆー人にもピッタリだよね!

 

 

この記事ではそんなLINEモバイルの特徴や実際の申込み方やセットアップまでを丁寧にまとめました。

 

ただ、文章にするとどうしても長文になってしまうので、【前半】はLINEモバイルの特徴や料金プランなどの基本を解説。

 

後半】では実際にキャリアからLINEモバイルの乗り換え手順の二部構成で解説していきます。

 

乗り換え方法については、僕自身の実際の画像を交えて手順を解説しています。

 

マヒロ
マヒロ
気になる箇所があれば目次も活用から簡単に移動できるよ!

 

それでは、いってみましょう!

 

+

 

現在LINEモバイルでは、月額基本料が5ヶ月間も半額になる、非常に太っ腹なキャンペーンが開始されてます!

また同時に、申込み時に専用のキャンペーンコードを入力すれば追加で5千円相当の選べるLINEポイントがもらえちゃいます!!詳しくは最新のキャンペーンページでまとめています。

 

この記事はLINEモバイルの基本的な概要を解説しています。キャリア別の全体を通した流れを確認したい方は、以下を参考にしてくださいね!

 

ドコモからLINEモバイルへ

auからLINEモバイルへ

SoftBankからLINEモバイルへ

 

LINEモバイル公式ページ

目次

LINEモバイルについて

冒頭でも少し触れましたが、LINEモバイルはあの「LINEアプリ」で有名なLINEが提供するドコモ回線を使った格安SIM(MVNO事業社)です。

 

元々、認知度が高く独自のサービス【データフリー】が人気を集め、2017年6月には「格安SIMアワード2017上半期」で最優秀賞を受賞したほどの実力派SIMになります。

 

また、2018年7月にはソフトバンク回線の取り扱いもスタートし、既存のソフトバンクユーザーもSIMカードを挿し換えるだけで簡単に格安SIMに乗り換えることができるようになりました。

 

タブレ
タブレ
ソフトバンク系の格安SIMを取り扱っている所は少ないから現ソフトバンクユーザーには吉報っスね

 

LINEモバイルの特徴を簡単にまとめると以下ことが挙げられます。

 

LINEモバイルの特徴
  1. 親会社が超有名
  2. 対象のSNSアプリにかかる通信量をカウントしない「データフリー」サービスがある
  3. ドコモ回線とソフトバンク回線、au回線が選べる
  4. 格安SIMで唯一のLINE年齢認証とID検索ができる
  5. 格安SIMの中で通信速度は速い方
  6. 余ったデータ容量を翌月末まで繰り越せる
  7. テザリングがタダで使える
  8. 毎月の支払いの一部がLINEポイントでもらえる
  9. 10分かけ放題オプションがある
  10. クレジットカードがなくても契約できる

 

全部書き出すとキリがありませんので、ポイントを絞って解説していきますね。

 

↓強力なキャンペーン実施中だよ!

LINEモバイル公式ページ

LINEモバイルの料金プランについて

マヒロ
マヒロ
それじゃまずは、基本になるLINEモバイルの料金プランについて一緒に確認していこうか!
タブレ
タブレ
ラジャー!

 

LINEモバイルが提供している料金プランは大きく分けて3つしかありません。

  1. LINEフリープラン
  2. コミュニケーションフリープラン
  3. MUSIC +プラン

 

タブレ
タブレ
シンプルっスね

ではでは、1つずつ確認していきましょう。

LINEが使い放題!最低限に抑えたい人におすすめなLINEフリープラン!

 

マヒロ
マヒロ
まずは一番安い「LINEフリープラン」だよ!

 

LINEフリープラン(1GB/月)
SIMタイプ 月額料金
通話SIM 1,200円
データSIM 500円
データSIM(SMSあり) 620円

 

LINEフリープランの特徴は以下の通り。

 

LINEフリープランの特徴

1. データ容量は1GBのみ
2. LINEアプリにかかるパケットがデータフリー
3. データ容量を使い切ってもLINEアプリだけは速度制限がかからない
4. データSIMなら500円で運用が可能

 

タブレ
タブレ
んじゃ、1つずつ確認してくっスかね

 

LINEフリープランは月1GBまで使える小額プランとなっており、電話番号付きの音声通話SIMであれば月額1,200円(税別)で運用が可能です。

 

また、データ容量が消費されないデータフリーはLINEアプリのみとなっています。

 

タブレ
タブレ
LINEアプリっていうと、、LINEで使う内容全部っスか?
マヒロ
マヒロ
うん、そうだよ!

LINEトークもLINE無料通話も画像・動画の送受信も全部カウントされないんだ!

 

しかも、1GBのデータ容量を使い切ってしまったとしても、対象となっているLINEアプリだけは速度制限の影響は受けません

なので、家ではWi-Fiで使うから「とにかくスマホ代をやすくしたい!」という方にはお勧めです。

初めてスマホを持たせるお子さんにも便利!

また、データSIMでの運用でもLINEアプリはもちろん使えますので、

  • 余っているスマホで子供に安くスマホを持たせたい
  • 連絡はLINEトーク・LINE通話で十分
  • 心配だから端末保証は付けたい

という方でも、

 

LINEデータフリープラン(データSIM) 500円
持込端末保証 500円
iフィルター 0円
合計 1,000円/月

 

という感じで、月額1,000円で運用できるから経済的に助かりますね♪

 

LINE通話は、110番119番や0120などのフリーダイアルといった特殊番号にはかけることはできません。

滅多にかける電話番号ではありませんが、お子さんに持たせる際には頭に入れておきましょうね。

LINEを含む主要4つSNSアプリがデータフリー!コミュニケーションフリープラン!

マヒロ
マヒロ
次は複数のデータ容量があるプランだよ!

 

コミュニケーションフリープラン
容量 音声通話SIM データSIM+SMS
3GB 1,690円 1,110円
5GB 2,220円 1,640円
7GB 2,880円 2,300円
10GB 3,220円 2,640円

 

コミュニケーションフリープランの特徴は以下の通り。

コミュニケーションフリープランの特徴

1. データSIM(SMS付き)・音声通話SIMの2種類
2. データ量は3GB・5GB・7GB・10GBの4種類
3. LINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータフリー

 

コミュニケーションフリープランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの人気SNSアプリのデータ容量がカウントされません。

 

特にTwitterのヘビーユーザーは1ヵ月だけで3GB以上使ってしまいます。

 

タブレ
タブレ
最近のTwitterは写真や埋め込み動画のオンパレードで常にTLが読み込みしてるからフォローが多い人はめっちゃ容量使うんスよね~

 

そーなんです。

 

僕の最初は娘に楽天モバイルを使わせていたのですが、中学生のLINEとTwitterを完全に舐めてました汗

 

せっかく基本料が安い格安SIMですが、データチャージはとても割高なので足りないからと言ってチャージを繰り返してしまうと、格安SIMにした意味がなくなってしまいます

 

中学生は大人と使い方が異なり、SNSやゲームの方の割合が圧倒的に高いので、LINEモバイルのような「データフリー機能」があるのは向いています。

 

僕の経験上、声を大にして言いたいです。

 

中学生を持つ親御さんはLINEモバイルで使わせるべきです!苦笑

 

タブレ
タブレ
(パパさん、悲痛の叫びっスね…)

 

 

LINE MUSICも使い放題!MUSIC +プラン

 

マヒロ
マヒロ
最後はLINE MUSICのダウンロードと再生時のデータ容量が消費されないMUSIC+プランだよ!

 

MUSIC+プラン
容量 音声通話SIM データSIM+SMS
3GB 2,390円 1,810円
5GB 2,720円 2,140円
7GB 3,280円 2,700円
10GB 3,520円 2,940円

 

これらの金額にプラスオプションで「LINE MUSICオプション 月額750円」を加えることにより、LINE MUSICが使い放題、ダウンロードや再生時にかかるデータ容量がカウントされなくなります。

 

MUSIC+プランの特徴は以下の通り。

MUSIC+フリープランの特徴

1. データSIM(SMS付き)・音声通話SIMの2種類
2. データ量は3GB・5GB・7GB・10GBの4種類
3. LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICがデータフリー
4. LINE MUSICオプション月額750円を加えれば音楽も聞き放題

 

「SNSも音楽も楽しみたい!」という人にはピッタリなプランですね。

月額料金の目安は以下の通り。

MUSIC+プラン 5GB 2,720円
LINE MUSICオプション 750円
合計 3,470円

LINEモバイルの最低利用期間(縛り)と違約金について

料金プランは確認できましたので、次はLINEモバイルの最低利用期間、いわゆる「縛り期間」と違約金について見ていきましょう。

LINEモバイルは一般的な格安SIMで設けられている最低利用期間が設けられています。

 

プラン 最低利用期間 違約金
音声通話SIM 12ヵ月 12ヵ月以内の解約または、MNP転出時は9,800円
データSIM
データSIM(SMSあり)
0円

 

LINEモバイルで音声通話SIMプランを契約した場合、利用開始日の翌月から12ヵ月目の末日までに解約すると、解約手数料(違約金)がかかります。

 

データSIMとデータSIM(SMSあり)には解約手数料はありませんが、解約後はSIMカードを指定の住所に返送する必要があります。

LINEモバイルの解約方法について

LINEモバイルの解約手順は以下の通りです。

1. PCまたはLINEモバイル公式アカウントからマイページにログイン
2. 「データ残量」>「解約・MNP転出」>「解約する」の順番で進む
3. 解約完了後、指定の住所に返却する

 

実際の解約の仕方は別ページで画像付きで解説しているので、そちらをご参考にして頂ければ幸いです。

 

あわせて読みたい
LINEモバイル解約手順を解説
【図解】LINEモバイルの解約(退会)手順を解説するよ!この記事では、LINEモバイルの解約方法・手順を実際の画像を交えて解説しています。 LINEモバイルの解約にまつわる注意点もまとめ...

LINEモバイルに新しく加わった、ソフトバンク回線について

2018年7月2日より、LINEモバイルに新しくソフトバンク回線が加わりました。主な特徴は以下の通りです。

 

ソフトバンク回線の特徴
  1. 料金プランは従来と同じ金額
  2. データフリーは未対応(2018年秋から開始予定)
  3. ソフトバンク版iPhone5s以降がSIMロック解除なしで使える
  4. テザリング機能も利用可能

 

マヒロ
マヒロ
特に注目したいのが月額料金だよ!

 

ソフトバンク回線を扱った格安SIMは、ドコモ系やau系の格安SIMよりもプラン料金が約1.3倍ほど高いのがネックでしたが、LINEモバイルは従来のドコモ回線と同じ料金で使えます

ソフトバンク版iPhoneがSIMロック解除で利用可能!

もう1つが、SIMロック解除なしで使える。という点になります。

これまで、ソフトバンク版のiPhoneはSIMロック解除を行わないとLINEモバイルは使えませんでしたが、ソフトバンク回線の扱いと共に同回線を選べばSIMロック解除なしでそのまま使えます。

 

ソフトバンク版のiPhoneでLINEモバイルのドコモ回線を使いたい時はSIMロック解除は必要です。

 

タブレ
タブレ
SIMロック解除ができないiPhone5sとiPhone6が使えるのが嬉しいっスよね

 

LINEモバイル×ソフトバンク回線SIM】は別ページで詳しくまとめましたので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。

 

あわせて読みたい
【保存版】ソフトバンク版iPhoneをLINEモバイルへ乗り換え方法と手順を解説この記事は、現在ソフトバンク版のiPhoneをお使いの方がLINEモバイルへMNP乗り換えるを検討している方に向けた特化記事です。 ...

格安SIMで唯一のLINE年齢認証とID検索ができる

以外と知らない方が多いのですが、格安SIM(MVNO)でLINEを使う場合、「年齢認証」ができないので「ID検索」と「電話番号検索」が使えません。

 

タブレ
タブレ
え?そーなんスか?

 

そーなんです。

 

LINEモバイルとY!mobile以外の格安SIMでID検索を行おうとすると、以下のような画面になります。

 

本来、LINEの年齢確認は、大手キャリアと協力して行なっています。

LINEの年齢確認は、キャリアのマイページにログインさせ、携帯利用者が大手キャリアと契約した時の年齢と照合しているのです。

 

なので、18歳以上であっても格安SIMユーザーはLINEの年齢認証ができません。LINEと各MVNOでシステムが連携していないからです。

 

この時LINEモバイルユーザーは、上図の「LINEモバイルをご契約の方」をタップすると、「利用コード」を入力することにより、ID検索が使えるようになります。

 

 

僕自身はほとんどID検索を使わないので支障はありませんが、中学生などは学校にスマホを持って行くことができないので、よく「これ私のLINE IDね」と紙を渡されたりするので、ID検索はよく使うみたいです。(娘を持つ親目線)

通話アプリ「いつでも電話」で通話料が半額に

 

格安SIMは本来の通話料金は30秒/20円でカウントされますので、頻繁に電話をかける方は注意が必要です。

ですが、LINEモバイルであれば「いつでも電話」を利用して発信するか、音声通話の発信時に「0035-45」を電話番号の先頭に付けて発信することで通話料が半額の30秒10円に抑えられます。

 

タブレ
タブレ
毎回「0035-45」を頭に付けるのは面倒だからアプリをインストールした方が簡単っスよ

 

ただし、「0035-45」はプレフィックスと呼ばれるインターネット回線を利用した通話なので、110番や119番といった特殊な電話番号にはかけられません。

頻繁に通話をかける方は、10分かけ放題オプションに加入しよう!

格安SIMでは定番になっていますが、月額880円で10分かけ放題オプションに加入できるので、通話が多い方(月45分以上かける方)はオプションに加入した方が安くなります。

 

タブレ
タブレ
キャリアの場合だと、5分かけ放題で1,700円だからオプションも格安SIMの方が安いんスね

新品のiPhoneを購入する場合、キャリアとLINEモバイルどっちが安い?

タブレ
タブレ
これから新規でiPhone8を買おうと思うんスけど、大手キャリアでiPhone8を買うのと、LINEモバイル+SIMフリー版iPhone8だと、どっちがお得なんスかね?

 

大手キャリアの場合だと、ほとんどが基本料金とiPhone8のセットで月額料金を支払っていますよね。

 

ここまで紹介したLINEモバイルの料金プランには、端末代金は含まれていません。新規でiPhoneを購入する場合は、

 

LINEモバイルの料金 + 端末代=毎月支払う金額

 

となります。

 

では、LINEモバイルで運用すると、キャリアと比較した場合どのくらい安くなるかを表にして確認してみましょう。

ドコモでiPhone8 (64GB)を購入し、2年間使った時の合計金額

月額 2年総額
iPhone8
24回払い
3,699円 88,776円
基本料金 7,560円 181,440円
 (カケホーダイライト) (1,836円)
 (ベーシックパック~5GBまで) (5,400円)
 (spモード) (324円)
月々サポート -2,403円 -57,672円
合計金額 8,856円 212,544円

 

マヒロ
マヒロ
ベーシックパックはちょっとでも5GBを超えると1つ上のプランになっちゃうから注意しようね!

 

AppleでiPhone8 (64GB)を購入し、LINEモバイルで2年間使った時の合計金額

月額 2年総額
端末代金 3,546円 85,104円
基本料金
5GBプラン
2,397円 57,528円
かけ放題 950円
合計金額 6,893円 165,432円

 

タブレ
タブレ
端末代はほとんど一緒っスけど、やっぱり基本のデータ料金で差が出るんスね

 

同じiPhone8を新規購入したとしても、毎月の基本となるデータ容量が安い分、LINEモバイルの方が2年間で47,112円の節約になります。

また、「通話はほとんどかけない、LINEで十分」という方であれば、かけ放題は不要となりますので、端末代金85,104円+57,528円=142,632円で運用でき、69,912円と約7万円まで節約が可能です。

 

マヒロ
マヒロ
ちょっと見直しただけで、大きく節約になるからLINEモバイルに乗り換える時には確認しようね!

LINEモバイルでもSIMフリー端末のセット購入は可能だよ!

LINEモバイルでは格安SIMと一緒に最新のSIMフリー端末もセット購入が可能です。

タイミングによっては、端末の値引きキャンペーンもありますので、詳細は「キャンペーンページ」で確認して頂ければ幸いです。

 

LINEモバイルキャンペーン

乗り換えはとっても簡単!キャリアからLINEモバイルへ乗り換える手順を解説するよ!

ここから【後編】になります。

 

初めてキャリアからLINEモバイルへ乗り換えるする方は多少の不安はあるかと思いますが、乗り換え自体は全部で5つの手順で完了します。

 

LINEモバイル乗り換え手順
  1. LINEモバイルに乗り換える事前準備
  2. MNP予約番号の取得方法(新規の方は不要)
  3. LINEモバイルへの申込み手順
  4. MNP切替(新規の方は不要)
  5. APN設定

 

マヒロ
マヒロ
順番通りに進めて行けば大丈夫だよ!

Step1 LINEモバイルに乗り換えるための事前準備をしよう!

LINEモバイルに乗り換える際に必ず必要になるものが3つあります。

事前に準備しておけばよりスムーズに乗り換えることができるので予め準備しておきましょう。

1つ目 MNP予約番号

MNP予約番号とは、いまお使いの電話番号をそのままLINEモバイルでも使えるようにする「引換券」のようなもので、各キャリアに電話をかけ10分程度で簡単に取得できます。

2つ目 本人確認書類

LINEモバイルに限らず、格安SIMへの申し込みは基本本人のみとなっています。

代理で申込む場合は必ず補助書類の提出が義務付けられている他、申込み内容と本人確認書類(免許証・保険証など)の情報が異なると申込み後キャンセル扱いになる場合があるので、入力ミスが無いように最終申込みの前に最低一度はチェックをしましょうね。

3つ目 クレジットカード

LINEモバイルの支払い方法は、クレジットカードの他に「LINE Payカード」が使えますが、LINE Payカードは銀行口座からチャージした電子マネーによって支払うという、ちょっと分かりずらい構造になっているので、個人的にはクレジットカードでの支払いをお薦めします。

また、口座振替には対応していません

補足 LINEモバイル専用のエントリーパッケージ

LINEモバイルにはMNP転入手数料(初期事務手数料)が無料になるエントリーパッケージ(別名:エントリーコード)という便利なものがあります。

 

正確にはAmazonなどで割安で購入するので、その差額分がお得になる金額となります。

 

また、エントリーパッケージは既存のキャンペーンと併用できないことが多いので、その時でお得な方を選ぶのが得策です。

エントリーパッケージについては別ページでレビューしているので、そちらを参考にしてください。

 

あわせて読みたい
LINEモバイルのエントリーパッケージの画像
LINEモバイルのエントリーパッケージの購入方法・使い方・注意点を解説するよ!LINEモバイルには、エントリーパッケージ(別名:エントリーコード)と呼ばれるものがあり、申込みの段階で利用すると新規事務手数料がタダに...

 

ただし、エントリーパッケージと公式で行われているキャンペーンとの併用はできないことが多いので注意が必要です。

 

マヒロ
マヒロ
申込み前は必ず最新のキャンペーン情報をチェックしてお得な方を選ぼうね!

 

キャンペーンを確認してみる!

Step2 キャリアからMNP予約番号を取得しよう!

次に先ほど少し触れた「MNP予約番号」を取得していきます。

キャリア別のMNP予約番号取得方法は、以下の各キャリアの専用電話番号に電話をかけます。

キャリア別の電話番号

・ドコモ:ドコモの携帯から151
・au:auの携帯から0077-75470
・ソフトバンク:ソフトバンクの携帯から*5533
※受付時間は午前9時〜午後8時で共通

 

タブレ
タブレ
因みに、MNP予約番号の発行は電話・店舗のどちらでも無料で発行してくれるっス

 

店舗の場合は土日は混みあうため、1時間~2時間かかることも多々あります。MNP予約番号の取得は10分程度で簡単に取得できてしまうので個人的には、電話での取得をおすすめします。

電話に応対してくれたオペレーターの方に「MNP予約番号の発行をお願いします。」と伝えればそのまま手続きに入ります。

 

その際、「氏名・生年月日」「MNPする電話番号・暗証番号」など確認されるので答えられるようにしておきましょう。暗証番号は忘れてしまっても本人確認で通ります。

 

最終的に、

  1. MNP(解約)に伴う説明
  2. MNP転出手数料3,000円の説明
  3. 違約金の説明(契約更新月以外の方)
  4. 端末残金の一括か分割か(残金が残っている方)
  5. 簡単なアンケート

これら10分程度の後に、「MNP予約番号」と「MNP予約番号の有効期限」が伝えられます。

 

また、希望すれば以下の画像のようにSMSでも受け取れますが、一応メモの準備はしておきましょう。

 

mnp予約番号通知画像

MNP予約番号の有効期限についての注意

結構間違いしてしまう方が多いのですが、発行されたMNP予約番号には「有効期限」が設けられています。

この有効期限はキャリア共通で15日間ですが、LINEモバイルはこの有効期限の残日数が10日以上残っていることが条件となっています。

 

 

発行された予約番号の有効期限が15日であっても、10日以上残ってないとLINEモバイルに申込むことはできませんので、余裕を持って発行してもらったら2日以内には申込んじゃいましょう!

 

タブレ
タブレ
有効期限が切れちゃうと最初から取り直しになっちゃうから面倒なんスよね。。

 

★万が一MNP予約番号の有効期限が切れてしまっても無料で再発行が可能です。「MNP予約番号の再発行手続きを解説!各社ごとの有効期限も一発で確認!」こちらの記事でも掘り下げて解説しています。

 

これでMNP予約番号の取得は完了です。

Step3 LINEモバイルに申込もう!

準備が整ったらLINEモバイルへ申込みます。

申し込み自体はネットショッピングのような感覚で申込めるので特に難しくありません。

 

マヒロ
マヒロ
全ての流れをここで紹介すると、更に長くなっちゃうからLINEモバイルの申し込み方法は「LINEモバイルを実際に契約!申し込み方法を解説」で画像つきで詳しく解説してるから参考にしてね!

 

LINEモバイルの申込み方法
詳細版

LINEモバイル公式へ

Step4 MNP回線切替を行おう!

LINEモバイルからSIMカードが届いたら、いよいよキャリアから回線切替を行います。(※新規申込みの方は不要です。)

 

開通手続きは「Web」と「電話」の2種類。

 

Webからは、マイページの契約情報確認にある「利用開始手続きをする」よりお手続き可能です。

電話からは、以下の番号にかけるだけでOKです。

  • 利用開始手続き窓口 0120-889-279
  • 受付時間 10:00-19:00(年中無休)

 

マヒロ
マヒロ
どっちからでも30分~1時間で切り替わるよ!
タブレ
タブレ
回線が切り替わったと同時に今まで使っていたキャリアは自動で解約になるんスよ

Step5 APN設定を行おう!

MNP切替が完了したら最後にLINEモバイルが使えるように「APN」と呼ばれる簡単なネットワーク設定をを行います。

 

APN設定は5程度で終わる簡単な作業ですが、iPhoneとAndroidで設定の仕方が異なるので、こちらも別ページでそれぞれ実際の画像付きで詳しくまとめましたので、LINEモバイルからSIMカードが届いたら是非参考にしてくださいね。

 

 

まとめ:LINEモバイルはSNSユーザーに強い味方!データフリーでもっとお得に活用しよう!

以上がLINEモバイルの特徴や、料金プラン、申込みなどについて解説しました。

LINEモバイルはデータフリー対象サービスならデータ容量を使い切ったとしても速度制限がかからないので、高速で使い続けることができてとても便利です。

特にSNS利用の多い中高生には心強い格安SIMだといえます!

 

ソフトバンク回線も新たに加わり、既存のソフトバンクユーザーもSIMロック解除なしで簡単にMNP乗り換えができるのも嬉しいですね♪

LINEモバイルは全体的にシンプルな申込み画面となっていますので、申込みで困る箇所はほとんどない印象を受けました。

 

もし、何か不明や「子供に使わせたいけど、この部分がちょっと分からない。」という疑問がありましたら、何でもご相談に乗りますので「お問合せ」からメールを頂ければ幸いです♪

 

★現在は「月額料金5ヵ月間半額」というキャンペーンが実施されています。また、専用のキャンペーンコードを入力すれば、追加で5,050円相当のLINEポイントももらえちゃいます!⇒ 詳しくはこちら

 

LINEモバイル公式ページ