格安SIM初心者

【機種変更時】iPhoneのバックアップ&復元の手順を解説するよ!

この記事ではiPhoneのバックアップと復元の方法と手順を実際の画像を交えて解説しています。

格安SIMに乗り換えるのをキッカケにSIMフリー版iPhoneを購入する方は必ず通る道なので、ぜひ参考にしてください。

 

現時点ではまだ噂レベルですが、iOS 12までは新しいiPhoneを購入した際、iTunesやiCloudのバックアップからデータの復元を行う必要がありますが、「iOS 13」からは有線接続でデータの同期ができるのかもしれないと、米メディア『9to5Mac』が報じています。

マヒロ
マヒロ
これが実現したらiPhoneの機種変更がもっと簡単になるね!

実際に実装されるかはまだ不明ですが、僕も楽しみにしています♪

 

タブレ
タブレ
オイラ初めてなんスけど、ちゃんとバックアップと復元できるっスかね?
マヒロ
マヒロ
バックアップと復元は昔よりももっと簡単になっているからタブレでもきっと大丈夫だよ!

順序よく説明していくから一緒に確認していこうね!

 

そもそも、iPhoneのバックアップには「iCloud」と「iTunes」を使った二種類の方法がありますので、どちらも同じバックアップ手段になりますが、手順内容が少し異なりますので両方確認していきましょう!




iCloudバックアップとiTunesバックアップの違いについて

一言でいうと、iCloudバックアップとiTunesバックアップの大きな違いは「パソコンを使うか使わないか」です。

 

分かりやすいように、以下表にしてみました。

iCloud iTunes
バックアップ先 クラウド上 パソコン内
(iCloud内もOK)
保存容量 5GBまで無料(最高2TB) パソコンの容量
暗号化 常に自動で暗号化 暗号化も可能
対象データ iTunesより限定される 多くの種類が対象
取得方法 iPhoneのみ(Wi-Fi) PCが必要

iCloudはWi-Fi環境の元で行い、スマホ1つあれば完了します。

iTunesはWindowsやMacでiTunesソフトを使いパソコン経由で行います。

こうして見ると、iCloudの方がスマホ1つでできるので「お手軽」なイメージが持てますよね。

それでは、1つずつ確認していきましょう!

iCloudを使ったバックアップについて

iCloud

個人的にはこのiCloudを使ったバックアップを以下の内容を踏まえた上で、オススメしています。

 

  • スマホ1つあればできる
  • デフォルトだと容量が5GBしかないので、ストレージの拡張が必要(有料)

また、iOS11以降から「クリックスタート」という便利な機能が追加され、この機能を使えばPCがなくても簡単にバックアップと復元が可能です。

 

それでは、実際に手順を確認していきましょう。

iCloudを使ったバックアップと復元の大まかな流れ

大まかな流れは以下の通りです。

 

iCloudを使った流れ

1.旧iPhoneと新iPhoneのバージョンを合わせておく
2.旧iPhoneでiCloudを使いバックアップを行う
3.格安SIMのMNPを行う
4.新iPhoneで初期設定を行う段階でiCloudを使って復元する

それでは、確認していきましょう。

1.旧iPhoneと新iPhoneのバージョンを合わせておく

まず最初に旧と新のiPhoneのiOSバージョンを両方とも最新にしておく必要があります。

iOSソフトウェアのアップデートの画面

 

iOS違いでもデータ以降は行えますが、iOS違いによる不具合が発生する恐れがありますので、公式でもiOSを合わせてからのバックアップ&復元を推奨しています。

2.旧iPhoneをiCloudでバックアップをしておく

乗り換える前後のどちらでも構いませんが、旧iPhoneのバックアップを済ませておきます。

 

ホーム>設定>Apple ID>iCloudの順に進みます。

iCloudバックアップ

これでデータ移行する直前に旧iPhoneのバックアップを行うのですが、ここで1つ注意です。

iCloudの無料版は5GBしかない

現在iPhoneをお使いの方はご存じかもしれませんが、iCloudは無料(デフォルト)の場合容量が5GBしかありません。

昔は16GBや32GBしかありませんでしたが、今では128GBや256GBといった大容量のiPhoneが当たり前になってきていますので、初期状態の5GBでは足りません。(元々足りませんが….)

 

なので、iCloudを使ってバックアップする場合はストレージの拡張をしなければなりません。

 

iCloudの拡張までの手順は、ホーム>設定>Apple ID>ストレージを管理>ストレージプランを変更>iCloudストレージのアップグレードで辿り着きます。

 

iCloudストレージの拡張までの道筋の画像

↓ ↓

iCloudストレージの拡張画像

これでご自身が必要な容量まで拡張してあげます。

 

タブレ
タブレ
拡張はできるけど、お金がかかっちゃうんスね
マヒロ
マヒロ
ストレージの拡張は有料だから月額料金がかかるけど、ちゃんとダウングレードや解除もできるよ!

iCloudバックアップを行い、格安SIMへの乗り換えが完了したら拡張の「ダウングレード」や「解除」をしよう!

iCloudを利用している方はそのままでも構いませんが、一時的なiCloudを使ったバックアップだけで利用する方は放置しておくと月額料金がかかってしまうので、用が済んだ後はダウングレード、もしくはストレージの解約を行います。

 

先ほどの「iCloudストレージのアップグレード」の画面の下部に「ダウングレードオプション」がありますので、そちらをタップし、Apple IDを入力して管理をタップします。

iCloudストレージのダウングレードの手順画像

 

すると「5GB 無料」がありますので、そちらを選択すると選択し完了で解約完了となります。

iCloudダウングレードの手順画像

 

この手順は一時的にお金が発生するデリメリットがありますが、とても簡単なので、

  • PCを持っていない方
  • iTunesの使い方がよくわからない方
  • 簡単にバックアップ&復元をしたい方

にはオススメです。

 

タブレ
タブレ
これならPCを持っていないオイラでも安心っスね
マヒロ
マヒロ
お金がかかっちゃうけど、凄く簡単だからメリットの方が大きいと僕は思うよ!

iTunesを使ったバックアップについて

iTunes

次にPCを使ったiTunesのバックアップ方法について解説します。iTunesのバックアップのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

  • 無料でバックアップができる
  • PCを立ち上げたり、iPhoneを繋げたりと手間は増える
  • iPhoneの容量によってはPCのキャパを超えて保存ができないことがある
  • エラーが出た時、原因を探すのが少し面倒

それでは確認していきましょう。

 

まずはPCでiTunesを立上げます。

iTunes画面の画像

iTunesを立上げ、iPhoneとUSBケーブルで繋げば自動的にバックアップは取ってくれますが、念のため「今すぐバックアップ」をクリックします。

 

また、この時は「このコンピューター」にチェックを入れればPC内にデータが保存されます

iTunesの画像

これでiTunesのバックアップは完了です。

 

タブレ
タブレ
おぉ~iTunesのバックアップも簡単っスね
マヒロ
マヒロ
PCを持ってる人や、PCに抵抗がない人はiTunesの方がいいかもね!

大容量のiPhoneを使っている人はPCのキャパを超える可能性がある

上記でも少し触れましたが、現在のiPhoneは128GBや256GBと大容量が主流となりつつあります。

仮にPCの方が容量が少ない場合、iPhoneのデータ量の方が勝ってしまい容量不足と表示されデータを保存することができません。

 

この場合はiTunesに残っている古いバックアップの削除や外付けHDを使えば補うことが可能です。

PCに少し詳しい方であれば簡単ですが、初心者ではハードルが上がってしまうので、iCloudを使った方が簡単だといえます。

iCloud・iTunesを使ってiPhoneデータを復元していこう!

それでは、お待ちかねのiPhoneデータの復元をやっていきましょう。

★この段階では、格安SIMの申込みが完了してSIMカードが届きMNP切替が完了した所から始まります。使うのはSIMフリー版のiPhoneです。

SIMフリー版のiPhoneに格安SIMを挿し電源を入れると恒例の「こんにちは」から始まります。

iPhoneの初期設定の画像

SIMカードを起動する前に起動してしまうと「アクティベートができません」と表示され先に進めないので、必ずSIMカードを先に挿しておきましょう。

iPhoneの復元画像

アクティベートが完了すると「Appとデータ」という所で復元方法を選択します。

 

それでは上記で保存したiCloudバックアップとiTunesバックアップを別々に確認していきましょう。

iCloudバックアップからの復元方法

「iCloudバックアップから復元」をタップするとApple IDでのサインインします。

その後「バックアップを選択」という画面に進むので、一番新しいバックアップ項目を選択すれば後は自動で復元されます。

iCloudバックアップからの復元画像

↓ ↓

iCloudから復元の画像

この時、必ずWi-Fi環境で行います。Wi-Fi環境から離れると復元が中断し、再度Wi-Fi環境に戻ると復元が再び始まります。

 

マヒロ
マヒロ
復元時間はiPhoneの容量にもよるけど、30分はみておこうね!

iOS11以降はクイックスタートが使えるよ!

iOS11以降はiCloudの復元で「クイックスタート」と呼ばれる便利な機能が追加されました。

タブレ
タブレ
いま、この記事を読んでる人はみんなクイックスタートが対象になってるっスね

 

最初の「こんにちは」から言語選択・Wi-Fi選択が完了すると「クイックスタート」と呼ばれる機能が開始されます。

iPhoneのクイックスタートの画像

 

後は流れに沿ってApple IDとパスワードを入力し、iCloudバックアップしたファイルを選択すれば自動で完了します。

クイックスタートに関してはApple公式でも解説されていますので、そちらも合わせて参考にしてください。

 

以前の iOS デバイスから新しい iPhone、iPad、iPod touch にコンテンツを転送する | Appleサポート

iTunesバックアップを使った復元方法

次は「iTunesバックアップから復元」を使った復元方法を確認していきましょう。

SIMフリー版のiPhoneを繋げると「新しいiPhoneへようこそ」という画面になりますので、「このバックアップから復元」を選択し一番新しいバックアップを選びます。

iTunesバックアップからの復元

その後、「続ける」をクリックすると復元が始まります。

暗号化されている方はパスワードを入力します。

iTunesから復元の画像

後は同期が開始されますので、Wi-Fi環境を保ったまま流れに沿っていけば完了です。

iTunesで同期されない時の対処法について

バックアップからの復元は少しの工程で完了するので、エラーになることは少ないですがたまに「同期ができない」というのも見かけます。

この場合の対処法はMac・Windowsでも異なりますし、ケーブルは純正を使用するなど原因が様々で一概に言えないのが正直なところです。

 

この場合はまず、Apple Storeコールセンターへ電話することをおすすめします。

Apple Store コールセンター

0120-990-990

まとめ:パソコンに慣れている方は「iTunes」、初心者の方は「iCloud」を使った方が無難だよ!

iTunesバックアップは無料でバックアップ&復元ができるのでパソコンに慣れている方や過去に一度でもやったことがある方であれば問題なく進めるかと思います。

手順自体はそこまでハードルが高くありませんが、初心者の方だと予測していないエラーが出た時の対処で一気にハードルが上がってしまうことがありますので、不安な方は少しだけお金がかかってしまいますが、僕はiCloudバックアップの方をお勧めします。

 

マヒロ
マヒロ
バックアップが出来たら次は乗り格安SIMへの乗り換え手順を確認しておこうね!

 

あわせて読みたい
ドコモから格安SIMへ乗り換える方法
ドコモから格安SIMへ乗り換えよう!手順を全て画像付きで解説! 9月のピックアップ! CMでも有名な「Yモバイル」ではオンライン限定で適用される「SIMカード単体特別割引」という月額割引きを実施...
あわせて読みたい
auから格安SIMへ乗り換える手順
auから格安SIMへ乗り換えよう!手順を全て画像付きで解説!このページは、現在auユーザーの方が格安SIMに乗り換える手順を分かりやすく解説した特化記事です。 実際の月額料金や実機の画像を交...
あわせて読みたい
SoftBankから格安SIMへ乗り換える手順
ソフトバンクから格安SIMへ乗り換えよう!手順を全て画像付きで解説! このページでは、現在ソフトバンクユーザーが格安SIMへ乗り換える手順を分かりやすく解説する特化記事です。 ...

 

 

▼格安SIMごとの申し込み手順はMVNOごとにレビューしているので合わせて参考にしてください。

 

あわせて読みたい
【2019年最新】格安SIM(スマホ)おすすめ6社!ニーズ別に紹介するよ! ↓今月のキャンペーン↓ (9月版)格安SIM会社のキャンペーン Y!mobile ・9月3...