中古スマホ

中古スマホを購入するなら、どのキャリア版がおすすめ?

タブレ
タブレ
中古スマホを買いたいんスけど、どのキャリア版を買った方がいいとかってあるんスかね?
マヒロ
マヒロ
基本的にはどのキャリア版を買っても大丈夫だけど、一番スムーズにいくのはドコモ版かな!

理由も一緒に解説していくね!

「中古スマホを買おう!」と考えた時、一度は

  • ドコモ版
  • au版
  • ソフトバンク版

のどれを買ったらいいんだろう?と迷うかと思います。

ということでこの記事では、中古スマホを購入する時に選ぶキャリアの種類についてまとめました。

中古スマホを購入したいけど、どれにしたらいいのか分からない」という方はぜひ、参考にしてください。

結論を先に知りたい方へ

・キャリアに拘りがなければドコモ版を購入しよう!
・au版、ソフトバンク版も問題はないが、機種によっては同回線でもSIMロック解除が必要になる端末がある
・迷った時は、各MVNOの動作確認端末一覧で確認しよう!

それでは、いってみましょう!

 

結論!強い拘りがなければ初心者はドコモ版の中古スマホを購入しよう!

結論から先になってしまいますが、中古スマホを購入する時にキャリアへの拘りがなければドコモ版の中古スマホをオススメします。

タブレ
タブレ
理由はなんスか?
マヒロ
マヒロ
格安SIM会社が扱っている通信回線のほとんどがドコモの回線を使っているのが一番の理由かな!

だから格安SIM会社を選ぶ選択肢が多いんだよ!

 

結論!!

初心者が中古スマホを購入する時は、ドコモ版を選んで、ドコモ回線の格安SIMで契約しよう!

 

タブレ
タブレ
説明終わっちゃったっスね。。
マヒロ
マヒロ
もちろん、ちゃんとした理由や説明はあるけど、色々話すと余計にややこしくなっちゃうからね!

この先、更に掘り下げて解説しますが、ドコモ版の中古スマホならドコモ系の格安SIMで使えばSIMロック解除など小難しいことは関係ないので初心者にはオススメです。

ドコモ回線を使ったMVNO

楽天モバイル
IIJmio
LINEモバイル
マイネオ(Dプラン)

また、上記以外の格安SIMでドコモ版のスマホが使えるかどうかは、MVNOで用意されている動作確認端末一覧のページで確認できます。

上図はIIJmioの動作確認端末のページを例として挙げています。

この図の見方としては、

①IIJmiodではドコモ回線とau回線の格安SIMを提供している
②仮にドコモ版iPhone7の中古スマホをIIJmioのドコモ回線で使うならSIMロック解除不要で使える
③これがau版・SoftBank版のiPhone7だった場合は、SIMロック解除しないと使えないよ

ということを表しています。

各MVNOの動作確認ページはこのような感じで調べることができるので、「あの格安SIMだと、この端末は使えるのかな?」と気になった時は調べてみてくださいね。

プチまとめ
  1. 中古スマホを購入する時、キャリアに拘りがなければドコモ版が一番使いやすいよ!
  2. どの機種、どのシリーズが使えるのかは各MVNOで用意してある動作確認端末ページで確認できるよ!

中古スマホ購入後の格安SIM申し込み手順は別記事にて紹介していますので、合わせて参考にしてください。

購入後の申し込み手順へ

 

マヒロ
マヒロ
更に掘り下げて知りたい人はこのまま読み進めてね!

格安SIM会社(MVNO)の約9割はドコモ回線を使っている

少し調べるとすぐに分かることですが、格安SIM会社(MVNO)はドコモ・au・ソフトバンクのいずれかの回線を使っています。

そして、約9割以上の格安SIM会社がドコモ回線を使っているんです

タブレ
タブレ
ドコモ回線を使っているのと、ドコモ版が良いっていうのはどういう関係なんスか?
マヒロ
マヒロ
これは少しだけ難しい話になっちゃうけど、SIMロックやSIMロック解除っていう話が関係してくるんだ!
タブレ
タブレ
あーなんか聞いたことあるっス

回線が異なるとSIMロック解除が必要になる!

表からは見えませんが、キャリアにはそれぞれ自社の回線しか使えないように「SIMロック」というのようなものがかかっています。

イメージは以下のような感じ。↓

SIMロック状態の画像
タブレ
タブレ
他社同士は使えないんスね

ですが、ある一定の条件を満たすと「SIMロック解除」というワザが使え、このキャリア間の鍵を外すことができるようになります。

タブレ
タブレ
なるほどっスね

ドコモ版の中古スマホ→ドコモ系の格安SIMならすぐ使えるよ!

タブレ
タブレ
けど、SIMロック解除ってなんか難しそうっスね
マヒロ
マヒロ
確かに色々聞きなれない言葉がたくさん出てくるから初めての人は混乱しちゃうよね!

基本、同回線ならSIMロック解除はしなくても使えるから大丈夫だよ!

例えば、ドコモ版の中古スマホを購入した場合、auやソフトバンク回線を使った格安SIMで使うとなると、SIMロック解除が必要になります。

ですが、楽天モバイルやIIJmioなどのドコモ回線を使った格安SIMを申込めば、SIMカードを挿し換えるだけで簡単に使うことが可能です。

タブレ
タブレ
SIMカードを挿し換えるだけなら簡単っスね
マヒロ
マヒロ
しかも、ドコモ回線を扱っている格安SIM会社は3キャリアの中で一番多いから選択肢が広いんだ!

 

正確にはSIMカードを挿し換えた後、APN設定と呼ばれる5分程度で終わる作業を行います。

既に解約してある中古スマホのSIMロック解除は難しい

タブレ
タブレ
でも、SIMロック解除をすればどの格安SIMでも使えるようになるんスよね?
マヒロ
マヒロ
もちろん、SIMロックを解除すればSIMフリー状態になるから、回線が異なる格安SIMは使えるよ!

けど、中古スマホは既に解約してあるから、SIMロック解除は難しいんだ!

解約済のスマホでSIMロック解除できるのは原則100日以内&本人のみ

SIMロック解除は、契約中と解約後では条件が異なります

まだ契約中であれば、購入日から100日を経過し、一定の条件を満たしていればSIMロック解除は可能です。

ですが、解約を先にしてしまうとSIMロック解除の条件が異なります。

解約後のSIMロック解除条件は以下の通りです。

解約後のSIMロック解除の条件

①解約後100日以内

②購入者本人のみ解除可能

この2つの条件が必須となります。

ですが、中古スマホは既に前に使っていた人が解約している状態なので、仮に100日を過ぎてしまっていると解除は不可能ですし、前購入者にお願いすることも不可能です。

2019年2月の時点では、解約後のSIMロック解除は利用者本人しか原則SIMロック解除が行えません。

現在、この解約後のSIMロック解除の条件の改善が進んでいますが現時点では中古スマホでSIMロックがかかっていると、SIMロック解除は難しいです。

マヒロ
マヒロ
色々な格安SIMで使いたい時は、中古スマホを購入する前にSIMロック解除がされているかどうか確認しようね!

まとめ

最後にポイントをもう一度確認しておきましょう。

ポイントまとめ
  1. ドコモ版の中古スマホなら、ほとんどの格安SIMが使えるから便利
  2. 中古スマホはSIMロック解除の条件が満たせない可能性があるから注意!
  3. SIMロック解除がしてある端末を希望するなら購入前に確認しよう!

最初からSIMロック解除してある中古スマホであれば、回線を気にしなくても好きな格安SIM会社を選べます。

ですが、SIMロック解除がされていない中古スマホの場合は回線を揃えてあげる必要があります。

ただし、au版とソフトバンク版は一部同じ回線の格安SIMであってもSIMロック解除を必要とする機種があるので、どうしても説明が増えてしまい、余計に混乱を招きます。

これがドコモ版のスマホならこの心配がないので、au版やソフトバンク版よりもスムーズに進めることができるので、初心者にはオススメなのです。

ということで結論は、

 

au版もソフトバンク版も格安SIMは使えるよ!でも、au版とソフトバンク版のスマホを使いたい明確な理由がなければ、ドコモ版の中古スマホが一番簡単だよ!

 

となります。

中古スマホを購入した後は、格安SIMの申し込みをすれば全て完了です。

申し込み手順は別記事にて解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。

購入後の申し込み手順へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。